FC2ブログ

華鳩 純米吟醸生酒おりがらみ 「汐の音(shio no oto)」

家飲み記録 華鳩 純米吟醸生酒おりがらみ 「汐の音(shio no oto)」

20180827120648556.jpg  20180827120700937.jpg

 広島県呉市のお酒です。
 ブログでは初登場、しかも初家飲みだったりします。

 こちらを醸す榎酒造は、「貴醸酒」の商標を持つ貴醸酒協会の中心メンバーということで知られています。
 蔵元ホームページでは商品紹介の一番上に貴醸酒が載っています、まさに看板商品という位置付けですね。
 私も前から知ってはいたのですが、特約店と縁が無かったこともあり今回ようやく初飲みとなりました。
 それなら貴醸酒を選ぶべきだったかも知れないのですが、迷った上で自分にとってのスタンダードスペックをセレクトした次第です。

 使用しているのは「雄町」の流れを汲む、広島県で開発された酒米である「こいおまち」、精米歩合は微妙な58%です。
 ラベルに鳩が飛んでいるのは、いかにもって感じがして素敵ですね、どうやらちゃんとしたデザイナーさんに発注しているようです。

20180827120710276.jpg

 上立ち香はメロンシャーベットといった趣の、青い果実の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつフレッシュな甘旨味が、青い感じの極めて微量なガスを伴いつつ、存在感と引き締まりを両立したままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりメロン的な、青さを纏った濃厚な甘旨味が完全なる主役、ガス酸苦もそれぞれある程度感じるのですがそれはあくまで脇役ですね、かつ全体としてはバッチリバランス取れてます。
 後味はまさにそのガス酸苦が引き取って見事にキレます。

 まさに直球ストレートな青い甘旨味を、嫌味やダレ無く楽しませてくれる、お手本のような芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 未だに私はこっち系が好きなんですよええ、まさにストライクゾーンど真ん中。
 やっぱり貴醸酒で知られる蔵なだけに、甘味の表現に一日の長があるんでしょうか、そんなことを思わせてくれるお酒でしたね。
 華鳩、次こそは貴醸酒もやってみたいなと思います。

20180827120719014.jpg  20180827120728330.jpg

20180827120737376.jpg

名称:華鳩 純米吟醸生酒おりがらみ 「汐の音(shio no oto)」
精米歩合:58%
使用米:こいおまち
アルコール度:16.5%
日本酒度:+1
蔵元情報:榎酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:横内酒店(北浦和)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月03日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 毛利 純米酒 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花邑 純米吟醸 酒未来 >>

呉市の人間です。華鳩おいしいですよね。
でもこの酒は初めて見ました。
今度探してみます(^^)

2018年09月04日 ほうすけ URL 編集

>ほうすけ様、コメントありがとうございます。
地元の方にコメント貰えるとは、嬉しいですね。いやあ美味しかったです。
こういうお酒は地元でもいわゆる「地酒屋」にしか置いてないかもしれませんね。是非探してみてください!

2018年09月04日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する