桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY

20180306100317138.jpg  20180306100325741.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも8回目、而今花陽浴並みのペースで飲んでますね。

 前回まで出張時購入酒をまとめて取り上げてきたわけですが、そもそも自分がここまで積極的に未飲の地方銘柄に手を出すようになったのは、この桃の里との出会いが大きな要因だったりします。
 岡山市の「さかばやし」さんでたまたま手に取った、正直あまり味わいには期待していなかった垢抜けないラベル(失礼!)の火入れ酒には、私のその後の酒飲みとしての姿勢に変化を及ぼすほどのインパクトが確かにありました。
 正直、以降それほどの出会いは今のところないのですが、言わば手当たり次第に地方ならではの銘柄を試していくというのは、それ自体楽しい体験だと思えます。
 なんだかんだで首都圏の酒屋さんでの取り扱い銘柄なんて、地酒の中ではほんの一握りですからね…(その分選りすぐられているとも言えるのですが)。
 ブログやってる自分が言うのも何なのですが、ネットによる銘柄情報が簡単に手に入る今だからこそ、「知らない銘柄に手を出す勇気」というのが、地酒を楽しむ上で重要なんじゃないか、そんなことを思ったりしました。

 完全に話が逸れました、今回いただくのは、今年も蔵元から直で取り寄せた、朝日米使用の純米吟醸新酒生になります。
 去年の同スペックのお酒は開栓前に若干寝かせてしまったので、今回はフレッシュなうちに開栓した次第です。
 なお、今期の同名のお酒を「20代から始める日本酒生活」さんが既に紹介されていますが、こちらは五百万石利用のアル添酒ということで全く違うものですので、ご注意ください(こういう紛らわしい名付けやめましょうよ…)。

20180306100341806.jpg  20180306100333394.jpg

 上立ち香は甘く濃厚でちょっとトロピカル感もある果実香が気持ち強めに。
 含むと、濃厚そのものながらダレない甘旨味がトロリと入ってきて、裏方にほんの少々の渋味を感じさせつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、やはり桃の里味という印象の洋梨を煮詰めたような、でもいつもよりフレッシュな甘味が紛うことなき主役、そして特筆すべきは全体的にマイナス要素を全く感じないところですね、苦味はまさにゼロ、アルコールのキツさも無く、渋味はあくまで深みを添える役割に徹して、非常に柔らかく優しい味わいの世界を創り出しています。
 後味は渋味をほんのりと口中に残しつつ、自然に引き上げていきます。

 存在感や濃度と、ほっとする優しさを兼ね備えた甘味がたまらなく心地良い、一つの完成型を感じさせる個性派甘口酒でした。
 正直な所、凄く花陽浴に近い系統の味わいかと思います、それも良いときの。(ちなみに火入れは射美っぽいと個人的には思ってます)
 違いは酸の代わりに渋味が引き締め役を演じているところですね、それもキツさは無いので渋味というか奥深味というか。
 このバランスはしぼりたてを蔵元直送で入手して、即開栓したという環境も大きく寄与しているでしょう、なかなかハードルは高いかと。
 ただ、やっぱりモノ自体も素晴らしいですよこれは、今期の新酒は既に而今花陽浴飛露喜含め結構飲んでますが、その中でも抜群にお気に入りです。
 
 なお、開栓後二日ぐらいで、ちょっと渋味が勝ってきちゃうかな…、と思ったら飲み進めるとちょっと慣れてきました。
 そして一度慣れるとガンガンいってしまう…、これなら一升瓶買うか、四合瓶2本買えば良かったなあ。

 いやあこんなに相性の良い銘柄と巡り合えたことに、改めて感謝の念を抱いてしまいます。
 「純米系」かつ「劣化していなければ」、自分にとってハズレは無いですね。
 このお酒をもって、「桃の里」を「マイ殿堂入り」銘柄にしたいと思います(現在8銘柄目)。

20180306100356178.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:9.0/9.0(マイ殿堂入り)

■おまけ:蔵元から着いたお酒の記念写真
20180306120252398.jpg

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月07日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

<< 花の香 純米大吟醸 「和水」 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | HARE 特別純米 生酒 28BY >>

どうもです、いつもお世話になっております!
まるめちさんの29BY桃の里記事楽しみにしておりました。
リンクも張っていただきありがとうございます。

まるめちさんも書かれていますが、この名前のややこしさはいただけないですよね。
僕も例のお酒を飲んだ際に「あれおかしいぞ?」となって裏ラベルを確認したら、まるめちさんが飲まれていたのとは違うスペックだったという経験をしたので…
アル添の方の「ふな口一番」も悪くは無かったのですが、いわゆる桃の里味とは少し違っていたので、やはりこうして記事を読むと少し悔しい気分になりますね。
地元消費メインの蔵でしょうからあまり期待はできないかもしれませんが、今後もっとわかりやすくなるといいですよね。

では今後の記事も楽しみにしております。

2018年03月08日 すん URL 編集

こんばんは
繁忙期も推定で残り2週間以内となり、もうひと踏ん張りまで来ました!

桃の里純米吟醸の生の記事を楽しみに待っておりました!
火入れの純米吟醸の時も感じたよりもフレッシュさが際立っており、生酒ならではの味が出ているように感じられました、
また、甘渋なのも変わらないのですね。酸で綺麗にするのではなく渋で締めるという流れは特徴的だと思います。

時期限定の生酒ラインナップ
・大吟醸生
・純米吟醸生←まるめちさんのはコレ
・本格辛口生
・五百万石生←すんさんのはコレ
になるのでしょうね。4つ全て「ふな口一番」になっていたら紛らわしいですね…。注文する時は念入りに確認しないと(;・∀・)

2018年03月09日 あろす URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
こちらこそお世話になっております!
ようやく追いついたというか、やっと今期の桃の里について書けました… 期待通りの出来で嬉しい限りでしたよ。
ちなみに、すんさんに前にもらったコメントに影響されて、大吟醸も買っちゃいましたw ここの高級クラスのアル添がどんな感じなのか、今から楽しみにしています。

いやほんと、紛らわしさに関しては良くないですね~ 東京の地酒屋さんで売ろうとしたら、真っ先に指導が入りそうです。
手書きラベル自体は結構好きなんですがw

2018年03月09日 まるめち URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
お仕事お疲れ様です! 花粉症は大丈夫でしょうか? 復活楽しみにしてますよ~

純吟生は大体想像通りの方向ではありましたね、そしてやはり私の好みにドンピシャでした。火入れでも十分好きですが、生ならなお良しという感じです。

まああんまり「ふな口一番」という言葉に惑わされない方が良さそうですねw 単にそれぞれのスペックの生版の在庫を確認して、発注すべきなんだろうなあと思います。
どうやらある程度時間が経ったら一気に火入れしちゃうっぽいので、出荷時期とかも確認しとかないと、狙った生酒を入手するのは難しそうです。

2018年03月09日 まるめち URL 編集

まるめち様こんばんは。お健やかにお過ごしのことと、お慶び申し上げます。

遂に桃の里がまるめち様の「殿堂入り銘柄」になりましたか。
桃の里の優しい甘さと洋梨のような芳香は心地良く、特に岡山産朝日で醸された純米系のお酒が搾りたて又は適切に管理されていれば、所謂有名銘柄に勝るとも劣らない銘酒だと思いますね。

昨年、まるめち様がブログで絶賛なさったことをきっかけに桃の里を味わった方もいらっしゃるでしょうし、そろそろ東京の地酒専門店が桃の里を取り扱ってくれないものかと私も期待しているところです。

日本酒には少なからず関心があり地元岡山在住の私でさえ、まるめち様のご記事を拝読するまでは「朝日純米どぶろく」の存在を知らなかったくらいで、素晴らしく美味しいお酒が首都圏や東日本の皆様に届き難い現状は、赤磐酒造様にとっても酒販店様や消費者にとっても残念なことだと思うのです。

定番の純米と純米吟醸、季節商品の無濾過純米生、無濾過純米吟醸生、どぶろくなど、岡山産朝日を使った醸造用アルコールを添加していない純米系の数アイテムは、日本酒の美味しさを知る地酒専門店の方も必ず納得できるでしょうから、遠くない将来、東京、神奈川、埼玉、千葉などで桃の里を購入できるようになっていてほしいものです。

まるめち様、ブログのご記事は楽しく拝読させていただいていますが、週に二日は休肝日を設けられ酒量を控えめに、お身体を大切になさってくださいね。「ルテイン」もお忘れなく…。

2018年03月11日 おかやま URL 編集

>おかやま様、コメントありがとうございます。
自分の中では満を持しての「マイ殿堂入り」です。
いやあ本当に、偶然にもこの銘柄に出会えたことには喜びしかありません。改めてお酒の神さまに感謝ですね(笑)

実際、私のブログを参考にして直接購入してくれた方々は結構増えているようで、それも嬉しいところです。が、蔵元さんの方にあまりそういう需要に応える体制が整っていないように見えて、ちょっと複雑な気持ちではあります。おっしゃるとおり、地酒屋さんが間に入ってくれるのがありがたいのですが…こればかりは祈るしかないですね。

おかやまさんもどぶろくを知らなかったとは、意外でした。本当に生系についてはいわば幻のお酒という現状みたいですね。直接発注でそういうお酒が手に入ることはありがたく思うべきなのかも…

ご心配ありがとうございます。一応、先日の健康診断は全く問題なかったです(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

2018年03月12日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する