FC2ブログ

黒龍 純吟 垂れ口

家飲み記録 黒龍 純吟 垂れ口

20180619102703480.jpg  20180619102714026.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です。
 ブログでの登場は3回目。

 前回に引き続き、「IMADEYA千葉エキナカ店」での購入酒です。
 黒龍の季節限定生酒なわけですが、割とすぐに売り切れちゃうイメージがありますね、こんなお酒がエキナカで買えてしまうんですから凄い時代になったもんです。
 ちなみに同店では風の森の笊籬採りを見かけて驚愕したこともあります(昼に見て、夕方には売り切れてましたが)、近くにはかの「シマヤ酒店」もありますし、千葉市の日本酒党は本当に恵まれた環境にあるかと…
 羨ましい限りではあるのですが、実際に私が同じ環境になったら毎日覗いてしまうかもしれないので、それはそれで恐ろしい気がしてきました…

 さて、スペックは地元産五百万石の精米歩合55%、純米吟醸うすにごり生酒です。
 2月上旬出荷を4月中旬開栓。
 実は前回飲んだ「氷室オリジナル」が個人的には「うーん…」という感じだったので、今回リベンジも兼ねております。

20180704145420231.jpg

 上立ち香は結構濃厚な、草っぽいキリリとした香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な旨味が自然な口当たりでトロリと入ってきて、ほんのりとした苦味で輪郭を整えつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、甘さは控えめながら高密度のメロン的旨味が純然たる主役、フレッシュさや少々の苦味もありながら、ありがちなキツさが極限まで抑えられていて、とんでもなくバランス良いですね
 後味は、あくまでほんのりと苦味を口中に残しつつも、極めて自然に引き上げてくれます。

 存在感・深みをしっかりとたたえた旨味を、この上なく自然に・柔らかく楽しませてくれる、老舗の貫禄を感じさせてくれる芳醇フレッシュ旨酒でした。
 いやこのまとまり、完成度には脱帽ですわ…、単独でも食中でも良いですし、いくらでも飲みたくなる感じはほんと素敵…
 これより値段も高かった氷室とはなんだったのかと思ってしまいますね、これぞ「黒龍の新酒」として納得感があります。
 黒龍、垂れ口にはアル添本醸造バージョンもあるようなので、次はそれもやってみたいと思いました。

 開栓後は、ああ結構脆いかな…、結構露骨に苦味とか辛さが出てきてしまったような。
 それこそ氷室を思い出す感じですね、個人的には開栓直後の繊細なバランスが好きなので、早飲み推奨。

20180704145440123.jpg  20180704145430558.jpg

紹介:お酒ミライ 日本酒レビューブログさんの同スペックの記事
http://www.osakemirai.com/archives/23801081.html
(比べてみると笑っちゃうぐらい感じ方が違ってますね。まあ美味しかったという部分は共通しているかと…)

名称:黒龍 純吟 垂れ口
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:18.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:黒龍酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:IMADEYA千葉エキナカ店
お気に入り度:8.5/9.0(開栓後の変化も含め)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月20日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 天狗舞 純米原酒 山廃仕込 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 会津娘 芳醇純米生酒 >>

こんにちは。
黒龍の垂れ口はアル添のほうがメロン水で甘党なら美味しく飲めると思います。
機会があれば是非飲んでみて下さい!

黒龍はあんまり買う気が起きないのですが緑の垂れ口は毎年買ってしまう鉄板酒です(笑)
逆に純吟は全く買う気が起きないです・・・

2018年07月27日 おみず URL 編集

>おみず様、コメントありがとうございます。
情報どうもです。実は今回の純吟を購入してから、「純吟はスッキリ系、本醸造は甘口」という情報を得て、結構ガックリ来てました(笑)
おみずさんとしても推しということであれば、次は是非本醸造の方をやりたいですね。

私も黒龍はメジャー過ぎて中々手が伸びてなかったんですが、今回は季節限定生、そんなに高くないということで選びました。
しかし、鉄板にまでなっているとは!最近アル添の良さも分かってきたので、来期は私も必ず…

2018年07月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する