FC2ブログ

芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生

家飲み記録 芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生

20190308101802011.jpg  20190308101812968.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、高松のワタナベ酒店さん購入酒の3本目。

 こちらも穣同様、ワタナベ酒店さんの店内プレハブ冷蔵庫で発見したお酒です。
 蔵元ホームページは、手作り感バリバリながらも情報はしっかり更新されているのが素晴らしいですね(阿部寛ホームページのようだ)。
 この 「無為淡霞」についてもちゃんと商品紹介がありました。ググるとこのお酒しか出てこないので造語なんでしょう。
 「淡」という言葉が入っているのは個人的には地雷ではあるのですが、新酒生酒ということでセレクトしました。

 上記商品紹介によると、使用米は五百万石、精米歩合は55%ですね。
 日本酒度は+8.4とかなり高めなので、いわゆる辛口系っぽいですが、いかがでしょうか。

20190308101752108.jpg  20190308101732426.jpg

 立ち香は凄く青臭いバナナ的な、個性的な香りがそこそこに。
 含むと、程よく味が乗った中程度の濃度の旨酸味がスルスルと入ってきて、程よい苦味でしっかり輪郭を保ちつつ、最後まで勢い良く流れ込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの青いバナナ的な甘旨味が中心にあって、強めの酸とほんのりとした苦味もあり、全体として非常にバランスが良いのですが、飲みごたえは終始一歩引いた感じ。
 後味は、酸メイン苦味サブという感じで、見事にキレてくれます。

 名前のイメージ通り、生酒らしさがしっかりとありつつ、キレが素晴らしいお酒でした。
 よく言うとバランスの良い食中酒、悪くいうとインパクト不足って感じでしょうか(まあ正直イチャモンですね)。
 個人的なストライクゾーンからは外れますが、このキレの良さを好む人は多いことでしょう。
 芳水、次は芳醇系のコンセプトのお酒も飲んでみたいと思いました。

20190308101823238.jpg  20190308101831511.jpg

名称:芳水 純米吟醸 「無為淡霞(むいたんか)」 無濾過生
蔵元情報:芳水酒造有限会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけギャラリー:高松一人飲みのときにいただいた骨付き鳥
20190307155719129.jpg
 美味しくいただきました、が、お店に「くらうでぃ」が無かったのがちょっと残念でしたね。
 一度一緒にやってみたかった…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 芳水 純米吟醸

2019年03月18日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒

20190308101120524.jpg  20190308101129487.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、ワタナベ酒店さん購入酒の2本目。

 こちらを醸す蔵の通常銘柄は「今小町」、蔵の住所に「サラダ」って入っているのが目を引きますね、たぶん三芳菊と近いところにあるんでしょう。
 完全初見銘柄かつ無濾過生原酒ということで、見かけた瞬間テンションアゲアゲで即セレクトしました。
 ちなみに、このお酒はワタナベ酒店さんの店内から入れるプレハブ型の冷蔵庫の中に並んでいたものだったりします。
 前回来店時は見逃してしまっていたのですが、その中も凄くいい感じのお酒が揃ってるんですよ、本当近所にあったら通いたいぐらいのお店だと思います。

 ちなみに(手作り感溢れる)蔵元ホームページは更新止まっちゃってるっぽいですね、少し残念。
 ただ、このお酒のスペックに関しては裏ラベルに実に詳細に記載が有ります(写真参照)。

20190308101139053.jpg  20190308101150163.jpg

 上立ち香は…、おやほとんどしないですね、草的?
 含むと、若干薬っぽい風味を纏った旨味がスルスルと入ってきて、ほんのりと甘味も感じさせつつ、最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ケミカルというかミンティーというか、少々草っぽさもある苦旨味が主役、結構濃度は高めですが甘味はあくまで脇役に徹して、全体的には一種の軽さを感じさせます。
 後味は、少々スースーする感じで、しっかりとキレてくれます。

 味自体はしっかり存在感がありながら、独特なケミカル感が少々のクセと個性と飲みやすさを添えるお酒でした。
 これは前に虎変などに感じた薬・草っぽさを感じるなあ…生でも有るやつには有るんですねえ、私はこの風味はハッキリ苦手なのでなんとも…
 ただまあ、それに抵抗感がなければ、飲み疲れ感のないお酒として好む人も居ると思います、苦手な部分もある程度飲み進めると薄れてきますしね。
 穣、別スペックにまた出会いがあれば試してみようと思います。

20190308101212625.jpg  20190308101201493.jpg

名称:穣(ゆたか) 純米吟醸 無濾過生原酒
蔵元情報:合名会社中和商店
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.1/9.0

■おまけギャラリー:ワタナベ酒店さん外観
20190307155801953.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月16日 徳島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 限定袋しぼり 阿波山田錦

本日の家飲み 三芳菊(みよしきく) 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦

fc2_2013-09-19_09-25-29-412.jpg  fc2_2013-09-19_09-26-04-820.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 ちなみに三芳菊酒造は三好市池田町「サラダ」という面白い名前の場所にあります。
 この辺りは日本にも珍しいカタカナ地名の地域らしく、サラダの由来も皿田とか更田とか諸説あるとか。

 さて、三芳菊といえば知る人ぞ知る超個性派酒といえるでしょう。
 そのりんご酢のような強烈な甘酸っぱさは一度飲むと忘れられません、お米からできているというのが信じられないレベル。
 私は正直なところ強烈過ぎてちょっと苦手なのですが、やはり他で体験できない味なので一年に一回ぐらい飲んでみようかという気になります。

 また味わいに負けず劣らずラベルも個性的ですね。
 猫ラベルとかもあるのですが、私はやっぱり女の子(ギター付)ラベルを選んでしまいます。
 最近よく見る萌えラベルより、よほどセンスと魅力を感じるんですよね…。

 今回は山田錦使用ということで、かなりお高いスペック。

fc2_2013-09-19_09-27-00-079.jpg  fc2_2013-09-19_09-27-46-323.jpg

 上立ち香はやっぱりりんごと酸と甘さが濃厚に香ります。
 含むと、オンリーワンのリンゴ酢様の甘酸味が、一瞬の時間差の後ブワッと広がります。
 味わいはやっぱり三芳菊らしい唾液腺を刺激される甘酸っぱさがありますが、いつも以上に甘味が濃く、リンゴ酢と蜂蜜を混ぜたよう。
 そして高精白らしく味わいが綺麗ですね、甘旨みをストレートにに感じられます。
 後味も、さすがにちょっと甘酸は残りますが、ベタつきはほとんど無いキレ方。

 三芳菊らしい強烈な個性と、高精白らしい完成度を兼ね備えたお酒でした。
 ここのお酒ばっかりはほんと、一度飲んで見てくださいとしか言い様がないですね。
 ちなみにマイ彼女はここのお酒大好きで、飲む時のペースと表情が他のお酒と明らかに違う。
 苦手な人はどうしようもなく苦手で、好きな人はとことん魅了される、それが三芳菊かと思います。
 そんな中、このスペックは比較的入門には良いかな…、それでも超個性派ですが。

fc2_2013-09-19_09-26-37-221.jpg

名称:三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦
製法情報:無濾過生原酒 袋絞り
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:三芳菊酒造株式会社(徳島県三好市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込)1,890円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年09月20日 徳島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |