FC2ブログ

村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

家飲み記録 村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

20180223104504349.jpg  20180223104512038.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの登場は5回目。

 この「黒」については、2年前(27BY)にいただいて、あまりの旨さにマイ殿堂入りさせています
 が、昨年は買い逃してしまいました…、店員さん曰く昔より明らかに売り切れが速かったとのこと。
 うーむ、ブログで紹介したために若干自分の首を締めた気も…、そりゃこの味は知られれば売れますわ。

 スペックは相変わらず非公開ですが、このロットについては「日本酒のカルテ」さんに気になる情報が載っていました。
 そちらによると、今回は28BYのものを10ヶ月程度氷温熟成させてから出荷したものだとか…、凄く重要な情報だと思います。
 なお、12月購入4月開栓。 

20180223104456000.jpg

 上立ち香はうっとりするような甘い個性的な香りがそこそこに。
 含むと、滑らかな口当たりの甘酸味がスルリと入ってきて、最後までその甘味酸味の純度を保ったまま、しかしほんのりと渋味の奥深さを彷彿とさせつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、極めて純度の高い甘味が中心にありつつ、今年は結構酸味も強くて金柑の砂糖漬け的な果実感が出てますね、ただやっぱり雑味の無さは心地良い…、普段飲んでるお酒の一歩先を見せてくれます。
 後味は、濃厚な甘味を酸で引き上げる印象で、自然にキレます。

 非常に純度の高い甘味と酸味が、繊細ながらもダイナミックにバランスを保つ、高次元な芳醇甘酸酒でした。
 う~ん、極めて上品ではあるのですが、今回は和三盆から離れちゃったかな…、個人的には「低酸」が魅力と思っているのでちょっと残念ではあります。
 甘味と酸味でバランスを取るお酒は結構ありますからね…、個人的には「上品さ」には高いお金を出すつもりは無く、高級酒にもあくまで個性を求める性質なので(具体例:風の森TYPE2)、若干肩透かしな感触。
 村祐、来期この「黒」を買うかどうかは、熟考の上で決めようと思います。


 (以下ちょっと愚痴。スルー推奨。)
 う~む、情報非公開を徹底するなら味わいの再現性には気を付けて欲しいと思いますね…、通常の価格帯ならともかく、私としては毎年清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しているわけで。
 そりゃ氷温だろうが熟成させたら良くも悪くも味は変わりますよ、納得ずくで買うならともかく、そんな違いを黙ってるってのはちょっと…
 基本的に村祐の徹底した姿勢は好きではあるのですが、今回はちょっといかがなものかと思った次第です。
 (まあ初めて飲んだ人は普通に美味しいと思うでしょうし、常盤ならそんなことは思わないので、冷静に考えると私が貧乏性なゆえに高級酒に対するハードルが無茶苦茶高いだけなんですけどね…)

紹介:「日本酒のカルテ」さんの同スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/sakechart/archives/murayu-kuro-2018by.html

20180223104519518.jpg  20180223104528488.jpg

名称:村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):4,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0(価格を考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 二代目 二才の醸 とみやま農園 純米吟醸 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 純米吟醸 28BY (1年熟成バージョン) >>

村祐さんですか。比較的好まれるお酒だなと感じるお酒ですね。
僕もブラインドでやった日本酒会ではこれ良いなと思いました。でも、あまり買わない銘柄でもありますが。
どうしても酒飲みとしてはスペックは気になるのは仕方ないですよね。余計な先入観を持つから逆に要らないという人もいますが。

値段と本当にこのスペックと思えたのは新潟だと天領盃の現地酒の川原屋ですね。
私は龍力以外でアル添が決して悪いことではないんだなと初めて実感したお酒でした。

2018年07月30日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
いやあ、村祐は割と流行りのお酒が好きには合うと思いますが、龍力大好きさんが飲むイメージではないですね(笑)ただまあ、この黒は基本的には別格だと思います。
スペック情報は諸刃の剣であることは確かなんですけどね、日本酒度で安易に甘辛つけて売っている百貨店とか居酒屋とか見るとそう思います。
なお個人的には、米の品種とか日本酒度とかより、熟成期間とか火入れ回数の方が重要だと思っていたりします。

天領盃の現地酒!またある意味マニアックというか、面白い情報ですね…、ありがとうございます。
実は佐渡酒で天領杯だけまだ飲んでいないようなので、今後より注目してみることにします。

2018年07月31日 まるめち URL 編集

お世話になります。
リンクありがとうございました!
アクセス数が一気に伸びていて、何でかなと思っていましたらリンク元がこちらのページからでしたw
黒村祐は常盤ラベルを更にパワーアップした別格品クラスですが、今回のは「村祐」とは別物と感じました。
氷温熟成について情報は酒屋さんからのメルマガのみなのは問題があると考えます。
今のご時世、酒屋さんからの情報だけではなく、蔵元さんからの情報通知をして頂かないといけないと購入者との齟齬が生じてお酒から蔵元の信頼問題になると思います。

今期がこれで次期がどうなるか不安がありますね。

2018年08月16日 あろす URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
こちらこそ、無断リンクしてしまい恐縮です。
結構内容も引用させてもらってこともあり、挨拶コメしようと思っていたのですが、うっかりタイミングを逃してしまっていました…

まあ村祐はかなり昔から一貫して情報非公開姿勢を貫いていますし、「それで良いと思うヤツだけ買ってくれ」ってことだとは思うんですけどね。今回は高級品であること、明らかに前と違う味わいであったことから、一言言わせていただきました。
店頭にせよ、通販にせよ、必ずしも酒屋さんが解説できるわけじゃありませんしね…

次期にはかなり不安があるわけですが、店頭で見かけたら買ってしまいそうな自分が嫌になります(笑) こちらとしては祈るばかりですね…
今後ともよろしくお願いします!

2018年08月20日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する