小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒

家飲み記録 小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒

20180312153245992.jpg  20180330121239481.jpg

 岐阜県瑞浪市のお酒です。
 外飲みは何度もありますが、ブログ登場はなんと初めて。

 小左衛門については、地酒屋のほか百貨店でもよく見る印象で、居酒屋でも割とちょくちょく飲んでいました。
 なので、ブログ始めてからのこの6年間全く家飲みしていなかったことに気付いて愕然としましたね(ちなみに記録によると、ブログ始める前の2012年2月に家飲みしたのが最後)。
 いやあ、当然悪印象の銘柄ではなかったのですが、エアポケットのように抜け落ちるということはあるものですね…、そもそもやっぱり日本酒銘柄は個人で追うには多過ぎると改めて思ってしまいます。
 
 話がずれました、今回は新酒第一弾の出羽燦々60磨きの無濾過生原酒、それも速醸ということで、実にスタンダードな印象のスペックですね。
 11月出荷のものを2月開栓なので、ちょっと寝かせちゃいました。

20180330121250520.jpg

 上立ち香は甘い感じの果実香が仄かに。
 含むと、程よく熟した感じで非常に甘味の強い旨味が力強く入ってきて、少々の渋味を裏に感じさせつつ、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、糖度の高い完熟マスカットといった趣の、高濃度かつ魅力的な甘味が完全に主役、酸は少々果実感を添える程度、強めの渋味がダレを防ぐ感じですね。
 後味は、やはり渋味をほんのりと残しながら、自然に引き上げていきます。

 新酒らしいフレッシュフルーティー感が魅力的な、直球勝負の甘旨酒でした。
 甘味が凄く魅力的な存在感があるのですが、渋味がちょっと引っかかる印象でしたね。
 特に、長く口中で転がしていると渋味が増してくるので、個人的にはスイスイいってしまったほうが楽しめると思いました。
 小左衛門、次はこちらとは違った系統の、山廃系も飲んでみたいところです。

 開栓後は甘さが引いて、より渋味がでてきちゃうタイプかな…
 急激に劣化するわけではないのですが、個人的には即飲み推奨。

20180330121300377.jpg

名称:小左衛門 純米吟醸 初のしぼり 無濾過生酒
精米歩合:60%
使用米:出羽燦々
アルコール度:16.5度
日本酒度:+5
蔵元情報:中島醸造株式会社
購入価格(税抜):1,319円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月08日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1) | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽 >>












管理者にだけ公開する