FC2ブログ

百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 29BY

家飲み記録 百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 29BY

20180824105529912.jpg  20180824105539132.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 ブログでは5回目の登場ですね。

 私のお気に入り銘柄であるこの百楽門が、28BYは杜氏さんの体調不良により休造、29BYから蔵元杜氏が醸す新体制となったことは、前回の記事でも書きました
 おそらく杜氏さんの高齢化問題は今現在日本全国の酒蔵で顕在化してきているものなのだろうと思います。
 その中で、「蔵元杜氏への移行」っていうのは今の流れにも即していることですし、非常に有力な選択肢なんじゃないでしょうか。
 実際、一年の休造だけで復活してくれたのは、ファンとしてはありがたい限りです…

 今回いただくものは雄町の50磨きの中汲み、27BYは当ブログでは珍しく2本買ってしまったスペックです
 そうなるとやっぱり以前との味わいの違いに焦点を当てて飲んでしまいますね…
 スペック相応ではありますが、お値段もちょっとお高め。

20180824105552764.jpg  20180824105601620.jpg

 上立ち香はバニラとセメダインを感じる濃いめの香りがそこそこに。
 含むと、割と複雑味を纏った濃厚な甘旨味がググっと力強く入ってきて、結構存在感のある渋味で引き締まりを保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、うーん甘渋という感じの独特なバランスで、ほどほど落ち着いた雰囲気ですね、濃さに加えてなんとなく粉っぽさも感じるような…、ただバランスは取れているので飲み飽き無さもある感じ。
 後味は、苦渋が引き取る形でガッツリ引き上げます。

 密度の高い甘味と渋味がガッツリと絡み合う、透明度低めの複雑系飲み応え満載酒でした。
 十分楽しく飲めるのですが、やはりこのスペック、この値段なら以前のような雑味の無さが欲しいかな…、あと個人的にはもっと甘くて良し(ワンパターンですが)。
 正直なところ、流石にいきなり前杜氏と同じレベルには行かないんだろうなあという印象でした、まあある意味当たり前ですね。
 ともあれ百楽門、今後に期待するとともに、応援していきたいと思います。

20180824105609534.jpg

名称:百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 29BY
精米歩合:50%
使用米:雄町
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0前後
蔵元情報:葛城酒造株式会社
購入価格(税抜):1,850円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月09日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦 おりがらみ 29BY >>












管理者にだけ公開する