FC2ブログ

会津娘 芳醇純米生酒

家飲み記録 会津娘 芳醇純米生酒

20180704151639806.jpg  20180704151650074.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 家飲み経験もあるのですが、ブログでは初登場。

 会津娘は私が日本酒飲み始めの時期に出会い、一貫して好印象をもっていました。
 が、近場に特約店が無い関係で長い間入手に至らず、過去の記録を見るに、最後に家飲みしたのは約5年前の2012年になっていました…
 そんな中、たまたま仕事で千葉市行く用事があり、帰りにエキナカの「IMADEYA」さんを覗いたところこのお酒があり、喜んで購入した次第です。

 スペックは五百万石精米歩合55%、名乗りは純米ですが結構削ってますね。
 裏ラベルに米の生産年や仕込み月の記載が有るのは珍しいと思います、情報としては参考になるので好印象。
 ちなみに4月頭に開栓しています。

20180704151702956.jpg  20180704151712469.jpg

 上立ち香はセメダインと濃いめの果実香が混じったような香りがそこそこに。
 含むと、かなり濃厚な甘旨味が心地よく柔らかい口当たりで入ってきて、徐々に出てくる苦味で引き締まりを増しつつ、最後までじんわりと染み入って来ます。
 味わいは、派手さは無いもののしっかりと芯のあるお米と果実の中間的な甘旨味が主役、苦味は浮いた感じでなく一体化していて、全体としてなんともホッとするようなまとまりを感じさせてくれるもの。
 後味は、ほんのりと苦味を口中に残しつつ、自然に引き上げます。

 なんというか「純朴」という言葉が自然に浮かぶような、落ち着いて飲み進められる芳醇旨口酒でした。
 飲み進めるたびに、派手さの無さが長所になって染み入ってくるんですよ、かつオッサン的な古臭い感じではなく、生酒的なわかりやすい甘味の魅力もある。
 いやあ本当「会津娘」って銘柄名そのものの味わいなんですよね、擬人化(地元の幼馴染とか)が捗りそうと言いますか(笑)
 会津娘、5年ぶりの家飲みでも変わらない印象の、「らしさ」と安定感のあるお酒でした、次は早めにやりたいなあ。

 ちなみに開栓後数日経ったほうがまとまりが出てきたかも…
 やっぱり強い感じのお酒ですね、あえて開栓放置もありなんじゃないかしら。

20180704151721667.jpg

名称:会津娘 芳醇純米生酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:高橋庄作酒造店
購入価格(税抜):1,530円/720ml
購入した酒屋さん:IMADEYA千葉エキナカ店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 会津娘 純米

2018年07月18日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 黒龍 純吟 垂れ口 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 長陽福娘 山田錦 純米吟醸 山口9E 生 直汲み >>












管理者にだけ公開する