横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY

本日の家飲み 横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY

20170402162736748.jpg  20170402162744600.jpg

 長崎県壱岐市のお酒です。
 ブログでは2回目の登場になりますね。

 実は昨年(27BY)も同スペックをいただいており、とても好印象でした。
 その記事でも若干触れましたが、こちらのお酒は日本酒蔵としては休蔵中だった酒蔵の跡継ぎが、つい最近別の蔵の設備を借りて酒造りを再開して醸したお酒です。
 この辺りの背景はSAKETIMESが記事にしていました
 それによると、この横山五十は、東洋美人を醸す澄川酒造に泊まり込んで醸したお酒とのことです、ちなみにその前は「東一」を醸す五町田酒造に修業を兼ねて泊まり込んで酒造りをしたこともあるそうで、何というか泊まり込みまくりですね(笑)
 ただ、その事実には並々ならぬ情熱を感じます。

 スペックは前回と同じく、山田錦の50磨きのしぼりたて生うすにごり。
 私が二年連続で同スペックを飲むのは珍しいのですが、コンセプト的に多くのスペックを並べるブランドでないのと、単純にもう一度同じ酒を飲みたかったのがセレクトの理由です。
 若干お高めなので、思い切って一升瓶購入することでコスパをカバー(したつもり)。

20170402162752197.jpg  20170402162818479.jpg

 上立ち香は何気に珍しいくらい露骨なメロン香が気持ち強めに。
 含むと、少々青さをまとった甘旨味が力強く入ってきて、心地良い程度の酸苦を感じさせつつも、最後まで芯のある旨味を保ってしっかりと染み入ってきます。
 旨味は、香り通りの印象の、青さとフレッシュさをがっつり伴ったメロン度の非常に高い甘旨味が主役で、酸が重さを軽減し、苦味は最低権の引き締まりを添えるという、典型的ながらも魅力的なもの。
 後味はやっぱり青っぽい苦酸でしっかりとキレます。

 昨年と同傾向の、濃厚ながら全体のバランスが良い、直球勝負の甘旨フレッシュ酒でした。
 味の方向性は私のどストライクです、もうちょっと青さと苦味が引っ込んで、洗練された味わいになれば言うことない感じですね。
 まあ先入観バリバリですが、東洋美人のippoシリーズに近い味わいに感じました。
 横山五十、蔵元の動向を含め、今後も注目していきたいと思います。

20170402162759734.jpg  20170402162808073.jpg

名称:横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:重家酒造株式会社
購入価格(税抜):3,676円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年06月10日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生

本日の家飲み 横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生

20160606090507017.jpg  20160606090529083.jpg

 長崎県壱岐市のお酒です。
 外では何度かいただいたことがありますが、家飲みは初めて。

 以前に田中六十五というお酒を紹介したことがありましたが、こちらも同じ路線のネーミングですね。
 ちょっとネットで調べたところ、どうやら蔵元間のつながりもありそうなのですが…、詳細は不明です。
 ちなみに、この横山五十を醸す重家酒造は焼酎をメイン商品としているようです、そちらはあまり詳しくないのですが「ちんぐ」という銘柄は結構有名だったような。
 日本酒の方はしばらく休造中だったのを、最近蔵の跡継ぎが復活させたとのこと(造り自体はまだ別の蔵でやっているようですが)。

 スペック的にはその名の通り、山田錦を50まで削った純米大吟醸です。
 生酒、特にうすにごりは結構珍しかったような。

20160606090539300.jpg  20160606090609993.jpg

 注ぐと、にごりっぷりは薄めで、うっすらという感じ。

 上立ち香はスッキリとした柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、甘酸のバランスの良い旨味がトロリかつキリリ?と入ってきて、裏方ながら存在感のある苦味でしっかりと引き締められつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいはグレープフルーツ的な酸苦味のあるものですが、しっかりとグラニュー糖をかけたかのごとく甘味もバッチリ、そしてキツさや荒さは皆無で、最後までバランスを保ったまま、飲み飽きない複雑さを形作っています。
 後味は酸苦が上品に引き取って、自然にキレます。

 甘酸苦が高次元でバランスを保つ、正当派で完成度の高い濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 今日びこのタイプのお酒は数ありますが、その中でも一歩二歩先を言っているような完成度ですね、うーん見事。
 壱岐という地でこれだけの美酒が醸されていることに、ロマンのようなものを感じる今日この頃です。
 横山五十、今後注目していきたいと思います。

 温度が上がると、若干甘味と青さが出てきてメロン的になるような…
 好みですが、これもありでしょう。

20160606090548757.jpg

名称:横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:重家酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年07月10日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

福田 純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 福田 純米吟醸 無ろ過生原酒

20150409162846593.jpg  20150409162923797.jpg

 長崎県平戸市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに確か初めて。

 当ブログで長崎県のお酒を紹介するのは、六十餘洲に続いて二銘柄目です。
 個人的なイメージとしては、お隣の佐賀ほどでは無いにせよ、宮崎・鹿児島と比べると十分日本酒の勢力も元気がある印象ですね。
 こちらの「福田」も、ネットや酒屋さんの情報を見る限り、かなり評価が高いようなのでセレクトしてみました。

 ラベルはカラーラベルに黒の箔押しということで、スタンダードにインパクトがあります、銘柄名含めて「七田」と似ているような(偶然でしょうけど)。
 スペックは55%磨きの無濾過生原酒ですが、使用米の記載は無し、アルコール度は低めの16度です。
 最近原酒でも15~16あたりは普通に見るようになった感じですね…、私としては好みの味わいが多いです。

20150409162953465.jpg

 上立ち香はフレッシュ&フルーティーな香りがそこそこに。
 含むと、生っぽいフレッシュな甘酸旨味がグッと入ってきますが、苦味も結構強めで全体としては引き締まった印象。
 旨味は青目の柑橘系果実という感じでしっかりした甘酸が主役かつ、新酒らしい苦味もあります、ただ全体のバランスはとてもよい感じ。
 後味はその酸苦が見事に引き取ってスッキリきっちりキレます。

 新酒らしいフレッシュな旨味がありつつ、荒さのないスッキリ系の生酒でした。
 いやあ良いですね、無濾過生原酒でこれだけ飲み飽きない感じというのは凄い完成度です。
 福田は、九州にはまだ私の知らない美酒があるんだなあと思わせてくれました。

20150409163039824.jpg  20150409163007685.jpg

名称:福田 純米吟醸 無ろ過生原酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:福田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 福田 純米吟醸

2015年04月22日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

六十餘洲 純米吟醸 雄町

本日の家飲み 六十餘洲(ろくじゅうよしゅう) 純米吟醸 雄町

1411985801194.jpg  1411985815193.jpg

 長崎県東彼杵郡波佐見町(ひがしそのぎぐん はさみちょう)のお酒です。
 家飲み、外飲み共に初めて。

 長崎県のお酒は当ブログ初登場です。
 既に本州は制覇済なので、これで残るは北海道と九州の熊本・鹿児島・宮崎、それに沖縄を残すのみ。
 北海道・熊本は多分すぐに買えるでしょうが、焼酎・泡盛王国の残り三県がネックです。

 さて、このお酒ですがまた変わった銘柄名ですね。
 蔵元ホームページに由来が書いてありました、そのまま引用すると「銘柄の『六十餘洲』は、以前日本には60余りの国々があったことから、日本全国という意味合いです。日本中の皆様に飲んでいただきたいという想いをこめて名付けられました。」とのこと。
 全国に出ていこうという最近の地酒蔵の姿勢を表す、じつは直球のネーミングでした。

 スペック的には雄町の50火入れということで、スタンダードな純米吟醸という感じです。

 上立ち香はアルコールがちょっとだけ混じった吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚でバランスの良い落ち着いた旨味が自然な口当たりで入ってきて、そのままじわじわと染みこんできます。
 旨味は雄町らしいふくよかさを感じる甘味を渋辛が引き締める、均整の取れた味わい。
 後味はその辛さで力強くキレます。

 雄町らしい芳醇さをほどほどの辛さがしっかり引き上げる、バランスの良い旨辛酒でした。
 まさに濃厚かつ飲み飽きない感じのお酒ですね、50磨きとはいえこれだけ完成度が高いのには実力を感じます。
 うーん、九州には佐賀以外にも実力蔵がまだまだありそうですね。
 六十餘洲、次は雄町以外の生酒を飲んでみたいと思いました。

1411986212692.jpg  1411986222796.jpg

名称:六十餘洲 純米吟醸 雄町
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:今里酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年10月10日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |