FC2ブログ

毛利 純米酒 無濾過生原酒

家飲み記録 毛利 純米酒 無濾過生原酒

20180827120747325.jpg  20180827120756012.jpg

 山口県周南市のお酒です。
 銘柄的には初登場ですが、以前同蔵の「山縣」をいただいていますね。

 
 肩ラベルには「純米酒大賞2017金賞」の文字がありますね、どうやらフルネット社主催のコンペのようです。
 どうやらこの「純米酒」(多分火入れ版)が金賞を受賞している他、純米大吟醸が「グランプリ」を獲ったみたいですね。
 全体では87蔵参加している中でのトップですので、なかなか凄い実績といえるのではないでしょうか。
 個人的にも、「山縣」が好印象だったこと、今後の動向が気になる蔵だったことから、今回セレクトしました。

 使用米は不明、精米歩合60の無濾過生原酒。
 毛利家家紋を使ったラベルは垢抜けた雰囲気ですが、記載のスペック情報は貧弱ですね…、マニア的には残念なところ。

20180827120824424.jpg

 上立ち香はメロンクリーム的な甘く青い果実の香りがそこそこに。
 含むと、フレッシュながらバランスの良い甘酸旨味が力強く入ってきて、そのまま酸と少々のガス感の働きでしっかり引き締まりを維持しつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりメロンソーダ的な甘酸味が純然たる主役、結構濃い目で存在感もありますね、苦渋も一応あるのですがあくまで裏方に徹してくれて、最後まで甘旨を素直に楽しめます。
 後味は苦酸がガッチリ引き取ってキレます。

 フルーツ系無濾過生原酒として直球勝負の、甘旨味をストレートに感じさせつつもクセや重さを抑えたバランスの良いお酒でした。
 いやあこれは受賞も納得ですね、完成度は非常に高いと思います、コスパ的にもグッド。
 嫌な部分もほぼ無いですし、お決まりながら後は個性が欲しいというぐらいの感想しか出てきません、万人にオススメできるかと…。
 毛利含め、山縣本店のお酒は今後より要注目かと思います。

20180827120813691.jpg  20180827120804229.jpg

名称:毛利 純米酒 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社山縣本店
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:横内酒店(北浦和)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 毛利 純米 山縣

2018年09月05日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦 おりがらみ 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 華鳩 純米吟醸生酒おりがらみ 「汐の音(shio no oto)」 >>

こんにちは。
味・香りともに面白そうなお酒ですね。私も初見で今まで知りませんでした。
メインの甘旨の味からの苦酸の〆、私の好み傾向の1つかもしれないですね。あとは雑味など細かいところかもしれないです。
目を付けて、機会がありましたら買おうと思います。
HP見てきました。四合瓶の純米吟醸が1000円(税抜)の安さに驚き。ただ原料米やスペックが分からないのが残念。
山口県の目を付けている酒蔵さんが大嶺酒造さん「Ohmine」、新谷酒造さん「わかむすめ」に続いてのこれで3蔵目となりました。

2018年09月05日 あろす URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
すみません。色々バタバタしていて完全に見落としてました…

こちらのお酒は日本酒好きなら一度飲んでみる価値はあると思います。大体の人が好みなんじゃないかな…(生原酒自体苦手とかじゃなければ)
確かに、商品価格はえらく安いですね、HP掲載のやつは多分結構加水しているんでしょうけど、それでも割安に思えます。が、おっしゃるとおりもうちょっと情報欲しいですね。

Ohmineはこの前一升瓶が普通に特約店に売ってたのをみました。今後通常流通も増えていくのかもしれませんね。とりあえず四合瓶で売って欲しいところ。
わかむすめも今後が楽しみな蔵ですし、山口はやっぱり知る人ぞ知る酒どころですね~ 獺祭の知名度がいい感じで波及してくれれば良いのですが。

2018年09月10日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する