獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽

家飲み記録 獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽

20180604124830658.jpg  20180604124841951.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 外飲み回数は数え切れないレベルですが、ブログでの登場はまだ7本目。

 こちらは、獺祭が2019年にニューヨークでの現地生産を始めるにあたっての試験醸造酒で、どうやら米国産のお米を山口まで持ってきて醸したもののようです。(以前同じく「試」名義の獺祭の感想を上げていますが、中身は全くの別物、まあ単にプロトタイプという意味かと)
 製品としては、米国産米の使用割合や精米歩合が微妙に違う4種類のものが、上槽日別で同時発売されています(詳細は伊勢五本店さんのブログ参照)。
 特殊な製品だけに、購入時店員さんが詳しく解説してくれてくれたのは有難かったですね。
 「あまり獺祭らしくはない」「特に初期上槽分は良くない香りもある」「基本的に新しいものの方が完成度が高くなってきている」みたいな感じで、正直ベースの話を聞けました。
 
 私が購入したこちらは「2017年8月25日上槽、米国産米80%使用、精米歩合23%」バージョン。
 やっぱり精米歩合23%で税抜1,000円というところが気になってしまいまして…、ちなみに麹米はいつもの山田錦らしいので、値付け的には採算度外視だと思われます。
 なお、米国産米なので「等外」同様純米大吟醸は名乗れないのでしょう」。
 今年の5月開栓なので結構寝かされてからの出荷ですね、加水有、二回火入れ。

 なお同スペックに関しては既に日誌係さんが感想を上げられています、まあマニアなら気になりますよね、私も入荷記事見て速攻で買いに行きました(例によって掲載スピードで完敗しましたが…)。
 (追記)続いてすんさんも感想記事を書かれました、やはりマニアの注目度高し。

 上立ち香は…、確かに吟醸香はないですね、きゅうり的(?)な青い香りがかなり控えめに。
 含むと、か細い印象の旨味がスルスルと入ってきて、裏方にほんの少々の苦味を感じさせつつも、最後までその勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いやあいつもの獺祭50を3倍希釈した感じの、青りんご風味の水ですね、普通に落ち着いた加水二回火入れ大吟醸という趣。
 後味は、あくまでほんのりと苦味を残しつつも、ちゃんとキレイに引き上げます。

 なんとなく「淡麗辛口」という言葉が浮かんでしまうような、青い果実系のスルスル飲めるお酒でした。
 いやいや割と普通に飲めますよ、アルコール感の無さも相まって、「料理を邪魔しない」食中酒としても使えるかも。
 ただまあ確かに「らしく」はないですね、やはり心地よい吟醸香あってこその獺祭だと再認識させてくれます。
 また、フルーティーさが弱い分、日本酒初心者が飲んだ時の驚きも薄いかと…地方の百貨店の常温棚に並んでそうと言いますか。
 1,000なら割安ですが、50のような圧倒的コスパ・入手性と比べると、まだまだ越えるべきハードルは多いように思えました。
 とはいえ、このレベルのお酒が現地生産現地販売できればかなりのインパクトはあるとも思います、引き続き獺祭、旭酒造の動向には要注目ですね。
 
 ちなみに、開栓後数日立つとなんか熟感に若干蒸れたような嫌らしさが出てきたかも…
 店員さんが言ってたのはこれかあ、いわゆるオフフレーバーですね、通常の獺祭同様早めの飲み切り推奨です。

20180604124903388.jpg  20180604124852234.jpg

紹介①:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2361.html

紹介②:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

紹介③:「日本酒感想日誌」さんの別ロット(2018年5月9日上槽)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2365.html

名称:獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月2日上槽
精米歩合:23%
使用米:山田錦・米国産カルローズ
アルコール度:14.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:旭酒造株式会社
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

(↓のバナーは通常スペック)


関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月06日 山口の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

<< 小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒 >>

どうもです。

獺祭のニューヨーク進出の件は、春先に桜井会長の
講演で聞いていたので、このスペックの存在は少し
気になっていました。でも、まるめちさんの感想を
見る限り、僕の好きな系統から少し外れそうなので
しばらく様子を見ようと思っています。

でも、そもそも僕が行く特約店には売ってなかった
ですけど。しかし売ってたら売ってたで気になって
しまいますけど(笑)病気です。

では、また。

2018年06月08日 P太郎 URL 編集

どうもです!いつもお世話になってます!

僕も同じスペックを飲みましたが、概ね似たような印象でした。
僕はあまり獺祭を飲みなれていないので、通常品との比較してどうこうとは考えませんでしたが、まるめちさんに言わせると「らしく」はないのですね。
今度ちゃんと飲みなおして確認してみようかと思います。

あとタイトルの上槽日が…

2018年06月09日 すん URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
まさか社長から直接聞いていたとは!流石ですね。味わいについては、私の感想は生酒偏重派としてのものであるという自覚はあります。そうでなければ日誌係さんの方が参考になるかも。

まあ、ブログやってる時点で私含め多かれ少なかれ病気ですよ。 P太郎さんもあと数年続ければ不治の病になるかと(笑)

2018年06月09日 まるめち URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
こちらこそお世話になっております。やっぱりブロガー仲間にコメントもらえると嬉しいですね、ちょくちょくコメントし合えるのが理想と思っております。
獺祭50はやはりある種の規準として、たまにガッツリ飲むべきかとは思っています。「らしさ」というのも獺祭らしさというより吟醸らしさという感じではあります。
上槽日はご指摘ありがとうございます…、この間違い方は謎ですね…、やはり酔っぱらっていたか(笑)

2018年06月09日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/1069-81d911dd

獺祭 試 米国産米カルローズ80%使用 磨き23

先日、父親の還暦と両親の結婚記念日を祝うため家族で食事会を開きました。 お店のセッティングと親父へのプレゼント僕の役目で、どちらも一生懸命考えて選んだんです。 お店は僕の知り合いの中で一番上等な寿司割烹のお店、プレゼントは運動好きな親父のためにスポーツウォッチにしました。 選んだお店は料理も上品で雰囲気も良く、順調に会は進んでいきました。 そして僕がプレゼントを渡し、親父がその包装を...

2018年06月12日 20代から始める日本酒生活