十九 Snowflake

家飲み記録 十九 Snowflake

20180404112342608.jpg  20180404112351138.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね、にごり酒特集の8本目。

 前回のスノーウーマンのラベルについて「ふざけ方が大人しめ」みたいなことを書きましたが、今回は一転して「やり過ぎでは?」と思う見た目ですね(笑)
 まあ十九は基本全部こんな感じですが、蔵元さんのブログ記事によると、このSnowflakeについては何と雪の結晶パターンが微妙に違う六種類のラベルになっているとか。
 流石十九と思ってしまうような面白いデザインですが、実際の準備大変そうだなあと思ったら、同記事に思いっきりラベル貼りの苦労話も書いてありますね、見た目の優雅さとは裏腹の労苦に頭が下がります…

 スペック的には精米歩合65、アルコール度数16、という以外の情報はほぼ不明ですね、特定名称の記載も無し。
 酒屋さんによっては「おりがらみ純米生原酒」としているところもあるようです。
 実のところ、「にごり酒」という範疇に入るかどうかはかなり微妙なのですが、どうしてもスノーウーマンと並んで記事にしたかったため強引に入れてしまいました…どうかご勘弁を。(まあこの辺り、明確な定義はなかったはず)
 製造(瓶詰)年月は昨年12月、蔵出年月は今年1月と、こちらは詳細な記載がありますね、ちなみに開栓も1月。

20180404112400172.jpg

 上立ち香は甘酸を感じるフレッシュな香りが仄かに。
 含むと、優しい印象の甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後までその優しい印象のまま、ほんの少々の苦味で輪郭を保ちつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりりんごジュース的なクセのない甘旨味が主役でそこに酸味が寄り添う形、濃度はほどほどといった感じ、おり的な苦味は最小限で、徹頭徹尾素直に甘旨を楽しめます。
 後味は、あくまでほんのり苦味を残しつつも、見事にバッチリキレます。

 最初から最後まで自然で優しく甘旨味を楽しませてくれる、高バランスのおりがらみ酒でした。
 いわゆるフルーティー系かつスイスイ飲み過ぎてしまう系のお酒ですね、あえて一歩引いた感じといいますか。
 まさに万人に勧められるタイプのお酒ですね、(うす)にごり酒入門としても持って来いでしょう。
 十九、また別のスペックもいただいてみたいと思いました。

 開栓後数日たつと、甘味が出てきて個人的にはさらに好みになりましたね。
 このあたりの飲み頃を探すのは難しいなあ…、でも、上品な印象よりは強いお酒なのかもしれません。

20180404112417967.jpg  20180404112408550.jpg

名称:十九 Snowflake
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社尾澤酒造場
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.4/9.0

■並べて記念写真。やっぱり長野酒はいいですね~
20180404112440123.jpg

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月16日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒 >>












管理者にだけ公開する