FC2ブログ

英勲 特別純米 無濾過生原酒 無圧しぼり

家飲み記録 英勲 特別純米 無濾過生原酒 無圧しぼり

20180827121355034.jpg  20180827121404260.jpg

 京都府京都市伏見区のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みも確か無かったかな…

 先日、法事関係で京都に行く必要が生じ、母と二人で行ってきました、しかも用事は早々に済んだので、その後はこの機会を逃してはならぬと松尾大社を参拝したり伏見を周ったり…、いやあ有意義でしたね。
 今回はその土産酒になります、3本買ったうちの1本目。

 英勲はあまり東京では見ない印象ですが、蔵元ホームページタイトルに誇らしげに「全国新酒鑑評会 14年連続金賞受賞蔵」とあるように、実力は折り紙付き。
 また、京都酒に強い日本酒ブログ「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんによると、「酒1グランプリ」(松尾大社で行われる日本酒の試飲イベント)第5回グランプリに輝いてもいるそうです、流石は伏見の蔵ですねえ。

 今回いただくのは季節限定品の「無圧しぼり」、裏ラベルに解説はありますが、具体的な搾り方はよくわかりませんね。
 精米歩合は60ですが、使用米は不明。
 後、どうでも良い話ですが、こちらの銘柄、どうしても静岡の「英君」と混ざるんですよね…、日本酒業界に数ある「紛らわしい銘柄名」でも上位に入るかも(もちろん蔵元に罪は無いのですが)。

20180827121415808.jpg

 上立ち香は若干バニラ的な甘めの香りがそこそこに。
 含むと、程良い密度の旨味がスルスルと優しい口当たりで入ってきて、徐々に出てくる苦味でしっかり輪郭を保ちつつ、最後まで自然な感じでゆっくりと喉奥に入ってきます。
 味わいは、柑橘系の甘酸、砂糖的な高純度の甘味、バニラ的な柔らかさをそれぞれバランス良く感じるもの、苦味は嫌らしさがなく引き締め役に徹してますね。
 後味は酸中心で見事に引き上げます。

 良い意味で尖ったところが無い、最初から最後まで自然に旨味を楽しめる、バランス系甘旨酒でした。
 これはスルスル系ですね~、苦味が良い方向に働いている上に、口当たりが優しいのが非常に好印象。(実は伏見酒ってまさにこんなイメージだったかも)
 そして、濃度は程々ながらも原酒らしい飲みごたえはしっかりあるので、私のような芳醇派でも物足りなさは感じなかったですね。
 英勲、蔵元及び伏見酒の実力をしっかりと味わわせてくれるお酒でした、機会があればまたいただきたいと思います。

20180827121431563.jpg  20180827121423707.jpg

名称:英勲 特別純米 無濾過生原酒 無圧しぼり
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:齋藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:京極屋酒店(伏見)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけギャラリー(松尾大社)
20180914124240379.jpg  20180914124322132.jpg

20180914124256627.jpg

20180914124334419.jpg

20180914124352434.jpg

20180914124402937.jpg

20180914124413280.jpg

 菰樽が大量にあるのは見ごたえあったのですが、木が若干邪魔だった…

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 英勲 特別純米

2018年09月17日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 寿喜心 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 29BY >>

関西の人ならこっちが主流ですね。個人的にも英勲は好きですね。逆に静岡のお酒はあまり口に合わないのか英君はあまり飲まないですね。

京都のお酒は個人的に好きなものが多いですね。基本的に和食に合わせるお酒が多いので、バランス型が多いですし。京都の店で見かける神蔵や神威などもそんな感じです。

関西に今度来られるなら、個人的には浅野日本酒店とか面白いですよ。結構珍しいお酒が多いですし、時々イベントもやってますよ。

2018年09月19日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
ああ、確かに地域によってどちらが浮かぶかは変わりそうですね。
静岡吟醸は万人向けのようでいて、実は結構人を選ぶのではないかと個人的にも思っています。ただ、先日飲んだ英君は十分楽しめました。

今回伏見のお酒を3本いただいて全て好みの感じだったので、京都酒へのイメージは上がりましたね。まあ全て生原酒だったというのも大きいとは思いますが…。ただそれでも食事と喧嘩しない印象はありました。
神蔵は前から飲んでみたいとは思っているのですが、なぜか高めなので後回しになっていたりします。神威は初耳でした。

浅野日本酒店は大阪の方は出張の度に寄らせてもらってますね、ブログでも結構な本数掲載したような。京都の方も行ってみたいのですが、こちらは機会があまりないのがつらいところです。

2018年09月20日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する