FC2ブログ

石鎚 純米吟醸 緑ラベル 槽搾り

家飲み記録 石鎚 純米吟醸 緑ラベル 槽搾り

20181018132054499.jpg  20181018132104006.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 外飲みでは何度もいただいていますが、家飲みは初めて。

 マニアには結構知られた銘柄なんじゃないでしょうか、私も以前より認識しておったのですが、生酒に出会えなかった関係で今まで購入には至りませんでした。
 あまりにも生を見ないのでちょっとググってみたのですが、どうやら基本的に生は出していないっぽいですね…(詳細は不明ですが)
 蔵元ホームページはうーんほぼ放置状態のようなのでイマイチ情報が足りませんが、基本的に食中酒指向のブランドだったと思いますので、火入れで落ち着かせたお酒しか出さないいうのも筋が通っているように思えますね。

 裏ラベルのスペック情報は充実していますし、味わいについてのコメントもあるので好印象。
 お米は麹が山田錦、掛が地元の松山三井という、コスパを意識した感じの組み合わせ。
 実際麹だけ山田錦っていうのは良く見るんですよね~、素人にはなかなかピンときませんが、本当に「酒米の王様」という形容が誇張ではない圧倒的な酒造適性があるんでしょうね。

20181018132118553.jpg  20181018132127194.jpg

 上立ち香はスッキリ感のある果実、かつアルコールも若干感じる香りがそこそこに。
 含むと、フルーティーながらも落ち着いた印象の旨味がスルスルと入ってきて、ほどほどのアルコール感を纏いつつ最後まで自然な引き締まりを保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、今風のフルーティーな旨味と、伝統的な火入れ酒の落ち着きと辛さを兼ね備えた印象の、古臭くないけど派手でもない、ガンガン飲めてしまうキリリとしたもの。
 後味は辛さがしっかり引き取って見事なキレ。

 程よい落ち着きと心地良い果実味を兼ね備えた、キリッとした感じの辛口酒でした。
 いやあ正直石鎚のイメージ通りの味わいでしたね、まさに期待通りの食中酒適性の高い、バランスの良いスッキリ系の味わい。
 自分の業として、本当は生酒で飲んでみたい気もしますが、まあそれは野暮というものなのでしょう。
 石鎚、確立したブランドの方向性を見せてくれる一本でした、またこの味を体が求めたときにいただこうと思います。

 開栓後も安定してますね~
 これ系のお酒としての完成度は非常に高いと言えるでしょう、居酒屋でも鉄板チョイスになり得ると思います。

20181018132136043.jpg

名称:石鎚 純米吟醸 緑ラベル 槽搾り
精米歩合: 麹:50% 掛:60%
使用米: 麹:山田錦 掛:松山三井
アルコール度:16~17%
日本酒度:+5
蔵元情報:石鎚酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 石鎚 純米吟醸

2018年11月10日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 29BY

家飲み記録 寿喜心(すきごころ) 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 29BY

20180824105429292.jpg  20180824105437149.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 私のお気に入り銘柄の一つで、ブログでの登場も7回目と結構多め。

 この寿喜心と前回の七水は、奈良県の「うのかわ酒店」さんから通販で取り寄せたものになります。
 通常の取扱い銘柄ではなさそうなんですが、なぜか「その他」欄に在庫があったので、二銘柄が大好きな私としては当然我慢できずに発注した次第。
 実際、前から好きな銘柄が、良く買う酒屋さんの新規取り扱いになると嬉しいんですよね、仲間ができたという感じで。(後、先に見付けてたという若干の優越感もあったり(笑))
 
 さて、今回いただくのは雄町を55まで磨いた生、中汲みは多分限定ものですね。
 雄町55の生という意味では、奇しくも七水と同じです、この辺りを意識して仕入れたのかしら。
 また、以前にいただいた雄町純米は歩合60%だったので微妙に違いますね、さてこの5%がどう影響してくるのか…、

20180824105451121.jpg  20180824105500269.jpg

 上立ち香は若干バニラ混じりのフレッシュ感のある
 含むと、割と存在感のある甘味が渋味と一体になって、軽やかな口当たりでスルスルと入ってきて、ほんのりとした苦味も伴いながら勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、深みを備えた青りんごジュースといった感じのフルーティーな甘酸旨味が主役、苦味や渋味も強めに感じるのですが、それも一体化して、不思議なほどに透明感がある感じです。
 後味は、苦味で引き取る形ながらも、極めて自然に引き上げていきます。

 色々な要素で密度・濃度が高い味わいを、謎の飲みやすさで流し込んでくる、非常に独特なバランスが魅力的な芳醇フルーティー酒でした。
 いやあ、日誌係さんの言葉を借りると「口溶け」が素晴らしいんですよ、決して薄くないのに引けが自然かつ心地良い。
 ちょっと久しぶりになりましたが、やっぱり寿喜心良いですわ、しっかりとオンリーワンの「らしさ」がありましたし、変わらない魅力というもののかけがえのなさをしみじみ感じましたね。
 寿喜心、今後もマイフェイバリット銘柄として、しっかりと追っていきたいと思います。

20180824105518145.jpg  20180824105508619.jpg

名称:寿喜心 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 29BY
精米歩合:55%
酒米:吟風
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:+2
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月15日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

家飲み記録 華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒

20180704124224078.jpg  20180704124235573.jpg

 愛媛県新居浜市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 このお酒との出会いは日本橋での飲み歩きイベントで、そこで飲んだあらばしりは非常に好印象でした。
 が、その後家飲みした火入れ酒は、正直「色褪せた」という形容が浮かぶ、何とも昭和感のある味わいで、正直に言ってしまうとガックリしてしまいました。(火入れ酒については日誌係さんも同様の感想を残していますね
 酒屋さんで蔵元の意向で生の量が少ないみたいな話も聞いたことが有るんですが…、事実だとしたら、私の立場からは異論を挟まざるを得ないといいますか。
 地元で年配の方々に売り続けたいならともかく、せっかく都内の地酒屋で売るんだったら断然生(若しくは一回瓶火入れ)じゃないと他銘柄に太刀打ちできないと思ってしまうところです(個人の感想です)。
 
 スペックは雄町の60、度数16度なのでちょっと加水しているのかな、お値段は非常に良心的。
 恐らく銘柄名を意識したキャラクターラベルなんじゃないかと思います、そのイメージに合う酒質を期待したいところ。

20180704124252548.jpg

 上立ち香はバナナっぽさにおり由来のお米っぽい感じが混じったような香りがそこそこに。
 含むと、ほどほどの濃度の甘旨味がスルスルと入ってきて、酸とほんの少々の苦味でその勢いをブーストさせつつ、自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、薄めたバナナジュース…というと言い方が悪いのですが、実際は日本酒的な複雑味もある、飲みごたえと飲みやすさを兼ね備えた感じのバランスの良いもの。
 後味は、ほんのりと苦味を残しつつも、しっかりかつ自然にキレます。

 甘旨味の存在感がしっかりありながら、濃すぎない濃度が非常に心地よい、スルスルイケるモダン&フルーティー酒でした。
 無濾過生原酒信者の自分としてはちょっと物足りない感もあるのですが、実際この調整がベストだという判断も十分わかる、そんなバランスですね。
 これなら単体でも食事に併せてもガッツリ楽しめると思います、コスパも素晴らしい。
 華姫桜、個人的には断然生で飲みたい銘柄です、少なくとも都市部の地酒屋向けについては、生の流通量を増やして欲しいと切に思います。

20180704124304674.jpg


名称:華姫桜 純米吟醸 あらばしり 雄町 生酒
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:近藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月05日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

城川郷 特別本醸造 原酒 生酒 28BY

本日の家飲み 城川郷 特別本醸造 原酒 生酒 28BY

20171205224628020.jpg  20171205224636949.jpg

 愛媛県西予市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 最初はそのつもりはなかったのですが、たまたま地酒屋こだまさんでの購入酒の記事が続いたので、特集的にまとめてとりあげることにします(後2本有る)。
 いやあこちらのお酒も東京では滅多に見ない銘柄なんじゃないでしょうか…
 あまりドヤるのも何ですが、私の場合あまりに色々な銘柄に手を出し情報収集しているあまり、酒屋さんでの店頭ですら初めての出会いってほとんど無いんですよね、そんな中こだまさんではいつもそういうサプライズがあってとても楽しいです。
 もちろん、単に珍しい銘柄ってだけでなく、ほぼ全部が試飲可能≒そう簡単にへこたれないお酒ってことですし、それをあれだけ全国から選びだすっていうのは本当に凄いことかと…

 蔵元ホームページは無いようなのであまり銘柄情報は得られませんでした、ただ例によってこだまさんの商品紹介ページは充実しています。
 スペック的には麹米50、掛米58とかなり削っている、アル添有りの生原酒、ちょうど一夏を越えたあたりでの開栓です。

20171205224724481.jpg

20171205224733087.jpg

 上立ち香は濃厚な完熟果実の香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚な甘旨味がアルコールの辛さを伴ってググっと入ってきて、最後まで濃厚さと引き締まりを両立したまま、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、完熟洋梨的な甘旨味が主役、非常に良い感じで味が乗っているのが素敵で、辛さやほんのりとした苦味を感じさせつつも、全体としては素直に旨味を楽しませてくれます。
 後時は、やはりアル添らしい辛さが最小限に働いて、ピリッとキレます。

 とにかく味乗りが素晴らしい、生熟の魅力を凝縮したような、超芳醇完熟甘旨酒でした。
 このお酒については、濃厚になりすぎてダレそうになるのをアル添のキレが頑張って引き取る印象ですね。
 私はアルコール的辛さは例え大吟醸クラスでも苦手とすることが多いのですが、このお酒の場合はあくまで甘旨味が主役で、かつその辛さの必要性も伝わるので、あまりマイナスには感じませんでした。
 ちなみにこのブログでは本醸造(特別本醸造含む)を取り上げるのはなんとまだ5本目なのですが、このお酒は朝日鷹に続いて「お気に入りに追加」です(タイプは全然違いますが)。
 城川郷、是非また違うスペックも試してみたいと思いました。

20171205224646766.jpg  20171205224656120.jpg

名称:城川郷 特別本醸造 原酒 生酒 28BY
精米歩合: 麹50% 掛58%
使用米:松山三井
アルコール度:17~18度
日本酒度:-7
蔵元情報:中城本家酒造合名会社
購入価格(税抜):1,380円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年01月18日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

初雪盃 純米吟醸 生原酒 直汲み 23BY

本日の家飲み 初雪盃(はつゆきはい) 純米吟醸 生原酒 直汲み 23BY

20171209150234112.jpg  20171209150248378.jpg

 愛媛県伊予郡砥部町(とべちょう)のお酒です。
 外飲み経験はありますが、家飲みは初めて。

 中々東京では見かけない銘柄なんじゃないでしょうか、蔵元ホームページには特約店一覧があり(素晴らしい!)、それによると都内どころか関東地方でたった2店となっています。
 その2店が「地酒屋こだま」さんと「酒屋たなかや」さんというのがいかにもという感じですね…、流石のアンテナといいますか、地方小規模蔵への目線が他店とは一線を画しているかと。
 ちなみに私はこだまさんで購入しました、前から目を付けていた銘柄なので、恐縮ながら試飲は省略で。

 が、実は試飲しなかったことが思わぬ驚きに…、いやあまさかしれっと5年生熟成ものだったとは。
 裏ラベルの右下に小さく「2011BY(H23BY)」とあるのを完全に見逃していたので、一口飲んでたまげた次第です。
 こだまさんの商品紹介ページを見ると今は24BYに切り替えられているみたいなので、売れ残り熟成ではなく、蔵元生熟成ものとして定期的に出ているみたいですね。

20171209150300660.jpg  20171209150313027.jpg

 上立ち香は何か焦がしチョコ的な、甘さと香ばしさを感じる香りがそこそこに。
 含むと、驚くぐらいなめらかな口当たりで熟しきった旨味がぬるりと入ってきて、時間差で出て来る苦味と拮抗しつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、それぞれ濃い甘さ、苦味、香ばしさが相まって、全体としてはコーヒー牛乳的な非常に独特の風味を感じますね、裏にはちょっとピリピリ感もあって、賑やかながらも面白いまとまりがあります。
 後味はその苦味と辛さが、濃厚さをしっかりと引き上げます。

 甘味と他の要素の絡み合いが怪しげな魅力を放つ、超個性派コク深生熟酒でした。
 コーヒー牛乳を思い出したのは、龍神丸純吟以来ですね、味わいも若干似ているかも…
 ちなみに熟感はそこそこありますが、5年熟成にはとても思えない程度に留まっています、他の要素の存在感が強いんですよね、本当に絶妙なバランス。
 初雪盃、このスペックも是非また飲みたいと思いつつ、次は新酒にもチャレンジしたいですね。 

20171209150326977.jpg

名称:初雪盃 純米吟醸 生原酒 直汲み 23BY
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17度
日本酒度:-2
蔵元情報:協和酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年01月15日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 媛一会(ひめいちえ) 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

20170402160447991.jpg  20170402160455781.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は全く前情報が無かったのですが、こだまさんの店頭でフィーリング衝動買いしました(次の予定があって試飲する時間が無かったのがくやまれますが)。
 結構ラベルが特徴的ですね、瓶を360度覆っており、デザイン化された銘柄名や、「かい入れ歌」の記載が目を引きます(詳しくは写真を拡大してご覧ください)。
 ただ、この全方位ラベル、お酒の残り量がわかりにくいという致命的な弱点があったりします(笑)、どうにか改善を求めたいですね…

 スペック的には、地元の酒米松山三井の60磨き、やはり山廃無濾過生というのがポイントでしょう。
 数値情報は結構詳細で、その中にしれっと「酸度2.5」という記載がありますが、これは異常値かと…(非常に高い)
 そして確か27BYだったかな、結構な期間熟成されているので、それで酸がどうなったか気になるところ。

20170402160502716.jpg  20170402160510711.jpg

 上立ち香はハッキリと熟感がありつつ、酸も感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、やはりかなりの熟成香を纏った、強烈な酸味が鋭角に舌に突き刺さってきて、唾液腺を強烈に刺激しながらもスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、カラメル的な熟感と、乳酸と柑橘果実の中間的な酸が主役を演じて甘さは控えめ、苦渋は皆無ながら、とにかく酸の主張が激しいために全体の印象は非常に引き締まっていますね。
 後味はそのまま酸味が受け持ってキリリとキレます。
 
 熟感と酸がそれぞれ強烈に主張する、極めて個性的な旨酢っぱ酒でした。
 前に舞美人を買ったときに似た印象を受けましたね、個人的にはここまで「酸っぱい」と、甘味が引っ込んでキツく感じて、ちょっと苦手だったりします。
 ただ、一つのお酒として荒は感じず、熟成や空気接触で丸くなれば伸びていきそうな予感もありますね。
 媛一会、次はまた別スペックもいただいてみたいと思いました。


 あーやっぱり、開栓後数日放置でちょっと刺々しさが和らぎますね、というか一週間以上放置しても全然OK。
 また、お店の商品紹介に従いかなり熱めに燗を付けると旨味が増して、さらにほっこりとした甘味も出てきます。
 相変わらず主役は酸ではあるのですが、甘旨派の私的には断然熱燗がオススメ。

20170402160518884.jpg  20170402160526535.jpg

名称:媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒
精米歩合:60%
使用米:松山三井
アルコール度:17~18度
日本酒度:+1
蔵元情報:武田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.3/9.0(燗、変化も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年06月20日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 純米吟醸 吟風 生酒

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 純米吟醸 吟風 生酒

20160923090718358.jpg  20160923090726070.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 ブログでの紹介は6回目の、私のお気に入り銘柄です。

 このお酒は葛飾区金町の「SAKEOH 酒逢」さんで購入しました。
 酒逢さんは以前寿喜心の取り扱い店をネットで探していた時に見つけたお店で、実は前回の山田錦生とか、同時期に飲んだ真野鶴なども同店での購入です。
 充実した内容のホームページで取り扱い銘柄を見れば、マニアなら「ただものではない」お店ということに気付くことでしょう。
 ブログ・SNSでの情報発信の他、店頭試飲銘柄を多く用意しつつ、試飲会も積極的に行っているようで、かなり志の高い酒屋さんであると、私は思っています。
 今回も、閉店間際に駆け込んだにも関わらず丁寧に接客していただき、試飲も勧められ、当初予定より多くまとめ買いししてしまいました(苦笑)、これから順次ご紹介しようと思います。

 閑話休題、今回いただくのは寿喜心の米違いシリーズの一つ、北海道で開発された酒米である「吟風」を使った生酒になります。
 確か店長さんのコメントでは「濃厚だが味に若干ざらつきがある」ということでしたが、個人的に濃厚好みであることと未飲であることからあえてセレクトしてみました。
 (このあたり、ネガティブ情報を伝えてくれる酒屋さんは信頼できるというのは、経験則から明言できますね)

20160923090737874.jpg  20160923165149806.jpg
 
 上立ち香は濃厚で程よく熟した果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑ながら口当たりの良い旨味がスルっと入ってきますが、徐々に苦酸も出てきて賑やかな味わいの様相を帯びつつ、力強く染みこんできます。
 味わいはやはり半年寝かした生酒らしいレーズン的な果実の旨味が主役、確かに苦味など雑味的な味の多さもありますが、やはり根底には寿喜心らしい透明感も感じますね。
 後味はほんのりとした苦味を口中に残しつつ自然に引き上げていきます。

 複雑な味わいを自然に楽しませてくれる、なかなかに個性派の味の乗った芳醇旨酒でした。
 寿喜心のイメージ(透明感のある上品な旨味)とはズレがあるのは確かなので、最初に飲むならやはり山田錦・雄町・五百万石のどれかの方が良いでしょうね。
 ただ、お値段を含めて考えると決して買って損するようなお酒では無いと思います、後、出荷直後に飲んでたらまた違った感想だったかも。
 寿喜心、今後もちょくちょくいただいていきたいと思います。

20160923165159375.jpg

名称:寿喜心 純米吟醸 吟風 生酒
精米歩合:55%
酒米:吟風
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:+2
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年10月16日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

華姫桜 無濾過純米吟醸原酒 雄町

本日の家飲み 華姫桜(はなひめさくら) 無濾過純米吟醸原酒 雄町

20151013101757077.jpg  20151013101809475.jpg

 愛媛県新居浜市のお酒です。
 家飲みは初めて、外ではちょっとだけ飲んだことがあります(後述)。

 実はこちらのお酒、飲食店をはしごする形式の飲み歩きイベント「第2回 日本橋エリア 日本酒利き歩き」にて出会ったお酒です。
 こういうイベントの良いところは、やはりいろいろなお酒に出会えることですね、人が多くてなかなかゆっくりできないのが難点ではありますが…
 ちなみに私がこのイベントで特に印象に残ったお酒は、この「華姫桜」(あらばしり生)と「花の香」でした。

 今回いただくのは飲み比べて、一番好みだった雄町米利用のお酒です。
 ただ、残念ながら生酒は酒屋さんに在庫が無く、火入れのお酒(しかも要冷蔵でない)。
 7号酵母利用というのは割と珍しいですね、自分にとっては風の森の印象が強く、確固たる意志を持って使われる酵母という認識です。


 上立ち香は伝統的なお酒っぽいお米の香りがそこそこに。
 含むと、熟成感を感じさせる落ち着いたしかし濃厚な旨味が、強めの辛さを伴って力強く喉奥に流れ込んできます。
 旨味は火入れらしく甘味が裏方に回った、お米のコクをじっくりと感じさせるような伝統的な味わいで、辛さと拮抗して全体的には引き締まった印象。
 後味はいかにも辛口酒といった感じで、キリリとキレます。

 コクのある旨味に火入れ特有の香りが絡みつく、落ち着いた芳醇辛口酒でした。
 これはこれで完成しているとは思うのですが、やっぱり個人的には火入れ感(火入れ臭)がどうしても気になりますね…
 最近は火入れ酒でもそれを感じさせないよう調整されたお酒が多いので忘れていましたが、未だに私はこの感じ苦手です。(もちろん、火入れ熟成派を初め、気にならない人も多いのでしょうが…)
 華姫桜、次は絶対に生を飲もうと決意する今日このごろでした。

20151013101820607.jpg  20151013101832361.jpg

名称:華姫桜 無濾過純米吟醸原酒 雄町
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:近藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年10月23日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 山田錦 純米吟醸 生

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 山田錦 純米吟醸 生

20150705155338675.jpg  20150705155350986.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 ブログでの紹介も5回目となりました、私のお気に入り銘柄の一つです。

 私はまだまだ飲み手としては落ち着かない感じで、基本新しい銘柄を優先してセレクトしています。
 ただ、そんな中でも「これは!」と思った銘柄についてはいろいろなスペックを積極的に試してみて、自分のお気に入り銘柄といえるかどうか判断しています。
 有名銘柄以外はギャザリーのこの記事にまとめていますが、寿喜心はその筆頭ですね。

 家飲みではにごり(あいのゆめ)、五百万石、雄町の経験がありますが、王道の山田錦がまだだったので今回購入しました。
 お値段はそこそこですね、まあ良心的といえるでしょう。

20150705155407628.jpg

 上立ち香はフルーティー&フレッシュといった印象の吟醸香が気持ち強めに。
 含むと、意外にも落ち着いた印象の甘旨味が、とても素直に、しかしトロミを感じるほどの存在感を保ったまま入り込んできます。
 旨味は直球勝負の蜜たっぷりのリンゴといった旨甘酸味のバランスが良いもので、やはり透明感と芳醇さをしっかり兼ね備えていますね。
 後味は甘味が酸と絡まって、デクレシェンドの如く自然にキレていきます。
 
 これだけ濃厚だとどうしても「重い」感じになりがちのなのですが、寿喜心はそこらへん本当にキレイに仕上げてくれます。
 芳醇な甘味が嘘のような後味、寿喜心は既に「らしさ」を確立している感がありますね。
 ただ、外飲みではあまり見ない気がします、繊細な分家飲みで真価を発揮するお酒なのかも。
 兎も角、寿喜心はやはりもっと評価されるべきですね…これからも本気で追い、応援していこうと思いました。

20150705155421476.jpg  20150705155432346.jpg

20150705155450575.jpg

名称:寿喜心 山田錦 純米吟醸 生
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:+4
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年08月22日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

川亀 純米吟醸 ひやおろし

本日の家飲み 川亀(かわかめ) 純米吟醸 ひやおろし

1412251219317.jpg  1412251228889.jpg

 愛媛県八幡浜市(やわたはまし)のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは1・2回したことがあったかも。

 こちらのお酒で目を引くのはやはりその見た目です。
 表ラベルなしで首掛けラベルだけというのはなかなかマニア向けですね、インパクトはあります。
 ただ、こういう扱いはもうちょっと特別な限定品にこそ似合うような…、番外品とか通常出ない生酒とか。

 こちらは55磨きのひやおろしですが、加水無し(原酒)でアルコール度が17~18と高めなところがポイント。
 日本酒度とか酸度が書いてあるのに、使用米が書いていないのがちょっと解せませんね、酒屋さんの情報によると「山田錦・しずく媛」を使っているみたいなのですが…。

 上立ち香は甘めな果実の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚でバランスの良い甘旨味が自然な感じで入ってきて、強めの辛さを伴いつつ徐々に染みこんできます。
 旨味は程よく熟した果実といった感じですが、いわゆる熟成香はほぼ無く、素直に旨みが円熟した感じ。
 後味は辛さで濃厚な味わいを見事に引き取ってキレます。

 素晴らしい味の乗りを魅せてくれる、ひやおろしの良さを凝縮したような芳醇旨口酒でした。
特にダレない甘味が良いですね…、飲み飽きないですしフレッシュ系の甘味とはまた違った程良い熟成の魅力があります。
 そして後半の強烈な辛さも見事。
 ひやおろしは微妙な熟成香がどうも気になることが多いのですがこのお酒はそれもなく、自分のストライクど真ん中でした。
 川亀、今後を追っていく銘柄に追加です。

1412251241665.jpg

名称:川亀 純米吟醸 ひやおろし
精米歩合:55%
酒米:山田錦・しずく媛
アルコール度:17~18%
日本酒度:+3
蔵元情報:川亀酒蔵合資会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川亀 純米吟醸

2014年11月14日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山丹正宗 ひやおろし 純米酒

本日の家飲み 山丹正宗 ひやおろし 純米酒

1412251177332.jpg1412251188036.jpg

 愛媛県今治市のお酒です。
 外飲み、家飲み共に初めて。

 秋の日本酒といえばひやおろしですが、前にも少し書いたように、どうにも定義がはっきりしないように思えます。
 名乗ったもの勝ちという風潮はさらに強まっているようで、今年は8月初めからガンガンひやおろしを名乗っている銘柄を見かけたような。
 特別名称(「純米吟醸」とか)のように法律でぎっちり決めるのも良し悪しですが、ボジョレーみたいな定番季節ものを目指すなら、せめて解禁日ぐらい統一ルールを決められないものなのでしょうか…

 ちなみにこのお酒の出荷日は9月になっていますね。
 ひやおろしであることと60磨きという以外の情報はほぼ記載がありません、せめて使用米ぐらいは記載が欲しいところです。
 

 上立ち香はスッキリとした吟醸香がそこそこに。
 含むと熟成感のある旨みが比較的スッと入ってきて、そのまま自然に喉奥に消えていきます。
 旨味は落ち着いた印象の熟したお米の旨味といった風情、濃度はほどほどですね。
 後味にはどこからか辛さが出てきて、見事にキレます。

 いかにもひやおろしといったような、中庸な熟成感と旨味を感じるお酒でした。
 いわゆる飲み飽きないお酒として、秋の食事の脇役としてぴったりハマりそうです。
 まあ個人的には存在感と個性の点でかなり物足りない感じもしてしまいますが…、これは好みの問題。
 山丹正宗は、居酒屋で他のスペックを見かけたらまた試してみたいと思います。

 燗をつけてみると、素直に味わいが濃くなります。
 辛さも出てきますね、これは予想通りの感じ。
 燗酒が好きな人にはオススメ。

1412251198366.jpg  1412251208098.jpg

名称:山丹正宗 ひやおろし 純米酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社八木酒造部
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 山丹正宗 純米

2014年11月12日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 雄町純米 中汲み 生酒

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 雄町純米 中汲み 生酒

1409886981749.jpg  1409887020955.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 このブログでも4回目の紹介になりますね、かなりのお気に入り銘柄です。

 寿喜心は今まで、にごり五百万石生酒雄町火入れといただいてきました。
 前回の雄町火入れを頂いた際に、やはり寿喜心は生がよいなあと感じたため、今回同スペックの生酒の一升瓶を購入した次第です。
 おまけに今回は「中汲み」なので、さらに期待感を高めてしまいます。

1409887004603.jpg  1409887032945.jpg

 上立ち香はスタンダードなフレッシュ吟醸香がほどほどに。
 含むと、クセのないフレッシュ&フルーティーな甘旨味が、新酒らしい若干の固さを伴いつつ、自然に広がっていきます。
 旨味は雄町らしくふくよかなマスカット系の甘味が主役で、酸渋が裏方で上手いことダレを防いでバランスが良い感じ。
 やはり中取りらしい口当たりの自然さもありますね…、芳醇ながらスイスイいけてしまいます。
 後味はその自然な感じでしっかりとキレます。

 正統派かつ繊細なバランスの上に成り立っているような、芳醇フレッシュなお酒でした。
 最近火入れの良さもわかってきましたが、やっぱり寿喜心は生が良いなあ…。
 元が非常に丁寧に造ってある味わいなので、濃厚であればあるほど惹かれるんですよ。
 次は生酒を寝かしてみても良いかなあ…、妄想が広がります。

 また、これも常温の方が口当たりが柔らかく、味わいのキレイさはそのままです。
 固さもかなり取れるので個人的には激オススメ。
 温度が上がっても冷酒のように崩れない、これが寿喜心の真骨頂かと思いますね。

 ただ、開栓後は少し甘味がでてフレッシュさが交代するため、少々ダレる印象。
 十分美味しいのですが、これは早めの飲みきりをオススメします。
 ちなみに最後に燗も試してみましたが、さらに甘味が強くなってわりと面白い感じでした。

1409887042458.jpg

名称:寿喜心 雄町純米 中汲み 生酒
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:-1.5
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):3,000円/1800ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年09月23日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-05-24_21-53-44-665.jpg  fc2_2014-05-24_21-54-11-860.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め確か初めて。

 このお酒は用事があって行った西武池袋本店でやっていた試飲販売会にて、試飲の上購入しました。
 東京の百貨店の試飲販売には、意外に実力派小規模蔵が来ていたりしてなかなか面白いのです。
 少し貧乏くさい話ですが、高価格帯のお酒は試飲だけでもお得感がありますし…。

 こちらは試飲会限定ラベル(同スペックの通常銘柄もあるらしい)とのことで、黒猫が可愛らしい感じの雰囲気ですね。
 スペック的には、個人的には珍しくアル添ありの吟醸クラスです。
 今回何種類かを飲み比べて決めたのですが、夏酒のわりにしっかりとした味わいが印象的でした。
 まあやはり一杯だけでは何とも言えないので、じっくりと腰を据えていただきます。

fc2_2014-05-24_21-53-22-479.jpg fc2_2014-07-02_01-38-49-328.jpg

 上立ち香は清涼感のある、クセのないセメダイン系の香りが強めに。
 含むと、キリッとした鋭角的な旨味が強烈に入ってきて、強めのアルコール感とともにジリジリと広がります。
 旨味自体は濃厚でしっかりとした甘さもあり、それでいて雑味も少ないまとまりを感じさせるもの。
 後味は、しっかりとアルコールの辛さでキレます。

 夏酒の概念を覆すような、濃厚な旨味を力強いアルコールのキレで引き上げる、キリリとしたお酒でした。
 旨味はむしろ上品なほどに綺麗なのですが、とにかくアル添原酒らしい、ある種のキツさがあるお酒だと思います。
 ただ私、これなら嫌いじゃないですね、本醸造クラスよりは上品さがありますし、加水で旨味が薄まった感じの夏酒より断然好みです。
 純米派ではありますが、こういうアルコールの使い方ならありかもと思いました。
 千代の亀、ウォッチング対象に加えたいと思います。

fc2_2014-07-02_01-38-29-563.jpg

(追記)アップしてから気づいたのですが、実は千代の亀は初飲みではなく半年前にひやおろしを頂いたばかりでした(汗)
 しかも試飲販売で購入しているのも同じですし…、う~ん飲み過ぎで若年性健忘症になってしまったのかしら。
 自戒のために今回の記事は書き直さないでおきます…。
 でも、試飲販売で同じ銘柄をセレクトするあたり、脳よりも舌が覚えていたのかも。

名称:千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒
製法情報:生原酒
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2014/4(25BY)
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 千代の亀 吟醸

2014年07月03日 愛媛の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

千代の亀 純米吟醸 ひやおろし

本日の家飲み 千代の亀 純米吟醸 ひやおろし

fc2_2013-11-22_02-41-46-821.jpg  fc2_2013-11-22_02-42-19-888.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 私は今回店頭で初めて知りました。

 初めて知ったお酒をなぜ買ったかというと、何のことは無くデパートの試飲コーナーにあったからです。
 このデパートの試飲コーナーというのは、個人的には日本酒ビギナーに非常にオススメな場所だったりします。
 実際の味にまさる情報はありませんし、地方から東京まで営業に来ている酒蔵さんはやはり意欲があると思いますので…。
 といいつつも、限定品などの掘り出しものについては圧倒的に地酒屋さんの方が有利なので、使い分けが重要ですね。

 閑話休題、今回頂くのは試飲でいろいろとスペックを試した時に一番印象が良かったひやおろしです。
 昨今の常識に従い、使用米(松山三井)をちゃんと記載しているのは好印象。

 上立ち香は熟した甘い感じとアルコールの香りが控えめに。
 含むと、少し熟した感じのバランスの良い旨味が、じわじわと染みこんできます。
 旨味は甘味ほどほどで、熟成感もまあまあ、さらに雑味が少ない感じでクセがないです。
 また、その旨味にこれまたほどほどの辛さが取り付いて、全体としては引き締まった印象。
 後味はその辛さでキリッとキレます。

 良い意味で「中庸」を体現したような旨辛酒でした。
 インパクトは少し薄いですが、飲み飽きない食中酒といった趣です。
 古臭い感じはないのですが、これなら伝統的な辛口派にも勧められるんじゃないかな。
 個人的には、次は生も頂いてみたいと思いました。

 燗をつけると、甘味と辛さが引き立ちます。
 個人的にはこちらも好きです、これからの季節には良いですね。

fc2_2013-11-22_02-42-45-394.jpg  fc2_2013-11-22_02-43-13-598.jpg

名称:千代の亀 純米吟醸 ひやおろし
製法情報:生詰
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2013/11(24BY)
購入価格(税込)1,601円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年12月08日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 雄町純米

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 純米 雄町

fc2_2013-10-24_19-44-59-207.jpg  fc2_2013-10-24_19-45-32-481.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 最近ブログでも取り上げたばかりなのですが、美味しかったのでまたも購入。
 にごりを合わせて三回目の記事になります。

 今回のスペックは雄町使用の黒ラベル。
 ただ、生酒の記載がないので火入れでしょう、おそらく一回火入れだと思われます。

fc2_2013-10-24_19-46-10-409.jpg  fc2_2013-10-24_19-46-56-198.jpg


 上立ち香は熟した感じの果実香がほどほどに。
 含むと、やはり完熟した風味のある比較的引き締まった旨味が、少々の渋味を伴いつつ染みこんできます。
 旨味は、甘味と他の味とがうまく調和したバランスの良いもので、味わいの綺麗さが印象的です。
 後味は渋味が受け持つ形でキレます。

 味わいの綺麗さをまあまあ残しつつ、この時期らしい熟した旨みのあるお酒でした。
 芳醇ながら飲み飽きない感じの軽快さもあると思います。
 ただ、寿喜心の生酒で感じた繊細な甘旨味という個性が、火入れでかなり減退してしまった感はあるかな…。
 そして個人的には味が乗ってきたことで増した魅力より、その失われた魅力の方が大きいように感じてしまいました。
 ただ、レベルとコスパは十分に高いので、落ち着いて綺麗なお酒が好きな人にはとてもオススメです。

fc2_2013-10-24_19-47-29-915.jpg

名称:寿喜心 雄町純米
製法情報:
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:16.0~16.9%
酵母:不明
日本酒度:-2
蔵元情報:首藤酒造株式会社(愛媛県西条市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込):1,260円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 寿喜心 純米

2013年10月28日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心 純米吟醸 五百万石 生酒

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 純米吟醸 五百万石 生酒

fc2_2013-09-02_13-08-23-129.jpg  fc2_2013-09-02_13-08-58-118.jpg

 つい先日発泡にごりをいただいた寿喜心です。
 発泡系はやはりじっくり味わうには向いていないところもあり、少し消化不良だったので今回改めてセレクトした次第です。

 実際寿喜心は扱っているところが少なく、私は武蔵境の「酒のなかがわ」さんまで調達に行ってきました。
 四合瓶は五百万石しかなかったので、そのままセレクト。
 ちなみに、私はこの瓶とラベルのデザイン、かなり好きです。

fc2_2013-09-02_13-09-40-505.jpg

 上立ち香はちょいセメダインぽいフレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、バランスの良い甘旨酸味が尻上がりに広がっていきます。
 旨みはフルーティーなイメージですが、甘味と他の味(特に渋味)とのバランスが良く、濃厚ながらスッキリ。
 この時期にしてはフレッシュ感も残っており、飲み頃といった感じです。
 後味は渋味が受け持ち、綺麗なキレかた。

 様々な要素が甘味を中心に高いレベルで融合している、そんな印象のお酒でした。
 ガツンとくるインパクトは無いのですが、飲み進めるたびに飽きない旨さと甘味が染み通ってきます。
 これまた完成度が高いなあ…、買いに行った甲斐がありました。
 寿喜心は「お気に入りに追加」です。

 ちなみに温度が上がってくると甘味が増すタイプですね。
 濃厚甘口酒という感じで、かなり印象が変わってきます。
 ちょいアルコール感はありますが口当たりはまろやかで、むしろこっちの方が好きかも。

fc2_2013-09-02_13-11-05-777.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんのほぼ同スペックの記事(BY違い)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-755.html

名称:寿喜心 純米吟醸 五百万石 生酒
製法情報:生酒
精米歩合:50%
酒米:五百万石
アルコール度:16.0~16.9%
酵母:不明
日本酒度:-3.5
蔵元情報:首藤酒造株式会社(愛媛県西条市)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,450円くらい(レシート紛失…)/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年09月07日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

寿喜心 あいのゆめ 純米にごり

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) あいのゆめ 純米にごり

fc2_2013-06-27_21-14-46-113.jpg  fc2_2013-06-27_21-15-26-469.jpg

 愛媛県のお酒です。
 以前外飲みでいただいたことがあり、今回初めて家飲みする銘柄です。
 全国難読銘柄のかなり上位にくるんじゃないかな…。
 ラベルによっては喜の字が「㐂」という異体字で書かれているのもあり、さらに難易度があがります。

 今回は愛媛の飯米「愛の夢」を用いたにごりざけです、なぜかラベルもそれを大強調してますね。
 本当はにごりじゃない純吟クラスが欲しかったのですが、一升瓶しかなく断念しました…。
 ただ、流石に飯米利用なだけに純米とは思えないレベルにお安いです。

 かなり強い調子の開栓注意の貼り紙がされてましたが、私が開けたものは拍子抜けするぐらいの「プシュ…」で済みました。
 にごりはなかなか濃い目。

fc2_2013-06-27_21-16-03-076.jpg  fc2_2013-06-27_21-16-59-619.jpg

 上立ち香は米の香りがほんの少し。
 含むと、そこそこ強めのガス感と、かなりフルーティーな印象の甘旨味を感じます。
 旨味は透明感のあるマスカット(しかも高いやつ)系の甘味が主役で、裏の渋味とのバランスも良い感じ。
 結構濃厚な味わいがありつつ、全体的な印象は乾杯に向いてそうなスッキリ系。
 後味も粉っぽさを残さずすっきりとキレます。

 旨甘味がしっかりとした、バランスの良いにごりでした。
 値段を考えると出色の出来ともいえると思います。
 ただ、この上品な甘味はやっぱりにごり以外で楽しみたいなあ。
 次は何としてでも純吟クラスをいただこうと思います。

 ところで、私はにごりを飲むと「お気に入り度」が7点後半になることが非常に多いことに気づきました。
 にごり自体は好きなのですが、うまければうまいほど普通のスペックも飲みたくなってしまうからなのかもしれません…。
 なかなか難しいものです。

fc2_2013-06-27_21-16-34-720.jpg

名称:寿喜心 あいのゆめ 純米にごり
製法情報:にごり酒 生酒
精米歩合:68%
酒米:愛の夢
アルコール度:16.0~16.9%
酵母:不明
日本酒度:-5
蔵元情報:首藤酒造株式会社(愛媛県西条市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,100円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年07月05日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

伊予賀儀屋 無濾過純米生原酒 赤ラベル

本日の家飲み 伊予賀儀屋(いよかぎや) 無濾過純米生原酒 赤ラベル
 
fc2_2013-06-09_16-22-04-423.jpg  fc2_2013-06-09_16-22-40-245.jpg

 ブログでは初めての愛媛県のお酒です。
 私としては、去年も家飲みでいただき良い印象があったので今回も調達してきました。

 こちらは愛媛県で開発されたお米である「松山三井」を使ったお酒で、裏ラベルによるとレギュラー品の中でも中心的存在とのこと。
 また、春先に絞られた同スペックのお酒をブレンドしているらしいです、同時期同スペックということは、タンク違いということかな…。
 他にも裏ラベルにはいろいろと想いが書かれています、個人的にはこういう文章は読んでて楽しいし、ある意味酒の肴にもなるので大歓迎。

 fc2_2013-06-09_16-24-11-131.jpg

 上立ち香はフレッシュな吟醸香が強めに。
 含むと、意外にもかなり落ち着いた感じの甘旨味がじわじわと広がります。
 旨味はしっかりとした甘味と強すぎない苦渋味を伴い、濃厚かつバランスがとれた感じ。
 香りもかなり強めだと思いますが、ダレた感じは無く完成度の高さを感じます。
 後味は若干の渋味を残しつつ、なかなかのキレ。

 確かな個性のある、無濾過生原酒らしい魅力をばっちり備えたお酒でした。
 苦渋味がきつくならない程度にきっちり仕事をしているので、飲み飽きない印象があります。
 (多分酸味もあるのでしょうけど、私は酸味を把握するのが苦手なんですよ…。)
 次は番外スペックも試してみようかな。

fc2_2013-06-09_16-24-53-024.jpg

名称:伊予賀儀屋 無濾過純米生原酒 赤ラベル
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:松山三井
アルコール度:17~18%
酵母:愛媛酵母
日本酒度:+6
蔵元情報:成龍酒造株式会社(愛媛県西条市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,417円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年06月16日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |