FC2ブログ

自然郷 SEVEN 純米吟醸 生酒 29BY

家飲み記録 自然郷 SEVEN 純米吟醸 生酒 29BY

20180110013329836.jpg  20180110013339036.jpg

 福島県西白河郡矢吹町のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 こちらを醸す蔵の通常銘柄が「楽器正宗」であることや、自然郷SEVENブランドの位置付けについては、前回の記事(約3年前)に書きました。
 今回セレクトした理由としては、前回飲んだ時の好印象に加え、矢島酒店さんで新規取り扱いを開始したということがあります。
 智則もそうですが、前に飲んで旨かったお酒が、通っている酒屋さんで新規取り扱いになるのは何となく嬉しいですね、先手を取った感じで若干ドヤれますし(笑)
 また、もちろん入手が楽になるのもありがたいところです(前回は通販での購入でした)。

 スペック的には、前回同様オール福島の、無農薬栽培夢の香60磨き利用。
 裏ラベルの記載によると、無濾過生原酒みたいですね。

20180110013348699.jpg

 上立ち香はサイダー的な爽やかな甘さを感じる香りが控えめに。
 含むと、芳醇な甘旨味が塊でググっと入ってきて、ゆっくりと出てくる渋味が奥深さを添えつつ、最後まで存在感を保ちながらじわじわと染み込んできます。
 味わいは、完熟洋梨?的な密度の濃い甘旨味が主役、最初から纏っている渋味がクレッシェンド的に存在感を増して全体をしっかり引き締めていき、時間差の趣を十分に感じさせてくれます。
 後味は、最終的にはかなり強くなった渋味がキッチリと引き取って、芳醇な味わいを見事にキレさせます。

 奥深く心地良い甘旨味が口中で微妙に変化を描く、日本酒の玄妙さを伝えてくれるようなお酒でした。
 いやあ良いですね、濃厚ではあるのですが、インパクト勝負というよりはじわじわと魅力がしみ込んでくるタイプかと。
 それにしても、福島酒は本当全体的にレベルが高いと思いますね~。
 味わいの奥深さに特長があるお酒が多いんですよね、それでいて後味のキレとの両立のさせかたがとても丁寧といいますか。
 このお酒もまさにそんな感じでした。
 自然郷、今後また別のスペックも試してみたいと思います。

 20180110013357866.jpg

紹介:「日本酒愉快者ブログ」さんの同スペックの記事
http://osakefunky.hatenablog.com/entry/2018/01/02/093333

名称:自然郷 SEVEN 純米吟醸 生酒 29BY
精米歩合:60%
使用米:夢の香
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合名会社大木代吉本店
購入価格(税抜):1,360円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月09日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒  >>












管理者にだけ公開する