FC2ブログ

栄光冨士 「煌凛」 純米大吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 栄光冨士 「煌凛(こうりん)」 純米大吟醸 無濾過生原酒

20180823110322779.jpg  20180823110332202.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 たかちよと並ぶ、当ブログ定番銘柄ですね。

 前回の記事で書きましたが、栄光冨士もたかちよ同様新商品の連発振りが目に付く銘柄だと思います。
 純米大吟醸の酒米違いシリーズも結構種類がある上に、闇鳴秋水、威吹、サバイバル、プラチナ、森のくまさんなどなど、一貫性が無くて列挙するとわけがわからなくなる名称の(笑)限定品が大量にありますし。
 最近だと「アスタリスク」という辛口を売りにした商品を出したと思ったら、今年も辛口系として「火輪(かりん)」というやつが出てきてるんですよね…、もはや何が何だか。
 
 で、今回いただくのは、確か昨年に初登場したもので、山形の代表的酒米である出羽燦々を50まで削ったギリギリ純米大吟醸。
 裏ラベルには相変わらずびっしりとスペック等の情報があって有難いのですね。
 ただ、通常の純大シリーズとの違いなど、コンセプトに関することがよくわからないのは気になるところかも。

20180823110351447.jpg  20180823110406929.jpg

 上立ち香は甘く濃厚なパインっぽい香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚でインパクトの有る甘旨味がグワッと入ってきて、そこそこの酸味と、裏にガッツリある苦味で引き締められつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、少々煮詰めた完熟パイン的な超高濃度の甘酸旨味が厳然たる主役、雑味的な苦渋は確かにあるのですが、甘旨の存在感がそれを拭い去るレベルの存在感を放ちます。
 後味は少々の渋みを口中に残しつつも酸味が強引に引き取る形でキレます。

 暴力的なほどの濃度ながらも魅力的な甘味が最初から最後まで存在感をアピールする、直球勝負の芳醇甘旨酒でした。
 若干暴論ですが、甘旨味の心地良さは而今花陽浴レベルだと思うんですよね~
 といいつつ、まあ比べると明らかに重くて荒い感じではあるので流石に飲み疲れ感はあると思います、いやあやっぱり好き嫌いが分かれるのもわかる味わいですね。
 個人的にはやっぱり地酒は個性あってこそだと思っておるので、栄光冨士はその意味で非常に魅力的な銘柄だと、今回改めて感じました。

20180823110427502.jpg  20180823110416103.jpg

名称:栄光冨士 「煌凛」 純米大吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:50%
使用米:出羽燦々
アルコール度:16.3%
日本酒度:+-0
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,790円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月30日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

たかちよ 「タータンチェック黄色ラベル」 純米 無調整生原酒 愛山 ai77

家飲み記録 たかちよ 「タータンチェック黄色ラベル」 純米 無調整生原酒 愛山 ai77

20180815110514785.jpg  20180815110522969.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 花陽浴・風の森に次ぐ感じの当ブログ定番銘柄ですね。

 芳醇甘口派の自分が、そっち系のお酒で、「そこそこ入手しやすい」銘柄を人に勧めるとしたら、風の森に次いでこの「たかちよ」と「栄光冨士」をまず選びます。
 が、その二銘柄の共通点(一種の問題点)として、「新製品をバカスカ出す」という部分があるんですよね…
 たかちよはひらがな、漢字、アルファベットの3シリーズに分かれて、さらにカスタムメイドやらタータンラベルやら限定品がガンガン出ているため、追うだけで精一杯な感があります。
 
 今回も確か新製品だったはずですね、愛山を扁平精米で77%まで磨いて醸したお酒。
 平仮名たかちよは詳細スペック非公開が原則のはずですが、やはり「タータンチェックラベル」については試作品系ということで、ちゃんとスペックが載っているようです。

20180815110532508.jpg

 上立ち香は…、おおほとんど感じないですね、特にアルコール臭は無しで、ちょっと酸のある水って感じ。
 含むと、濃厚な甘旨酸味がトロリとした口当たりで入ってきて、徐々に強まる酸味で割りとしっかり引き締まりを保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、砂糖をたっぷりと加えて漬け込んだ感じのグレープフルーツといった趣かつ、苦味がいい感じに抜けた感じの、ダレない甘旨味をストレートに楽しめる印象のもの。
 後味は酸で引き取る形の、スタンダードな引き上げ方。

 香り控えめで、ほどほどに複雑さを備えた旨味が魅力的な、バランスの良い芳醇甘旨酒でした。
 なぜか良い意味で「普通に旨い」という言葉が頭に浮かびますね、低精白的な粗さも無いですし、私がたかちよに求めているものをしっかり備えている印象。
 愛山は確かアルファベットシリーズで先に使っていたと思いますし、新スペックとはいえ、経験をちゃんと活かして造ったんだろうなあという感想を抱きましたね。
 たかちよ、何だかんだで好きな銘柄です、今後も期待したいところですね。

20180815110552687.jpg  20180815110541331.jpg

名称:たかちよ 「タータンチェック黄色ラベル」 純米 無調整生原酒 愛山 ai77
精米歩合:77%
使用米:愛山
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

廣島屋 儀八 純米雄町生酒

家飲み記録 廣島屋 儀八 純米雄町生酒

20180810171817199.jpg  20180810171831912.jpg

 広島県竹原市のお酒です。
 銘柄的には初飲みですが、同蔵のお酒はそこそこ飲んでいます。

 こちらのお酒は、裏ラベルに記載がある通り「誠鏡・まぼろしの醸造元」である中尾醸造が醸す限定品になります(多分PB)、銘柄名は、創業者の名前および屋号から来ているみたいですね。
 今回は、聞きなれない銘柄名に惹かれたこと、以前いただいた誠鏡の雄町が好印象だったことからセレクトしました。
 蔵元ホームページを覗いてみると、会社概要のところに種類別の製造割合や、販売先の地域別割合が載っているのが目を引きました、非常に珍しいことだと思います。
 製造では吟醸・純米が8割を占め、販売先は地元消費が5割、海外販売も7%あるという状況を見るに、地元を重視しながらも、品質勝負で多様な販路を確保しているであろうことが想像できます。

 スペック的には雄町利用の精米歩合65%、裏ラベルにはしっかり諸々の情報の記載がありますね、3月出荷を5月開栓。
 前飲んだ誠鏡も雄町の生なんですが、精米歩合が55だったので、若干違った味わいが予想されますね。

20180810171849151.jpg

 上立ち香は濃厚で甘くフレッシュな感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、割りと複雑な印象を受ける旨味が力強く入ってきて、濃厚ながらも最後までしっかりとバランスを保ち、若干のアルコールのピリピリ感も纏いつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、洋梨を煮詰めたような甘旨味が芯に有りつつ、苦・酸・渋もそれぞれ感じる奥深いもので、非常に飲みごたえがあるのですが、キツさが無くてついつい飲み進めてしまう感じも有りますね。
 後味は、渋味が引き取る感じなのですが、驚くほど自然に引き上げてくれます。

 高密度かつ奥深さのある旨味が非常に魅力的な、独特のまとまりを感じる芳醇旨味酒でした。
 前回より米を削っていない分なのか、多分敏感な人だと雑味と思うかもしれない苦渋もあるんですが、旨味がしっかりある上全体のバランスが良いので、個人的にはマイナスに感じませんでした。
 日本酒しか飲まない私が言うのも何ですが、イメージ的にブランデー的な奥深さがあったように思えます。
 儀八も良いお酒でした、次は未飲の「幻」もやりたいところです。

20180810171906349.jpg  20180810171857932.jpg

名称:廣島屋 儀八 純米雄町生酒
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:+4
蔵元情報:中尾醸造株式会社
購入価格(税抜):1,471円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月23日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

春心 山廃つくり本醸造 生酒

家飲み記録 春心 山廃つくり本醸造 生酒

20180807121836311.jpg  20180807121845596.jpg

 石川県小松市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらはあまり知らない銘柄だったのですが、最近アル添がマイブームだったこともあり、伊勢元酒店さんの店頭に並んでいたものを衝動買いしました。
 で、蔵元ホームページをチェックしたのですが、これが思った以上にナウい感じ(笑)で少々驚きました。
 確かに裏ラベルにはちゃんとフェイスブックとインスタのアイコンが載ってますね、小規模蔵の情報発信としてやるべきことをやられている印象。
 それでいて造りは生もと、山廃という伝統的なものにこだわるというのですから、筋が通った信念というものを感じますね、これからの時代の蔵元として素敵な方向性だと思います。

 使用米は不明ですが、精米歩合65%山廃造りの本醸造生。
 裏ラベルには名前の由来紹介、造りと味わいの特徴、オススメの飲み方、という飲み手が知りたい情報をスペースが許す限り記載してあります。
 う~ん素晴らしい…、多くの口下手な地酒蔵に、爪の垢を煎じて飲ませたいぐらいですね。

20180807121854998.jpg  20180807121903389.jpg

 上立ち香は酸を感じる爽やかな果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり強めの酸が真ん中にある旨味がスルスルと入ってきて、若干のアルコール感を伴いつつ最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いやあまさに酸旨という感じの引き締まりつつも存在感の有る旨味が主役、苦渋は完全に脇役に徹してますね、若干謎の粉っぽさも感じるのですが、アル添的なキツさはあまり無く、割りとスルスルと飲めてしまいます。
 後味は、まさにその酸がガッツリと引き取ってスパッとキレます。

 インパクトの有る強めの酸と芯のしっかりした旨味が魅力的な、キレの良い旨酸酒でした。
 正直ここまで酸が強いとケミカル感すら出てくるのですが、それでも嫌な感じはしないんですよね、個性として受け止められます。
 いやあこれは数年レベルの熟成にも耐えることでしょう、常温放置でもいけそうなぐらいの印象(よく見ると生酒なのに要冷蔵の記載無いのかな、これは凄い自信だ…)。
 春心、まさに「強い」という言葉が脳裏に浮かぶお酒でした、他のスペックもいつかいただきたいと思います。

 燗をつけると…、うお、辛さは有るものの甘さが出て纏まりも良くなりました、個人的には断然こっちがオススメだなあ。
 燗冷ましは謎の乳酸感が出てきてこれまた楽しいかも、もっと早く燗つけ始めればよかった…

20180807121925301.jpg

名称:春心 山廃つくり本醸造 生酒
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:近藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 春心 本醸造

2018年08月21日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY

家飲み記録 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY

20180710102814681.jpg  20180710102823413.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ定番銘柄。

 埼玉県の酒米である「さけ武蔵」利用の花陽浴としては、当ブログでは昨年の同スペックや、蔵開き限定の「アビノミクス」を紹介済みです(ちなみにブログ開始前にも一本飲んでます)。
 そちらでも書いてあるのですが、他のお米シリーズと違い、さけ武蔵の花陽浴には実は結構な苦手意識がありました。
 分かりやすい甘酸味だけでなく、いろいろと複雑な味わいを感じるんですよね、それが一種雑味・不純物のように思えていたふしがあります。
 ただ、実は最近その苦手意識も無くなりつつありまして、その理由を考えたところ、蔵の造りが変わってきたのか、お米の品質が上がってきたのか、私の好みが変わってきたのか、なかなか断言できない感じだったりします(全部かも)。
 どちらにしろ、苦手意識を持っていたお酒を久しぶりに飲んだら旨かったなんてことはざらにあるので、日本酒を飲むときにはあまり先入観に凝り固まらないようにした方が良いのでしょうね。
 
 精米歩合は花陽浴純大スタンダードの48、4月に買って5月開栓なので、ほぼ即開けです。

20180710102833116.jpg

 注ぐと、これが結構しっかり濁ってますね、通常のおりがらみスペック以上かも。

 上立ち香は、いつものパイン的花陽浴香が若干落ち着いて、ちょっと粉っぽさが混じった感じの香りが強めに。
 含むと、やはり派手さのある高濃度の甘旨味が、しかしどことなく落ち着きのある感じで入ってきて、最後まで存在感を保ちつつも、柔らかさもある口当たりでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりパイン的な甘酸旨味が中心にありつつも、いつもより甘味が一歩だけ引いた感じで、心地良い熟感とほんのりとある苦味・渋味で奥深さ・複雑味も加えられている印象。
 後味は、酸苦渋が引き取る形ながら、やっぱりキツさを抑えて引き上げてくれます。

 バッチリ香り高い華やかな甘旨味と、苦渋を含めた奥深さが上手いこと融合した、個性派芳醇酒でした。
 何と言いますか、いつもは華やかな「花陽浴らしさ」が、ちょっと複雑かつ大人びたような印象ですね。
 ちなみに苦渋、特に苦味はしっかりキツくない感じながらはっきり現れているので、やっぱり苦手な人は苦手かもしれません、私もやっぱり昔に比べて日本酒飲み慣れてますから、その辺りには逆に鈍感になっているかも。
 ともかく、私にとっては昨年以上に好印象でした、来年以降も楽しみなスペックです。

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

20180710102851529.jpg  20180710102841516.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 さけ武蔵 29BY 
精米歩合:48%
使用米:さけ武蔵
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月19日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

平井六衛門 純米酒 活性にごり酒

家飲み記録 平井六衛門 純米酒 活性にごり酒

20180704124545988.jpg  20180704124556968.jpg

 岩手県盛岡市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す蔵の通常銘柄は「菊の司」「七福神」などですね、このあたりは居酒屋等で結構見るような…
 で、「平井六衛門」は若き後継ぎが蔵に戻ってきて立ち上げブランドらしいです、まあ最近多いパターンですね。
 裏ラベルには彼のお酒紹介文が載っているのですが、目に留まるのは「醸し手 若造 平井佑樹」の記載。
 若造自称は珍しいですね…(笑)、まあ謙虚さを表しているということなのでしょうか。

 使用するのは岩手の酒米ぎんおとめ、精米歩合は60。
 穴開き栓じゃないのは嬉しいところです、2月出荷で、5月の頭に開栓。

20180704124607255.jpg

 開栓は若干時間がかかるぐらいにシュワシュワな感じでしたね。

 上立ち香は発泡ニゴリらしいガス・米・柑橘系果実が混じったような香りがそこそこに。
 含むと、インパクトのある甘酸苦旨味がシュワシュワと入ってきて、少しずーつ苦酸味が優勢になってキッチリ引き締まりつつ、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、結構密度のある、おりの旨味と柑橘系果実の甘酸が入り混じった感じのもので、シュワシュワしながらもしっかり飲みごたえが有る印象、
 後味は、酸・苦・ガスが相まって見事にキレます。

 強いガス感がありつつも、それに負けない密度の旨味が魅力的な、インパクト抜群のシュワシュワ濁り酒でした。
 正直、発泡系ならこのくらい濃い旨味があっていいと思うんですよね、思いっきりスッキリ感に寄せるお酒も多いのですが、個人的には「ビールで良いじゃん」とか思ってしまったりしますし。
 おりが濃くなってくるとなんか乳酸味的なニュアンスも出てきますね、ただ個人的にはもうちょっと甘いほうが好みではあります。
 ちなみに、ガスが抜けてもいい感じの旨酸にごり酒になってます、これは汎用性高いなあ。
 平井六衛門、今後要注目の銘柄と言うべきでしょう、また別のスペックもいただきたいと思います。

20180704124627983.jpg  20180704124617144.jpg

名称:平井六衛門 純米酒 活性にごり酒
精米歩合:60%
使用米:ぎんおとめ
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:菊の司酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月17日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

四季桜 特別純米 生原酒 

家飲み記録 四季桜 特別純米 生原酒 

20180807123619673.jpg  20180807123629288.jpg

 栃木県宇都宮市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回は火入れ酒をいただいたのですが、あまり火入れっぽさが無く、生酒派の自分としても違和感なく飲めたことが印象に残っています。
 しかしそれでも、結局は生酒も飲みたくなってしまうのがサガでして…、今回はこちらをセレクトした次第。
 ラベルは前回同様伝統的な雰囲気ですが、限定品を示す肩ラベルの方はローマ字記載が入り交じる若干ファンキーな感じになっているのがある意味面白いですね、なんというかふざけきれないのが微笑ましいというか…
 (ちなみに、ふざけきった好例が某蔵の「ツーアウトフルベース」等だと思っております)

 閑話休題、スペックは五百万石を60まで磨いた生原酒ということで、割とスタンダードですね。
 1月出荷ですが、まあここのお酒なら大丈夫だろうと、4月まで引っ張って開けました。

20180807123638243.jpg

 上立ち香は若干酸を感じる、爽やかな果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸が効いている感じの引き締まった旨味がググっと入ってきて、最後まで密度を維持したまま、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、酸・甘・渋が一体になった感じの、ほどほどに熟した柑橘系果実的旨味が最初から最後まで主役を演じます、その中でも落ち着いた感じの酸が良い働きをして、インパクトがありながら飲み飽きない感じになっています。
 後味は、そのまま酸が引き取ってしっかりとキレます。

 複雑味と飲みごたえが有りつつも、芯のある酸で飲みやすさすら感じさせる、独特のまとまりのある力強いお酒でした。
 これは完全に一杯目より二杯目の方が染みるお酒ですね、本当は燗でもつけるべきだったのですが、ついスイスイ飲みきっちゃいました。
 個人的にはどうしても甘味がもうちょっと欲しくなってしまいますが、まあそれは完全に好みでしょう。
 後、多分数年レベルの熟成にも耐えそうな風合いですね、数ヶ月ではダレの気配も無いのはやっぱり凄い。
 四季桜、もっと評価されるべき銘柄だと感じた一本でした。

20180807123646165.jpg

名称:四季桜 特別純米 生原酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:宇都宮酒造株式会社
購入価格(税抜):1,360円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月15日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 WHITE 16

家飲み記録 射美 WHITE 16 

20180724171149270.jpg  20180724171159152.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 当ブログ殿堂入り銘柄の一つですね。

 最近すっかり入手困難になってしまった射美ですが、今回はたまたま取扱い店で並んでいるのに出会い、キープしました。
 個人的には、もはやレア銘柄をやっきになって追いかける気持ちはかなり薄れているんですが、射美については(当たり外れはあるものの、)スペックによっては非常に自分の好みに「ハマる」ので、本当はもっと飲みたいとは思っております。
 まあこんなブログやってて、推してた銘柄が実際人気出て、自分が飲めなくなってちゃ世話無いという感じですね…(勿論ここの影響力なんて大したことないと思いますが)
 
 スペックは相変わらずほぼここでしか見ない「揖斐の誉」を50まで磨いた無濾過生原酒、一部白麹を使っているところがポイントですね。
 白麹利用のお酒は酸味が特徴のものが多いので、低酸のイメージがある射美だとどういう味わいになるのかは前から気になっていました。
 裏ラベルには、類似スペックの「WHITE15」のことを含め、割としっかりとした解説がありますね、お酒と1ミリも関係の無いことばかり書いてあった昔とは大違いかと(笑)、まああれはあれで面白かったんですが…
 それによるとこちらは、「上品な甘み」を追求したとのこと、さていかがでしょうか。

20180724171208875.jpg

 上立ち香は甘さをちょっと奥に秘めた感じの独特な香がそこそこに。
 含むと、非常に粘度を感じる超濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、裏方にほんの少々の苦渋を彷彿とさせてギリギリ輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、洋梨の砂糖漬け的な怒涛の甘味が厳然たる主役、意外にも酸味は控えめで、苦渋は本当に最小限で地酒らしい奥深さを加えている印象、
 後味は割りと奇跡的な感じのバランスで、自然かつしっかりと引き上げます。

 そうは出会えない高濃度の甘旨味を、非常に独特なバランスで最後まで心地よく楽しませてくれる、オンリーワンの超濃厚白麹酒でした。
 やはり白麹なので甘酸っぱい味わいを当然予想するのですが、むしろ射美の甘味が酸を凌駕している感がありましたね、それでいてダレはちゃんと防がれている印象。
 うーん、悔しいけど旨い、というかやっぱ好きやねん、射美。
 今後も純米かつそんなにお高くないスペックについては、買えれば買いたいと思いますね。
 

 なお、開栓後はちょっと苦味が表に出てきましたね…
 若干好みによるところもあると思いますが、甘味を楽しむなら早飲み推奨。

20180724171218407.jpg

名称:射美 WHITE 16
精米歩合:50%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月13日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

雪の茅舎 「美酒の設計」 純米吟醸 生酒

家飲み記録 雪の茅舎 「美酒の設計」 純米吟醸 生酒

20180704124441823.jpg  20180704124452058.jpg

 秋田県由利本荘市のお酒です。
 同蔵のお酒のブログでの紹介は、6回目となりました。

 この「美酒の設計」は、雪の茅舎のラインナップの中でも人気の高い限定品ブランドですね。
 確かテレビ等で紹介されて、より人気が出てしまったらしく、売り切れはかなり早い印象があります。
 ネーミングもなかなか良いですよね、会社の飲み会で同僚の建築士が名前で選んでいたのが記憶に残っています。

 スペックは山田錦を55%まで磨いた純米吟醸生、割とスタンダードな感じですね。
 火入れバージョンもあったかと思いますが、私は生酒マニアなので、ピンポイントでこちらを狙いました。
 お値段は若干高めですが、まあ割高とはいえないぐらいでしょう、4月出荷4月開栓。

20180704124501962.jpg

 上立ち香は典型的ながらもキツくなく丸い感じのリンゴの香りが気持ち強めに。
 含むと、非常に上品な印象の甘旨味がスルスルと入ってきて、そこそこの苦味を伴いつつも、最後まで滑らかな感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり吟醸酒の王道を往くような青りんご的な甘旨味が主役、これまたありがちな苦味があるのはちょっと微妙ですが、透明感があって全体的に美しさを感じますね。
 後味はその苦味を少々残しつつも、自然に引き上げていきます。
 
 お値段以上の上品さと透明感を備えた、吟醸酒のお手本のような、香りと旨味を両方楽しめるお酒でした。
 まさに奇を衒わずに王道を往く感じですね、個人的には苦味がちょっと気になったのですが、それ以外のまとまりは流石の一言。
 もしかしたら、こういうお酒は火入れした、より落ち着いた状態で飲むべきお酒なのかも…、生酒偏重派の私も、最近たまにそんなことを思うようになってきました。
 ともかく、雪の茅舎の実力を感じさせる一本ではありました、次は火入れを狙うか、山廃系に戻るか、悩ましいところです。

 開栓後は苦味が全体に溶け込んできて、より落ち着いてきたかも。
 口開けの苦味が浮いた感じよりこっちが良かったなあ…、いやあ日本酒の変化は難しい。

20180704124511864.jpg

名称:雪の茅舎 「美酒の設計」 純米吟醸 生酒
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月11日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

家飲み記録 鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

20180704124314917.jpg  20180704124324893.jpg

 新潟県妙高市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 ○○正宗とは良く聞きますが、鮎の名を関するというのはなかなか面白いですね。
 蔵元ホームページによると「昭和の初めに当酒蔵に程近く保養地として有名な妙高高原町の赤倉に滞在された京都伏見の若宮博義殿下から、この地で鮎釣りをした際に命名していただきました。」とのこと。
 どうでも良い話ですが、私は鮎が非常に好きで良く塩焼きを酒の肴にしています、ぬめり取って塩振って焼けば良いという手軽さも魅力ですね。
 このお酒も、鮎と一緒に飲むのがベストな楽しみ方なのかも…

 話がずれました、スペック情報は精米歩合65%の生原酒ということ以外は、ホームページの商品紹介にすら載っておらず、あまり書くことがありません…
 この辺りはいかにも昔の銘柄って感じですね、ただ、飲み方や味わいの特徴について、簡潔に記載があるのには好感が持てます。

20180704124340064.jpg

 上立ち香はセメダイン系のスッキリフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、高濃度のちょい青い感じの旨味が塊で入ってきて、そこそこ強めの苦渋と相まって、荒々しさと勢いある感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、皮混じりのメロン的な青く苦く甘い感じの旨味が中心ですね、酸味もちょっとあるかな、全体的としては五味がそれぞれ主張しあってバランスを保つタイプ。
 後味は旨渋を酸苦が引き取る感じで力強くキレます。

 青く荒く力強い旨味がどストレートで攻めてくる、極めて新酒生原酒らしい高濃度フレッシュ酒でした。
 荒いっちゃあ荒いのですが、苦味があまり嫌らしくないのは良いですね。
 ただ、あえて飲み手の側から面倒臭い事を言うと、最近の人気銘柄は生酒にキッチリ焦点を合わせているので、その市場で売りたかったら「新酒は荒いもの」というところでとどまらず、もう一歩洗練された味わいを目指して欲しい気がします。
 鮎正宗、また機会があればいただいてみたいと思います。

20180704124429112.jpg

名称:鮎正宗 純米生原酒 仕込27号
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:17.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:鮎正宗酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鮎正宗 純米

2018年08月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 越後五百万石

家飲み記録 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 越後五百万石

20180710102721707.jpg  20180710102744935.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 当ブログ掲載回数トップをひた走る定番銘柄ですね。

 花陽浴のラインナップの中で、この「五百万石」利用のスペックは、確か昨年(28BY)が初登場だったと思います。
 その時は新登場ということもあって売り切れも早く、私も見事に買い逃してしまいました…(まあ外飲みはしたのですが)
 そのこと自体は最初はそんなに気にしていないつもりだったのですが、いざ今年発売時期が迫ってみると、花陽浴で自分が飲んでいないスペックがあることがどうにも我慢ならず、万難を排して入手した次第です。

 スペックは五百万石を、他の純大スペック同様48%までと、かなり磨いています。
 ラベルは最近のギンギラバージョンですね、見た目的にはついメロンを想起してしまいますが、さていかがでしょうか。


 上立ち香はいつもの花陽浴の香りを少し地味にしたような、麹と果実の両方を感じる香りが強めに。
 含むと、結構パンチのある旨味がググっと入ってきて、ほどほどの酸と強めの苦味でギッチリと引き締められつつも、結構滑らかなまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘・酸・苦がせめぎ合いつつも、ちょい苦味が優勢になる感じの、皮混じりの果実的旨味に、花陽浴特有の熟れ過ぎパイン的な含み香が絡み合ってなかなか独特な雰囲気。
 後味は苦酸が引き取るのですが、キツさがあまり無いのは良いですね。

 いつもの花陽浴から甘さをぐっと引いて、苦味をちょい足しした感じの、含み香の華やかなと飲み飽き無さを両立させたお酒でした。
 やっぱり甘味控えめな分花陽浴らしさ的には物足りないのですが、何となくやりたいことはわかるお酒ですね。
 先入観なしなら、この華やかな雰囲気と、独特の引き締まり感を両立させた感じはなかなか面白いかと。
 逆にいうと、やっぱり普通の花陽浴ファンからするとちょっと肩透かし感or苦手意識を感じるお酒かもしれません。

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

20180710102805012.jpg  20180710102755205.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 越後五百万石
精米歩合:48%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,666円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月07日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

家飲み記録 華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

20180704124224078.jpg  20180704124235573.jpg

 愛媛県新居浜市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 このお酒との出会いは日本橋での飲み歩きイベントで、そこで飲んだあらばしりは非常に好印象でした。
 が、その後家飲みした火入れ酒は、正直「色褪せた」という形容が浮かぶ、何とも昭和感のある味わいで、正直に言ってしまうとガックリしてしまいました。(火入れ酒については日誌係さんも同様の感想を残していますね
 酒屋さんで蔵元の意向で生の量が少ないみたいな話も聞いたことが有るんですが…、事実だとしたら、私の立場からは異論を挟まざるを得ないといいますか。
 地元で年配の方々に売り続けたいならともかく、せっかく都内の地酒屋で売るんだったら断然生(若しくは一回瓶火入れ)じゃないと他銘柄に太刀打ちできないと思ってしまうところです(個人の感想です)。
 
 スペックは雄町の60、度数16度なのでちょっと加水しているのかな、お値段は非常に良心的。
 恐らく銘柄名を意識したキャラクターラベルなんじゃないかと思います、そのイメージに合う酒質を期待したいところ。

20180704124252548.jpg

 上立ち香はバナナっぽさにおり由来のお米っぽい感じが混じったような香りがそこそこに。
 含むと、ほどほどの濃度の甘旨味がスルスルと入ってきて、酸とほんの少々の苦味でその勢いをブーストさせつつ、自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、薄めたバナナジュース…というと言い方が悪いのですが、実際は日本酒的な複雑味もある、飲みごたえと飲みやすさを兼ね備えた感じのバランスの良いもの。
 後味は、ほんのりと苦味を残しつつも、しっかりかつ自然にキレます。

 甘旨味の存在感がしっかりありながら、濃すぎない濃度が非常に心地よい、スルスルイケるモダン&フルーティー酒でした。
 無濾過生原酒信者の自分としてはちょっと物足りない感もあるのですが、実際この調整がベストだという判断も十分わかる、そんなバランスですね。
 これなら単体でも食事に併せてもガッツリ楽しめると思います、コスパも素晴らしい。
 華姫桜、個人的には断然生で飲みたい銘柄です、少なくとも都市部の地酒屋向けについては、生の流通量を増やして欲しいと切に思います。

20180704124304674.jpg


名称:華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:近藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月05日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

旭興 貴醸酒 「百」

家飲み記録 旭興 貴醸酒 「百」

20180724171228890.jpg  20180724171249612.jpg

 栃木県大田原市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目で、前回から約4年半振りの登場になります。

 こちらのお酒は仕込み水の一部に清酒を利用した「貴醸酒」になります、肩掛けの解説文にもありますね。
 前に「Raifuku MELLOW」の記事でちょっと書きましたが、貴醸酒という名称は商標の関係上「貴醸酒協会」加盟蔵でしか名乗れないのだとか。
 で、気になって「貴醸酒協会」でググったんですが、オフィシャルホームページは愚か、加盟蔵一覧すらパッとは出てきてくれませんでした…私にとっては謎の組織ですね(笑)
 折角名称のブランド管理するんだったら、もうちょっと情報公開(&アピール)してくれてもいいんじゃないかなあと思ったりしました。

 閑話休題、スペック的には日本酒度「-62」という驚愕の数値に加え、多分掛米に「LGCソフト」という聞きなれないお米を使っていることが目を引きます。
 LGCとは「Low Glutelin Content」ということで、可消化性たんぱく質の含有量が少ないことを示しているそうです、どっちかというと健康食目的で開発された品種みたいですね。
 一般的にタンパク質は酒造においては雑味の原因となると言われているので、この目の付け所はなかなかシャープなんじゃないでしょうか。
 お値段は税抜2,000とお高めですが、貴醸酒は原料費も高くつくことを考えると、割高とはいえないでしょう。

20180724171349249.jpg  20180724171339711.jpg

 上立ち香はやはり甘~く熟した感じのカラメルとフルーツの中間の香りがそこそこに。
 含むと、やはりガッツリ濃い甘味が、うーんオブラート3枚重ねみたいな謎の口当たりで入ってきて、ほんの少々の渋味で単調さをカバーしつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、見事に熟した感じの杏?的な甘味メイン、酸味サブ的な旨味が中心にあってそこに渋味が伴う感じなのですが、面白いのはそれが曇りガラス越しのように良い感じでぼやけて、まろやかな感じになっているところですね。
 後味は酸渋で甘さを引き取りつつ、最後までそのまろやかさを維持しながら引いていきます。

 強烈ともいえる甘さを、見事なまでにまろやかに感じさせてくれる、独特のバランスを保つ甘酸渋酒でした。
 やっぱり苦味が皆無なのが良いですね、さすがに甘味が凄いので、食中よりは食前食後って感じですが。
 コスパという意味でも素晴らしいお酒でしょう、特殊な瓶も相まって、もっとお高くても納得はできる気はします。
 百、甘口派日本酒党や、貴醸酒に興味のある方々オススメできるお酒だと思いました。

20180724171259184.jpg  20180724171330413.jpg

20180724171320650.jpg

名称:旭興 貴醸酒 「百」
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち、LGCソフト
アルコール度:16%
日本酒度:-62
蔵元情報:渡邉酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 旭興 貴醸酒等

2018年08月03日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒

家飲み記録 米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒

20180223104328570.jpg  20180223104337675.jpg

 愛知県愛西市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回は名古屋出張の際に初めて出会った銘柄だったため買いました、今回は千駄木の伊勢五本店さんの店頭に並んでいるのを見かけ、「お、新規取り扱いかな」と思い購入した次第です。
 で、情報を求めて蔵元ホームページ(https://yamahai.co.jp/)でこのお酒を探してみました、で、見た目的にはこれかなあと思うんですが、「若水使用 精米歩合65%」という表記とちょっとズレるんですよね…、詳細は謎です。

 生原酒で、アルコール度数が19とかなり高め、珍しい器械瓶を使って、「厳封」としているところがちょっと面白いですね。
 多分山廃だと思うんですが、ラベルに記載が見当たらないところは気になるところです(もしかしてどこかで肩ラベル剥がれた?)。
 前回の感触を含め、強そうな印象を受けたので、あえて三ヶ月ほど家で寝かせてから開栓しました。

20180223104401565.jpg

 上立ち香は酸を感じるスッキリした香りが仄かに。
 含むと、やはり酸の効いた引き締まった旨味がググっと入ってきて、最後までその酸が唾液腺を刺激しつつ存在感を主張して、勢いを増して喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さ控えめでお米由来っぽい旨味が中心にあり、苦渋を初めとする雑味は皆無で、酸が引き締まりと共に複雑味も与えている感じ、全体としては実に筋肉質な印象。
 後味は、その酸が引き取る形で見事にキレます。

 純度の高い旨味を酸がバッチリ引き締める、極めて芯の強いキリリ系辛口酒でした。
 うーむ、この形容は今日日いかがなものかと思うのですが、つい「男酒」という言葉が脳裏に浮かぶ感じ。
 こういうお酒は油っぽい食べ物とか肉料理とかにバッチリ合うんですよね、現代日本における食中酒としては淡麗辛口以上に汎用性は高いかと…
 米宗、実に個性がハッキリしているお酒だと思います、今後も要注目ですね。

 燗をつけると…、お、ついに甘味が出てきたかな。
 正確に言うとあくまで主役が旨味なんですが、個人的にはこちらも好き。

20180223104345897.jpg  20180223104353963.jpg

名称:米宗 純米 生原酒 ふなくち手汲酒
精米歩合:65%
使用米:若水
アルコール度:19%
日本酒度:不明
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:酒泉洞堀一(名古屋)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 米宗 純米

2018年08月01日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |