上川大雪 特別純米 彗星 生

家飲み記録 上川大雪(かみかわたいせつ) 特別純米 彗星 生

20171227150722903.jpg  20171227150732028.jpg

 北海道上川郡上川町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 北海道出張時の「酒舗七蔵」さんでの購入酒、全3本のうち2本目。

 こちらのお酒のお話をするなら、造り手である川端慎治杜氏に触れないわけにはいかないでしょう。
 同氏は以前北海道新十津川町の金滴酒造の杜氏を務めていましたが、経営陣の意向により「不本意な形で」同社を離れており、このお酒は最近新設された酒蔵で醸したものになります。
 この辺りは相当センシティブな話になりますが、「同氏が来る前の金滴酒造は2008年には民事再生法を申請するような経営状態だったこと」「同氏が造ったお酒が2011年に鑑評会金賞を取った事(しかも吟風利用)」「同氏のお酒の代表格「四文字シリーズ」は北海道の有力酒販店に確固たる支持を得ていたこと」あたりは客観的事実として挙げられるのではないでしょうか、なんともはや…
 (ちなみに今検索して驚いたのですが、当時の金滴酒造の社長は最近亡くなったようですね。残された社員はどうするのだろう…)
 この時点で長くなってしまったので、上川大雪については興味があれば結構充実している蔵元ホームページや、SAKETIMESの記事あたりもご参照ください。

 今回いただくのは地元の酒米「彗星」を使った29BYの新酒になります、確か28BYは試験醸造という形でお酒を出していたと思うので、今回が二造り目ということになるかと。
 実はこのお酒、来店時入荷したばかりだったらしく、お店の人曰く相当な勢いで売れていたそうです。
 一日ずれていたら多分買えなかったとか…、金滴時代のお酒を一度飲みたいと思っていながらその機会を永遠に逃してしまった私としては、非常に嬉しい出会いでした。

20171227150740737.jpg

 上立ち香は…、割とハッキリメロンな感じの香りが気持ち強めに。
 含むと、まさにフルーツジュースといった感じの華やかな甘旨味が力強く入ってきて、そこそこの苦味で輪郭を保ちつつ、程々の勢いで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やっぱりメロン系ですね、しっかりとした甘味、くっきりとした青さ、そしてちょいキツめの苦味、それぞれが絡み合う実に新酒らしい旨味を創り出しています。
 後味は苦味を口中に少々残しつつ、自然に引き上げていきます。

 インパクトのある極めてフレッシュな甘旨味を、青い苦味がギッチリと引き締める、グイグイイケル系新酒生酒でした。
 濃厚甘旨系のお酒と比べて、やはり引き締まりの強さが目立ちますね、若干皮も混ぜたメロンジュースと言いますか。
 ただ、苦味の質が香り寄りの嫌らしいものというより、あくまで青さを纏った果実的な苦味というところはポイントかな。
 全体としては、そこまで自分には刺さらないまでも、新酒として普通に楽しめるお酒という感じでした。(いかんせん金滴時代を知らないので比較できないのは寂しいところですが…)
 上川大雪、今後に期待しつつ、次は違うスペックもいただいてみたいと思いました。

20171227150758140.jpg  20171227150749688.jpg

名称:上川大雪 特別純米 彗星 生
精米歩合:60%
使用米:彗星
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:上川大雪酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:酒舗七蔵(札幌)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけ:出張帰りの車内&機内で一杯写真

20180205192234509.jpg  20180205192242290.jpg

20180205192250777.jpg  20180205192309604.jpg

20180205192322413.jpg

 志太泉にゃんかっぷは空港までの車内、義左衛門は機内です。
 こういうシチュエーションで飲むカップ酒は旨い…(まあ中身もそんじょそこらのカップ酒とは違いますが)。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月21日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY

家飲み記録 北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY

20171227150807990.jpg  20171227150816973.jpg

 北海道夕張郡栗山町のお酒です。
 北海道出張での購入酒、全3本のうち1本目。

 以前冬花火の記事でも書きましたが、このお酒は私が以前から狙っていた、北の錦の特約店限定ブランドになります。
 これ系のお酒には珍しく、蔵元ホームページに商品紹介および買える店がちゃんと掲載されていたので(素晴らしい!)、一覧にあった「酒舗七蔵」さんまで、帰りの飛行機の時間が迫る中バスに乗って訪問して購入してきました。
 実際同店にはこのお酒以外にも色々と楽しいお酒がありましたので行ってよかったですね、出張時酒屋巡りの醍醐味です。

 スペックは北海道産酒米の吟風を45%とかなり磨いた高精白純米大吟醸ですがお値段は良心的、見た目的にもなかなかのオーラがありますね。
 ただ、残念なことに火入れしかありませんでした…、出張時期がもうちょっと後なら新酒生酒も出ていたかもしれないのですが。
 28BYの11月開栓なので、結構熟成期間を経ています。

20171227150847372.jpg  20171227150912413.jpg

 上立ち香はカラメル感のある熟成香がそこそこに。
含むと、やはりガッツリ熟成香を纏った旨味がググっと入ってきて、ほんのりとした渋味を感じさせつつ、最後まで旨味を主役にしたままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、カラメル的熟成感と少々草的な青渋さがせめぎ合う感じの旨味がメイン…というか、割りとそれが最初から最後まで続きますね、変な苦味等の雑味が無いので素直に楽しめます。
 後味は、そこに少々辛さも加わって、しっかりとキレます。

 しっかり熟成しつつも、独特の青さもあり、なにより高精白的な旨味の純度が魅力的な、ありそうでなさそうな面白いお酒でした。
 私にとってはちょっと甘味が足りない感はありますが、それがもともとなのか、発酵が進んだ結果なのかは気になる所です。
 いやあ、ワンパターンで恐縮ですが、こういうお酒を飲むと、生が、生が飲みたくなります…、少なくとも特約店限定銘柄については生(生熟含む)を増やして欲しいと、私は何度でも言ってしまいますね…
 北斗随想、次いただくときは必ず生をセレクトしようと改めて思いました。

20171227150825788.jpg  20171227150834240.jpg

名称:北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY
精米歩合:45%
使用米:吟風
アルコール度:16%
日本酒度:-1
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:酒舗七蔵(札幌)
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけ:「酒舗七蔵」さん店舗外観
20180205192207611.jpg

20180205192220161.jpg

夜の地酒屋さんはオーラがありますね~、入る前からテンションが上がります。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月19日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

柴田酒造店 純米吟醸生酒 「蔵元直送」

本日の家飲み 柴田酒造店 純米吟醸生酒 「蔵元直送」

20170116134428626.jpg  20170116134436969.jpg

 北海道札幌市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、札幌すすきの「ヤマショウ酒店」さんでの購入酒の2本目。

 このお酒の製造元は「日本清酒株式会社」という、いかにもNB(ナショナルブランド)っぽい会社です、代表銘柄は「千歳鶴」。
 では、今回いただく銘柄の「柴田酒造店」とは何ぞやと思ってしまいますが、wikipediaによると、日本清酒の前身となる1872年創業の酒蔵の名前が柴田酒造店だったようです、そこから合併を繰り返して今の姿があるのだとか。
 ラベルにはその酒造りを始めた経緯が記載されており、かなり風変わりな見た目になってますね。

 スペックは北海道産の酒米「吟風」を55まで磨いた純米吟醸生酒、度数を見るにおそらく加水ありかな。
 吟風については前回の「冬花火」も使ってましたね、他県のお酒でもたまに使っているのを見ますし、北海道を代表する酒米と言えるのかも。

20170116134446751.jpg

 注ぐと、うすにごりかつ若干黄緑っぽく色づいた、玄人好みの風情。

 上立ち香は、濃厚で少々熟した感じの柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、少々青さのある甘酸旨味がググっと入ってきて、裏方にほんのりとした苦味を感じさせつつ、引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、パイナップル的な濃厚甘酸旨味が主役で、それを若干薬臭くクセのある複雑な苦味が締め上げ、ダレ感を防いでいる印象。
 後味はその苦味を舌先に残しつつ、酸味と相まってガッツリキレます。

 フレッシュフルーティーかつ芳醇な甘旨味と、クセのある苦味がせめぎ合う、良くも悪くも新酒らしい荒さがあるお酒でした。
 なんというか、凄く「おしい」というか、薬臭さのクセが洗練されれば一気に人気が出そうな気がしますね…(系統としては花陽浴にかなり近く感じました)
 ただ、まあそのあたりの苦味が全体を引き締めて飲み飽きない感じを演出してもいるので、日本酒の味わいの難しさを感じたりもします。
 日本清酒のお酒はまた機会があればいただいてみたいと思いました。

 温度が上がってくると、クセが強まっちゃう感じかな…
 ここは北海道らしく(?)キンキンに冷やして飲むのがオススメです。
 また、開栓後は苦味がさらに出てきて露骨に下がるような…、まあこれはすぐに飲みきるのがコンセプト的にも合っているでしょう。

20170116134507344.jpg  20170116134456341.jpg

名称:柴田酒造店 純米吟醸生酒 「蔵元直送」
精米歩合:55%
使用米:吟風
アルコール度:15~16%
日本酒度:+5
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ヤマショウ酒店(札幌)
お気に入り度:8.2/9.0

・おまけ:出張先のホテル&帰りの飛行機内での一杯
20170116103530669.jpg  20170116103816737.jpg
 さすがに機内で四合瓶は躊躇われました…、千歳鶴は百貨店や空港にもありましたし、地元で相当売っているのでしょうね。
 アル添カップ酒でも、旅情ブーストがかかれば中々に美味しく飲めるものです。

 次回は最後の出張先、岡山のお酒の紹介に入ります。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年01月26日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

北の錦 純米大吟醸 冬花火

本日の家飲み 北の錦 純米大吟醸 冬花火

20170116134518439.jpg  20170116134528801.jpg

 北海道夕張郡栗山町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、出張酒連載も6本目、折り返し地点となりました。

 こちらのお酒は札幌出張の際、すすきのにある「ヤマショウ酒店」さんで購入したお酒です。
 ちなみに出張帰りに寄る酒屋さんについては前日までにネットで入念に情報収集し、取り扱い銘柄と店舗所在地を勘案して候補をピックアップし、時間が許せば下見をした上で来店することにしています。
 まあそこまでネットリと準備すればお店的に外すことはほぼ無いですね、後は時間および荷物的にどこまで粘るかが勝負になります。(何と戦っているのか…)
 
 閑話休題、今回購入したのは北海道では有名、かつ東京ではあまり見ない「北の錦」の限定純米大吟醸になります。
 現地でしか基本手に入らないお酒(通販除く)である上、地元産吟風使用というスペックもあって、みやげ酒に相応しいと思いセレクトしました。(生酒派の私としては、同蔵の同じく限定品「北斗随想」を狙っていたのですが見当たりませんでした…)

 「冬花火」というネーミングの由来は裏ラベルにあります、白地をうまく使った中々に洒落たデザインかと。
 (恐らく)加水あり、火入れの純米大吟醸ですね。

20170116134539391.jpg  20170116134548285.jpg

 上立ち香は落ち着いたアルコールの香りがそこそこに。
 含むと、程よく熟した甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、アルコールの辛さを若干感じさせつつじんわりと染み込んできます。
 味わいは、若干伝統的な落ち着きを感じさせるマスカット的な甘酸の旨味が主役、兎にも角にも全体のバランスが良くて、しっかりと旨味を感じさせつつキレがバツグンですね。
 後味は辛さを口中に残しつつ、自然かつしっかりとキレます。

 ありがちな香り系大吟醸とは一線を画した、落ち着いてキレの良い旨味が魅力のお酒でした。
 生酒好みの私が、このスペックでこれだけ楽しく飲めるということに、このお酒の完成度の高さをしみじみと感じましたね。
 いやあやっぱり地方大手の限定酒って安定感ありますね…、厳しい状況下で生き残ってきた実力は伊達ではないということなのでしょう。
 北の錦、いつか北斗随想の方も是非いただいてみたいと改めて思いました。

20170116134615896.jpg  20170116134606730.jpg

名称:北の錦 純米大吟醸 冬花火
精米歩合:50%
使用米:吟風
アルコール度:16.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ヤマショウ酒店(札幌)
お気に入り度:8.3/9.0

・おまけ:すすきので撮った雪ミク電車2017ギャラリー
20170116103656935.jpg

20170116103743420.jpg
 時間の関係で乗れなかったのは残念無念…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年01月24日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

男山 純米生酒

本日の家飲み 男山 純米生酒

20160721144826552.jpg  20160721144841998.jpg

 北海道旭川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 当ブログ初めての北海道のお酒となります、これでついに47都道府県のうち46を抑えたことになりますね(最後に残ったのは鹿児島県)。
 これも久留米の古賀美酒店さんで選んだ酒なので、初めての北海道のお酒をわざわざ九州で買うというわけのわからないことになりました。
 でも、ある意味ではロジが発達した現在の地酒事情を象徴していると言えるかもしれませんね。

 ところで、男山は全国に同名ブランドが存在しますが、Wikipediaによると本家はこの旭川の蔵元とのこと
 「明治の初めに廃業したが、江戸期の模倣や廃業の際のブランドの切り売りなどで数多くの「男山」ブランドが日本全国に存在する。」という文言からは、ブランド関係の生生しい事情が伝わってきます。

 今回いただくのはアルコール度数15度と軽めの純米生酒(たぶん加水あり)、歩合は55とかなり削っています。
 北海道らしい(?)ペンギンラベルが涼やかで可愛いですね。


 上立ち香りは甘さ控えめのお米クリーム的な濃い香りがそこそこに。
 含むと、透明感を感じるスッキリとした、しかし力強い旨味がググっと入ってきて、時間差で出てくる辛さに思いっきり引き締められながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さを内包している感じの濃厚なお米の旨味が前半の主役、後半はアルコール的なキリリとした辛さが取って代わりますね。
 後味はしっかりとした辛さが引き取って見事にキレます。

 キリリとした旨味をしっかりとキレさせつつ、物足りなさを感じさせない旨味の存在感があるお酒でした。
 ボトルのイメージに見事に合っているところが素敵ですね、これはキリっと冷やして飲むのが基本でしょう。
 男山はまた他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20160721144851491.jpg  20160721144901159.jpg

名称:男山 純米生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:男山株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:古賀美酒店(久留米)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 男山 純米

2016年08月03日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |