松みどり 特別純米酒 生原酒

本日の家飲み 松みどり 特別純米酒 生原酒

20170402162655604.jpg  20170402162704007.jpg

 神奈川県足柄上郡松田町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みに関しては後述します。

 松みどりについては数年前に一度外飲み経験があるのですが、実はその時一杯飲んだ印象は正直あまり良くありませんでした。
 そんなこともあってしばらくは見かけてもスルーしていたのですが、今年あの矢島酒店さんの店頭に並んでいるのを見つけ、気になったので店長さんにコメントを貰ったわけです。
 曰く「前から試飲はしている、今期は良かった」とのことだったので、じゃあ買ってみるかとセレクトしました。
 
 造り手の中澤酒造については、「しーたかの日本酒アーカイブ」さんが詳細な蔵元訪問記事を載せられていました
 スペック的には麹米山田錦50、掛米美山錦55というコスパを意識したもので、実際お値段も税抜き1,300円以内とかなりお安くなっていますね。
 三日どころか三年以上間が開いているので、刮目しつついただきたいと思います。

20170402162719662.jpg  20170402162711494.jpg

 上立ち香はフレッシュで、洋梨的な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、濃厚な甘旨味が新酒らしい力強さで入ってきて、これまた新酒っぽい苦味と程々の酸味で輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいはメロン的果実系のもので、太い甘味、強めの青さ、そこそこの酸味が絡み合った、ある種の粗さを旨味の勢いで洗い流す力強いものですね。
 後味は甘さをほんのりと残しつつ、青い酸で引き上げていきます。

 今風の新酒無濾過生原酒のど真ん中を行くような、甘く、青く、若干荒く、酸もたった、フレッシュ芳醇酒でした。
 良く言えば素直、悪くいえば有りがちな趣ですが、発展途上の通過点としては上々でしょう。
 既に地酒激戦区のスタートラインを若干超えた位置まで来ていると思いますが、本格的に人気を得られるかはこれからが本当の勝負になると思います。
 松みどり、今後のさらなる発展に期待しつつ、注目していきたいと思います。

20170402162727223.jpg

名称:松みどり 特別純米酒 生原酒
精米歩合: 麹米:50% 掛米:55%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元:中澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,288円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月12日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒

本日の家飲み 残草蓬莱(ざるそうほうらい) 純米吟醸 Queeen(クイィーン) 槽場直詰生原酒

20160812140006084.jpg  20160812140014735.jpg

 神奈川県愛甲郡愛川町のお酒です。
 ブログで同蔵のお酒を紹介するのは3回目ですね。

 こちらのお酒は小路まち(元麹町市場)さんがPBを扱うぐらいに推していたこともあり、ガンガン外飲みしている分家飲みはあまりしていないのですが、味わいにはとても良い印象を持っています。
 今回いただくのはアルコール度12度の生原酒ということで、いわゆる「低アル原酒」になりますね。
 低アル原酒については昨年も記事に書いた通り、最近の日本酒業界の一つのトレンドだと思っています。
 数種飲み比べた上での個人的な一つのスタンスとしては、「あまり進んで選ぼうとは思わないが、濃い系に偏った時に選ぶと気分転換に良い」ぐらいのものでしたが、この「クイィーン」については各所の評判も良かったので今回セレクトしました。

 ラベルはピンクでキラキラとなかなかインパクトがありますね。
 そして「Queeen(クイィーン)」というなぜか「e」と「ィ」が一つ多いという謎ネーミング、裏ラベルのスペックに混じってしれっと書いてある「注目度:123%」の記載、うーむ、何とも言えないセンスですねえ…
 ちなみにQueeenという名前は度数「12度」ともかけているとのことで、こっちは洒落てると思いました。

20160812140030650.jpg  20160812140039444.jpg

 上立ち香は酸を感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、甘さと酸のある軽快な旨味がスルッと入ってきて、酸が唾液腺を刺激しながらジュワジュワと染みこんできます。
 味わいは、酸がとにかく飲みやすさを助長する甘酸っぱいものですが、旨味の存在感はきちんとあって、薄い感じでなくあくまで軽い印象ですね。
 後味はやはり酸が引き取って、見事にキレます。

 ガスが無いのにチューハイレベルの飲み安さがあって、かつ日本酒らしい味わいの奥深さもしっかりあるという、まさに新ジャンルのお酒でした。
 油が濃い目の料理と合わせるとガンガンいってしまいますね、これは危険だ…
 ガツンと来る系のお酒が好きな方には合わない可能性はありますが、それでも一度は試してみる価値はある完成度のお酒だと思います。
 残草蓬莱、昇龍蓬莱と共に、今後一層注目していきたい銘柄だと思いました。

20160812140050452.jpg

(参考)もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

名称:残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:12%
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年09月01日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

昇龍蓬莱 酵母無添加生もと 古式一段仕込み

本日の家飲み 昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)  酵母無添加生もと 古式一段仕込み

20160217095747575.jpg  20160217095806054.jpg

 (意図せずに、蓬莱泉→龍力→昇龍蓬莱という、紛らわしい紹介順になりました、若干面白い偶然ですね)
 神奈川県愛甲郡愛川町のお酒です。
 外飲みは何度かあり、ブログでは以前「残草蓬莱」を紹介しています、銘柄名の違いについては前回の記事参照

 こちらのお酒は、以前「麹町市場」さんでいただいたことがあり、そのあまりのインパクトにたじろぎ、そしてその味わいが忘れられずに、今期出荷されたものを速攻でゲットしたものです。
 製法にある「酵母無添加生もと」というのは、以前いただいた遊穂でも見たことがあり大体想像がつくのですが、「古式一段仕込み」の方は初めて聞く言葉ですね。
 通販大手の佐野屋さんの商品紹介によると、掛米無しであることに加え、投入する水分が通常の半分であることがポイントのようです。

 スペックはラベルに記載がありますが、まさに目を疑うような数値になっています。
 まず、精米歩合は驚異の93%!これは普通に炊いて食べるお米と大体同じですね。
 そして日本酒度マイナス42!酸度3.9!もはや何がなんだか…、通常の日本酒の範疇で語れないお酒であることは間違いなさそうですね。
 木戸泉の「アフス」や玉川のタイムマシン同様、数値的にはいわゆる変態酒の仲間に入るのではないかと…


 上立ち香は、甘く濃厚で若干熟感を感じる香りがそこそこに。
含むと、とろみを感じる濃厚そのものの甘旨味がグワッと入ってきて、強めの酸味と見事に拮抗しながら力強く染みこんできます。
 旨味は、まさにトロピカル&フルーティーという印象の蜂蜜混じりな果実の甘味が主役、しかし裏には熟成感に似た複雑さもあり、奥深さを感じる味わい。
 後味は酸と極小の苦味が引き取って、びっくりするほど見事にキレます。

 奇跡的なバランスを感じさせる、速醸とは明らかに一線も二線も画しているような、超個性派濃厚甘旨酒でした。
 でも旨いんですよ…色々と意欲的な製法のお酒は飲んできましたが、これは本当に出色の出来だと思います。
 これに似たお酒は、個人的経験の中では鷹長の菩提もとや、貴醸酒系のお酒が思いつきますね、ただそれと比べても全体のバランスで一歩抜けてるかも。
 昇龍蓬莱、是非ともこの造りは続けていって欲しいと思います。(個人的には、かなり量を増やしても売れる魅力があると思いました)

20160217095823334.jpg

名称:昇龍蓬莱  酵母無添加生もと 古式一段仕込み
精米歩合:93%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年02月26日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

相模灘 純米吟醸 美山錦 槽場詰め 無濾過生原酒

本日の家飲み 相模灘 純米吟醸 美山錦 槽場詰め 無濾過生原酒

20150420121729166.jpg  20150420121743320.jpg

 神奈川県相模原市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに経験あり。

 相模灘はブログ開始前に飲んだことがあり、いつかまた家飲みしてブログに書こうと思っていた銘柄です。
 今回コメントでご紹介いただいたこともあり、今回セレクトしてみました。
 ちなみにこちらを醸すのは創業1844年の「久保田酒造」、どうしてもあの久保田を連想してしまいますが、直接の関係は無いようです。

 スペック的には美山錦を50まで削っている無濾過生原酒、わざわざ「槽場詰め」と名乗っているシリーズなので、フレッシュな味わいが期待できます。
 ラベルにはスペックがらみの情報が酵母から酸度に至るまでかなり細かく、しかも表面にも記載されています。
 ここまでくると一つのデザインですね、フォント(手書き?)も凝っています。


 上立ち香はスッキリかつ甘い感じの吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚芳醇でいかにも新酒の無濾過生原酒といった甘旨味が、これまた新酒らしい少々の青臭さを伴いながら強烈に入り込んできます。
 旨味は若々しい甘酸苦味がせめぎ合うフレッシュ果実系で、少々荒さも感じつつも好ましい芳醇さのある味わい。
 後味はその苦酸味が強引にキレあげる形で、しっかりと引き上げます。

 新酒らしい荒さがありながら、それを新酒らしい魅力が覆い尽くしてカバーする力強いお酒でした。
 ちなみに私は「青臭さ」とか「荒さ」と書いていますが、人によっては前向きに「キリリ」とか「スッキリ」とか捉えるかもしれません。
 相模灘、次は他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 ちなみに開栓後ちょっと経ってからの方が、落ち着いて飲みやすいかも。
 これは居酒屋で真価を発揮するタイプかもしれませんね。

20150420121802367.jpg  20150420121816803.jpg

名称:相模灘 純米吟醸 美山錦 槽場詰め 無濾過生原酒
精米歩合:50%
使用米:美山錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:+2
蔵元情報:久保田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,388円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年05月23日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒

本日の家飲み 残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒

fc2_2014-02-19_19-05-20-400.jpg  fc2_2014-02-19_19-06-26-697.jpg

 神奈川県愛甲郡のお酒です。
 外では何度もいただいているのですが、行きつけの酒屋にあまり置いていないこともあり、今回通販で入手しました。

 こちらを醸す大矢孝酒造の銘柄としてはこの「残草蓬莱」と「昇龍蓬莱」の二本立てがメインのようです。
 「ざるそうほうらい」っていうのは難読銘柄ひっかけ部門(何じゃそりゃ)の上位にランクインしそうですね、初見ではほぼ読めないでしょう。
 ちなみに「残草蓬莱」の方が比較的安価な米をつかった地元向けメインの銘柄で、「昇龍蓬莱」が山田錦・雄町を使った全国向けの銘柄らしいです。

 今回いただくのはいかにもフレッシュな印象の、緑の箔ラベルの一本です。
 実際「槽場直詰」ということで、フレッシュな味わいが予想されますがいかがでしょうか。

fc2_2014-02-19_19-05-53-353.jpg

 上立ち香は、フレッシュで甘めなメロンのような香りがほどほどに。
 含むと、意外とガス感は抑え目ながら、やはりフレッシュ感のある引き締まった印象の甘旨酸味がジュワーッと広がっていきます。
 旨味は…、ラベルカラーに引っ張られてるかもしれませんが、ちょっと青臭さのあるメロンといった感じの、しっかりとした甘酸味が主役の新酒らしい味わい。
 最初は甘味をしっかり感じるのですが、徐々に苦味が出てきて、そのままキレる感じですね。

 新酒らしいフレッシュさと力強い甘旨酸味を素直に楽しめるお酒でした。
 この時期はやっぱりこういうお酒を飲めるのが嬉しいですね。
 新酒らしさのクセをしっかり押さえているあたり、蔵の実力を感じます。
 残草蓬莱(もしくは昇龍蓬莱)は、今後も機会があれば飲んでいこうと思いました。

fc2_2014-02-19_19-07-02-545.jpg  fc2_2014-02-19_19-07-30-266.jpg

名称:残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社(神奈川県愛甲郡)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 残草蓬莱 純米

2014年03月01日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

天青 純米酒 吟望

本日の家飲み 天青 純米酒 吟望

fc2_2013-07-03_20-42-00-929.jpg  fc2_2013-07-03_20-42-30-044.jpg


 ブログでは初めての神奈川県のお酒です。
 最近結構名前を見るようになってきた印象があり、何度か飲む機会もあったのですが、今回外飲み家飲み含め初めていただきます。

 希少米の酒未来を使ったスペックもあったはずで、本当はそちらが飲みたかったのですがお店に無かったので断念。
 五百万石をつかった火入れ(ラベルにはないけど生詰らしい)のお酒です、いかがでしょうか。

 上立ち香はフレッシュな感じの吟醸香が強めに。
 含むと、そこそこの濃度の甘旨味が、若干の辛さを伴いつつじわじわと来ます。
 甘旨味はフルーティーと米の旨味の中間といった印象で、甘辛のバランスが良いですね。
 ただ、個人的に苦手な火入れ酒特有の熟成香というか、酸味というか、そういうクセもちょっと感じます。
 後味は心地よい程度の辛さで文句なくキレます。

 濃厚ながらバランスの良い落ち着いた印象のお酒でした。
 火入れとはいえ、旨味がしっかりしているので薄い感じではありません。
 ただ、最近生ばかり飲んでいるので、やっぱりちょっと物足りない気もするなあ。
 次は是非生も飲んでみたいと思いました。

fc2_2013-07-03_20-42-55-468.jpg

名称:天青 純米酒 吟望
製法情報:
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:+2.5~3.5
蔵元情報:熊澤酒造株式会社(神奈川県茅ヶ崎市)
製造年月:2013/6(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:7.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 天青 純米

2013年07月14日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |