若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY

本日の家飲み 若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓(たに)」 生酒 28BY

20170726100626785.jpg  20170726100636367.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 この「渓」については、火入れ版を昨年いただいております
 その時の感想として抱いた「次は生が飲みたい!」という記憶が年越しでしっかり残ってましたので、今回セレクトした次第です。
 生版だからか、見た目の印象はかなり違いますね、前回は黒ボトルでしたが今回は白ボトルで、おりがガッツリ混ざっているのが見た目にも分かりやすくなっています。

 裏ラベルの情報は貧弱ですが、購入先のうのかわ酒店さんの商品紹介によると、前回と同じく山田錦の50磨きのようです。
 ただ、アルコール度数は前回の15から17に上がっています、おそらく火入れ版には加水してるのでしょう。
 今風の味わいを期待しつついただきます。

20170726100644840.jpg

 上立ち香はセメダインと酸と米粉の香りが入り混じった感じで、そこそこに。
 含むと、やはり若干粉っぽい口当たりで、ほんのりとした甘味を苦味でしっかりと引き締めながら、塊のまま飛び込んできます。
 味わいは、果実というよりは割りとケミカルなセメダイン的お米の旨味(?)が主役で、甘さは控えめ、苦味はほどほどで、粉感のある酸味により辛口のカルピス(?)的な印象も受けますね。
 後味は酸辛で粉も含めてしっかりと引き上げてキレます。

 高濃度のおりによる舌触りが印象的ながら、後味は心地よく引き上げる、独特のまとまりがある準にごり酒でした。
 濃い目のにごり酒に「どぶろく」みたいなイメージしかない方には一度飲んでみて欲しい完成度かと…
 といいつつも一方では、ちょっとおりが濃すぎて勿体無いなあという気もします、せっかくの袋吊りなのに上品さが隠れてしまっているといいますか…、まあこれは私が買った瓶がたまたまこうだったという可能性もありますが。
 「おり」の濃度の難しさを感じた一本でした、若竹屋は次は別のスペックも試してみたいと思います。

20170726100703604.jpg  20170726100654303.jpg

名称:若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社若竹屋酒造場
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月30日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

杜の蔵 採れたて純米 一の矢 うすにごり生

本日の家飲み 杜の蔵(もりのくら) 採れたて純米 一の矢 うすにごり生

20170706103415099.jpg  20170706103427453.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験については後述します。
 
 このお酒を醸す株式会社杜の蔵は、別シリーズとして「独楽蔵(こまぐら)」というお酒を出しています。
 独楽蔵は(火入れ)熟成の上で出荷されるシリーズで、こちらの方は一度外飲みした経験があります。
 が、当時は日本酒を飲み始めて日も浅く、ハッキリ言って熟成香を受け入れられずに嫌な印象だけが残った出会いでした。
 いやあこういう日本酒との不幸な出会いって、今この瞬間にも日本中で起こっていそうで恐ろしい限りですね…
 このあたり、日本酒の味わいの多様さ自体が参入障壁になっている感じがあって、忸怩たる想いを抱いてしまいます。

 で、数年を経て、改めて独楽蔵にチャレンジという手もあったのですが、「いやまだ早い」と、自分の領域たる新酒生酒をセレクトした次第です。
 同蔵のホームページは極めて充実しており、このお酒にもバッチリ商品紹介が載っていますので、スペック等の情報はそちらをご参照ください。
 いやあ本当、このホームページは取り扱い店を含めほぼ理想的な情報公開をしていると思います、昔の私にもっとリテラシーがあれば…


 上立ち香は若干セメダイン系のスッキリフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、苦味をまとったキリリとした旨味がグワッと入ってきて、時間差で辛さの刺激も強めながら、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ほんのりとした甘さを彷彿とさせつつも主役はあくまで苦渋で、旨味としては濃厚かつ複雑、しかしグイグイイケてしまう飲み飽きなさがありますね。
 後味はやはり苦渋辛が引き取って極めて力強くキレます。

 苦渋の青さを不思議と前向きに楽しめる、イメージ通りのフレッシュキリリ酒でした。
 ああ、これはハッキリ言える気がします「若い」と、このお酒のコンセプトはその若さを楽しむところにあるんでしょうね。
 個人的には、こういうお酒なら「生熟」というのもありのように思えます(蔵元さん的には商品化は色々難しそうですが)、1年ぐらいの売れ残りがちゃんとした酒屋さんで売っていたら飛びつくでしょうね。
 コスパも素晴らしい!
 杜の蔵、次はそろそろ独楽蔵に再チャレンジしても良いかなと思った今日この頃でした。

 ただ、温度が上がってくると甘味も出てきましたね…
 あ、常温だと口当たりも柔らかくなっていい感じです、冷酒がピンとこなかったら、思い切って注いでしばらく放置という手もあるでしょう。

 あれ、二日目だと普通に甘味も出てきた…、マスカットジュース的な後味の苦味は健在ながら、ここまでくると私のストライクゾーンにも入ってきますね。
 これは私の手にあまる系のお酒だったかも…、開栓直後結構飲んじゃったのを若干後悔するレベル。
 こういうお酒を120%楽しめるよう、今後も家飲み経験値を貯めていきたいところです。

20170706103438579.jpg

名称:杜の蔵 採れたて純米 一の矢 うすにごり生
精米歩合:65%
使用米:夢一献
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社杜の蔵
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 杜の蔵 純米

2017年07月18日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒

本日の家飲み 庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒

20170402130455203.jpg  20170402130502746.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、意外にも家飲みは初めて。

 庭のうぐいすは、個人的なイメージでは、福岡酒の中ではかなりメジャーな銘柄だと思っています。
 居酒屋でも結構見かけますし、かの口コミサイト「日本酒物語」の福岡県ランキングでも1位ですし(ちなみに同サイトのランキングは「味」というより「知名度」を図る指標として有用だと思っております)。
 ただ、意外にも出会いが無かったというか、何となく「いつでも飲める感」が邪魔をして今までセレクトしてこなかった次第です。
 いやあ、通うお店と特約店が被らない限り、家飲み機会を数年逃すなんてざらにありますねえ…、気になる銘柄をコンプするまで一体何年かかることやら(それが楽しくもありますが)。

 裏ラベルの情報は貧弱ですが、蔵元ホームページにはがっつり細かい商品紹介が載っていました。
 うーむ、飲みながら確認する分にはありがたいですが、基本店頭で確認できないのはマイナスかな…。
 麹米山田錦、掛米夢一献、精米歩合は両方とも50と結構削っています。

20170402130519042.jpg

 上立ち香は濃厚な、お米と果実の混じった、甘さを感じさせるようなフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、濃い目かつ新酒らしくフレッシュな甘旨味がググっと入ってきて、結構存在感のある苦味でダレを防ぎつつ、ゆっくりと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、割りとスタンダードなリンゴ的甘旨味が主役、酸は程々で、吟醸酒らしい苦味も結構存在感がありますね、うすにごりらしく少々粘度も感じるのが面白いところ。
 後味はほんのりと苦味を感じさせつつも、自然にキレていきます。

 生の吟醸酒として典型的な魅力を素直に楽しめる、コンセプトのはっきりしたお酒でした。
 なんというか安定感のある味わいでしたね、ただ苦味が強めなのは玉に瑕だと思いました。
 まあ今期(28BY)の高精白系のお酒は、どこも苦味が強い印象があるので、例年はよりまとまりのあるお酒なのかもしれません。
 庭のうぐいす、来期以降にまたいつか家飲みしたいと思います。

20170402130510293.jpg  20170402130528771.jpg

名称:庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒
精米歩合:50%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:夢一献
アルコール度:16%
日本酒度:+2
蔵元:合資会社山口酒造場
購入価格(税抜):1,528円/720ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月04日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

繁桝 純米大吟醸 にごり酒 生々

本日の家飲み 繁桝 純米大吟醸 にごり酒 生々

20170221130240826.jpg  20170221130248989.jpg

 福岡県八女市のお酒です。
 ブログでは24BYの純米大吟醸生を紹介して以来の、実に4年ぶりとなる2回目の登場です。
 にごり酒特集の3本目。

 今回甘旨系にごりを探すにあたっては、当然ネット情報をねっとりと仕入れてから購入に走っております。
 その中でもこのお酒は相互リンク先の「日本酒感想日誌」さんの記事で、「而今のにごりが買えなかった方々への代用品」としてもオススメできるという記載があったため、ほぼ即決の勢いでセレクトした次第です。
 いやあ丁度私のニーズにばっちり合致した情報で、非常にありがたかったですね。

 スペック的には精米歩合50(米は夢一献らしい)の純米大吟醸の生酒でありながら、お値段は税抜き1,200円台と極めて良心的。
 なお、開栓するために上部ラベルを剥がして初めて気づいたのですが、これ穴開き栓でした。
 それに気づかず一ヶ月半ぐらい購入してから置いてしまったのは痛恨事ですね、穴開きだとガスは抜けるでしょうし、ダレるリスクも高いと思うので…

20170221130256823.jpg

20170221130312071.jpg  20170221130319576.jpg

 上立ち香は甘くお米っぽい香りが仄かに。
 含むと、甘くて粘度を感じるような旨味がとろ~りと入ってきて、裏方に酸とほんの少しの苦味を感じさせつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは遥か昔に食べた金柑の砂糖漬けを彷彿させた、熟した柑橘果実の酸をしっかり甘さがコーティングしたような、柔らかさとキレを両立させたもの。
 後味は、酸に加えて少々の苦味も出てきて、力強くキレます。

 果実の甘酸と、お米の旨味が融合したような、とても存在感の有る甘旨系にごり酒でした。
 ガス感は本当に僅少でしたね…、熟感も結構あってこれはちょっと間を置きすぎた感じかな、穴開き栓に気づかなかったのが口惜しい…(というかラベルで封するくらいなら密閉栓にして欲しいところ)
 ただ発酵食品的な複雑味はなんとも面白いです、甘酒的な風味もある感じ、そしてコスパも素晴らしいレベル。
 この繁升にごりは、またいつか買って、即開栓でいただきたいと思いました。

20170221130304123.jpg

名称:繁桝 純米大吟醸 にごり酒 生々
精米歩合:50%
使用米:夢一献
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,225円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月03日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒 27BY

本日の家飲み 残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒 27BY

20160726163634230.jpg  20160726163644093.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は4回目ですね、毎回うのかわ酒店さんでの購入。

 林龍平酒造場はそんなに規模は大きくない蔵のようなのですが、ホームページはあり、しっかりと更新されています
 こちらのホームページ、SNSは使っておらず、バリバリ画像が動いたりもしませんが、蔵元メッセージ、限定ブランド、特約店一覧など必要十分な情報の掲載があります。
 イベントや新製品など新しさが要求される部分は更新もされているようですし、これは小規模蔵のお手本と言ってもよいホームページといえるのではないでしょうか。
 いやあこれで良いんですよこれで、これなら1ヶ月に一回の更新でも十分に実用な情報が入手できます。
 変に凝った作りにしてロクに更新なかったり、画像ばっかで商品紹介が激少だったりする蔵には本当見習って欲しいと思いますね。

 閑話休題、今回いただくのは南阿蘇の山田錦を55%まで削った袋吊り無濾過生原酒です、値段も少しお高めですが、それ以上に贅沢な造りですね。
 このお酒も簡素ながらホームページにちゃんと掲載されています。

20160726163652243.jpg  20160726163700220.jpg

 上立ち香はガス混じりの濃厚な果実香がそこそこに。
 含むと、非常に舌触りなめらかな旨味がヌルリと入ってきて、若干の辛さで舌を刺激しつつ、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、砂糖菓子的な甘味、柔らかな苦味、アルコールの辛さが拮抗する複雑さのあるもので、濃厚かつ飲み飽きない感じ。
 後味は辛さがしっかりと引き取ってキレます。

 独特の口当たりと旨味が魅力の、個性派芳醇辛口酒でした。
 グワっとくるようなインパクトは無いのですが、色々な無濾過生原酒を飲んでいると、こういうタイプのお酒は貴重だということを実感しますね。
 うーん、やっぱり残心はもっと表に出てきて欲しい銘柄だと思いました。

20160726163723681.jpg  20160726163714018.jpg

名称:残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒 27BY
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:17.1%
日本酒度:+5
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 残心 純米吟醸

2016年08月11日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寒北斗 純米 無濾過生原酒 雄町

本日の家飲み 寒北斗 純米 無濾過生原酒 雄町

20160726163311548.jpg  20160726163324072.jpg

 福岡県嘉麻市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは初めて。

 出張滞在先の久留米の古賀美酒店さんで購入したお酒の3本目、ラストの紹介になります。
 限定品ということでお店が積極的に推していたため素直に購入した次第です、まあ山形、北海道と来ているので、一本ぐらいは九州のお酒買わないと申し訳ないですしね(笑)。
 (ちなみに他に小瓶一本買っているのですが、それは岡山酒という…、詳細は後述)
 ただ、寒北斗自体は知る人ぞ知る銘酒という認識があり、割と信頼してのセレクトです。

 限定品のコンセプトは「30 VISION CULTIVATE」と銘打たれており、裏ラベルや蔵元ホームページに解説があります。
 ポイントは「30年後を見据え、若い世代に継続的に飲んでもらえるようなお酒を目指していること」でしょう、とても共感できますね。
 それを受けて、ラベルは洒落た今風のデザインです、雄町65磨きの無濾過生原酒というスペックも分かり易く若者向けな印象。

20160726163334158.jpg

 上立ち香は均整の取れたキツさのない吟醸香が強めに。
 含むと、バランスの良い濃度の旨味がまろやかに入ってきて、少し遅れて出てくる苦味で輪郭を整えつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、スタンダードなリンゴ的甘酸旨味が主役ですが、ありがちなキツさが少なく、優しくふくよかな印象が最後まで続きます。
 後味は仄かな苦味を口中に残しつつキレていきます。

 雄町らしいボリュームのある旨味をしっかり感じさせる、柔らかいバランスでキレの良い芳醇甘旨酒でした。
 蔵の実力を感じさせる完成度がありますし、ラベルの印象どおりのモダンな味わいでしたね。
 寒北斗、これからもこの路線は継続していってもらいたいと思いました。

20160726163343970.jpg

名称:寒北斗 純米 無濾過生原酒 雄町
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:寒北斗酒造株式会社
購入価格(税抜):1,389円/720ml
購入した酒屋さん:古賀美酒店(久留米)
お気に入り度:8.4/9.0


■おまけギャラリー

20160726163415169.jpg  20160726163427046.jpg
 古賀美酒店さんで購入した小瓶、「嘉美心 純米吟醸 生」。
 旨口との記載の通り、しっかりとした甘旨味に癒される私好みのお酒でした。

20160726163437185.jpg
 出張帰りの空港で一杯(実は用務地は熊本でした)。
 やはり一仕事終えた後の一杯は格別ですね、若干満喫し過ぎかもですが…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年08月05日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

若竹屋 純米吟醸 「渓」

本日の家飲み 若竹屋 純米吟醸 「渓」

20160224174243242.jpg  20160224174305514.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 このお酒は出張先の福岡博多駅ビル内の角打ち、「住吉酒販」さんで購入したものです、仙台、大阪、高松ときた出張購入シリーズも、今年はこれでラスト。
 浅野日本酒店さんでも堪能しましたが、一仕事終えた出張帰りに角打ちで一杯やって、日本酒買って帰るというのはなかなかオツなものです。
 そういう場合、大体は東京で変えないようなお酒をセレクトするのですが、今回は時間があまりなかったこともあり、大体直感で選んでしまいました(後で調べると、割と近くに取扱い店があった…)

 筆で大きく書かれた「渓」の文字が目を引くラベルですね(私には読めなかったりするのですが)。
 スペックは山田錦の50磨き、生ではなく要冷蔵の表記もないので、二回火入れかも。

20160224175550041.jpg

 上立ち香はバランスの良い吟醸香がほどほどに。
 含むと、落ち着いた旨味が自然に入ってきて、一拍置いて出てくる苦味で輪郭を保ちつつ、勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、バランスが取れた、果実とお米の中間といった感じの甘旨味が主役、濃度はほどほどで酸と苦味も仕事をして、全体としては軽快な印象です。
 後味は少々の苦味が表に出てきて、しっかりとキレます。

 甘酸渋苦がそれぞれの仕事をする、落ち着きのあるスッキリ系のお酒でした。
 ただ、自分はこういう、伝統的な火入れのお酒には現状あまり魅力を感じなくなってしまいました…、どうしても、それも同じように思えてしまうのですよね…
 これは本当に自分の嗜好によるものなので、難しいところなのですが…、私はもう基本生酒オンリーでいくべきなのかも。
 若竹屋、次は是非生酒を頂いてみたいと思います。

20160224175613987.jpg  20160224175731081.jpg

名称:若竹屋 純米吟醸 「渓」
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社若竹屋酒造場
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:住吉酒販(福岡)
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年03月24日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山の壽 純米吟醸 山田錦

本日の家飲み 山の壽 純米吟醸 山田錦

20151109020158676.jpg  20151109020211612.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 ブログでは初紹介ですが、家飲み・外飲みともに経験あり。

 こちらはこだまさんでの購入なのですが、山の壽は結構他の酒屋さんや居酒屋さんでも見かける印象があります。
 また、福岡に出張して、その帰りに駅近くの酒屋さんを覗いたところ、置いてあった覚えがあります(確か百貨店にもあったような…)
 最近の印象として、各地方のお酒売り場でも、東京で評価されている銘柄の存在感が増してきている気がしますね。

 ラベルは日の丸が非常に印象的なデザインですね、今回は剥がし忘れましたが、確か裏にも日の丸がプリントされていたはず。
 スペックは、山田錦を55まで磨いた鉄板スペックの火入れ純米吟醸です(商品紹介ページによると、生酒はあえて出していないとのこと)。
 隣には雄町使用バージョンもあったのですが、なんとなくまずは山田錦をセレクトしてみました。

20151109093126622.jpg

 上立ち香はいかにもフルーティーな吟醸香が気持ち強めに。
 含むと、これまたストレートな甘旨味が力強く入ってきて、強めの含み香を伴いなって濃厚華やかに広がっていきます。
 旨味は香り系吟醸酒の甘旨味が主役なのですが、特筆すべきはありがちな苦味をうまく覆うバランスのよさと、芳醇な味わいですね。
 後味は大吟醸が如く自然にキレます。

 飲む前も、飲んでいる最中も、心地よい吟醸香を楽しめて、かつキツさのない純米吟醸のお手本のようなお酒でした。
 この味わいはやっぱり山田錦らしさというのを意識している気がしますね、まさに王道を行く感じ。
 山の壽、やはり実力派ですね…、他のスペックも試していきたいと思います。

 ちなみにこれ系のお酒には珍しく、開栓後も味と香りが落ちないように感じます。
 むしろより調和が取れてくるかも…、やっぱり芯の強いお酒ですね。

20151110002934661.jpg  20151110003002579.jpg

名称:山の壽 純米吟醸 山田錦
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:山の壽酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年01月14日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:1

残心 特別純米 袋吊り 無濾過生原酒

本日の家飲み 残心 特別純米 袋吊り 無濾過生原酒

20150827183951667.jpg  20150827184004627.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 こちらの蔵元のお酒は、ブログで三回目の紹介になります。

 裏残心名声超十方と特別品が続いていたのですが、ようやく通常の残心ブランドのお酒をいただきました。
 残心が買えるお店については蔵元ホームページに一覧があります(これは是非他の蔵元さんも見習ってほしい!)、が、本州での扱いは相変わらず「うのかわ酒店」さんだけみたいですね。
 ところで、最近つくづく思うのは、日本酒の層の厚さです。
 この残心のように、首都圏では未だ出回ってはいないものの、明らかにハイレベルの酒質を持つ銘柄がまだまだ存在するということを度々実感させられます。
 もうしばらく、新規銘柄を飲み散らかしていくスタイルを変えられそうもないです…

 さて、今回いただくのは福岡の酒米「夢一献」と山田錦を用いた無濾過生原酒。
 そしてやっぱり「袋吊り」という部分にはどうしても期待してしまいます。

20150827184017802.jpg

 上立ち香は落ち着いた印象の濃い果実の香りが若干強めに。
 含むと、生熟成酒のようにしっかりと味乗りした旨味が力強く入ってきて、程良いほろ苦さに絡みつかれながら、しかしバランスを保ちつつ染み入ってきます。
 旨味はレーズン系の複雑な甘味が主役で、苦味や熟成味(?)など色々な味わいを感じるのですが、やはり袋吊りだからか後ろ向きな雑味は皆無。
 後味はほんのりと苦味と辛さを残して、自然にキレます。

 うーん、まさにオンリーワンの魅力を感じる、バランスの取れた芳醇甘旨苦辛酒でした。
 いわゆるフルーティー酒ではないのですが、飲み飽きない複雑な旨味と雑味の無さがとても素敵。
 玄人好みと見せかけて、雑味の無さと濃い旨味は初心者でもOKかも。
 いやあ、残心、本当に実力派銘柄だと思います、取扱店増えてほしいなあ。

 燗も付けるべきだったかな…、暑いのもあってそのまま飲んでしまいました。
 開栓後は、バランスが崩れない程度に辛さが表に出てくる気がします。

20150827184050509.jpg  20150827184031511.jpg

名称:残心 特別純米 袋吊り 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:夢一献・山田錦
アルコール度:18.9%
日本酒度:+6
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,650円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年09月25日 福岡の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

池亀 純米吟醸 中取り無濾過原酒

本日の家飲み 池亀(いけかめ) 純米吟醸 中取り無濾過原酒

20150602180524456.jpg  20150602180538819.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに経験あり。

 こちらの蔵のお酒としては、黒麹を使った変わり種「黒兜」を以前に紹介しています
 また外飲みでも何度かいただいており、毎回個人的にかなりの好印象だったので今回通常品をセレクトした次第。
 ブラックボトルに黒ラベル、白い銘柄名に赤い肩ラベルと、かなり格好いいカラーリングだと思います。

 ラベルの記載は最小限ですが、購入先のうのかわ酒店さんの紹介ページには詳しい記載がありました
 酒米である夢一献を55まで磨いた原酒の割には、お安めのように思えます。

20150602180557780.jpg

 上立ち香は甘さ強目のフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、がっつり濃厚な甘旨味がグッと入ってきて、ほどよい苦味で輪郭を整えつつじわじわと染みこんできます。
 旨味は、うーん洋梨?的というか、フルーティーながら存在感があって、かつ苦酸味の仕事でスッキリ感もありとてもバランスが良いですね。
 後味はその苦酸味で爽やかにキレます。

 甘味のフレッシュさを残しつつ全体のまとまりのある、直球勝負の軽すぎないフルーティー甘旨酒でした。
 黒兜を頂いたときにある程度想像つきましたが、この蔵の旨味は完全に私のストライクゾーンです。
 火入れのはずですが、味わいの減退を全く感じなかったところもすごいですね。
 コスパも文句なしで、池亀の実力をひしひしと感じた一本でした。

20150602180609379.jpg  20150602180620046.jpg

名称:池亀 純米吟醸 中取り無濾過原酒
精米歩合:55%
使用米:夢一献
アルコール度:16%
日本酒度:+3
蔵元情報:池亀酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年07月02日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒

本日の家飲み 名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒

20150506014321061.jpg  20150506014352013.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 同じ蔵のお酒は以前に家飲み済み。

 こちらを醸す林龍平酒造場の通常銘柄は「九州菊(くすぎく)」ですね、当ブログではまた別の限定銘柄である「残心」というお酒を以前紹介しています
 ちなみに、このお酒も残心同様「うのかわ酒店」さんでの購入。
 しかしインパクトのある名前ですね…、裏ラベルに少し解説があります。
 読み方は「みょうしょうちょうじっぽう」、仏教用語で「名が声となってあらゆる世界に拡がってゆく」という意味とのことでした、うーん何ともすごいところから持ってきましたね。

 ラベル的にもなかなか目立ちますね。
 スペック的には雄町を55%まで磨いた袋吊りということで、お値段も結構お高め。

20150506014335788.jpg

 上立香はすっきりとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、五味が絡み合ったような複雑かつ非常に濃厚な旨味が、これまた強めの辛さで引き締められながら入り込んできます。
 旨味は、うーんこれは複雑ですね…熟成したかのような落ち着いた甘味を特徴的なほろ苦さが輪郭を付ける、まさにオンリーワンの味わい。
 後味はその苦味でキリリとキレます。

 極めて個性的な、しかし一つの完成された世界を感じさせる濃厚旨苦辛酒でした。
 甘味の関係で個人的なストライクゾーンからは外れますが、こういうお酒は一度は飲んでみる価値があると思います。
 残心も含め、九州菊のお酒はもっと全国で知られてよいレベルだと、改めて感じました。

 なお、こちらのお酒の真骨頂は実は開栓後の変化にあると感じました。
 実は最初の一口はちょっと薬くさいクセがあるかな…、と感じたのですが少し飲み進めるととそんな完全に違和感が消えました。
 さらにしばらく空気に触れさせておくと、甘味が出てきて口当たりも優しく…
 いやあこれほどまでに変化の激しいお酒は珍しいですね、一緒に飲んだ母君もこれには驚いていました。

20150506014423922.jpg

名称:名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:17.5%
日本酒度:+10
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年06月26日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

黒兜 純米吟醸 無濾過瓶囲い 山田錦

本日の家飲み 黒兜 純米吟醸 無濾過瓶囲い 山田錦

1416126945452.jpg  1416126954417.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 外飲みは経験ありますが、家飲みは初めて。

 このお酒の特徴はなんといっても「黒麹」によって仕込まれていることです。
 以前「白麹」を使った「亜麻猫・改」というお酒を紹介しました、ある意味それと同類の変わり種日本酒です。
 ちなみに「黒麹菌」は通常泡盛の仕込みに使われる菌ですね。(日本酒は黄麹菌、焼酎が白麹菌)

 黒麹は文字通り見た目が黒いそうで、裏ラベルによると「黒麹菌がまるで黒い兜をかぶっているように見えるので「黒兜」と名付けました。」とのこと。
 クエン酸が出てくるのも黒麹の特徴らしく、フルーティーな味わいが期待できます、いかがでしょうか。

1416126970956.jpg

 上立ち香は非常に個性的な、優しい甘酸の香りがそこそこに。
 含むと、お、確かに果実という感じの甘酸中心の旨みがグッときて、自然な感じで広がっていきます。
 旨味は甘酸が主役ながら酸っぱいという感じでなく、優しい印象で飲みやすく、しかし個性と存在感がありますね。
 後味はその酸味で自然にキレます。

 確固たる個性がありつつ飲みやすさが印象に残る、まとまりのある甘酸酒でした。
 面白い試みをしながら、日本酒としてしっかりまとめてくるところに蔵の実力を感じます、亜麻猫に負けない完成度という感じ。
 それにしても感想に甘酸を連発しすぎですね…、こういう個性酒に出会うと自分のボキャ貧が悲しくなります。
 池亀、次は通常品も是非いただきたいと思いました。

1416126982201.jpg

名称:黒兜 純米吟醸 無濾過瓶囲い 山田錦
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:池亀酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年12月23日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

若波 純米吟醸

本日の家飲み 若波 純米吟醸

1409887488341.jpg  1409887499647.jpg

 福岡県大川市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは…確かどこかで飲んだような(呆)。

 若波は福岡で唯一の女性杜氏である「今村友香」杜氏が醸しているお酒だそうです。
 蔵元ホームページの「蔵人」コーナーには、杜氏を含む造り手さんの写真が掲載されています。
 こういう「造り手の顔が見える」という姿勢はこのご時世結構大事なのではないでしょうか。

 ラベルはなかなか個性的で面白い感じ、しかし裏ラベルの情報の少なさは少しいただけません。
 購入した酒屋さんによると福岡県糸島産の山田錦と福岡県三潴産の夢一献を使用しているらしく、しっかり地場産をアピールできるのですから、これは是非はっきり記載してほしいと思いました。

 上立ち香は若干セメダインを感じるスッキリとした香りが少々。
 含むと、クセのない引き締まった印象の旨みがスッと入ってきて、酸味で輪郭を保ちつつしっかりと染み通ってきます。
 旨みはバランスが良く甘味も控えめで上品な感じ、それを強めの酸味がキッチリと引き締める形。
 これも個性的だなあ…、芳醇スッキリ系といった感じでしょうか。
 後味はその酸味でスッキリとキレます。

 上品な旨味と、酸味によるスッキリさが魅力の個性派旨酒でした。
 私が飲んだ中ではソガペールエフィスが近いタイプかと感じました、結構日本酒離れした味わいだと思います。
 でも、人を選ぶというよりはむしろ万人向けじゃないかな…、ソガ同様日本酒慣れしていない人にこそオススメ。
 若波、他のスペックも是非いただいてみたいと思います。

1409887517650.jpg

名称:若波 純米吟醸
精米歩合:55%
酒米: 麹:山田錦 掛:夢一献 
アルコール度:16%
日本酒度:+1
蔵元情報:若波酒造合名会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 若波 純米吟醸

2014年09月28日 福岡の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

田中六十五 純米 生酒

本日の家飲み 田中六十五(たなかろくじゅうご) 純米 生酒

fc2_2014-04-11_14-27-56-193.jpg fc2_2014-04-11_14-28-22-604.jpg

 福岡県糸島市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 
 このお酒の特徴はなんといってもそのネーミングとコンセプトでしょう。
 若手の蔵元・田中克典さんが地元産山田錦を65%まで磨いて醸しているから「田中六十五」、いやあストレートというかなんというか。
 また、裏ラベルによると「田の中」という意味もあるとのこと。
 それにしても、銘柄名に米の名前を付ける例は多々ありますが、精米歩合をデカデカとつけているのはこれくらいじゃないでしょうか。

 今回頂くのはその生酒バージョンです。
 勉強不足でしらなかったのですが、糸島市は全国でも有数の山田錦の産地らしいですね。
 スペック自体は割とスタンダードな純米生酒に見えます、いかがでしょうか。

fc2_2014-04-11_14-28-49-518.jpg

 上立ち香はフレッシュで柑橘系っぽい果実香がそこそこに。
 含むと、バランスの良い透明感の有る旨味が、摩擦ゼロでスルッと入ってきて自然に広がります。
 旨味は、甘酸渋苦をそれぞれ感じるフレッシュかつ上品なもの、かつ淡麗系ではなくしっかりとした味わいです。
 後味は苦味が前に出てきて見事にキレます。

 非常にバランスの良い、精米歩合以上の完成度を感じさせるお酒でした。
 やはり銘柄名にするだけあって、この65磨きというのは蔵元さんにとって一つの最適解なんだろうなと思わせてくれます。
 ただ、やっぱり「田中五十」とかも頂いてみたい気もしたりして…。
 ともあれ、次は火入れも頂いてみようかな。

fc2_2014-04-11_14-29-14-605.jpg

名称:田中六十五 純米 生酒
製法情報:生酒
精米歩合:65%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:白糸酒造株式会社(福岡県糸島市)
製造年月:2013/1(25BY)
購入価格(税込):1,440円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年05月09日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

三井の寿 クアドリフォリオ 春純吟 無濾過生酒

本日の家飲み 三井の寿 クアドリフォリオ 春純吟 無濾過生酒

fc2_2014-04-07_17-19-13-579.jpg  fc2_2014-04-07_17-21-44-667.jpg

 福岡県三井郡のお酒です。
 確か外では飲んだことがありましたが、家飲みは初めて。

 これもまた非常に特徴的なデザインのラベルです。
 「クアドリフォリオ」とは、イタリア語で四つ葉のクローバーという意味とのこと。
 縁起物を描いた日本酒ラベルは多々ありますが、ここまで思い切った感じのデザインはそうは無いと思います。
 テントウムシが良いアクセントになっていますね。

 スペック的には九州の気候に適しているといわれる「吟のさと」、60%磨きの無濾過生です。
 アルコール度は15度と低めですね、もしかしたら加水はしているかも。
 うすにごりとの記載もありますが、ほんとうにうっすらと滓が漂っている程度です。

fc2_2014-04-07_17-23-29-022.jpg

 上立ち香は少し酸を感じるすっきり系の香りがほどほどに。
 含むと、透明感のある引き締まった旨味がまず滑りこんできて、徐々にそこから甘味と酸味が染み出してきます。
 旨味はキリリとしたフレッシュなフルーティーなものですが、やはり甘味は控えめで酸渋が主役を演じる感じ。
 後味はその酸渋でバッチリキレます。

 淡麗指向ではない、しっかりとした味わいを酸渋で引き上げるタイプの食中酒でした。
 個人的にはもう少し甘味が欲しいところですが、これは好みでしょう。
 割とどんな食事にも合いそうですね、またキレの良さから最初の一杯に向いている気がします。
 次は通常スペックの三井の寿をいただいてみたいと思いました。

 開栓後は少し口当たりが優しくなってむしろ好みかな…。
 二三日目が飲みごろと感じました。

名称:三井の寿 クアドリフォリオ 春純吟 無濾過生酒
製法情報:無濾過生酒
精米歩合:60%
酒米:吟のさと
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:井上 合名会社(福岡県三井郡)
製造年月:2014/3(25BY)
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:7.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年04月21日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

喜多屋 八峰 純米大吟醸 生酒 

本日の家飲み 喜多屋 八峰(きたや やっほう) 純米大吟醸 生酒  

fc2_2013-07-28_14-53-01-951.jpg  fc2_2013-07-28_14-53-27-313.jpg

 先日7/18、IWC2013「SAKE部門」のチャンピオン・サケが発表され、福岡県の「喜多屋」がその栄冠に輝きました。
 今回いただくのはその「株式会社 喜多屋」が醸す特約店限定ブランドのお酒です。

 IWCのチャンピオン・サケについては、既に決まっているトロフィー受賞酒の中で、ほぼ間違いなく「大吟醸」部門のものが選ばれるため、今回先に手をまわして入手しておきました。
 我ながらミーハーなセレクトですが、IWCについてはやっぱり倍率が高い(2013年は235蔵583銘柄)だけあって、優勝蔵の実力はまさにお墨付きかと。
 それについては鍋島と福小町が既に十分証明していると思います。

 今回のスペックは地元産の「吟の里」を48%まで磨いた純米大吟醸の生酒。
 お値段的には相当良心的に思えます、さていかがでしょうか。

 上立ち香は意外にもほぼ感じず。
 含むと、フルーティーながら派手ではなく落ち着いた印象の旨味が、じーっくりと広がっていきます。
 旨味は、まさに甘辛酸渋苦が拮抗する感じの奥深いもので、かつ雑味のないキレイな印象。
 甘味は抑え目で辛さの方が前に出るのですが、味わいの濃厚さからか、まろやかさも感じます。
 後味には渋辛がでてきて、キリッとキレます。

 五味が見事に調和した、思わず「コクがあるのに、キレがある」というフレーズが浮かぶようなお酒でした。
 こういう矛盾する要素を内包したようなお酒に会うと、日本酒の奥深さをしみじみと感じます。
 如何せん辛いので自分の好みとは少し外れた路線なのですが、それでも十分楽しめました。
 鍋島、角右衛門もそうでしたが、際立つ個性というよりは、万人をうならせる完成度が魅力の味わいです。
 ほぼ間違いなく「喜多屋」もこれからどんどん脚光を浴びていくことになるでしょう。
 裏ラベルによると、このスペックは淡麗寄りらしいので、是非他のスペックも頂きたいと思います。

 ただ、ブランド名は喜多屋に統一したほうが絶対良いと思います。
 福小町もそうですが、一部のマニアじゃないと別ブランドは別の蔵の酒と思ってしまうかと…。

fc2_2013-07-28_14-53-54-257.jpg

名称:喜多屋 八峰 純米大吟醸 生酒 
製法など:生酒
精米歩合:48%
酒米:吟の里
アルコール度:16~17度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社喜多屋(福岡県八女市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年08月01日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

裏残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒

本日の家飲み 裏残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒

fc2_2013-07-22_12-19-24-157.jpg  fc2_2013-07-26_13-35-26-511.jpg

 福岡の林酒造場さんが醸すお酒です、地元銘柄は九州菊(くすぎく)ですね。
 なんと本州の酒屋さんで売られるのは初めてとのこと。

 ちなみにこちらは、私が日本酒通販サイト巡りをしていたときに見つけた「うのかわ酒店」さんから取り寄せました。
 実は取り寄せの際に電話でちょっとやり取りさせていただいて、オススメとのことだったので購入した次第です。
 スペックとしては、この価格帯で袋吊りをしていることがやはり特筆すべきでしょう。
 当然初飲み、いかがでしょうか。

fc2_2013-07-22_12-20-25-782.jpg

 上立ち香はフレッシュな、ちょい甘のセメダイン。
 含むと、濃い目の甘旨味が摩擦無しにスルっと入ってきて、じわじわと膨らみます。
 旨味は、落ち着いた感じの甘味とはっきりとした渋味が拮抗する感じで、濃厚で男酒っぽい印象。
 特筆すべきは、辛さもありながら口当たりがまろやかというか、袋吊りとか中取り特有の綺麗さがあると頃だと思います。
 後味は渋味が受け持ちつつ、自然とキレていきます。

 濃厚ながら引き締まった旨味と、袋吊りらしい綺麗さが魅力のお酒でした。
 やはりこの値段帯で袋吊りをやってくれるのは素晴らしいですね…。
 もともとしっかりとした味わいがありそうな酒質ですが、袋吊りで魅力がグッと上がっている感じですね。
 この味わいであれば、すぐにでも首都圏の銘酒居酒屋の一線で戦えると思います。
 是非他のスペックも頂いてみたいと思いました。

 ちなみに温度が上がってくるとちょっとアルコールが強くなります。
 渋味も増す感じがあるので、個人的には冷酒がオススメ。

fc2_2013-07-22_12-21-22-079.jpg

名称:裏残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒
製法など:無濾過生原酒 袋吊り
精米歩合:60%
酒米:夢つくし
アルコール度:17.9度
酵母:熊本9号
日本酒度:+5
蔵元情報:林酒造場(福岡県京都郡)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 残心 純米吟醸

2013年07月26日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

繁桝 中汲み 純米大吟醸 生々

本日の家飲み 繁桝(しげます) 中汲み 純米大吟醸 生々

fc2_2013-02-25_00-38-11-905.jpg  fc2_2013-02-25_00-38-33-246.jpg

 私の個人的な印象ですが、東京近郊ではなかなか福岡の地酒に出会うことが少ないように思います。
 この繁桝以外で私が出会ったのは、「庭のうぐいす」ぐらいでしょうか。
 繁桝自体も今回が初飲みです、いつもよりちょっとお高い純米大吟醸の生。
 
 しかし、非常に個性的なラベルですね…。
 どうやら繁桝は、スペックごとに多彩なデザインのラベルがあるようです。

 上立ち香は、穏やかな吟醸香がほんのりと。
 含むと、とてもまろやかで口当たりのよい味わいが口の中に広がります。
 旨味は穏やかで、飲み飽きしないタイプの米の旨味といった感じ。
 ただし、流石の山田錦純大といったところか雑味は皆無で、かつ味わいは濃厚でした。
 後味は、若干の渋味で綺麗にキレていきます。

 濃厚芳醇ながら、スペック通りの上品さを兼ね備えた印象を受けました。
 ただ、初飲みはやっぱり純米~純米吟醸クラスのレギュラー品を選んだほうが、蔵の方向性が感じられたかな…。
 いつか他のスペックも頂いてみたいと思います。

 ちなみにこのお酒、実家で母と一緒に飲んでいたのですが、母曰く「昔ながらの日本酒の味わいがしてとても好き」とのこと。
 同時に同じく山田錦50磨き生の「貴」を飲んでいて、私は「貴」派、母は「繁桝」派という感じではっきり分かれました。
 結局このレベルになると後は好みの問題なんだなあということを強く感じた次第です。

fc2_2013-02-25_00-39-34-449.jpg

名称:繁桝 中汲み 純米大吟醸 生々
製法情報:生酒
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社高橋商店(福岡県八女市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):1,838円/720ml
お気に入り度:7.3/9.0 (値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年03月07日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |