FC2ブログ

米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒

家飲み記録 米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒

20180223104328570.jpg  20180223104337675.jpg

 愛知県愛西市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回は名古屋出張の際に初めて出会った銘柄だったため買いました、今回は千駄木の伊勢五本店さんの店頭に並んでいるのを見かけ、「お、新規取り扱いかな」と思い購入した次第です。
 で、情報を求めて蔵元ホームページ(https://yamahai.co.jp/)でこのお酒を探してみました、で、見た目的にはこれかなあと思うんですが、「若水使用 精米歩合65%」という表記とちょっとズレるんですよね…、詳細は謎です。

 生原酒で、アルコール度数が19とかなり高め、珍しい器械瓶を使って、「厳封」としているところがちょっと面白いですね。
 多分山廃だと思うんですが、ラベルに記載が見当たらないところは気になるところです(もしかしてどこかで肩ラベル剥がれた?)。
 前回の感触を含め、強そうな印象を受けたので、あえて三ヶ月ほど家で寝かせてから開栓しました。

20180223104401565.jpg

 上立ち香は酸を感じるスッキリした香りが仄かに。
 含むと、やはり酸の効いた引き締まった旨味がググっと入ってきて、最後までその酸が唾液腺を刺激しつつ存在感を主張して、勢いを増して喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さ控えめでお米由来っぽい旨味が中心にあり、苦渋を初めとする雑味は皆無で、酸が引き締まりと共に複雑味も与えている感じ、全体としては実に筋肉質な印象。
 後味は、その酸が引き取る形で見事にキレます。

 純度の高い旨味を酸がバッチリ引き締める、極めて芯の強いキリリ系辛口酒でした。
 うーむ、この形容は今日日いかがなものかと思うのですが、つい「男酒」という言葉が脳裏に浮かぶ感じ。
 こういうお酒は油っぽい食べ物とか肉料理とかにバッチリ合うんですよね、現代日本における食中酒としては淡麗辛口以上に汎用性は高いかと…
 米宗、実に個性がハッキリしているお酒だと思います、今後も要注目ですね。

 燗をつけると…、お、ついに甘味が出てきたかな。
 正確に言うとあくまで主役が旨味なんですが、個人的にはこちらも好き。

20180223104345897.jpg  20180223104353963.jpg

名称:米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒
精米歩合:65%
使用米:若水
アルコール度:19%
日本酒度:不明
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:酒泉洞堀一(名古屋)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 米宗 純米

2018年08月01日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 旭興 貴醸酒 「百」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 二代目 二才の醸 とみやま農園 純米吟醸 生原酒 >>

こんにちは。
米宗はどのお酒を飲んでも骨太というか芯の強い味わいのお酒が多いです。どのお酒も濃厚な料理、ステーキとかこってり系料理と相性が良さそうなものばかりです。愛知県は味噌文化に代表されるように濃厚な料理が多いため、日本酒もそれに負けない濃厚な味わいのお酒が多いように思います。あまり万人受けするお酒では無いですが、それがまたいいんです。
個人的には米宗のお酒は常温くらいの方が味にまとまりが出てきて美味しく飲めるかなと思ったりです。

2018年08月09日 シンパク URL 編集

>シンパク様、コメントありがとうございます。
米宗はまだ家飲みは2本目ですが、確固たる個性(と方向性)がある蔵なんだろうなあという印象でした。おっしゃるとおり味濃い系の料理と合いそうです。
確かに、山廃系のお酒は生だろうが基本的には冷やし過ぎない方が良いですよね。ここのお酒もその例に漏れないと思います。

愛知酒は割と個性的な味わいが多い印象を受けています。確かに、料理文化の影響は強そうですね。
私は基本的に個性酒は好きな方なので、愛知酒はもっとやりたいところです。なかなか手が回らないのが現状ですが…

2018年08月09日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する