FC2ブログ

栄光冨士 「煌凛」 純米大吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 栄光冨士 「煌凛(こうりん)」 純米大吟醸 無濾過生原酒

20180823110322779.jpg  20180823110332202.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 たかちよと並ぶ、当ブログ定番銘柄ですね。

 前回の記事で書きましたが、栄光冨士もたかちよ同様新商品の連発振りが目に付く銘柄だと思います。
 純米大吟醸の酒米違いシリーズも結構種類がある上に、闇鳴秋水、威吹、サバイバル、プラチナ、森のくまさんなどなど、一貫性が無くて列挙するとわけがわからなくなる名称の(笑)限定品が大量にありますし。
 最近だと「アスタリスク」という辛口を売りにした商品を出したと思ったら、今年も辛口系として「火輪(かりん)」というやつが出てきてるんですよね…、もはや何が何だか。
 
 で、今回いただくのは、確か昨年に初登場したもので、山形の代表的酒米である出羽燦々を50まで削ったギリギリ純米大吟醸。
 裏ラベルには相変わらずびっしりとスペック等の情報があって有難いのですね。
 ただ、通常の純大シリーズとの違いなど、コンセプトに関することがよくわからないのは気になるところかも。

20180823110351447.jpg  20180823110406929.jpg

 上立ち香は甘く濃厚なパインっぽい香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚でインパクトの有る甘旨味がグワッと入ってきて、そこそこの酸味と、裏にガッツリある苦味で引き締められつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、少々煮詰めた完熟パイン的な超高濃度の甘酸旨味が厳然たる主役、雑味的な苦渋は確かにあるのですが、甘旨の存在感がそれを拭い去るレベルの存在感を放ちます。
 後味は少々の渋みを口中に残しつつも酸味が強引に引き取る形でキレます。

 暴力的なほどの濃度ながらも魅力的な甘味が最初から最後まで存在感をアピールする、直球勝負の芳醇甘旨酒でした。
 若干暴論ですが、甘旨味の心地良さは而今花陽浴レベルだと思うんですよね~
 といいつつ、まあ比べると明らかに重くて荒い感じではあるので流石に飲み疲れ感はあると思います、いやあやっぱり好き嫌いが分かれるのもわかる味わいですね。
 個人的にはやっぱり地酒は個性あってこそだと思っておるので、栄光冨士はその意味で非常に魅力的な銘柄だと、今回改めて感じました。

20180823110427502.jpg  20180823110416103.jpg

名称:栄光冨士 「煌凛」 純米大吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:50%
使用米:出羽燦々
アルコール度:16.3%
日本酒度:+-0
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,790円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月30日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 花邑 純米吟醸 酒未来 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | たかちよ 「タータンチェック黄色ラベル」 純米 無調整生原酒 愛山 ai77 >>

栄光冨士さんは本当に目を離した隙に新商品出しまくるので、ユーザーとしては大変です。逆に栄光冨士といえば、これだというのがないというか欲しいなと思いますね。龍力はあまり新商品出さないので、特にそう感じてしまいます。

煌凜は出羽燦々ですか。
出羽燦々だと栄光冨士のgmfが26%で出てますが内容は結構違うかなと個人的には思いました。
私が飲んだ時、Gmfはどっちかといえば、トニックウォーターみたいでしたね。これみたいにやたら濃いという印象はなかったです。今度私も試してみないといけませんね。

偏見になりますが、山形の人達の傾向として新しもの好きの傾向があるように感じますね。流行にのりやすいというか少しミーハーなところがあるなと今まで山形の人達に会って感じました。勿論堅実にやってる人も多いとは思います。ただ、楯野川や栄光冨士は色々出してるのはその性格がモロに出てるなあとしみじみと記事を見て思いました。個人的には栄光冨士のsnake eyeは応援はしてるので、コンスタントに美味しいと感じるものを出し続けて欲しいのですが、少しぶれてるように感じるのが、遺憾なところですね。

2018年08月30日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
いやああの連発振りは本当大変ですよね。
それでいて、確かに言われてみると看板商品って思いつかないですね… 酒未来とからぶまんは人気だとは思うのですが、看板という感じはしないですし。

そういえばgmfも出羽燦々でしたか。私は高価格帯の商品に関する興味が格段に薄いので、全然把握してませんでした。(まあワインとかと比べると全然安いんですけどね)トニックウォーターと言われると少し味に興味は沸きますが…

へー、県民性というところには頭が回りませんでした。確かに、楯野川もえらく色々とコラボしたリ、限定銘柄だしている印象があります、説得力があるなあ。
味わいの再現性は本当に難しいところですよね… もしかしたら蔵の実力が一番現れるところなんじゃないかと、最近は思っています。が、逆にワインのビンテージのように、米の出来等の要因で、若干ぶれるのはしょうがないのかもという思いもあったり…、自分の中でも結論が出ないところです。

2018年08月31日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する