風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)

家飲み記録 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)

20180223104555155.jpg  20180223104603396.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。

 風の森のチャレンジの場という位置付けのアルファシリーズですが、今回のテーマは「燗SAKEの探求」とのこと。
 店長さんにお話を聞いてみると、蔵元の想いとして、所謂フルーティー系のお酒から、神亀に代表されるような燗向け銘柄への架け橋となるようなお酒となって欲しいということがあるようです。
 いやあ素晴らしい考えだと、私は思いますね。
 
 スペックは秋津穂の精米歩合65%、無濾過無加水「火入」酒となっています。
 (余談:ネットでは風の森を「全量無濾過生」としている記載が結構残ってますが、以前「TYPE3」が発売された時点で当てはまらなくなっているのでご注意を…)
 このお酒については蔵元ホームページに解説記事がありました、技術的なキーワードは「乳酸発酵の利用」「醞(しおり)方式の応用」とのこと。
 正直あまり細かい部分は良く分かりませんが、仕込み水の代わりに部分的に9年古酒を使っているというところが一番分かりやすいポイントでしょう。
 燗付けの目安として、35度で色が変わるシールが付属しているのも面白いですね。
 (なお、今は古酒に加えてこのTYPE5自体を仕込みに使っているver.2も売られているようです、私が飲んだのは1月の初期出荷分なのでご注意を)

20180223104612348.jpg  20180223104620002.jpg

 注ぐと、確かに古酒っぽい感じで黄色(黄金)がかっていますね。
 折角なので今回はシールの色が変わる35度近辺まで、湯せんした上でいただきます。

 上立ち香は燗酒特有のアルコール感強め、しかし甘渋もあるちょっと複雑な香りがそこそこに。
 含むと、濃くかつ奥深さのある甘味が、舌先にチリチリと来るガス感と相まって、独特ながら柔らかみもある感触を感じさせつつもゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、洋梨を煮詰めたような濃い甘味がやはり主役、しかしガスの働きや仄かな渋味でダレを防ぎ、複雑さを添えることで逆に甘さをストレートに感じさせてくれます。
 後味は何気に渋味が仕事をしてちゃんと引き上げます。

 古酒ならではの奥深い甘旨味と、風の森らしいガス感が面白い感じで引き立て合う、超個性派燗向け酒でした。
 実は前々から風の森の燗をやっている人間からすると、この好相性自体にはあまり意外性はないんですけどね、通常スペックでもぬる燗は全然有りですし。
 ただ、このお酒の場合は特に完熟系の甘味にホッとするような癒し効果があって、より燗映えしているとは思います。
 「甘味」そのものが苦手な人以外には、初心者から玄人までオススメできますね。
 風の森、こういう新しいチャレンジを含め、引き続き追っていこうと思います。


 ちなみに冷酒でも普通に甘シュワ酒として私は好きですね。
 ただ確かに燗と比べると物足りない気がするのが不思議な所。

 びっくりなのは数日ぐらいじゃガス抜けないんですよ、風の森としても四合瓶でここまで残るのは珍しいんじゃないかしら。
 むしろちょっと前の風の森らしいといいますか…、最後までこの独特な感じを楽しめるという面では素敵なポイントですね、

20180223104627466.jpg

名称:風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)
精米歩合:65%
酒米:秋津穂
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月10日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒 >>

こんにちは!自分も先日この酒飲みました。
やっぱり古酒配合ってのがポイントですよね。がっつりした熟成感じゃなく微妙な風合いが表現されてて、面白いなあと。
冷酒もいいですよね。というか、逆に燗専門!とうたうほどに燗上がりするかというと、そうでもない 笑
いずれにしろ終始軽くてミネラリーなのは風の森らしさというべきですかね。

2018年06月11日 アイオライト URL 編集

>アイオライト様、コメントありがとうございます。
ああ、アイオライトさんなら買いそうな気がしました(笑) おっしゃる通り普通の熟成香とはまた違った個性的なバランスが良かったと思います、特に甘味がカラメルになり過ぎない存在感があって好みでした。
流石燗上がりについては厳しいですね(笑)まあ基本的に風の森を燗付けすること自体が広まっていないので、こうはっきり言うこと自体に意義があるのではないかと。

2018年06月12日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する