fc2ブログ

芳水 「高柿木(たかがき)」  純米生原酒 台力中取り

家飲み記録 芳水 「高柿木(たかがき)」  純米生原酒 台力中取り 30BY

20220325140409510.jpg  20220325140418049.jpg

 徳島県三好市、芳水酒造のお酒です。

 芳水は東京ではほぼ見ないような気がしますが、実は一回家飲みしつつ、ブログには載せてませんでしたね。
 正直なところその際はあまり印象には残っていなかったのですが、今回通販の同梱酒を探しているときにこの生熟スペックが目に止まった次第です。
 なお、こちらは名杜氏高垣克正氏の名前に由来するもので、同氏に師事した杜氏さんが醸したものであるとのこと。

 結論を先にいってしまうと大正解でして、実はこの写真の四合瓶は、一升瓶飲み干した後に追加発注したものだったり。
 飲んだタイミングでは約2年の生熟期間を経ていました、ちょっと飲んで常温が良いと感じたので、その後は部屋の片隅においてダラダラと頂いております。

20220325140427070.jpg

(以下の感想は常温でのものです。)

 上立ち香はココアを彷彿とさせる存在感の強い香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃い旨味が若干のトロミもある非常に柔らかい感じの口当たりで入ってきて、兎にも角にもその柔らかさを最後まで保ったままじわじわと胃の中に染み通ってきます。
 味わいは、チョコやココアを感じる、しっかりと甘味を纏った、しかしやっぱり明らかにお米由来の旨味が厳然たる主役、苦味は皆無ながら複雑さも有って、名状しがたい魅力が有りますねえ。
 後味は、濃厚さが嘘のように自然にキレます。

 生熟でしかなしえない濃度に味乗りしつつも、枯れ感を全く感じさせない、玄妙バランスの超芳醇甘旨ほど熟酒でした。
 うーむ、これは私の表現力・理解力では捉えきれない系のお酒ですねえ、兎にも角にも旨いっすわ。
 正直、私が日本酒ブログ続けているのはこういう思いも寄らないところで、とんでもない一本に出会えた喜びを、少しでも分かち合いたいからといっても良いかもしれません。
 芳水、自分に改めて新規開拓への熱意を思い出させてくれた一本でした。

20220325140435356.jpg  20220325140443810.jpg

購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:酒浪漫うちやま(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2022年01月16日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

瓢太閤(ひさごたいこう) 純米酒 生原酒

家飲み記録 瓢太閤(ひさごたいこう) 純米酒 生原酒

20210912181604141.jpg  20210912181611820.jpg

 徳島県板野郡上板町のお酒です、家飲み外飲み含め初めていただきます。

 前回の弥栄鶴に続いて、東京近郊ではほとんど見かけることがない銘柄ですね、こちらは御徒町の吉池で購入しました。
 wikipediaによると、同銘柄は江戸時代から阿波市の「太閤酒造場」で造られているようですが、同蔵は近年地場の酒類総合メーカーの「日新酒類」に法人としては統合されているようです。
 なんとなく日本酒業界では良くあるパターンの気がしますね。
 こちらの場合、蔵も銘柄も存続させているようですし、ホームページ等表から見る限りでは「酒造り」についてちゃんとリスペクトしてそうな印象を受けます。

 今回いただくのは例によって新酒生原酒ですが、ラベル記載のスペック情報は貧弱です。
 地酒にありがちではありますが、この裏ラベルを見ちゃうと、流石に情報公開面、アピール面では「努力不足」って感じがしちゃうなあ…、県外に売る雰囲気には思えないですね。

20210912181637543.jpg

 上立ち香はフレッシュかつキリッとした雰囲気の香りがそこそこに。
 含むと、甘・旨・酸がそれぞれ控えめに主張するフレッシュでバランスの良い味わいがスルスルと入ってきて、引っかかりを感じさせないまま胃の中に流れ込んできます。
 味わいは、なんというかアルコール入りスポーツドリンク的な、実にクセのない旨味を中心にしつつ、フレッシュな酸とほんのりとした苦味の働きも相まって、兎にも角にも自然に飲み進めてしまうバランス。
 後味は、全体のスッキリとしたバランスを最後まで保つ形で、素晴らしく自然にキレます。

 全体的に控えめな主張をしつつ、徹底的に飲み進め易さを追求した、フレッシュ旨酸酒でした。
 これは非常にわかりやすい魅力があるお酒ですね~、個人的には甘味が物足りないものの、全体的に非常にハイレベルだと思います。
 正直に言ってしまうと、東京であまり見ない銘柄はどうしても古臭さ田舎臭さがあることが多い印象があるのですが、このお酒は実にクセのないまとまりなのが素敵。
 瓢太閤、機会があれば是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。
 
20210912181646033.jpg

名称:瓢太閤(ひさごたいこう) 純米酒 生原酒
蔵元情報:日新酒類株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:吉池(御徒町)
お気に入り度:8.3/9.0

■吉池での購入品記念写真
20210912181626914.jpg
 同店は家飲み晩酌派には天国っすね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 瓢太閤 純米

2021年09月21日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2019年3月製造)

家飲み記録 旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2019年3月製造)

20191230120619433.jpg  20191230120634909.jpg

 徳島県那賀郡那賀町のお酒です、ブログでの登場は2回目。
 
 前回家飲みした印象がすこぶる良かったので早めのリピートです、信頼の一升瓶買い。
 その記事でいただいたコメント情報によると、生産量は相当少ないみたいです。
 あまり機械化されていない設備で少量仕込み、そして圧倒的な個性、まさに「ザ・地酒」と呼ぶにふさわしい銘柄だと私も思います。
 先日紹介した御山杉や桃の里なんかもそうですが、小規模蔵らしい個性が自分の好みにハマった時の喜びはひとしおですね。
 ただ、そういう蔵は、いつ味が変わったり、はたまた廃業してしまったりするか分からないという危機感もあり…、本当に地酒は一期一会の世界だと思います。

 今回いただくお酒は雄町使用で、精米歩合は70%に留めています、そしてアルコール度数は圧巻の20度。
 2019年3月製造で、同年9月末にいただいています。

20191230120646952.jpg  20191230120656178.jpg

 上立ち香は若干カラメルを纏ったちょっとツンとくるアルコール香がそこそこに。
 含むと、ちょっと粉っぽさのある極めて高密度の旨酸味がグググッと入ってきて、舌上に硬質なアルコール感を感じさせつつ、存在感を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さ控え目で、ブランデーとかの蒸留酒的な奥深い旨味を中心にしつつ、強めの酸味とアルコール感がむしろ濃厚さをガッチリ引き取ってついつい飲み進めてしまうような、日本酒の可能性を感じさせてくれるもの。
 後味は、やはり酸とアルコールの辛さが濃厚さをガッツリ引き取ってキレます。

 超高密度の旨味が強烈なアルコール感と一体になって、酸辛とともにオンリーワンの世界を構築するお酒でした。
 正直なところ、流石にアルコール感にキツさも感じるのですが、旨味の存在感が負けてない結果、独特のバランスが取れていますね。
 いやあやっぱり世界観ありますよこのお酒は…、実に複雑ながらも不思議なほどに飲み疲れない。
 白状しますと、私は一升瓶開栓したときについつい四合ぐらい飲んでしまい、家飲みなのに翌日グロッキーという失態を晒してしまいました…
 旭若松、是が非でも今後も造りを続けていって欲しいと、切に思わせてくれた一本でした。

20191230120706410.jpg

名称:旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2019年3月製造)
蔵元情報:那賀酒造有限会社
購入価格(税抜):4,100円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒のサンワ(上野)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年04月22日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2018年3月製造)

家飲み記録 旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2018年3月製造)

20190524163813763.jpg  20190524163826382.jpg

 徳島県那賀郡那賀町のお酒です。
 外飲みでは何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 旭若松は外飲みで好印象ながらどうも縁が無く家飲みできていなかった銘柄の一つです。
 確か生産量が相当少ないんですよね、今回ようやく人形町の「新川屋佐々木酒店」さんで出会えたので喜んで買いました。
 今まで飲んだ経験で印象に残っているのは、かの実力派居酒屋「鎮守の森」で、チーズの冷静スープとのペアリングでいただいたときの味わいですね。
 店長さんから口中で混ぜちゃって飲むのが良いと言われ、その芳醇な旨酸味に「こんなに力強い合わせ方があるのか!」と感銘を受けました。
 
 スペックは雄町利用、精米歩合は70%にとどめた無濾過生原酒、値段は若干お高めですね。
 製造年月を見るに少なくとも1年近くは生熟期間を経ているようです、2018年12月開栓(ちなみに大晦日に飲んでました)。

20190524163834557.jpg

 上立ち香は少々ツンとした感じの、ケミカルチックながらも心地よい香りがそこそこに。
 含むと、トロリとした甘味と落ち着いた酸味が相まった感じの旨味が極めて力強く入ってきて、最後までしっかりと濃度を保ちつつ、じんわりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、カラメル感をガッツリまとった超濃厚な甘味と、それに完全に一体化した印象の柔らかい酸味が厳然たる主役、渋味や酸は脇役ながらも個性と複雑さをしっかり添えています。
 後味は、主に酸が引き取って、見事なまでにバッチリキレます。

 生熟酒の方向として、一つをかなり突き詰めた感のある、超濃厚複雑生熟甘旨酒でした。
 こっち系のお酒としては非常に甘味が強いのが特徴的ですね、粉っぽさもある濃度で、貴醸酒の古酒に近いニュアンスといいますか…、ただダレ感は皆無(断言)
 いやあこういう世界観のあるお酒は良いですね~、何故かバニラ感もあるようで、実にオンリーワンの個性があります。
 旭若松、「我が道を往く」素晴らしい芳醇酒でした、早いうちにまた購入したいと思います。

20190524163841943.jpg  20190524163849450.jpg

20190605104510871.jpg

名称:旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町 (2018年3月製造)
蔵元情報:那賀酒造有限会社
購入価格(税抜):1,850円/720ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月07日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生

家飲み記録 芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生

20190308101802011.jpg  20190308101812968.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、高松のワタナベ酒店さん購入酒の3本目。

 こちらも穣同様、ワタナベ酒店さんの店内プレハブ冷蔵庫で発見したお酒です。
 蔵元ホームページは、手作り感バリバリながらも情報はしっかり更新されているのが素晴らしいですね(阿部寛ホームページのようだ)。
 この 「無為淡霞」についてもちゃんと商品紹介がありました。ググるとこのお酒しか出てこないので造語なんでしょう。
 「淡」という言葉が入っているのは個人的には地雷ではあるのですが、新酒生酒ということでセレクトしました。

 上記商品紹介によると、使用米は五百万石、精米歩合は55%ですね。
 日本酒度は+8.4とかなり高めなので、いわゆる辛口系っぽいですが、いかがでしょうか。

20190308101752108.jpg  20190308101732426.jpg

 立ち香は凄く青臭いバナナ的な、個性的な香りがそこそこに。
 含むと、程よく味が乗った中程度の濃度の旨酸味がスルスルと入ってきて、程よい苦味でしっかり輪郭を保ちつつ、最後まで勢い良く流れ込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの青いバナナ的な甘旨味が中心にあって、強めの酸とほんのりとした苦味もあり、全体として非常にバランスが良いのですが、飲みごたえは終始一歩引いた感じ。
 後味は、酸メイン苦味サブという感じで、見事にキレてくれます。

 名前のイメージ通り、生酒らしさがしっかりとありつつ、キレが素晴らしいお酒でした。
 よく言うとバランスの良い食中酒、悪くいうとインパクト不足って感じでしょうか(まあ正直イチャモンですね)。
 個人的なストライクゾーンからは外れますが、このキレの良さを好む人は多いことでしょう。
 芳水、次は芳醇系のコンセプトのお酒も飲んでみたいと思いました。

20190308101823238.jpg  20190308101831511.jpg

名称:芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生
蔵元情報:芳水酒造有限会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけギャラリー:高松一人飲みのときにいただいた骨付き鳥
20190307155719129.jpg
 美味しくいただきました、が、お店に「くらうでぃ」が無かったのがちょっと残念でしたね。
 一度一緒にやってみたかった…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 芳水 純米吟醸

2019年03月18日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒

20190308101120524.jpg  20190308101129487.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、ワタナベ酒店さん購入酒の2本目。

 こちらを醸す蔵の通常銘柄は「今小町」、蔵の住所に「サラダ」って入っているのが目を引きますね、たぶん三芳菊と近いところにあるんでしょう。
 完全初見銘柄かつ無濾過生原酒ということで、見かけた瞬間テンションアゲアゲで即セレクトしました。
 ちなみに、このお酒はワタナベ酒店さんの店内から入れるプレハブ型の冷蔵庫の中に並んでいたものだったりします。
 前回来店時は見逃してしまっていたのですが、その中も凄くいい感じのお酒が揃ってるんですよ、本当近所にあったら通いたいぐらいのお店だと思います。

 ちなみに(手作り感溢れる)蔵元ホームページは更新止まっちゃってるっぽいですね、少し残念。
 ただ、このお酒のスペックに関しては裏ラベルに実に詳細に記載が有ります(写真参照)。

20190308101139053.jpg  20190308101150163.jpg

 上立ち香は…、おやほとんどしないですね、草的?
 含むと、若干薬っぽい風味を纏った旨味がスルスルと入ってきて、ほんのりと甘味も感じさせつつ、最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ケミカルというかミンティーというか、少々草っぽさもある苦旨味が主役、結構濃度は高めですが甘味はあくまで脇役に徹して、全体的には一種の軽さを感じさせます。
 後味は、少々スースーする感じで、しっかりとキレてくれます。

 味自体はしっかり存在感がありながら、独特なケミカル感が少々のクセと個性と飲みやすさを添えるお酒でした。
 これは前に虎変などに感じた薬・草っぽさを感じるなあ…生でも有るやつには有るんですねえ、私はこの風味はハッキリ苦手なのでなんとも…
 ただまあ、それに抵抗感がなければ、飲み疲れ感のないお酒として好む人も居ると思います、苦手な部分もある程度飲み進めると薄れてきますしね。
 穣、別スペックにまた出会いがあれば試してみようと思います。

20190308101212625.jpg  20190308101201493.jpg

名称:穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒
蔵元情報:合名会社中和商店
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.1/9.0

■おまけギャラリー:ワタナベ酒店さん外観
20190307155801953.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月16日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 限定袋しぼり 阿波山田錦

本日の家飲み 三芳菊(みよしきく) 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦

fc2_2013-09-19_09-25-29-412.jpg  fc2_2013-09-19_09-26-04-820.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 ちなみに三芳菊酒造は三好市池田町「サラダ」という面白い名前の場所にあります。
 この辺りは日本にも珍しいカタカナ地名の地域らしく、サラダの由来も皿田とか更田とか諸説あるとか。

 さて、三芳菊といえば知る人ぞ知る超個性派酒といえるでしょう。
 そのりんご酢のような強烈な甘酸っぱさは一度飲むと忘れられません、お米からできているというのが信じられないレベル。
 私は正直なところ強烈過ぎてちょっと苦手なのですが、やはり他で体験できない味なので一年に一回ぐらい飲んでみようかという気になります。

 また味わいに負けず劣らずラベルも個性的ですね。
 猫ラベルとかもあるのですが、私はやっぱり女の子(ギター付)ラベルを選んでしまいます。
 最近よく見る萌えラベルより、よほどセンスと魅力を感じるんですよね…。

 今回は山田錦使用ということで、かなりお高いスペック。

fc2_2013-09-19_09-27-00-079.jpg  fc2_2013-09-19_09-27-46-323.jpg

 上立ち香はやっぱりりんごと酸と甘さが濃厚に香ります。
 含むと、オンリーワンのリンゴ酢様の甘酸味が、一瞬の時間差の後ブワッと広がります。
 味わいはやっぱり三芳菊らしい唾液腺を刺激される甘酸っぱさがありますが、いつも以上に甘味が濃く、リンゴ酢と蜂蜜を混ぜたよう。
 そして高精白らしく味わいが綺麗ですね、甘旨みをストレートにに感じられます。
 後味も、さすがにちょっと甘酸は残りますが、ベタつきはほとんど無いキレ方。

 三芳菊らしい強烈な個性と、高精白らしい完成度を兼ね備えたお酒でした。
 ここのお酒ばっかりはほんと、一度飲んで見てくださいとしか言い様がないですね。
 ちなみにマイ彼女はここのお酒大好きで、飲む時のペースと表情が他のお酒と明らかに違う。
 苦手な人はどうしようもなく苦手で、好きな人はとことん魅了される、それが三芳菊かと思います。
 そんな中、このスペックは比較的入門には良いかな…、それでも超個性派ですが。

fc2_2013-09-19_09-26-37-221.jpg

名称:三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦
製法情報:無濾過生原酒 袋絞り
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:三芳菊酒造株式会社(徳島県三好市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込)1,890円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年09月20日 徳島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |