FC2ブログ

華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

家飲み記録 華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

20180704124224078.jpg  20180704124235573.jpg

 愛媛県新居浜市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 このお酒との出会いは日本橋での飲み歩きイベントで、そこで飲んだあらばしりは非常に好印象でした。
 が、その後家飲みした火入れ酒は、正直「色褪せた」という形容が浮かぶ、何とも昭和感のある味わいで、正直に言ってしまうとガックリしてしまいました。(火入れ酒については日誌係さんも同様の感想を残していますね
 酒屋さんで蔵元の意向で生の量が少ないみたいな話も聞いたことが有るんですが…、事実だとしたら、私の立場からは異論を挟まざるを得ないといいますか。
 地元で年配の方々に売り続けたいならともかく、せっかく都内の地酒屋で売るんだったら断然生(若しくは一回瓶火入れ)じゃないと他銘柄に太刀打ちできないと思ってしまうところです(個人の感想です)。
 
 スペックは雄町の60、度数16度なのでちょっと加水しているのかな、お値段は非常に良心的。
 恐らく銘柄名を意識したキャラクターラベルなんじゃないかと思います、そのイメージに合う酒質を期待したいところ。

20180704124252548.jpg

 上立ち香はバナナっぽさにおり由来のお米っぽい感じが混じったような香りがそこそこに。
 含むと、ほどほどの濃度の甘旨味がスルスルと入ってきて、酸とほんの少々の苦味でその勢いをブーストさせつつ、自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、薄めたバナナジュース…というと言い方が悪いのですが、実際は日本酒的な複雑味もある、飲みごたえと飲みやすさを兼ね備えた感じのバランスの良いもの。
 後味は、ほんのりと苦味を残しつつも、しっかりかつ自然にキレます。

 甘旨味の存在感がしっかりありながら、濃すぎない濃度が非常に心地よい、スルスルイケるモダン&フルーティー酒でした。
 無濾過生原酒信者の自分としてはちょっと物足りない感もあるのですが、実際この調整がベストだという判断も十分わかる、そんなバランスですね。
 これなら単体でも食事に併せてもガッツリ楽しめると思います、コスパも素晴らしい。
 華姫桜、個人的には断然生で飲みたい銘柄です、少なくとも都市部の地酒屋向けについては、生の流通量を増やして欲しいと切に思います。

20180704124304674.jpg


名称:華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:近藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月05日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 越後五百万石 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 旭興 貴醸酒 「百」 >>












管理者にだけ公開する