FC2ブログ

鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

家飲み記録 鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

20180704124314917.jpg  20180704124324893.jpg

 新潟県妙高市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 ○○正宗とは良く聞きますが、鮎の名を関するというのはなかなか面白いですね。
 蔵元ホームページによると「昭和の初めに当酒蔵に程近く保養地として有名な妙高高原町の赤倉に滞在された京都伏見の若宮博義殿下から、この地で鮎釣りをした際に命名していただきました。」とのこと。
 どうでも良い話ですが、私は鮎が非常に好きで良く塩焼きを酒の肴にしています、ぬめり取って塩振って焼けば良いという手軽さも魅力ですね。
 このお酒も、鮎と一緒に飲むのがベストな楽しみ方なのかも…

 話がずれました、スペック情報は精米歩合65%の生原酒ということ以外は、ホームページの商品紹介にすら載っておらず、あまり書くことがありません…
 この辺りはいかにも昔の銘柄って感じですね、ただ、飲み方や味わいの特徴について、簡潔に記載があるのには好感が持てます。

20180704124340064.jpg

 上立ち香はセメダイン系のスッキリフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、高濃度のちょい青い感じの旨味が塊で入ってきて、そこそこ強めの苦渋と相まって、荒々しさと勢いある感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、皮混じりのメロン的な青く苦く甘い感じの旨味が中心ですね、酸味もちょっとあるかな、全体的としては五味がそれぞれ主張しあってバランスを保つタイプ。
 後味は旨渋を酸苦が引き取る感じで力強くキレます。

 青く荒く力強い旨味がどストレートで攻めてくる、極めて新酒生原酒らしい高濃度フレッシュ酒でした。
 荒いっちゃあ荒いのですが、苦味があまり嫌らしくないのは良いですね。
 ただ、あえて飲み手の側から面倒臭い事を言うと、最近の人気銘柄は生酒にキッチリ焦点を合わせているので、その市場で売りたかったら「新酒は荒いもの」というところでとどまらず、もう一歩洗練された味わいを目指して欲しい気がします。
 鮎正宗、また機会があればいただいてみたいと思います。

20180704124429112.jpg

名称:鮎正宗 純米生原酒 仕込27号
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:17.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:鮎正宗酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鮎正宗 純米

2018年08月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 雪の茅舎 「美酒の設計」 純米吟醸 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 越後五百万石 >>












管理者にだけ公開する