FC2ブログ

夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり生酒

家飲み記録 夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり生酒 

20180426151012757.jpg  20180426151021086.jpg

 長野県上伊那郡辰野町のお酒です。
 外飲みは相当回数やってますが、ブログでの登場は2回目ですね、長野酒特集の9本目。

 夜明け前は以前にアル添にごり生を紹介しています、その時や外飲み時の印象は総じて良かったため、看板商品の一つであるこの「純米吟醸生一本生酒」は前々から狙ってました、今回ようやくタイミングが合って購入した次第です。
 ところで、以前にコメントでもご指摘があったのですが、私は長野酒の中でも特に「伊那地方」のお酒に好きな銘柄が多いようです。
 実際長野県酒造組合の蔵元一覧を見るに、銘柄名でいうと「井の頭」「黒松仙醸」「信濃鶴」「信濃錦」と、自分の中で「お気に入りに追加」している蔵元がひしめいている感じです(逆に未登場は「今錦」「岸の松」「大國」のみ。今錦は外で何度も飲んでます。大國・岸の松は未見)。
 これだけピンポイントに集中しているは多分珍しいかと思います、多分食文化とかの傾向について波長が合うんでしょうね。

 スペック情報は精米歩合55%という点以外ラベルにはほとんど記載無いですね…
 ただ調べると、山田錦利用の無濾過生原酒と記載している酒屋さんのページがありました。
 

 上立ち香はリンゴ系の甘くスッキリとした香りが気持ち強めに。
 含むと、濃厚ながらバランスのとれた印甘旨味が上品な口当たりでトロリと入ってきて、酸味や苦味をあくまで裏方に感じさせつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいはまさに蜜たっぷりのリンゴ的な甘味が厳然たる主役、酸味は味を整える程度で、苦味は完全に奥に留まり、芳醇さの割に雑味を全く感じさせずに甘味の魅力をストレートかつ丁寧に伝えてくれます。
 後味は、酸が仕事をしているのかなあ、甘味がそのまま自然に引き上げる感じ。

 長野酒のど真ん中を往く甘旨味に、他の味の要素が少しづつ彩りを添える、高次元のバランス系芳醇旨酒でした。
 やっぱり雑味の無さが良いですね~、濃厚さと上品さを両立させているのは素晴らしい!
 いやあこういうお酒を飲むと、少しぐらい高くても雫取りを優先してセレクトしたくなりますね、口当たりが本当に心地良いです。
 夜明け前、他にも色々なスペックを試していきたいと思いました。

 開栓後は意外と甘味が後退して少しづつバランスが崩れていく感じかな…
 個人的には開栓直後がベストだったので、速飲みを推奨しておきます。

20180426151028844.jpg  20180426151041714.jpg

紹介①:「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1065522173.html

紹介②:「日本酒と競馬ブログ」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://pitarosake.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

名称:夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり生酒
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社小野酒造店
購入価格(税抜):1,649円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:8

<< 鼎 純米吟醸 生酒 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 縁喜 特別純米酒 玉村無濾過生原酒 ひとごこち >>

どうもです。
いつもご紹介いただきありがとうございます。
長野酒特集続いてますね!新潟を抜いて堂々の首位
ですね!(なまっぴさんは喜ぶだろうな・・・)

夜明け前はまるめちさんのおっしゃる通り長野酒の
ど真ん中の甘旨味が美味しく僕も好きな銘柄ですが
近くに取扱店が無く購入は基本通販となるので最近
飲んでないです。

なんか「純米にごり」も新商品で出たみたいなので
東京出張の際にでも拾ってみようと思っています。

では、良い晩酌を。

2018年05月28日 P太郎 URL 編集

「夜明け前 しずくどり生酒」良いですね。
私は今年は家飲みはしませんでしたが、小野酒造さんの蔵開きで味わってきました。
濃厚甘口ながら上品な味わいで、今年もとても美味しいお酒ですね。

ちなみにですが、伊那市にあるのは「大國(おおくに)」を醸す大國酒造さんです。
大町市の北安醸造さんの「北安大國」とは別の酒造さんですよ。
「大國」は私も今年初めて頂きましたが、ヤバい酒でしたね。
最近の自分の好みにぴったりなお酒で、遠くないうちに別スペックのお酒もやってみたいです。

「艶三郎」や「水尾 紅」は酒屋さんを回ってみましたが今季は手に入れられなそうなので、来期必ず飲みたいと思います。

2018年05月28日 なまっぴ URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
いやあ私は長野酒大好きですからね。「どこのお酒が好き?」と聞かれたら基本的に長野と答えるぐらいです。
夜明け前は結構売ってるところ少ないですよね~ 長野旅行時にはしっかり見かけたので、やっぱり地元重視なんでしょうね。ただまあ通販等も利用する価値はある銘柄かと思っています。
ちなみに純米にごりはなまっぴさん情報を貰ってから近所の特約店に行ったのですが、相当数が少ないらしく、入荷してませんでした…

2018年05月29日 まるめち URL 編集

>なまっぴ様、コメントありがとうございます。
蔵開き行けるのは在住の方の特権ですよね~ 長野ならシーズン中はガンガン回れるでしょうし、うらやましい限りです。
なんと!完全に勘違いしていました、確かにあちらは北安醸造でしたね、どこで混じってしまったのか… さっそく修正させていただきます。実際のところ、こういうご指摘は非常に有難いので、今後もお気づきの時は是非コメントください!
ちなみに「大國」自体は一度も見かけたことないです… お話を聞くと、飲んでみたいなあ。
季節ものはすぐ無くなっちゃいますよね。特に当ブログはタイムラグがひどいので、その辺り心苦しいところです…来期是非。

2018年05月29日 まるめち URL 編集

お疲れ様です。
しずくどり生酒は買えてませんが、純米にごりは買って飲みました。中旬ごろに湯島の酒屋さんで今日入荷したと言われて購入し、まるめちさんが書いていたアル添にごりのようなダマ感もなく濃厚なのにすいすい行けるヤバイ酒でした(褒め言葉です)
私も最近長野の酒をよく飲んでおり、今日もおさけ村で購入した黒澤酒造の井筒長氷雪貯蔵純米生原酒を呑みながら書き込みさせてもらってます(笑)

2018年05月29日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
純米にごり買ったんですか!羨ましい限りです。ちなみに四合瓶でしょうか。
しかも湯島の酒屋とは… 何軒かあるのは知ってましたが、あまり買いに行ったことはないエリアです。
良かったら是非お店の名前を教えてください!(公開を気にされるなら非公開コメとかメールで…)

おさけ村行けるなら基本長野酒には困りませんよね。井筒長は私も飲んでみたいと思っているのですが、以前店頭で出会ったのが火入れだったので、機会を逃してしまいました…

2018年05月30日 まるめち URL 編集

お疲れ様です。
純米にごりは4合瓶(穴あきキャップ)で買いました。購入店は「壽屋(ことぶきや)」です
<http://www.kuromoncho-kotobukiya.com/index.php>一升瓶もありましたよ
私も花邑探しに初めて行った店でした。(酒未来が美味しくて追加で買おうと探してたのですがなかったです)
おさけ村は乗換駅になった関係ですごく行きやすい店になりました。今日も行って信州亀齢ひとごこち無濾過生原酒を買ってきちゃいました

2018年05月30日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
早速の情報本当にありがとうございます!
壽屋さんでしたか~、6年くらい前、日本酒飲み始めの時に獺祭を買いに行ったことがありましたが、その後全然ノーチェックでした。
今度ちょっと寄ってみようかと思います。

おさけ村は美寿々とか井の頭を買える貴重な酒屋ですからね。立ち寄れるのは羨ましいです。

2018年06月01日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する