FC2ブログ

ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

家飲み記録 ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

20190123211151244.jpg  20190123211202413.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 この銘柄は初めていただきますが、同蔵の通常銘柄「燦然」は一度家飲みしています

 蔵元ホームページの取扱い店一覧を見る限り、地元重視っぽいですね。
 実際、出張で岡山に行った時は色々なところで燦然の看板を見かけました。
 そしてこのORIGIN FRESHは、「倉敷市・総社市にある蔵元の若手グループ「岡山ZARU」の共通ブランド酒」とのことです(蔵元発表記事はこちら)。
 私が期待を寄せるパターンである、地場の実力蔵が今風に寄せてきたブランドということですね。

 スペックは朝日米の精米歩合55%の無濾過生原酒。
 裏ラベルを見るに、「搾った当日に瓶詰」ということがポイントのようです。
 ただ、3月製造を9月開栓なので、今回は若干熟したコンディションでいただきました。

20190123211213150.jpg

 上立ち香は…あまり感じないですね、
 含むと、割と素直かつ濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、あまり酸を感じさせないまま、しかしそんなにダレずにゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、煮詰めた洋梨的な高濃度の甘味が純然たる主役、そこに寄り添うはやはり渋味ですね、苦味もほんの少しあるかな、全体として柔らかい印象のまま上手く奥深さを加えダレを防いでいる印象。
 後味は、その渋味と苦味が引き取って、ゆるやかに引き上げてくれます。

 極めて高濃度な甘味の魅力を、それと喧嘩しない苦渋の働きで飽きとダレを防ぎながらストレートに感じさせてくれる、個性派芳醇甘旨酒でした。
 若干砂糖ドバドバ入れたカフェオレ的な風味のようにも感じますね、ラベルがなんとなくそういうふうに見えてくるような…、ともかく、徹底的に私好みのお酒です。
 いやあ、この低酸の濃厚な甘さ、どうしても桃の里を思い出してしまうなあ、なんとなく朝日米に由来する特性のようにも思えます。
 最近某大手酒販店も目を付けているようですが、個人的にも今後朝日米のお酒は意識して追ってみたいかな。
 オリジン、また買う機会があれば逃さないようにしたいと思いました。

20190123211220726.jpg

名称:ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 
蔵元情報:菊池酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけ:まとめ買い記念写真
20190123211134841.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月30日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

伊七 雄町 特別純米酒

家飲み記録 伊七 雄町 特別純米酒

20190123211234406.jpg  20190123211336309.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 同蔵のお酒としては、以前特別品の「HARE」をいただいたことがあります。

 特別品だけでなくレギュラー品も試してみたいと思い今回セレクトしました。
 ただ、実は生酒を注文したのに火入れが届いたんですよね…
 こういう場合は着払い等で返品するのが筋なのですが、面倒なのでそのまま開けてしまった次第です。
 しかし、地酒は本当に細かい種類違いがありますからね…、通販については余程システマチックにやらないと、在庫管理含め難しそうだなあと思いました。

 というわけで火入れ(要冷蔵がないので二回火入れかな)の、雄町を60%まで磨いた純米です。
 2018年2月製造、10月開栓。

20190123211402463.jpg  20190123232009931.jpg

 上立ち香は…、う~ん何か薬臭いというかクセのある感じの香りがそこそこに。
 含むと、その香りのイメージ通りの結構薬臭さが目立つ味が口中に広がり、割とそのままの印象のまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、なんというか薬草風味?って感じの、正直未経験なケミカル感のある味ですね、甘さは皆無、苦味は若干ある感じ。
 後味はほんのりと苦味を残しつつも結構バッチリキレますね。

 ミントとかを彷彿とさせるスースー感が特徴の、実に個性的な味わいの辛口系のお酒でした。
 割と個性的な気はするのですが、この薬っぽい含み香が私にはキツい…、正直鼻を摘まないと飲むのが厳しいレベルだったり。
 買った経緯も含め、なかなか悲しい出会いでした、まあこういうこともあるかと思い全部飲みましたが。
 なんか薬草とか、蒸留酒向けの表現が頭に浮かぶんですよね、要は甘旨味の要素が行方不明というか…、好きな人は好きなのかなあ。
 この辺りの印象は生酒のHAREのときも似たような感じではありましたね。
 伊七、流石に自分と相性が悪いのかもと感じた一本でした。

20190123232020006.jpg

名称:伊七 雄町 特別純米酒
蔵元情報:熊屋酒造有限会社
購入価格(税抜):1,237円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 伊七 特別純米

2019年01月29日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

大正の鶴 落花流水 純米 27BY

家飲み記録 大正の鶴 落花流水 純米 27BY

20190123232122200.jpg  20190123232131595.jpg

 岡山県真庭市のお酒です。
 家飲み経験はあるのですが、ブログでは初登場ですね。
 
 随分前に「福祝」の記事で書いたのですが、2008年のJ-CASTニュースによると、麻生現副総理はこの「大正の鶴」と「福祝」がお気に入り銘柄だったとのこと。
 そこでは「安くてウマい酒」 を「燗」で飲むスタイルということも書いてありました、今ならわかりますが、やっぱり相当酒好きのコメントですよね…
 私はまだまだ基本冷酒生酒派ではありますが、色々なお酒を試していきたいということと、この「落花流水」という商品は初見だったことから今回セレクトしました。

 赤磐産朝日の65%精米、おそらく加水有の一回火入れで、要冷蔵ではないっぽいですね。
 製造年月はH30年3月ですが、H27BYとのことなので、蔵内で2年以上熟成してからの出荷のようです、開栓はさらに間が空いたH30年10月。


 上立ち香は落ち着いたセメダイン香といったスッキリした香りがそこそこに。
 含むと、そこその濃度の引き締まった旨味がスルスルと入ってきて、存在感のある酸味が最初から最後まで引き締め役に回る感じで、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、甘みはそこそこ、酸がしっかり効いた完熟果実的な旨味が中心、結構色々な味は感じるものの、それを雑味と感じさせない力強さがありますね、特に苦味が抑えられてるのがグッド。
 後味は、やはり酸が引き取る形ながら、実に自然に引き上げてくれます。

 とんがったところを抑えた実にバランスの良い、ガンガンイケる系旨辛酒でした。
 食中酒としても良し、単体でも全然満足感がある辺り非常に万能感があります、2年の熟成を感じさせないところも見事。
 いやあ、こういうお酒を飲むと、インパクト派の私は申し訳なくなるんですよね、絶対こっち系が好きな方は多いと思います。
 大正の鶴、やはり間違いなく実力派銘柄であろうと感じた一本でした。

 燗をつけると…、若干乳酸感が出てきましたね、あとは辛さもマシマシ。
 といいつつ口当たりは柔らかいので、ついつい杯が進んでしまう癒し系燗酒という印象でした。

20190123232449042.jpg


名称:大正の鶴 落花流水 純米 27BY
蔵元情報:酒造株式会社
購入価格(税抜):1,403円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 大正の鶴 純米

2019年01月28日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三冠 雄町 純米吟醸 生原酒

家飲み記録 三冠 雄町 純米吟醸 生原酒

20190123232030336.jpg  20190123232041069.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 私はマイ殿堂入り銘柄「桃の里」について、基本的には年頭に蔵元直接通販で買っています。
 が、一度純米吟醸を追加で買いたいなあと思った時があり、その時は数少ない通販取り扱い店である「さかばやし」さんから他の岡山銘柄を同梱しつつ取り寄せました。
 これからはその時の岡山酒を連続してご紹介します。

 完全に予備知識無しの衝動買いなので、銘柄紹介については蔵元ホームページのリンクで替えさせていただきます(サボり)。
 雄町を50まで磨いている結構豪華なスペックですね、6月製造を9月末開栓。

20190123232050688.jpg  20190123232101034.jpg

 上立ち香はセメダインと果実感が合わさったタイプの香りがそこそこに。
 含むと、しっかり味が乗った印象の複雑な旨味が力強く入ってきて、最後まで濃度を保ちつつもいい感じにバランス取って自然に喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘渋辛が入り混じった感じの奥深い旨味が主役、若干濃度由来の粉っぽさも感じますが、辛さがしっかり引き取るために飲みごたえがありながら飲み飽きない感じ。
 後味は、その辛さとほんのりとした苦味も出てきてしっかりキレます。

 甘渋苦辛がそれぞれしっかり主張しつつ、割といくらでも飲めそうなバランスのある、完成度の高い芳醇旨味酒でした。
 いやあ良いですね、実に雄町らしいというか、雄町を見事に使いこなしている印象があります。
 岡山は本当ポテンシャル高いと思うんですよね…、個性を押し出すお酒が多い感じで、一昔前はともかく、今の日本酒クラスタなら受け入れる土壌はできていそうな気がします。
 三冠、今後も注目していきたいブランドですね。

 二日目はちょっと苦味が出てきたかな…
 割と早めの飲みきり推奨な感じかも。

20190123232111425.jpg

名称:三冠 雄町 純米吟醸 生原酒
蔵元情報:三冠酒造有限会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月27日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 大吟醸

家飲み記録 桃の里 大吟醸

20181213101435682.jpg  20181213101446916.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログ殿堂入り銘柄の一つ。

 年初に蔵元さんからまとめて取り寄せた分のラスト一本になります。
 基本的には買わない価格帯なのですが、まあ一本ぐらいはいいかなあと…
 ちなみに通常品でもっと高いやつもあるそうなのですが、身分不相応ということで止めておきました。

 スペックは山田錦精米歩合40のアル添大吟醸ということで、いかにもって感じですね。
 見た目的にも百貨店の贈答品用常温棚に並んでそうな雰囲気を放っているかと。
 29BYで、ラベルに明記はないのですが生を送ってもらったと思います、9月開栓なので、製造からはかなり時間は経っていますね。

20181213101456058.jpg  20181213101525630.jpg

 上立ち香は何とも甘い、むしろ完熟パイン系の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚ながらもバランスの取れた甘旨味がトロリと入ってきて、奥深い渋味を伴ってダレを防ぎつつ、高精白らしい上品さも感じさせながらじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり桃の里味とでも言うべき、甘味が断然メイン、渋味がサブを演じる味わいが中心にありつつ、ちょっと薬臭さ的なものもありながらも、全体としてはやはり柔らかく優しい印象。
 後味はアル添らしさを感じさせないまま、高精白らしく自然に引き上げる感じ。

 桃の里の高級酒ラインとして非常に納得感のある、上品で優しい甘さが特長のお酒でした。
 いやあ実に桃の里的な味わいですね~、朝日米以外でもこういう味になるというのが実に面白いと思います。
 逆に私にとっては、純吟で十分なのでは?という疑問も生じるのですが…
 ただあえて言うなら、より安定感を感じる気がします、多分常温保存ながら半年では変な熟感無いですし、多少温度が上がってもあまり印象が変わらない感じ。
 桃の里、甘口好きならやっぱり一度は飲んでみるべき銘柄だと強く思います。

20181213101509762.jpg

名称:桃の里 大吟醸
精米歩合:40%
使用米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):3,000円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.5(値段も考慮に入れても)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月21日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY

家飲み記録 三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY

20180312153110564.jpg  20180312153119427.jpg

 岡山県新見市のお酒です。
 銘柄的には初ですが、同蔵のお酒の紹介は3回目になります。

 今まで飲んだ同蔵のお酒は「克正」「蛇形」という限定品で、両方とも高垣克正杜氏の手によるものでした。
 このお酒は同杜氏の引退に伴い、後を引き継いだ「山上道広」杜氏が醸したものだそうです、その辺りも含めラベルに詳細な記載があるのは、個人的にはありがたいところ。
 克正や蛇形はとんでもなくパワフルなお酒で、「克正イズム」のようなものを強く感じる味わいでしたので、その辺りがどう受け継がれているかを気にしつついただきたいと思います。

 スペックは雄町を65%まで磨いた生もとの無濾過生原酒ということで、やはりいかにも力強そうな感じ。
 28BYと明記があり、製造年月29年10月のところを30年8月に開栓ですので、1年半以上生熟期間を経たものだと思われます。

20180312153135719.jpg  20180312153128138.jpg

 上立ち香はかなり強めの熟感と酸を感じる濃厚な香りがそこそこに。
 含むと、やはり強烈な旨酸がドドドと入ってきて、唾液腺を強く刺激しつつ、最後までその存在感を保ったままグググと胃に入り込んできます。
 味わいは、強烈ながらもどこか柔らかみのある乳酸系の酸味が中心にあって、そこに熟感を纏ったカラメル的甘味が絡みついている感じですね、辛さというかアルコールの刺激感も有って、全体的にはガッチリと引き締まっています。
 後味は当然のように酸辛が引き取って力強くキレます。

 お酒としての「パワー」をビンビンに感じるような、それでいて優しい側面もある芳醇旨酸辛酒でした。
 やっぱり明らかに克正や蛇形と同系統のお酒ですね~、山陰の芳醇辛口酒にも近いと思いますが、より酸味寄りで濃厚という印象。
 克正イズムがしっかりと受け継がれたことは間違いないと思います、「こういう酒」が飲みたいときにしっかり応えてくれる銘柄と言えるのではないでしょうか。
 三光天賦、今後も体がこれ系を求めたときに是非いただきたいと思いました。

 ちなみに開栓後常温保存にしましたが、一週間程度ではヘタれる気配すらしませんね。
 酸が落ち着いて、これまた克正や蛇形と同タイプの上がり方を魅せてくれます。
 そして当然のように燗も良いです、面白いのが甘味が表に出てくるところですね、実に私好み。

20180312153152399.jpg  20180312153144209.jpg

名称:三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY
精米歩合:65%
酒米:雄町
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:三光正宗株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月17日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 純米吟醸 「ふり向けばゆり」 28BY

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 「ふり向けばゆり」 28BY

 岡山県赤磐市のお酒です。
 前回に引き続き写真撮り忘れによる簡易版記事となります。

 蔵元ホームページの商品紹介はこちらです。
 それによると「甘い香りと清らかな味わい」が特徴とのこと。
 どう考えても前回の「凛と咲け花」とセットで登場したのと思うのですが、コンセプトとかの解説が皆無なのでその辺りは謎です。

 で、なぜかこれだけ情報がやけに細かく、朝日米:使用割合65%精米歩合50%、五百万石:使用割合35%精米歩合60%とのことでした。
 これまたお値段は破格の税抜1,200円、28BYを今年5月開栓です。

20180306120252398.jpg
 今回は左から2本目ですね。

 上立ち香はバナナっぽい感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、まろやかな甘味が柔らかい口当たりで入ってきて、奥深さを与える少々の渋みとともに、最後まで程よい感じのバランスを保ったまま、ゆるゆると染み込んできます。
 味わいは、やっぱりバナナ系に感じるまろやかな甘旨味が主役、濃度はちょい濃い目ぐらいで、程よい渋みが引き締まりと奥深さを添え、割りとスルスルといけてしまう
 後味は渋味のほかほんのちょっと辛さも出てきて見事にキレます。

 柔らかい甘味という桃の里らしさをハッキリ出しつつも、一歩引いた感じで好ましいバランスを保つ、万人向け甘口酒でした。
 これは原酒なのかな…、もうちょっと濃い方が自分的には好みなのですが、まあそんなことをいう人間の方が少数派でしょう。
 ただ、間違い無く、コスパは恐ろしく高いと思いますね、これまた値付けまちがっているとしか…
 もちろん凛と咲け花と比べるとこちらが断然好みの味わいでした。
 桃の里は火入れ熟成コンディションでも、方向性によっては全然自分好みだということを確認させてくれた一本でした。

 開栓後はなぜか熟感が目立ってきましたね…
 出荷直後どうだったかはわかりませんが、どちらかというと早飲み推奨なのかも。

名称:桃の里 純米吟醸 「凛と咲け花」 28BY
精米歩合: 朝日米50% 五百万石60%
使用米: 朝日米65% 五百万石35%
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年10月22日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 純米吟醸 「凛と咲け花」 28BY

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 「凛と咲け花」 28BY

 岡山県赤磐市のお酒です。
 実はこのお酒ともう一本、うっかり写真を取り逃していつものテンプレ記事が書けない状況です…
 なので、遺憾ながら簡易モードでご紹介しようと思います。

20180306120252398.jpg
 蔵元から直接まとめ買いした中の一本だったりします、左から三本目ですね。

 蔵元ホームページの商品紹介によると、「辛口純米酒」とのこと、名前通りって感じではありますが、桃の里で辛口とはなかなか想像が難しい…
 どうやら最近登場したスペックのようです、詳細は分かりませんが精米歩合は60、税抜1,200円と極めて良心的なお値段。
 火入れですが、年明け購入の28BYのお酒を5月に開栓なので、結構寝かせちゃってますね。


 上立ち香は熟したクリーム(?)的な甘い香りがそこそこに。
 含むと、やはりちょい熟感のある旨味が自然な口当たりで入ってきて、ほんの少々の渋味を彷彿とさせながら、最初から最後まである程度引き締まったままで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり柔らかい感じの甘旨味(完熟バナナ的?)が主役ではあるのですが、濃度は中程度、最小限の渋味に加えほんのりとアルコール的辛さもあるかな、後ちょっと薬っぽいクセも。
 後味は、渋辛があくまで優しく引き取ってちゃんとキレます。

 辛さと引き締まりがありながら、全体としては何となく柔らかい印象も受ける、桃の里の辛口酒として納得感のあるお酒でした。
 桃の里としては薄めだと思いますが、日本酒全体からみると「芳醇辛口酒」に入るんじゃないかしら。
 ただ、何となく甘口系銘柄が無理に(?)辛口を目指した時特有のクセを感じるような…、アル添の射美に似てる感じと言いますか。
 やっぱり蔵としては色々な系統のラインナップ揃えたくなるんですかね…、個人的には花陽浴みたいに割り切っちゃっていいじゃんと思ってしまうのですが、まあそれは色々と事情があるのでしょう。
 次回は写真左隣のお酒の紹介です。

名称:桃の里 純米吟醸 「凛と咲け花」 28BY
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年10月21日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 純米吟醸 28BY (1年熟成バージョン)

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 28BY (1年熟成バージョン)

20180717145614756.jpg  20180717145625527.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は9回目。

 桃の里は個人的には超お気に入りであるとともに、ちょくちょく後ろ向きな「老ね(ひね)」的なものを感じる銘柄でもあります。
 先日の「日本酒薄青瓶問題」の時にも考えたのですが、いわゆる「老ね香」自体を悪役(オフフレーバー)と断じるのは実は早計なのかもしれません、それが好みの方も多いようですし(主に熟成上等の方々)。
 が、やっぱりお酒のもともとの味わいとの「相性」っていうのはあると思うんですよね、フレッシュさや果実的な甘さがメインにあるお酒においては、基本老ね香はその魅力に水を差すものになると感じています。
 特に私などは、そもそもそういう熟感や老ね感が苦手だから偏執的生酒派になっている面があり(最近少し変わってきてますが)、やはり蔵・お店に対してはできる限り抑える保管をして欲しいというのが素直な希望ですね。

 で、今回いただくのは、既に紹介済みの純米吟醸、蔵元さんによると28BYとのことなので、いわば1年熟成バージョンです。
 出荷月はH30.1となってますので、蔵元で1年間ほど寝かされた状態のお酒だと思われます。
 桃の里は先ほど書いた甘さメインのお酒であり、かつこのスペックは一回火入れ原酒ということで、私としては常々保存状態を心配しているお酒の筆頭だったりするわけですが、さあいかがでしょうか。

20180717145635204.jpg

 上立ち香は、甘く、そして…うーん若干の老ねっぽい雰囲気がありますね。
 含むと、濃厚で甘くトロリとした感じの旨味がゆっくりと入ってきて、やはりちょっと熟しすぎたニュアンスの風味を伴いながらも、最後まで柔らかさを保ったまま染み入って来ます。
 味わいは、もはや毎回言ってますが熟した洋梨的な濃い甘旨味が中心にあって、ほんのりとした渋味が奥深みを加えながらダレを防ぐ感じのもの、ただやっぱり老ね的なクセが伴いますね…
 後味は若干熟感を残しつつ、渋味でキレる感じ。

 明らかに過熟ではあるものの、中心の甘旨味の存在感の強さで、そんなには違和感なく飲める芳醇甘口酒でした。
 あと、一緒に飲んだ母君はあまり気にならなかったらしいので、これは生ばかり飲んでる私の過剰反応の可能性もあります、私も飲み進めると慣れてきましたしね。
 ただ、もともとのバランスが好きであればあるほど、どうにも勿体無い気がしてしまうのも事実、難しい問題じゃよね…
 桃の里、来年はより時期に気を付けて購入したいと思いました。
 
20180717145645640.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 28BY (1年熟成バージョン)
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月26日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY

20180306100317138.jpg  20180306100325741.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも8回目、而今花陽浴並みのペースで飲んでますね。

 前回まで出張時購入酒をまとめて取り上げてきたわけですが、そもそも自分がここまで積極的に未飲の地方銘柄に手を出すようになったのは、この桃の里との出会いが大きな要因だったりします。
 岡山市の「さかばやし」さんでたまたま手に取った、正直あまり味わいには期待していなかった垢抜けないラベル(失礼!)の火入れ酒には、私のその後の酒飲みとしての姿勢に変化を及ぼすほどのインパクトが確かにありました。
 正直、以降それほどの出会いは今のところないのですが、言わば手当たり次第に地方ならではの銘柄を試していくというのは、それ自体楽しい体験だと思えます。
 なんだかんだで首都圏の酒屋さんでの取り扱い銘柄なんて、地酒の中ではほんの一握りですからね…(その分選りすぐられているとも言えるのですが)。
 ブログやってる自分が言うのも何なのですが、ネットによる銘柄情報が簡単に手に入る今だからこそ、「知らない銘柄に手を出す勇気」というのが、地酒を楽しむ上で重要なんじゃないか、そんなことを思ったりしました。

 完全に話が逸れました、今回いただくのは、今年も蔵元から直で取り寄せた、朝日米使用の純米吟醸新酒生になります。
 去年の同スペックのお酒は開栓前に若干寝かせてしまったので、今回はフレッシュなうちに開栓した次第です。
 なお、今期の同名のお酒を「20代から始める日本酒生活」さんが既に紹介されていますが、こちらは五百万石利用のアル添酒ということで全く違うものですので、ご注意ください(こういう紛らわしい名付けやめましょうよ…)。

20180306100341806.jpg  20180306100333394.jpg

 上立ち香は甘く濃厚でちょっとトロピカル感もある果実香が気持ち強めに。
 含むと、濃厚そのものながらダレない甘旨味がトロリと入ってきて、裏方にほんの少々の渋味を感じさせつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、やはり桃の里味という印象の洋梨を煮詰めたような、でもいつもよりフレッシュな甘味が紛うことなき主役、そして特筆すべきは全体的にマイナス要素を全く感じないところですね、苦味はまさにゼロ、アルコールのキツさも無く、渋味はあくまで深みを添える役割に徹して、非常に柔らかく優しい味わいの世界を創り出しています。
 後味は渋味をほんのりと口中に残しつつ、自然に引き上げていきます。

 存在感や濃度と、ほっとする優しさを兼ね備えた甘味がたまらなく心地良い、一つの完成型を感じさせる個性派甘口酒でした。
 正直な所、凄く花陽浴に近い系統の味わいかと思います、それも良いときの。(ちなみに火入れは射美っぽいと個人的には思ってます)
 違いは酸の代わりに渋味が引き締め役を演じているところですね、それもキツさは無いので渋味というか奥深味というか。
 このバランスはしぼりたてを蔵元直送で入手して、即開栓したという環境も大きく寄与しているでしょう、なかなかハードルは高いかと。
 ただ、やっぱりモノ自体も素晴らしいですよこれは、今期の新酒は既に而今花陽浴飛露喜含め結構飲んでますが、その中でも抜群にお気に入りです。
 
 なお、開栓後二日ぐらいで、ちょっと渋味が勝ってきちゃうかな…、と思ったら飲み進めるとちょっと慣れてきました。
 そして一度慣れるとガンガンいってしまう…、これなら一升瓶買うか、四合瓶2本買えば良かったなあ。

 いやあこんなに相性の良い銘柄と巡り合えたことに、改めて感謝の念を抱いてしまいます。
 「純米系」かつ「劣化していなければ」、自分にとってハズレは無いですね。
 このお酒をもって、「桃の里」を「マイ殿堂入り」銘柄にしたいと思います(現在8銘柄目)。

20180306100356178.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:9.0/9.0(マイ殿堂入り)

■おまけ:蔵元から着いたお酒の記念写真
20180306120252398.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月07日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

HARE 特別純米 生酒 28BY

家飲み記録 HARE 特別純米 生酒 28BY

20180220011148691.jpg  20180220011158210.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めていただきます。
 岡山酒の2本目、そして今回の出張等時購入酒特集の12本目、トリのお酒となります。
 (特集の最初のお酒はこちら

 こちらを醸す熊谷酒造は他に「伊七」等の銘柄を有しており、この「HARE」は特別なブランドの様です。
 ブランドの位置付けについてはこちらに詳しく載っていました、どうやら、農家と大学生が協力し、無農薬で栽培した、武部町の雄町を使って醸されたというところがポイントのようです。
 コンセプト的にはとにかく「若者向け」みたいですね、私のような30後半のオッサンが飲んでも良いのでしょうか(笑)

 見た目も今風ですね、500mlで、かつ生酒というあたりは若者向けとして個人的には正しい方向性かと考えます。
 去年の11月出荷なのですが28BYということなので、蔵元熟成を経ているのかな、このあたりの詳細は不明です。(なお、開栓は今年の2月)

20180220011207000.jpg

 上立ち香は落ち着いた酸を感じる、程よく熟した果実系の香りがそこそこに。
 含むと、少々熟しながらも軽い印象の甘酸味がスルスルと入ってきて、最後までその勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、程よい濃度かつ結構硬質な酸が中心にありますね、熟感や甘味はかなり控えめ、それと鼻に抜ける香りにウィスキー的な独特な雰囲気があるような…
 後味は、酸が引き取ってしっかりキレます。

 飲みやすさ、軽さが魅力的で、どこか個性的な香りが特長のお酒でした。
 やっぱり酸がしっかりしているお酒は、生でも一年ぐらいは余裕でダレませんね。
 ただ、魅力的にはそれだけというか…、甘味、旨味にどうも楽しさを感じられませんでした、いわゆる食中酒ですね。
 これが熟成で発酵が進んだ結果なのか、最初からこの味わいだったのかは不明です。
 次は伊七も飲んでみたいと思いました(生酒があれば)。

20180220011216800.jpg

名称:HARE 特別純米 生酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:熊谷酒造株式会社
購入価格(税抜):928円/500ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: HARE 純米吟醸

2018年03月05日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)

家飲み記録 純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)

20180220011101742.jpg  20180220011112178.jpg

 岡山県高梁市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 長期に渡った出張(+旅行時)現地購入酒紹介もついに最後の場所にたどり着きました、昨年桃の里と衝撃的な出会いを果たした岡山の「さかばやし」さんです。
 同店には岡山のお酒だけが大量に並んでおり、大部分のお酒が有料試飲可能という素晴らしいコンセプトのお店で、出張時立ち寄りには持って来いかと。

 で、今回は東京で見かけない未飲銘柄を3杯ほど有料試飲したのですが…、正直なところどれもピンと来ず、最終的にはジャケ買いすることになりました。
 自分的に合わなかった理由は明白で、どれも露骨に伝統的(二回)火入れ酒の味だったからですね。
 並んでいた中で生酒はどれも知った銘柄(和心とか大典白菊とか)で、もはや同じ土俵で戦っていない印象でした。
 
 購入したのは芳烈酒造(代表銘柄:櫻芳烈)のお酒です、見た目のインパクトで選びました。
 ただ、銘柄名見てどこの蔵が造っているのかさっぱり分からないっていうのはどうなのかな…
 スペックは雄町の55磨きと結構豪華、ただ多分加水火入でしょうね。

20180220011126986.jpg

 上立ち香は落ち着いた酸を感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、ちょっと日本酒離れした、ちょっとだけ甘味を纏った酸味がスルスルと入ってきて、最後までその勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、若干水っぽさはありつつも変な雑味が無くてどんどんいける酸味メインの旨味が主役、、ただ火入れ由来なのか濾過由来なのかどうも昭和感のある含み香が伴ってしまうのが残念。
 後味は、やっぱり酸がしっかり引き取って、スッキリキレます。

 ほどほどの濃度の旨味を酸でスッキリ引き上げる、スイスイ系の甘酸酒でした。
 露骨な古臭さもなく、ラベルの印象通り今のトレンドを意識している感じはありましたね。
 ただ、このお酒だけ飲んでいるうちはそんなでも無いのですが、同時にいつも飲んでいるような銘柄の生原酒を飲んでしまうと、火入れ感と薄さをどうしても感じてしまいますね。
 同蔵は「有漢」という生原酒も出しているらしいので、次買うならそちらですが、果たして出会えるかなあ…

20180220011136073.jpg

名称:純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:芳烈酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけ:岡山での飲み会時ギャラリー

20180220011018222.jpg  20180220011027369.jpg

20180220010940046.jpg  
 「瀬海」は嘉美心のPBらしいですね、やはり芳醇で甘さがあった印象。
 瀬戸内海産のお魚はとても美味しかったです。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月03日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 本醸造 16年熟成古酒

本日の家飲み 桃の里 本醸造 16年熟成古酒

20170927204032154.jpg  20170927204047464.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも7回目。

 2017年も当ブログをご愛顧いただきありがとうございました。
 季節感の無いブログではありますが、大晦日更新分ぐらい、それに相応しい銘柄を載せようということで、こちらの「桃の里」を選びました。(まあ飲んだのは数か月前なんですが…)
 こちらは、年頭に蔵元からまとめ買いしたものの最後の1本です、約一年かけて飲んできたことになりますね、ちなみに来年もこれから発注予定です。
 これだけまとめ飲みした立場から、あえて繰り返し言いますが、「桃の里」は(保管さえちゃんとやれば)東京の地酒最前線で十二分に通用する、オンリーワンの魅力がある甘口酒だと思っています。
 いつかは東京の地酒屋で普通に購入できるようになって欲しいですね…
 
 閑話休題、今回いただくのは私が滅多にセレクトしない火入れの長期熟成酒、しかも16年物になります。
 アル添の本醸造酒ながら、そのお値段のあまりの安さ(税抜1,000円)に驚愕し、つい同梱してしまいました。

20170927204108996.jpg

いい色だったのでいろいろ記念写真(下のカップはohmineのもの)
20171122133352105.jpg  20171122133401908.jpg

 上立ち香は露骨なカラメル的熟成香がそこそこに。
 含むと、やはり典型的な熟成酒の旨味がググっと入ってきて、唾液腺を刺激的する強めの酸味とせめぎ合いながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、熟成系の旨味が最初から最後まで主役で、甘味はなんとなく面影を感じる程度、ただアル添的なキツさもなく、全体的にはしっかりバランスは取れている印象。
 後味はほんのり熟感を残しつつ酸味でキレます。

 16年という時を経て素直に枯れてきた感じの、熟成酒らしさのあるお酒でした。
  大体裏ラベルに記載されている通りの味わいかと…
 糖分が分解されつくした感があると言いますか、桃の里らしい甘さは完全に影を潜めちゃってますね、自分にとってはやっぱりそれは残念。
 といいつつ、正直古酒経験の薄い自分には評価不能のお酒という印象です、もし通常の古酒と遜色ないなら、コスパはとんでもないことになっているかと。
 実際、蔵元さんの狙いが良く分からないお酒でもありますね、採算とれるのだろうか…
 まあこれはもう買わないとは思いますが、来年も桃の里には大注目していきたいと思った今日この頃でした。

20171122133343013.jpg  20170927204120561.jpg

名称:桃の里 本醸造 16年熟成古酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 桃の里 本醸造

2017年12月31日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

桃の里 純米吟醸 「山桃花」

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸 「山桃花」(さんとうか)

20170402154311204.jpg  20170402154319378.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は6回目。

 ある意味私の中で今一番ホットな銘柄である桃の里です、今年の初めごろに蔵元直販で購入したお酒のうちの一本ですね。
 名前でググると「おかやま「雄町と地酒の祭典」2016」に参加した方のブログが出てきました、そちらによるとこの「山桃花」は「平成28年度 岡山県清酒品評会」岡山県知事賞を取っていたとか。
 このあたり、十分アピールできることだと思うのですが、蔵元ホームページには当たり前のように記載がありません。
 そもそも岡山県酒造組合のページがひどいんですよ、特集記事更新が2010年どまりで、受賞酒リストPDFですら掲載されてない年度があるという…、個人的には「福島県を見習え」と言いたいところです。
 
 ちなみにスペック情報も、ラベル記載の精米歩合60%、アルコール度数15%ということ以外はほとんどわかりません。
 酒質「ほんのり甘口」という記載だけはちょっと面白いかも…

20170402154328515.jpg

 上立ち香は完熟洋梨的な甘い果実的が気持ち強めに。
 含むと、そこそこの濃度ながらしっかりとした甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、心地よい程度の酸とほんのりとした渋味を纏って、最後までバランスを保ったまま染み込んできます。
 味わいは、いつもの「桃の里味」的甘旨を根底に感じさせつつ、落ち着いた酸が結構表に出てきますね、全体としてはむしろ万人受けしそうなバランスの良さと飲み飽きなさがあります。
 後味は、酸が働く感じで、あくまで優しく自然にキレます。

 甘味と酸味が共に落ち着いた状態で混じり合う、バランス系甘口酒でした。
 桃の里は「低酸」というのが一つの特徴だと思っているのですが、このお酒は例外のようです。
 そのためか他のスペックのような甘味のインパクトは抑えられていますが、代わりにいくらでも飲めそうなまとまりがありますね。
 お値段も例によって超良心的ですし、桃の里入門としてオススメできる一本だと思います。

20170402154338158.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 「山桃花」
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年11月25日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

酒一筋 「備前」 純吟雄町 生酒

本日の家飲み 酒一筋 「備前」 純吟雄町 生酒

20170926080352155.jpg  20170926080404330.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでは24BYを以前に紹介していますね、4年ぶり2度目の家飲みとなりました。

 こちらのお酒を購入したのは豪徳寺の「朝日屋酒店」さんになります。(蔵元ホームページの特約店一覧は非常に充実しており、同店も載ってます。素晴らしい!)
 同店は初訪問だったのですが、店内冷蔵庫をのぞき込むと嫌が応にもテンションが上がる、素敵なお店でした。
 ちょっと四合瓶が少な目なのが玉に瑕ですが、個性的なラインナップに加えレア系のお酒もしれっと並んでいたりするので、マニアなら一度は訪問して損はないと思います。

 さて、今回いただくお酒は「備前」の名の通り、地元産の雄町を使ったものです。
 「赤磐雄町」というと、県外銘柄ながら個人的には以前いただいた山形正宗を思い出します、このあたりは今後ブランディングが進んでいきそうですね。
 精米歩合は60、何気に「純吟」という記載は正式ラベルでは珍しい気がします。

20170926080433766.jpg

 上立ち香はアルコール混じりの熟したバナナ的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着きと芯のある旨味が自然な口当たりで入ってきて、裏方に程よい辛さを感じさせつつ、最後までバランス良く染み込んできます。
 味わいは、いかにも「味吟醸」といった趣の完熟バナナ的な果実の旨味が完全に主役を演じ、苦味等の雑味をしっかり抑えつつ、辛さで輪郭を整えていますね。
 後味は、やはりその辛さが引き取って、しっかりとキレます。

 「味吟醸」「芳醇辛口」という言葉が否応なしに浮かぶ、スタンダードながらしっかりとまとまったいぶし銀的な魅力のあるお酒でした。
 4月出荷で、実際に飲んだのは7月だったのですが、生熟でまだまだ味乗りしていきそうな気配もありましたね。
 こういう安定感のあるお酒が一本冷蔵庫にあると、夏や秋でも心強いと思います。
 酒一筋、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170926080444344.jpg

名称:酒一筋 「備前」 純吟雄町 生酒
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:利守酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年10月17日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三光「蛇形」 山廃純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 三光「蛇形」(さんこうじゃがた) 山廃純米 無濾過生原酒 26BY

20170724163717162.jpg  20170724163727721.jpg

 岡山県新見市のお酒です。
 銘柄的には、外飲み、家飲み含めて初めていただきます。

 こちらを醸す「三光正宗」さんのお酒としては、杜氏の名を冠した限定品「克正」を以前いただいています
 今回も迫力のあるラベルが目につきますが、注目すべきはやはり「販売店限定要説明手売専用品」の文言でしょう。
 ネット販売をはじめとする、購入へのハードルを下げる昨今の地酒の売り方とは真逆を行く、「わかってるやつが売り、わかったやつが買ってくれ」的なこだわりを感じますね。
 前から気になってはいたのですが、今年の熟成系チャレンジの一環としてセレクトしてみました。
 
 スペック的には「雄町」「磨き80」「山廃」「無濾過生原酒」と如何にも強そうな感じ、そして26BYかつ製造年月は29.3と蔵元で2年以上熟成を経ています。
 店頭には27BYが並んでいたのですが、購入時店長さんに相談したところ「26BYも有りますよ、まるめちさん(実際は本名)なら、多分どちらでもイケると思います」と言ってくれたので、せっかくだからと26BYを選びました。
 また、生酒なのに要冷蔵表記が無いのも特筆すべき点かと思います。


 上立ち香はセメダイン的ケミカルさがハッキリと出てくるくせの強いものがそこそこに。
 含むと、若干の甘さを彷彿とさせる芯の強い旨味が、非常に強い酸味を伴ってドドドと強烈な力強さで流れ込んできます。
 味わいは、やっぱりケミカルさは強めに感じますが、同時にレーズン的酸味混じりの熟した甘旨味を素直に感じられる独特のまとまりを感じます。
 後味は徹底的に酸味が引き取って見事にキレます。
 (ここまでは開栓直後の感想)

 で、私の感覚だと、開栓直後はちょっと酸味が強すぎる感じなのですが、開栓後酸が落ち着いてくると、どんどんまとまりがでてきて力強い旨味を素直に感じられるようになっていきました。
 ちょっとクセっぽいケミカルさも上手いこと全体に溶け出して、むしろ低精白とは思えないほど雑味の無い印象を受けるようになります。
 最終的に500mlの小瓶にちまちま移して、常温保存で一ヶ月ぐらいかけて飲んだのですが、ダレ・劣化は全然なく、このくらいなら上がりっぱなしですね。

 いやあ、とにもかくにも「力強い」という形容が浮かぶ、開栓後上がりまくりの超個性派完熟旨酸酒でした。
 生酒でこれは凄いことだと思いますね…、もはやフルーティー系冷蔵必須生酒とは完全に別ジャンルの飲みものかと思います。
 確かにこれは四合瓶で説明無しで売ったらその魅力の半分も発揮されないでしょう、保管が楽ということもありますし、これなら一升瓶限定でも納得できます。
 蛇形、日本酒特に生酒について、未経験の可能性を感じさせてくれた一本でした。

 そして開栓後数日経ってからの燗は…、いやあ見事に旨味が増して非常に良いですね。
 さらに燗冷ましになると、驚くべきことにキツさが霧消してジュース的な飲みやすさすら出てきます。
 こりゃ面白すぎですねえ、まさに玄妙という言葉が浮かぶ味わいの変化、一升瓶でも全く飽きずに飲み終えました。

20170724163737379.jpg  20170724163747890.jpg

名称:三光「蛇形」 山廃純米 無濾過生原酒
精米歩合:80%
酒米:雄町
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:三光正宗株式会社
購入価格(税抜):2,805円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年08月09日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」

20170402154349445.jpg  20170402154357644.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも5回目。

 最近の当ブログイチオシ銘柄である桃の里ですが、前回紹介したブログ「日本酒のカルテ」さんに続き、「20代から始める日本酒生活」さんが、「封切原酒(アル添吟醸)」、「純米吟醸カップ酒」と、立て続けに紹介記事を書いてくれました、嬉しい限りです。
 ちなみにこちらも「とっとり・おかやま新橋館」での購入とのことなので、都内での購入ルートは現状ここしか見つかってない感じですね…
 常温棚陳列ではあるようですが、基本火入れではあるので出荷年月が最近であることだけチェックすれば、まあ味わいに問題はないようです、ご興味があれば是非。

 しかし、こんな特徴的かつハイレベルな味わいのお酒が、未だに都内の地酒屋さんで売られていないことには切歯扼腕する思いです。
 実際都内有力地酒屋さんといっても割と取り扱い銘柄って被りがちですからね…、もう有名店は「営業を受ける側」になってしまっていて、蔵元に営業力の無い(けど味は凄い)ガチの「埋もれた銘柄」を常に探している印象のお店は本当に数えるくらいしかないという印象を最近受けております(まあ単純に蔵元が東京で売る気が無ければどうしようもないんですが…)。

 閑話休題、今回いただくのも蔵元から直接取り寄せたものになります、レギュラーの純米吟醸の生酒版ですね。
 上でリンク張った「封切原酒」もそうなのですが、ラベルの手作り感が凄いです(笑)、多分出荷量が少ない限定品に貼られるのでしょう、自分の中では「手作りラベルシリーズ」と勝手に名付けていたりして。 
 製造年月は2月ですが、開栓は5月と、若干間が開きました。

20170402154407062.jpg

 上立ち香はやはり甘さと複雑さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、柔らかくて自然な口当たりで濃厚な甘味が入り込んできて、キツさのない渋味が複雑さを添えつつ、ゆ~っくりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり「桃の里味」ですね、ちょっと熟した感じの非常に高濃度かつ奥深い甘味が厳然たる主役なのですが、独特な渋味と相まってオンリーワンの、強烈な存在感がありながら柔らかみのある旨味の世界を演出します。
 後味は、複雑さが甘さを引き取って、しっかりと引き上げます。

 甘く複雑な「桃の里」味が息が長く続きつつも、最後にはしっかりと引き上げてくれる完成度の高い芳醇甘旨酒でした。
 三ヶ月寝かせている間に若干生熟感が出てきた感もありますね、これはこれで良いのですが、本来は速攻開栓してピチピチ感を楽しむのが、本来のコンセプトだったようにも思えます。
 恐らく来期も取り寄せすると思うので、次はそうしようかと。
 どちらにしろやっぱり桃の里は旨いです、首都圏での入手手段が増えることを切に願うばかりですね。

20170402160145000.jpg  20170402154414970.jpg

名称:桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

続きを読む

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年08月01日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:8

桃の里 純米吟醸 28BY

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸 28BY

20170402160240045.jpg  20170402160248073.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも4回目。

 こちらは岡山出張時に購入して衝撃を受けた、私と桃の里との出会いのスペックの28BY新酒バージョンになります。
 その記事ではコメントで色々と情報をいただきまして、非常に参考になりました。
 なかでも、読者様がアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でこの純米吟醸のカップ酒を発見して、レポしてくれたのが非常に嬉しかったですね。
 そしてさらに、そのコメント情報を見てあろすさんがご自分のブログ「日本酒のカルテ」で購入・感想記事をあげてくれました。
 オススメのお酒を実際に買ってくれた方に反応貰って、その情報が広がっていく手ごたえを感じられるということは、ブロガー冥利につきますね…まさに感無量です。

 ちなみに、このお酒を取り寄せる際に、気になっていた加水の有無と火入れ回数を聞いたのですが、「加水無し・一回火入れ」とのことでした。
 「キエーッ!だったらそう書いてくださいよぉ!」と頭を掻き毟りましたね…、少なくともマニアなら50磨きの一回火入れ原酒で15度という数値を見た時点で、土産物屋に普通に並んでいるような酒とは一線を画したスペックということは読み取れるはず。
 まあ自分としても、この味わいで加水二回火入れとはとても思えないと感じていたので、その意味では納得です。(「要冷蔵にしなくて大丈夫かなあ」という別の心配は生まれましたが)


 上立ち香は少々甘さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、個性的で濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、独特の渋味で輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいはやはり桃の里味としか言いようのない熟した果実の甘旨味が主役で、伴うのは草や木っぽいこれまた個性的な渋味。
 後味は複雑味の余韻を残しつつも、濃厚さをしっかりと引き上げてキレます。

 確固とした「桃の里味」を感じさせる、オンリーワンの奥深さがある芳醇甘口酒でした。
 前回(27BY)に比べると若干甘味以外の要素が増した感はありますが、誤差の範囲内という印象ですね、比較的安定感のあるスペックだと思います。
 実は自分以外の感想も聞きたかったのでわざわざ実家に持って帰って母上にも飲んでもらったのですが、やはり高評価でした。
 桃の里、芳醇甘口派(特に村裕の黒・常盤が好きな人)にはとにもかくにも一回は飲んでみてほしい銘柄です。

 今回初めて開栓後数日経ったものを飲んだのですが、若干渋味が勝ってきて、開栓直後に比べると若干バランスが悪くなった印象があります。
 やはり本質的には結構繊細なお酒かなあと思います、一回火入れとはいえ常温保存は心配だなあ…

20170402160255920.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 28BY
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年06月12日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生

本日の家飲み 桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生

20170329140822203.jpg  20170329140835895.jpg
 (いつものラベルどアップ写真を撮り忘れました…)

 岡山県赤磐市のお酒です。
 前回に引き続き、蔵元からまとめて取り寄せたお酒の1本になります。
 にごり酒特集の5本目。

 「しろうま」という名前に何となく聞き覚えがあったので、ちょっとググってみたところ、結構な数の蔵が「しろうま」と銘打ったにごり酒を出していることが分かりました。
 検索結果で見つかった菊水酒造(新潟ではなく高知)のブログによると、「「しろうま」の語源は「白くて旨い」という意味で、「どぶろく」などと並ぶにごり酒の呼び名のひとつです。」とのこと、つまりは特定商品名ではなく一般名詞ということですね。
 ちなみに「コトバンク(ニッポニカ)」によると、「どぶろく」の異名の一つとして「白馬(しろうま)」を挙げています、この辺りは厳密な定義があるというよりは慣習的な呼び名が今も残っているという感じなのでしょう。

 スペック的には、五百万石使用の精米歩合60%ということで、同じ純米吟醸でも前回のどぶろくとは異なったものになっています。
 ただ、度数は12~13度と、どぶろく同様相当低め。

 注ぐとこんな感じで、どぶろくのような粒は残っていません。
20170331145945387.jpg

 楽しみにしつつ栓を捻ったのですが、げ、明らかに栓が緩んでる…
 スクリューキャップなのに軽く下のリングごと外れてしまいました、こりゃ穴開きとかのレベルでなく密閉されてないですね、漏れてないのが不思議なレベル。

 上立ち香はガスとお米が混じりあったスッキリとした香りが控えめに。
 含むと、思った以上に強めのガスを伴った甘酸旨味が勢い良く入ってきたかと思うと、途端に勢いを失い若干重い感じで口中を徘徊します。
 味わいは、やっぱり個性的な甘味を感じるのですが、ガスがあるのにちょっとしつこい感じで、米が発酵したような(当たり前)クセのある旨味も感じるもの。
 後味は特にキレる要素もなく、そのまま引き上げていきます。
 
 好ましい甘旨味とガスがありながらも、爽快感が失われてしまって重さが足を引っ張る、濃淳甘口酒でした。
 うーん、こりゃダレてますね、生老ね気味かも…、瓶詰めから二ヶ月で普通こうはならないんじゃないかしら。
 穴開き栓+栓ゆるみ+低アルコール+にごり生という四要素が相まって、異様な速度でダレてしまったものと私は推測しています。
 私が好む甘さ自体は残っているので飲めるレベルではあるのですが、全体のバランスは明らかに崩れてますね。
 蔵元直送でこれはアカンでしょう、たまたまであることを願いますが、コメント等の情報を見るに、どうも「保管(品質保持)」に関して蔵の意識がちょっと低そうなんですよね…、もちろん人手や設備等の事情もあると思うのですが、ちょっとお酒が可哀想というかなんというか。
 桃の里の、酒質以外の部分にやきもきしたものを感じてしまった一本でした。

20170329140854404.jpg

名称:桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:12~13%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.0/9.0(この状態でも)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月07日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 「どぶろく」 純米吟醸

本日の家飲み 桃の里 「どぶろく」 純米吟醸

20170329140722493.jpg  20170329140731199.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 現在当ブログでの最注目銘柄であり、登場は早くも3回目。
 にごり酒特集の4本目となります。

 「にごり酒」カテゴリを語る上では、やはり「どぶろく」の存在を避けては通れないでしょう。
 (ちなみに当ブログでは「ふき」「黒どぶ」を既に紹介しております)
 両者の定義上の違いについては、日本酒ブログ「日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ」さんが詳細かつ分かりやすく取り上げていましたので、そちらもご参照ください。
 ポイントは酒造りの最後辺りで「こす(搾る)」という工程を経ていれば清酒である「にごり酒」、こしていなければ「どぶろく」になるというのが原則ということかと思います。
 が、その「こす」やり方については法律上も厳格な指定はなかったはずで、非常に目の粗いざる等でこした場合には、その両者の品質上の違いは限りなく小さくなるということかと。

 で、こちらのお酒は裏ラベルにもあるように「荒い網」で一応こしているため、いわば「どぶろく的な清酒」であるようです。
 なので特定名称の記載もありますね、通常の純米吟醸と同スペックなので、多分こし方だけ変えているのでしょう。
 どぶろくについては安全に詰めるために瓶詰め量を減らす蔵が多いなか、わざわざ大きい瓶を使って愚直に720ml詰めてますね、しかもお値段は1,200円ぽっきり。
 但し度数は12度と低めです、ちなみに穴開き栓。
 
 結構強い開栓注意がありますが、ガッチリ冷やしてから開けたら余裕で大丈夫でした。
20170329140748613.jpg 20170329140809214.jpg

 ただ、注いでからちょっと目を離したら大変なことに…、まさに「生きてます」。
20170329140922644.jpg

 上立ち香は桃の里らしい甘い果実香に露骨に米の香りが混ざったものがそこそこに。
 含むと、やはり深みのある甘旨味が、程々のガス感と、少々の粉っぽさ、そして乳酸飲料的な濃い酸をまといつつ、ドロリと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いかにもどぶろく的な甘酒っぽい米の旨味と乳酸味ががっつりあるのですが、程よく落ち着いた果実の甘味を芯に感じて、やはり桃の里の個性がしっかり出ていますね。
 後味は酸を感じさせつつも、驚くほど自然に引き上げていきます。

 「どぶろくらしさ」を十分に楽しめるとともに、桃の里らしい奥深い甘旨味も感じられる、独特な魅力のあるお酒でした。
 やっぱり度数が低い分一種の「軽さ」があるのと、甘酒的な風味があまり好きじゃないことがあって、個人的には通常スペックほど好みではなかったのですが、全体の印象としては十分美味しかったですね。
 逆にこの2要素を前向きに受け入れられて、かつ甘口日本酒がお好きならかなり気に入るかと思います。
 実はもう一本桃の里のにごりを取り寄せているので、次回はそれをご紹介します。
 
20170329140759336.jpg  20170329140740625.jpg

名称:桃の里 「どぶろく」 純米吟醸
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:12%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月05日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ