FC2ブログ

花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY

家飲み記録 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY

20180710102814681.jpg  20180710102823413.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ定番銘柄。

 埼玉県の酒米である「さけ武蔵」利用の花陽浴としては、当ブログでは昨年の同スペックや、蔵開き限定の「アビノミクス」を紹介済みです(ちなみにブログ開始前にも一本飲んでます)。
 そちらでも書いてあるのですが、他のお米シリーズと違い、さけ武蔵の花陽浴には実は結構な苦手意識がありました。
 分かりやすい甘酸味だけでなく、いろいろと複雑な味わいを感じるんですよね、それが一種雑味・不純物のように思えていたふしがあります。
 ただ、実は最近その苦手意識も無くなりつつありまして、その理由を考えたところ、蔵の造りが変わってきたのか、お米の品質が上がってきたのか、私の好みが変わってきたのか、なかなか断言できない感じだったりします(全部かも)。
 どちらにしろ、苦手意識を持っていたお酒を久しぶりに飲んだら旨かったなんてことはざらにあるので、日本酒を飲むときにはあまり先入観に凝り固まらないようにした方が良いのでしょうね。
 
 精米歩合は花陽浴純大スタンダードの48、4月に買って5月開栓なので、ほぼ即開けです。

20180710102833116.jpg

 注ぐと、これが結構しっかり濁ってますね、通常のおりがらみスペック以上かも。

 上立ち香は、いつものパイン的花陽浴香が若干落ち着いて、ちょっと粉っぽさが混じった感じの香りが強めに。
 含むと、やはり派手さのある高濃度の甘旨味が、しかしどことなく落ち着きのある感じで入ってきて、最後まで存在感を保ちつつも、柔らかさもある口当たりでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりパイン的な甘酸旨味が中心にありつつも、いつもより甘味が一歩だけ引いた感じで、心地良い熟感とほんのりとある苦味・渋味で奥深さ・複雑味も加えられている印象。
 後味は、酸苦渋が引き取る形ながら、やっぱりキツさを抑えて引き上げてくれます。

 バッチリ香り高い華やかな甘旨味と、苦渋を含めた奥深さが上手いこと融合した、個性派芳醇酒でした。
 何と言いますか、いつもは華やかな「花陽浴らしさ」が、ちょっと複雑かつ大人びたような印象ですね。
 ちなみに苦渋、特に苦味はしっかりキツくない感じながらはっきり現れているので、やっぱり苦手な人は苦手かもしれません、私もやっぱり昔に比べて日本酒飲み慣れてますから、その辺りには逆に鈍感になっているかも。
 ともかく、私にとっては昨年以上に好印象でした、来年以降も楽しみなスペックです。

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

20180710102851529.jpg  20180710102841516.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY 
精米歩合:48%
使用米:さけ武蔵
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月19日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 春心 山廃つくり本醸造 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 平井六衛門 純米酒 活性にごり酒 >>

どうもです!
リンク&トラバありがとうございます!

花陽浴さけ武蔵ですね。こいつが複雑で独特な味というのは僕も同意見です。
個人的には米の問題というよりは、意図してこういう造りをしているのではないかと思っています。
特に直汲みverのさけ武蔵は毎年結構遊んでる印象ですね。たしか27byはもはやグレープフルーツといったくらいに、酸と苦味が立っていた記憶があります。
まるめちさんの直汲みverの感想も気になるので、機会があれば是非。

2018年08月21日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
いやあ、取りあえず花陽浴の記事を書くときはすんさんのところにトラバできるのでありがたい限りです(笑) ほぼ全スペックやってますよね…

さけ武蔵は特徴ありますよね~ 確かに意図して違う味わいにしているように、私も思えます。 昔はこれだけ生もとでやっていてそれを明記していたのですが、今はそのあたりの情報が全くないので確かなことは分からないのですが。

直汲みは数が少ないようでなかなか… でも、すんさんのお話を聞くと飲んでみたくなりますね。来年あたり意識して狙ってみます。

2018年08月23日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する