FC2ブログ

旭興 貴醸酒 「百」

家飲み記録 旭興 貴醸酒 「百」

20180724171228890.jpg  20180724171249612.jpg

 栃木県大田原市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目で、前回から約4年半振りの登場になります。

 こちらのお酒は仕込み水の一部に清酒を利用した「貴醸酒」になります、肩掛けの解説文にもありますね。
 前に「Raifuku MELLOW」の記事でちょっと書きましたが、貴醸酒という名称は商標の関係上「貴醸酒協会」加盟蔵でしか名乗れないのだとか。
 で、気になって「貴醸酒協会」でググったんですが、オフィシャルホームページは愚か、加盟蔵一覧すらパッとは出てきてくれませんでした…私にとっては謎の組織ですね(笑)
 折角名称のブランド管理するんだったら、もうちょっと情報公開(&アピール)してくれてもいいんじゃないかなあと思ったりしました。

 閑話休題、スペック的には日本酒度「-62」という驚愕の数値に加え、多分掛米に「LGCソフト」という聞きなれないお米を使っていることが目を引きます。
 LGCとは「Low Glutelin Content」ということで、可消化性たんぱく質の含有量が少ないことを示しているそうです、どっちかというと健康食目的で開発された品種みたいですね。
 一般的にタンパク質は酒造においては雑味の原因となると言われているので、この目の付け所はなかなかシャープなんじゃないでしょうか。
 お値段は税抜2,000とお高めですが、貴醸酒は原料費も高くつくことを考えると、割高とはいえないでしょう。

20180724171349249.jpg  20180724171339711.jpg

 上立ち香はやはり甘~く熟した感じのカラメルとフルーツの中間の香りがそこそこに。
 含むと、やはりガッツリ濃い甘味が、うーんオブラート3枚重ねみたいな謎の口当たりで入ってきて、ほんの少々の渋味で単調さをカバーしつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、見事に熟した感じの杏?的な甘味メイン、酸味サブ的な旨味が中心にあってそこに渋味が伴う感じなのですが、面白いのはそれが曇りガラス越しのように良い感じでぼやけて、まろやかな感じになっているところですね。
 後味は酸渋で甘さを引き取りつつ、最後までそのまろやかさを維持しながら引いていきます。

 強烈ともいえる甘さを、見事なまでにまろやかに感じさせてくれる、独特のバランスを保つ甘酸渋酒でした。
 やっぱり苦味が皆無なのが良いですね、さすがに甘味が凄いので、食中よりは食前食後って感じですが。
 コスパという意味でも素晴らしいお酒でしょう、特殊な瓶も相まって、もっとお高くても納得はできる気はします。
 百、甘口派日本酒党や、貴醸酒に興味のある方々オススメできるお酒だと思いました。

20180724171259184.jpg  20180724171330413.jpg

20180724171320650.jpg

名称:旭興 貴醸酒 「百」
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち、LGCソフト
アルコール度:16%
日本酒度:-62
蔵元情報:渡邉酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 旭興 貴醸酒等

2018年08月03日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒 >>












管理者にだけ公開する