FC2ブログ

田酒 特別純米酒 29BY (2018/03/27)

家飲み記録 田酒 特別純米酒 29BY (2018/03/27)

20180807121720831.jpg 20180807121753003.jpg

 青森県青森市のお酒です。
 ブログでの登場はついに10回目と、大台に乗りました。

 我ながら珍しいセレクトだと思いますが、今回はハッキリとした理由があります。
 実は、田酒のラインナップの中でもド定番といえるこの特別純米が、ちょうどこの辺り(2018/3)の出荷分から、二回火入れから一回火入れになったらしいのですよ。
 常日頃から、火入れ回数の味わいに対するインパクトの大きさを実感している私からしたら、これは超大幅リニューアルなわけで…、試さずには居られないと酒屋さんに走ったわけです(ブログ掲載は半年後という体たらくですが…)

 しかし、相変わらずラベル情報は貧相ですね、一応蔵元ホームページに使用米(華吹雪)等もう少し詳しいスペック情報がありますので、詳しくはそちらを。
 ちなみに今回大幅リニューアルと書きましたが、この時点では見た目の違いはキャップに小さく「要冷蔵」という記載が加わっただけのようです。
 まあ定番として完成されたラベルデザインを変更したくないのはわかりますが…、「こんなん気付くかい!」と突っ込んでしまいました(後で気づいたのでアップの写真も撮り逃した)。

20180807121809022.jpg

 上立ち香は、セメダイン混じりのマスカット?的な、フレッシュ感を残した香りがそこそこに。
 含むと、高濃度の甘旨味が力強く入ってきたかと思うと、すぐさま強めの渋味でぎゅーっと締め付けられた感じになり、最後までその渋味を振りまきながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、最初に感じる濃厚かつ奥深いマスカット的な甘味と、その後の割とスパルタな渋味との落差が激しいですね、最終的には渋めの白ワイン的な雰囲気になっているような。
 後味は、その渋味が引き取る形ながら、不思議なほどに自然に引き上げます。

 濃厚かつ上品な甘酸旨味を、かなり強めの渋味ががっつりと引き締める、独特のバランスがある旨渋酒でした。
 最初はちょっと面食らいますが、飲み進めると結構渋味も慣れてきて、不思議な飲み進め易さもあります。
 食事にも合うことでしょう、表面上は変わったようにも感じますが、根底にあるイズムは変わっていないような印象。
 田酒、今後のチャレンジにも期待していきたい銘柄です。

 何となく予感がして、開栓後数日置いてみたところ、さらに渋味がこなれていい感じになりました。
 さすがの貫禄ですね、これは居酒屋でも映えるんじゃないかしら。

20180807121818026.jpg  20180807121826788.jpg

名称:田酒 特別純米酒 29BY (2018/03/27)
精米歩合:55%
使用米:華吹雪
アルコール度:16度
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社西田酒造店
購入価格(税抜):約1400円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 田酒 特別純米

2018年10月01日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 百楽門 甘口 純米吟醸 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦 直汲み 29BY >>

お疲れ様です。
丁度これを一升で買っていたので、まるめちさんの記事を見て王冠を見てみたら「要冷蔵」書かれてました。(4月製造)これは気づかないです
味についてもまるめちさん同様に初日は苦味が強いなぁ~と思って飲んでましたが日が経つにつれどんどん気にならなくなり美味しく呑めました。
お手軽に買えたら常備酒にしたいくらいです。

2018年10月05日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
いやあほんと気付かないですよねこれは… 酒屋さんが注意喚起して良いレベルかと思います。
味わいも結構個性的ですよね、最終的に落ち着いてくるあたりなかなか一筋縄では行かない感じといいますか。通常の一回火入れ酒のイメージとはまた違った複雑さがあった印象です。
まあお手軽に買えたら良いんですけどね…、一番手に入りやすいスペックとはいえ、なかなかハードルは高いかと…

2018年10月08日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する