FC2ブログ

井の頭 袋吊り中取り 純米生原酒 29BY

家飲み記録 井の頭 袋吊り中取り 純米生原酒 29BY

20180404120644500.jpg  20180404120712490.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 当ブログイチオシ銘柄の一つ、長野酒特集の7本目ですね。

 井の頭は5年前に日がさ雨がささんでで出会って以来推してきた銘柄ですが(というかもう5年前か…)、最近ようやくじわじわと首都圏にも浸透してきているのではないかという感触を得ております。
 個人的には、かのこだわりの地酒屋「うえも商店」さんが積極的に推しているのが大きいんじゃないかと思いますね、今回のお酒に至っては、「久々の120点満点」と、まさに太鼓判を押していらっしゃいます。
 また、このスペックについては「日本酒感想日誌」さんも先に感想を上げられており、そちらもかなりの高評価。
 何が言いたいかというと、私がだけが騒いでいるわけじゃないということです(笑)、もっともっと知られるべき銘柄だと思いますよ!

 閑話休題、スペックはひとごこち59%精米の純米吟醸袋吊り中取り、コストを抑えつつ、手間がかかっていそうな雰囲気を感じます。
 中取りはうえも商店さん限定スペックなのかな、去年飲んだ限定純米吟醸は美山錦55だったので、完全に別スペックですね。

20180404120721347.jpg  20180404120736389.jpg

 上立ち香は柔らかい印象の、果実とお米が混じったようなフレッシュな香りが控えめに。
 含むと、酸の芯のある甘旨味が力強く入ってきて、おり由来の若干の粉っぽさと少々の苦渋味を伴いつつ、最後までしっかりと飲みごたえを保ったまま染み込んできます。
 味わいは、ちょい酸強めの柑橘系果実の甘旨味が主役を張りつつ、全体としては甘酸渋苦をそれぞれ感じる、奥深くかつまとまりのあるもの。
 後味はしっかり酸苦が引き取って、力強くキレます。

 芳醇さ、奥深さ、そして若干キツ目の引き締まりがありつつ、それでいて全体としては柔らかい印象もある、やっぱり独特の魅力があるお酒でした。
 いやあやっぱりハイレベルですよ、個性とまとまりをしっかり両立させている印象。
 ただ、悲しいのはほんの少々生ヒネ感があることだったり…、最初からの可能性もあるものの、せめて直ぐに開栓すべきだったなあ。(今回は3月開栓)
 どうもベストポジションじゃない気がすんですよね、バランスも魅力なお酒なだけに、この点は少し反省です。
 ともかく、井の頭は今後も最大限に注目していきたいと思います。

20180404120748282.jpg

名称:井の頭 袋吊り中取り 純米生原酒 29BY
精米歩合:59%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:-2
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円くらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店(練馬)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月23日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 縁喜 特別純米酒 玉村無濾過生原酒 ひとごこち | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 水尾 「紅」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY >>












管理者にだけ公開する