伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒

家飲み記録 伊乎乃(いおの) 特別純米 初しぼり中汲み生原酒

20180118145137807.jpg  20180118145146442.jpg

 新潟県小千谷市のお酒です。
 家飲み・外飲み含め初めていただきます。

 初飲みということで銘柄名でググってみたところ、真っ先に「モトックス」という会社のページが出てきました。
 どういうことやねんと、もうちょっと同社について見てみたところ、どうやらワイン中心に酒類の卸・販売をやっている会社みたいですね。
 蔵元と連携してブランディングした銘柄を売り出しているという感じなのでしょうか、商品紹介ページにある「ワインのモトックスならではの日本酒チョイスにご期待ください。」というアピールはなかなか面白いアプローチかも。
 ラベルもいかにも垢抜けてますね、それでいて裏ラベルの情報が充実しているのは好印象。
 ちなみに、同蔵の通常銘柄は「越の初梅」などのようです、こちらはちょっと昭和の匂い。

 スペック的には、魚沼産五百万石の60磨きの生原酒ということで、割と正統派な印象。
 お米の生産者や認証情報に関する記載が特に詳細なのは、やっぱりテロワールを意識しているみたいですね、十年一日のごとく(原料米:国産米)とか舐めた記載(笑)している蔵には見習ってほしいところです。

20180118155941978.jpg  20180118145155041.jpg

 上立ち香は爽やかな酸とセメダインを感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、やはり爽やかな印象の甘酸味が勢い良く入ってきて、最低限の苦味を奥の方に感じさせつつ、最後までバランスを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり柑橘系果実の甘酸味が主役、濃度は程々で、中取りらしい雑味の無さが魅力ですね、これはガンガン行ってしまいます。
 後味は自然な印象のまま、いつの間にか消え去る完璧に近い引き上げ。

 ワイン卸の会社が勧めるお酒として納得感のある、極めて完成度の高い甘酸系爽やか食中酒でした。
 如何せん私の好みは偏っていて、所謂食中酒は基本避けるのですが、それでもこのお酒が良く出来ていることはわかります、コスパも良好。
 むしろ当ブログが推す銘柄を濃すぎだとおもったり、そもそも無濾過生原酒系が重すぎて苦手だったりする方に飲んでみて欲しいお酒かも、そういう意味ではもっと知られてよい銘柄ですね。
 伊乎乃は覚えておくとともに、同蔵の「越の初梅」や、モトックス社のもう一つの日本酒銘柄「庵」もいつか飲んでみたいと思いました。

20180118155953653.jpg

名称:伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:高の井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/750ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 獺祭 「試」  米国産カルローズ米80%使用 2017年8月25日上槽 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY >>












管理者にだけ公開する