FC2ブログ

kamosu mori (醸す森) 純米大吟醸 生酒 (2020年3月製造)

家飲み記録 kamosu mori (醸す森) 純米大吟醸 生酒 (2020年3月製造)

20200914162245483.jpg  20200914162257532.jpg

 新潟県中魚沼郡津南町のお酒です、前回に引き続きのご紹介ですね。

 今回蔵元HPからの直販で取り寄せたわけですが、この苗場酒造楽天ショップも開いているようです。
 で、そちらの方には気になる商品があるんですよね、それは「上槽予定のお酒の予約販売」というもの。
 これこそ「しぼりたて」ってやつですね、意外とやっている蔵が少ない中、踏み切った体制に拍手。
 というわけで実は先程早速発注しました、楽しみですねえ。

 閑話休題、今回ご紹介するのは純米「大」吟醸です、パッと見違いがわからないかもしれませんが、ラベルの下にサラッと書いてありますね。
 このときは普通の方を頼んだので、3月製造、7月開栓です。

20200914163452398.jpg

 上立ち香は甘く、割と落ち着いた印象の果実香がそこそこに。
 含むと、やはり完全に甘味主体で、柔らかい酸味も伴った濃厚な旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後まで純度が高い感じでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、若干生熟的な味乗りがしてきた印象の、砂糖マシマシの完熟マスカットやパインを思わせる甘味が厳然たる主役、酸味は寄り添う程度で、ほんのりと渋味のあるかな…とにかく濃厚ながらわりとグイグイイケるまとまりもありますね。
 後味は、濃厚さを実に自然な感じでしっかり引き上げてくれます。

 シロップ的な濃厚さがある完熟果実の甘味を、しっかりとまとまった感じで楽しませてくれる、超甘口酒でした。
 白ワイン的な風味に甘味マシマシって感じかなあ、アイスワインってこういう方向なんでしょうか(高くて飲んだこと無い)
 ちょっと重い気もしますが、純度が高いので悪印象はないです、食前かデザートに良いタイプかと。
 ただ、やはりこの感じはしぼりたてを飲んでみたくなりますねえ、フレッシュだともっと良さげな気がします。
 醸す森、次のお酒が着くのを楽しみにしようと思います。

20200914163510640.jpg  20200914163500935.jpg

名称:kamosu mori (醸す森) 純米大吟醸 生酒 (2020年3月製造)
蔵元情報:苗場酒造株式会社
購入価格(税抜):純米大吟醸とセットで3,500円
購入した酒屋さん:蔵元直販(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年09月19日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)

家飲み記録 kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)

20200914163520839.jpg  20200914163531606.jpg

 新潟県中魚沼郡津南町のお酒です、家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」の神奈川建一さんに勧められ、同ブログの感想を参考にした上で購入しました。
 私としては、銘柄自体はは前から気になっていたのですが、近くに売っている店がなかったんですよね。
 今回改めて調べてみると、なんと蔵元ホームページからの通販が「5,000円以上のご注文の場合 全国一律送料無料」とのことだったので、こりゃすげえと直接取り寄せた次第です。
 5,000円なんて醸す森を四合瓶二種類と、ちょっと足せば届いちゃいますからね…、利益的に申し訳ないと思いつつ、ギリギリで発注してしまいました。
 
 お酒の特徴については、蔵元がえらく気合の入った特設ページを作っているので、是非そちらをご覧ください。
 製法的なところは「1段仕込・生原酒・袋搾りにこだわる」という部分に集約されていると思いますね。

20200914163541800.jpg

 上立ち香は甘くフレッシュ、そしてオリ的な濃厚さのあるマスカット的果実香が気持ち強めに。
 含むと、香りの印象通りの非常に濃厚かつフレッシュな甘旨味がトロミとガス感の双方を感じさせつつ入ってきて、オリの苦味を奥の方に少々伴いながら、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、オリの濃度と複雑味、そしてガスの爽やかさを纏ったマスカットジュース的な甘酸味が厳然たる主役、苦味も含めて非常にまとまりが良いですね、低アルも相まってバカスカ飲めます。
 後味は、オリの存在感と苦味をほんのりと残しつつ、割と力強くキレます。

 フレッシュかつ、極めて濃度と存在感の強い甘味の魅力を、日本酒的な複雑さとともにガッツリ楽しませてくれるお酒でした。
 低アルかつ甘味マシマシながら、オリの苦味等がまたいい感じで仕事をしてくれて、個人的には食中酒としても全然イケると思いましたね。
 うーむ、日本酒離れしている気もするのですが、この味わいは日本酒でしか出せないというのも確かなんですよねえ。
 そして、これこそ私の大好きな味わいでした。
 次回はもう一つ別スペックの醸す森をご紹介します。

20200914163600471.jpg  20200914163551719.jpg

名称:kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)
蔵元情報:苗場酒造株式会社
購入価格(税抜):純米大吟醸とセットで3,500円
購入した酒屋さん:蔵元直販(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:取り寄せ品記念写真
20200914161347306.jpg
 いやあこれだけで送料無料ですからねえ、ありがたい限りです。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年09月16日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

〆張鶴 しぼりたて生原酒

家飲み記録 〆張鶴 しぼりたて生原酒

20200817162243319.jpg  20200817162252056.jpg

 新潟県村上市のお酒です、紹介記事はなんと初めてですね。

 越乃寒梅や上善如水淡麗辛口王国新潟を象徴する銘柄の一つでしょう。
 当ブログでは私の好みから、たかちよ村祐謙信荷札酒と「淡麗」とは一線を画す銘柄に偏っており、この〆張鶴も完全に後回しになっていました。
 が、最近「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」の神奈川建一さんがこのお酒を絶賛していたことが気になり、通販在庫が残っていた酒屋さんから他のお酒と同梱で取り寄せた次第です。

 スペック情報は上記お酒ミライさんの記事が詳しいですね、ポイントはアルコール度数20度の生原酒ということでしょう。
 20度オーバーとなると通常の清酒とは若干違うカテゴリになってきますからねえ、当ブログで紹介したお酒でも玉川香取旭若松とそうそうたる個性酒が並びます。
 お値段は1,000円ちょっとと非常に良心的、12月製造を翌年5月に開栓なので半年ほど生熟期間を経ています。

20200817162300476.jpg

 上立ち香はアルコールとセメダインを感じる爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、やはり爽やかさのある、かつインパクトも感じる甘旨味がグググッっと入ってきたかと思うと、一瞬後に出てくる苦渋味とアルコール的刺激でガッチリ引き締まりつつ、ドドドと胃の中に流れ込んできます。
 味わいは、完熟マスカットを思わせる、しっかり存在感がある甘味を芯に据えつつ、生酒らしい爽やかさと落ち着きを兼ね備えた感じで、かつアルコールの辛さと上手くバランスをとって
 後味は、これはもう完全にアル添特有の、力強くスパッとキレる感じですね。

 様々な味わいの要素が力技でバランスを取る、アル添ならではの超絶コスパ甘旨辛酒でした。
 こういうお酒飲むと、甘口と辛口って共存できるんだなあと思うんですよね、日本酒の含んでからの時間差の変化ってほんとに面白いと思います。
 いやあこのお酒がこのお値段というのは素晴らしいなあ、個性もバッチリあると思いますし、ダレを欠片も感じさせないのも見事。
 ただ、やっぱりアルコール感と苦渋味はちょっとキツい感じもあるので、かなり日本酒飲み慣れた方にオススメって感じですね。
 〆張鶴の実力をビンビンに感じさせてくれた一本でした。

20200817162309379.jpg  20200817162318247.jpg

名称:〆張鶴 しぼりたて生原酒
蔵元情報:宮尾酒造株式会社
購入価格(税抜):1,060円/720ml
購入した酒屋さん:きくや酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月23日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

THE REBIRTH Time-Machine TOKI-ROMAN 朱鷺浪漫

家飲み記録 THE REBIRTH Time-Machine TOKI-ROMAN 朱鷺浪漫

20200814144952457.jpg  20200814145002793.jpg

 新潟県佐渡市のお酒です、同蔵のお酒の紹介は三本目ですね。

 こちらは「天領盃」「雅楽代」を醸す蔵の新商品です、洒落た見た目ですね~
 コンセプトは裏レベルに記載があります(見にくくてすみません…)、一番のポイントは利益の一部を「佐渡の子供」に寄付するというところでしょう。
 この辺りについては公式ホームページでも発信されています。
 こちら、最若手蔵元らしい、オッサンにはちょっとまぶしいぐらいに率直な想いが書かれていて素晴らしい記事だと思うので、是非ご覧ください。

 スペック的はあまり記載が無いのですが(精米歩合すら非公開)、地元佐渡産の飯米「こしいぶき」を使用しているらしいです。
 原酒ながら、アルコール度が15度と低めなのがポイントですね。


 上立ち香はフレッシュかつ瑞々しい梨感のある香りが仄かに。
 含むと、まさにフレッシュかつモダンな印象の甘酸味が若干の柔らかみも感じさせる口当たりで入ってきて、最初から最後まで酸がしっかり引き締め役を演じつつ、バーっと口中に広がります。
 味わいは、透明感を感じさせるぐらいに純度の高い、フレッシュな甘酸味が純然たる主役、苦味は皆無で、低アル感も相まってグイグイ飲んじゃいますね、ただ全く薄くなくて、原酒らしい飲みごたえがしっかり有り。
 後味は、酸がメインながらも実に自然に引き上げていきます。

 甘味系低アル原酒のお手本のような、高純度かつエンドレスに飲める系のフレッシュバランス酒でした。
 いやあこれは良いんじゃないでしょうか、濃厚かつ一種軽い、低アル原酒の良いところ(私にとって)を凝縮させたような感じですね。
 2造り目でこれかあ…、やっぱり最近の若者は凄いなあ(おっさん並感)。
 通常の天領盃も、雅楽代も、このお酒も、なんとなく「こうしたい!」っていうのが伝わってくるお酒といいますか、しっかりとしたビジョンがあって、そこに近づける努力をしているんだろうなあと感じさせるお酒でした。
 天領盃、今後も超注目していきたい銘柄です。

20200814145013226.jpg

名称:THE REBIRTH Time-Machine TOKI-ROMAN 朱鷺浪漫
蔵元情報:天領盃酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月17日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

加茂錦 純米大吟醸 無濾過生原酒 ゴールドラベル

家飲み記録 加茂錦 純米大吟醸 無濾過生原酒 ゴールドラベル

20200713124353410.jpg  20200713124405793.jpg

 新潟県加茂市のお酒です、当ブログでもかなりの頻度で登場している荷札酒を造る蔵のお酒ですね。

 こちらのお酒は、信州亀齢同様Twitterの情報を当てに購入しました。
 加茂錦といえば、県外では「荷札酒」ブランドで評価を得てきている印象がありますが、今回は地元銘柄の加茂錦で全国展開したようですね。
 これは公的なソースがある話では無いのですが、どうやらコロナ関係で中止になった新潟の超大型日本酒イベント用のお酒が県外に出てきたみたいなんですよね…
 亀泉Cel24うすにごり同様、家飲み派にとっては、不謹慎ながらありがたい話ではあります、奇貨に感謝しつついただこうかと。

 スペックは山田錦の精米歩合40%の無濾過生原酒という非常に豪華なものながら、お値段は2,000以内とありがたいレベル。
 面白いのは、ラベルで「製造日二ヶ月以内の消費」や「-5~5℃」での保管を推奨しているところですね。
 さらには十四代や新政を例に出して、新世代の日本酒には新しい常識が必要という主張をハッキリと記載しています、私としては同意。

20200713124417040.jpg  20200713124428239.jpg

 上立ち香は濃厚ながらも上品さを漂わせる甘い果実の香りが強めに。
 含むと、やはり上品な印象の甘味が実に滑らかな口当たりで入ってきて、苦味をしっかりと奥の方に押し込みつつ、最後まで心地よいバランスを保ったままゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、まさに高級リンゴってイメージの、典型的ながらも洗練された甘味が厳然たる主役、酸味は完全に脇役、苦味は少々あるものの浮かずに一体化している感じですね。
 後味は甘味をデクレシェンド的に、そして優しく、見事なまでに自然に引き上げていきます。

 高精白らしい雑味の少なさと口当たりの滑らかさがありつつ、飲み疲れ感を見事に廃した欠点が見当たらないお酒でした。
 いやこれは良いですねえ、今風の吟醸酒としてどストレートな方向性ながら、全体の完成度が群を抜いている印象。
 亀泉でも思いましたが、こういうお酒は今なら一般消費者にも売れるはずなんですから、今後は是非小売して欲しいなあ。
 加茂錦の株が自分の中でまた高騰した一本でした。

20200713124438309.jpg

名称:加茂錦 純米大吟醸 無濾過生原酒 ゴールドラベル 
蔵元情報:加茂錦酒造株式会社
購入価格(税抜):1,980円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月26日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

村祐 常盤ラベル 亀口取り (R2年4月製造)

家飲み記録 村祐 常盤ラベル 亀口取り (R2年4月製造)

20200630112503291.jpg  20200630112512583.jpg

 新潟県新潟市のお酒です、当ブログ殿堂入り銘柄の一つ。

 村祐の中でも個人的に信頼を寄せている常盤ラベルです。
 この「亀口取り」は今まで一升瓶限定だったようなのですが、今回普通に四合瓶で出ていた(コロナの影響?)ので、喜び勇んで購入しました。
 私がこの常盤ラベルに抱いている味わいのイメージとしては、「黒ラベルの廉価版的な、低酸ながらもしつこくない上品な甘さをしっかり楽しめるお酒」というものです。
 最近のマニア向け日本酒としては、甘い甘くないに関わらず「酸が効いた」お酒がトレンドに思えるので、低酸のフレッシュ甘口酒で実はかなり珍しいんですよ。
 個人的には桃の里とか射美(の特純)そして村祐黒・常盤が真っ先に浮かびますが、本当に貴重な存在だと思います。

 スペックは村祐のお約束として非公開、4月製造5月開栓です。

20200630112521531.jpg  20200630112531172.jpg

 上立ち香はあんまりないですね、酸混じりのスッキリとした砂糖水的な香りが仄かに。
 含むと、甘酸っぱい感じの味が割と軽めの印象でスルスルと入ってきて、尻上がりに強まる酸味で口中と唾液腺を刺激しつつ、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 含むと、夏みかんを思わせるような強めの柑橘系の酸が厳然たる主役、砂糖的な甘味もあるのですが酸味に負けている印象で、苦味等もあまりないのでとにかく酸っぱい印象が残ります。
 後味は、酸がガッチリ引き取る形でキレます。

 柑橘系の酸味が最初から最後まで強烈に主張する、高純度の甘酸っぱ酒でした。 
 一言で言うと露骨に期待外れでしたね…ハードル上げ過ぎなんでしょうか。
 単品で飲んだらそこそこ良いかもですが、今まで飲んだ経験からすると、紺瑠璃とか、下手したら茜ラベルに近い方向性を感じてしまいました。
 というか飲み進めると酸っぱすぎ?普通にバランス崩れてるような気もします。
 これをスペック非公開のまま前と同じラベル貼って出すのはいくらなんでも…、常盤村祐にロシアンルーレットは求めてないんだよなあ、和三盆はどこに行ってしまったのか…。
 村祐、前回の黒に続いて期待外れでしたねえ、ちょっと新情報が出るまで離れようかなと思ってしまう今日この頃でした。

20200630112549763.jpg  20200630112539935.jpg

名称:村祐 常盤ラベル 亀口取り (R2年4月製造)
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,900円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月01日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

村祐 黒 本生 (令和元年12月製造分)

家飲みプチ記録 村祐 黒 本生 (令和元年12月製造分)

20200518125807967.jpg  20200518125817863.jpg

 私が毎年購入している唯一の高級日本酒になります(といっても四合4,000円ですが)
 過去飲んだ感想としては、年毎の味わいの差が激しいという印象がありますが、さて今回はどうでしょうか…


 上立ち香はやはりレーズン感のある非常に独得な香りがそこそこに。
 含むと、やはり濃厚な甘味を中心とする純度の高い旨味が自然な口当たりで入ってきて、おそらく酸の働きで、割とスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、レーズンやプルーンを思わせる非常に個性的な甘味が純然たる主役なのですが、濃度が当社比で控えめなのと、酸が若干あるのと、鼻に抜ける香りがなんか蒸留酒っぽいことが相まって、むしろスルスル飲めてしまう印象を受けます。
 後味は、諸々の味わいが不思議なほどに自然に引き上げていきます。

 やはりオンリーワンの甘味がありつつ、酸渋の具合で割と勢いよく飲めてしまう、バランス系甘旨酒でした。
 う~む悪くはないのですが、自分が好きなときの黒に比べると食中酒的というか、全体の飲みごたえが一歩引いちゃってる気がするなあ…
 それはそれで楽しめるとはいえ、私が黒村祐に求めているのはそれではないわけです。(求めているのは、圧倒的に高濃度で低酸なのにダレない唯一無二の甘味)
 お値段を考えると、当り外れがあるのも困りものなので、しばらく黒村祐からは離れようと思いました。

20200518125828438.jpg

名称:村祐 黒 本生 (令和元年12月製造分)
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):4,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月22日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

初日正宗 純米吟醸 雫しぼり

家飲み記録 初日正宗 純米吟醸 雫しぼり

20200504161125326.jpg  20200504161214733.jpg

 新潟県長岡市のお酒です、家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 日本橋高島屋日本酒まつりでの購入酒の7本目にして、トリを飾るお酒です。

 この銘柄については完全に初見で、イベント会場の試飲が初の出会いでした。
 そして、自分の中では唯一このイベントの試飲で衝撃を受けたお酒でもあったりします。
 正直、試飲でちょろっと飲んだだけではなかなか「これは!」というお酒に出会うのは難しいと思っているのですが、こちらはまさにそれでしたね。
 確か生酒も有ったと思うのですが、あえて一番グッときたこの雫しぼりをセレクトしました。

 どうやら蔵元ホームページを最近リニューアルしたらしく、今風の雰囲気になっています(特約店一覧が無いのは寂しいですが…)
 そちらを見ると、初日正宗以外に「越後雪紅梅」「越後長岡城」という銘柄も出しているそう。
 今回いただいたのは、越淡麗精米歩合55%の限定品袋しぼり(確か一回火入れ)で、値段はちょいお高めの2,000円。
 製造年月が10月なので、恐らく蔵元で夏を越えたお酒だと思われます。

20200504161224362.jpg

 上立ち香は濃厚な完熟りんご的果実香が気持ち強めに。
 含むと、まさに完熟果実といった感じのトロっとした甘旨味がなめらかな口当たりで入ってきて、あくまで裏方に徹した苦味が引き締め役をこなしつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、煮詰めたかのように濃厚なリンゴ的甘旨味が厳然たる主役、いい感じに味が乗りきったトロミが良いですね~、苦味もしっかりあるのですが旨味が勝って脇役に追い込んでいる感じですね。
 後味はそれでも苦味が引き取る形ですね、口中に若干残りつつイヤらしくはない感じ。

 トロリとした完熟果実の甘旨味がとにかく心地よい、完璧な味乗りの芳醇甘旨酒でした。
 いやこれは私のストライクゾーンど真ん中ですわ…、飲んだ時期も丁度良かったかも知れないですね。
 含み香が華やかで、それ故のケバさもあるのですが、甘味の存在感と袋吊り由来っぽい上品さのおかげでバランスは良いんですよ。
 そして火入れ感が全く無いんだよなあ…、生酒と言われて全く違和感無い存在感とモダンさ、素敵だなあ。
 新潟酒の懐の深さをまた思い知らされてしまった一本でした、長谷川酒造、マークしたいと思います。

20200504161240218.jpg

名称:初日正宗 純米吟醸 雫しぼり
蔵元情報:長谷川酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:今回の購入酒
20200424132133807.jpg
 錚々たるメンツと思いますが、個人的MVPは初日正宗!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月06日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

あべ 僕たちの酒 Vol.4 (酵母無添加生もと)

家飲み記録 あべ 僕たちの酒 Vol4 (酵母無添加生もと)

20200405130001921.jpg  20200405130025701.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です、ブログでの登場は6回目。

 すっかり人気銘柄として定着してきた感のあるあべです。
 この「僕たちの酒」のコンセプトは裏ラベルに記載の有るとおりですね、飲む側としては毎年コンセプトが違うということろがポイントかと。
 私が以前飲んで非常に好印象だったVol2は「低精白生もと仕込」でしたが、今回は「酵母無添加生もと」となっております。
 個人的には「酵母無添加生もと」って言われると寺田本家を思い出して若干ビビるものが有るのですが…、そこはあべ、きっとモダンに仕上げてきていることでしょう。

 使用米は新潟が誇る越淡麗、精米歩合の記載はありませんね。
 8月製造、10月開栓です。

20200405130035195.jpg

 上立ち香は実に爽やかな酸メイン、甘サブな感じの香りがそこそこに。
 含むと、やはり強めの酸と控えめな甘さを感じさせつつ、しかし柔らかさもある濃厚な旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後までキツさを感じさせないままゆっくり染み込んできます。
 味わいは、グレープフルーツ的な爽やかな酸味が中心、しかし若干砂糖を加えたぐらいの甘味はあって、かつ苦味はしっかり抑えられており、全体としては実に良い感じでまとまっている印象。
 後味は、酸がしっかりと、かつ今風な感じでキレさせてくれます。

 しっかりと味わいがありつつ、酸の働きが全体のバランス、飲みやすさを与える、モダン系旨酸食中酒でした。
 単体でも割とイケるのですが、ちょっと甘旨味より酸が買っている印象なので、ラベル記載同様食事に合わせたときが真骨頂でしょうね。
 いややっぱり良いですよこれは、和洋問わず合わせられる食中酒として、本当に万能感があります。
 あべの実力が本物であることを改めて感じさせてくれた一本でした。

20200405130044911.jpg

名称:あべ 僕たちの酒 Vol4 (酵母無添加生もと)
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年04月13日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鶴齢 純米酒 山田錦 生原酒 30BY

家飲みプチ記録 鶴齢 純米酒 山田錦 生原酒 30BY

20200319133404099.jpg  20200319133411803.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 ブログでの登場は以外にもまだ4回目ですが、ド安定な印象がありますね。
 過去の感想は「鶴齢」タグをご参照ください。

 裏ラベルには、製造年月は2019/3、蔵出し年月は2019/11としっかり記載があります。
 やはりこういう風に書いてもらうと、生熟コンディションということが一目瞭然で素晴らしいですね、なお開栓も11月でした。

20200319133646917.jpg

 上立ち香は落ち着きつつも爽やかさのある青りんご的な果実香が控えめに。
 含むと、いかにも生熟って感じの、一種の重さと落ち着きと味乗りを感じさせる旨味がキツさのない口当たりで入ってきて、裏方にしっかり苦渋を感じさせつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、いやあまさに芳醇甘酸系の生酒が実に素直に熟した印象の、熟しきった青りんごという矛盾した表現が似合うもので、力強くもしっかりバランスが取れている印象。
 後味は、とにかく裏方に徹した酸苦が引き取る形ながらも、いい感じのさばけ感でキレてくれます。

 甘酸バランス系生熟酒のお手本という感じの、味乗りとバランス、そしてキレを見事に両立させたお酒でした。
 生熟酒の入門酒としてももってこいなんじゃないでしょうか、ダレやもったり感が皆無なのは見事。
 ただ、やっぱり生熟特有の熟感が苦手に人には厳しいでしょうね、そして私にはちょっと細すぎるというか、優等生過ぎるというか、贅沢な不満があったりして。
 (折角生熟原酒なんだからもっと旨味がでっぷりしてて欲しいという…、まあ好みの問題です)
 鶴齢の安定感が、生熟でも変わらないことを教えてくれた一本でした。

20200319133655513.jpg

名称:鶴齢 純米酒 山田錦 生原酒 30BY
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鶴齢 純米

2020年03月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.6.2 雄町50 無濾過生原酒 30BY

家飲みプチ記録 加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.6.2 雄町50 無濾過生原酒 30BY

20200323102110162.jpg  20200323102118927.jpg

 新潟県加茂市のお酒です、ブログでの登場はまだ3回目。
 色々と商品が出ているのに、つい自分の好み優先で、前回飲んだものと同じ雄町の生酒をセレクトしてしまいました…
 しかし、29BYがver.3だったのに、もうver.6.2になっているとは…、色々試行錯誤しているということなんでしょうか(それとも単にタンクで分けてるのかな)。

 裏ラベルには、「製造から2ヶ月以内に飲んでね」ってなことが書いてあるので、購入即開栓でいただいています。

20200323102127077.jpg

 上立ち香はメロンとバナナの中間的な果実香が控えめに。
 含むと、熟感と青さの両方を纏ったような甘旨味が柔らかな口当たりで入ってきて、そこそこの苦味が引き締め役を努めつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、炭酸抜きクリームソーダ的…というとマズそうですが、そこにアルコールの奥深みが加わることでしっかり甘口日本酒としてまとまっている印象のもの、苦味は結構強いのですが浮かずに溶け込んでいる感じですね。
 後味は、苦味がガッツリ引き取るタイプですが、どこか柔らかさもあるいい感じの引き上げ。

 柔らかく落ち着いた、しかし青さもある果実の甘旨味を、最初から最後まで素直に楽しめるバランス系芳醇甘旨酒でした。
 最初はちょっと苦いかなと思ったのですが、飲み進めるとより馴染んできますね、やっぱり辛口派が引くぐらいの甘さの存在感が良いんですよ。
 酸は仄かにあって裏方に徹してます、相変わらず有名銘柄のフォロワーっぽさは強いのですが、ここまでのバランスが良いのはちえびじん同様十四代に相当近いかも…
 荷札酒が進化し続けていることを感じた一本でした。

20200323102136760.jpg

名称:加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.6.2 雄町50 無濾過生原酒 30BY
蔵元情報:加茂錦酒造株式会社
購入価格(税抜):1,880円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年03月26日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

至 純米 生原酒 30BY

家飲みプチ感想 至 純米 生原酒 30BY

20200319133018357.jpg  20200319133027010.jpg

 新潟県佐渡市、佐渡ヶ島のお酒です、ブログでの紹介は3回目
 今までの記事は「至」タグをご参照ください。


 割と好きな銘柄なのですが前回飲んだのが3年前だったので、うのかわ酒店さんからの取り寄せ時に同梱しました。
 2018年11月製造で、飲んだのが2019年11月だったので、結構な生熟コンディションでいただいています。

20200319133034369.jpg

 上立ち香は熟しきった印象のりんご的果実香がそこそこに。
 含むと、ガッツリ味乗りした、しかしダレやしつこさを感じさせない太い甘旨味が、ほんの少々のトロミを伴って入ってきて、青い感じの渋味や熟成感が奥深さを演出しつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、熟した青りんごに蜂蜜を加えたような、熟感と青さを甘味が包み込むような一体感のあるもので、少々クセっぽさもありつつ、甘旨味の魅力が完勝している印象。
 後味は熟感の余韻がありつつも、面白いバランスで自然に引き上げてくれます。

 複雑さと一体感のある甘旨味が魅力的な、個性派芳醇甘口生熟酒でした。
 正直鼻に抜ける香りに若干の生ひね感というか、熟し過ぎ感もあるんですよ、ただ焦げっぽさとかも含め中々面白味があって好み。
 こういう個性的な魅力があるお酒を飲むと、やっぱり地酒っていいなあと思いますね、毎日とっかえひっかえ飲むのが非常に楽しい。
 至、またいつか機会があればいただきたいと思いました。

20200319133049192.jpg  20200319133041522.jpg

名称:至 純米 生原酒 30BY
蔵元情報:花泉酒造合名会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.45/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米

2020年03月24日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ Custom Made ホワイトデー ORIGARAMI 無ろ過生原酒

家飲み速報 たかちよ Custom Made ホワイトデー ORIGARAMI 無ろ過生原酒

20200212162505664.jpg  20200212162523271.jpg

 バレンタインに引き続き、たかちよの限定品です。
 伊勢五本店さんのブログによると、こちらは「黒ラベル」と「ももラベル」のブレンドとのこと。
 ”ホワイト”デーだからか、おりがらみになってますね。
 今回は飲み比べのために、野暮ながら2月初旬に開栓してしまいました。
 
20200212165231024.jpg
 違いは一目瞭然。
 飲み比べでありがちな、酔っぱらって「どっちがどっちかわからなくなる」というのが無いのは有難いですね。

 上立ち香はフレッシュな、オリ的な香りが仄かに。
 含むと、オリ由来の濃厚さとまろやかさのある甘酸旨味が力強い口当たりで入ってきて、その酸で一種の軽さを感じさせつつ、最後までスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、実にフレッシュな青りんご的甘酸味が中心、蜜的な甘味が強めなのが良いですね、苦味がちゃんと抑えられていて、濃厚ながらもスイスイイケる感じ。
 後味は酸が引き取ってしっかりとキレます。

 たかちよらしい濃厚な甘酸味がオリでブーストされつつ、ガスで引き上げる、良バランスの芳醇フレッシュ酒でした。
 中途半端な熟感が気になったバレンタインと比べると、こちらの方が「らしさ」がストレートですね。
 個人的には、飲み比べの軍配はホワイトデーに上げたいと思います。
 ただ、これを3/14まで引っ張って大丈夫なのかという一抹の不安もありますが…(酒質的には、購入即開けの方が良いんじゃないかしら)
 たかちよは限定品含め今後も追っていきます。

20200212162657075.jpg  20200212162638248.jpg

名称:たかちよ Custom Made ホワイトデー ORIGARAMI 無ろ過生原酒
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/500ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年02月14日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ Custom Made バレンタイン 無ろ過生原酒

家飲み速報 たかちよ Custom Made バレンタイン 無ろ過生原酒

20200212162618576.jpg  20200212162629117.jpg

 マイ殿堂入り銘柄のたかちよが、バレンタインラベルとホワイトデーラベルなるものを一ヶ月ずらしで発売していたので、バレンタインを家で一ヶ月寝かして同時開栓飲み比べと洒落こんでみました。
 折角なので、たまにはタイムリーな感想をお届けしたいと思います。
 ちなみに、購入先の伊勢五本店さんのブログによると、こちらは黒ラベル・赤ラベルのブレンドとのこと。

20200212163239327.jpg

 上立ち香は洋梨とかの完熟果実の香りがそこそこに。
 含むと、ほんのり熟感を纏った濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、苦味と渋みでダレ感をある程度防ぎつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、若干砂糖入りのアップルティー的な、割と落ち着いて味乗りもしてきた印象の太い甘渋旨味が主役、苦味はそこそこながら、比較的酸味も抑えめなので、若干飲み疲れる感があるかなあ。
 後味は、甘苦味の余韻を口中に残しつつ、ゆっくりと引き上げていきます。

 熟感と甘、苦、渋が絡み合う、非常に存在感の強い芳醇甘口酒でした。
 発売1月で、2月初旬に開栓したのですが、結構熟感が出てきてましたね。
 やっぱり500mlというのも大きいんでしょうか、レマコム保存でこれなので、家庭の冷蔵庫ならもっと味変してしまいそうな…(もしかしてチョコと合わせさせるため、最初からこれor狙ってるのかしら…)
 次回はホワイトデーラベルを紹介します。

名称:たかちよ Custom Made バレンタイン 無ろ過生原酒
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/500ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年02月12日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 01BY

家飲み速報 たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 01BY

20191223101123246.jpg  20191223101132727.jpg

 毎年飲んでるお酒は感想のみを早めにアップします。
 同銘柄の過去記事は「たかちよ」タグからご参照ください。

20191223101144075.jpg

 上立ち香はフレッシュかつ蜜たっぷり的な甘いりんごの香りが気持ち強めに。
 含むと、甘、旨、酸、苦が見事なまでにバランスを取った、濃厚ながらも柔らかさもある味わいがトロリと入ってきて、最後までバランストと存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり蜜マシマシのリンゴor洋梨的な、フレッシュかつ濃厚な甘酸味が主役、含み香で華やかな印象もありつつ、苦味に旨味が負けておらず、柔らかさに感じるバランスで、ひたすら飲めてしまいますね…
 後味は苦酸の働きだろうと思うのですが、それをハッキリと感じさせない自然かつバッチリなキレ。

 「花浴陽が無ければたかちよを飲めばいいじゃない」と言いたくなるような、甘口派にもろハマる芳醇甘酸旨味酒でした。
 あまり他銘柄と比べるのもなんですが、特定銘柄に群がるよりは、それに代わるような好みの銘柄を見つける方が生産的だと思うのであえて言ってしまいます(最近花浴陽の甘味が控えめで寂しいこともある)。
 味わいについては、分析していくと嫌な要素もある気がするんですが(主に香り由来の苦味)、飲み進めると危険なほど自然にガンガン行ってしまうんですよね。
 流石にこれは相性の面は強いと思いますが、私と同系統の好みであれば、万難を排してでも飲んで欲しいと思います、それほどどストライク。
 あくまで個人的な意見ですが、これは完全に延々と飲める、かつ、食事とも合わせられる系のお酒だと思います。
 たかちよ、相変わらずレッドには「リーダー」たる貫禄を感じさせてもらいました。
 
20191223101216563.jpg  20191223101154110.jpg

名称:たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 01BY
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):2,700円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月29日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「ブラック」 純米大吟醸 厳選中取り 無調整生原酒 01BY

家飲み速報 たかちよ 「ブラック」 純米大吟醸 厳選中取り 無調整生原酒 01BY

20191223101012606.jpg  20191223101021814.jpg

 毎年飲んでるお酒は感想のみを早めにアップします。
 同銘柄の過去記事は「たかちよ」タグからご参照ください。

20191223101030196.jpg

 上立ち香はかなり熟れた感じの濃厚なパイナップル香が気持ち強めに。
 含むと、実に濃厚な甘旨味が、かなり華やかな含み香を伴いつつ、それ由来の苦味と拮抗しながら、最後まで存在感を保ったままゆっくりと口中に広がります。
 味わいは、熟れきった砂糖増しのパイン的な甘酸が中心にありつつ、香り系の苦味が結構強くて、全体としては非常に賑やかな印象ですね、とにかく華やかフルーティー。
 後味は苦味が引き取る形で力強くキレる感じ。

 極めて華やかな含み香とそれに伴う苦味とたかちよらしい甘味がせめぎ合う芳醇甘酸酒でした。
 黒はこういう華やかな印象はありますが、今回はちょっと香りと苦味に旨味が負けてるかな~、若干飲み疲れる感。
 といいつつ、やっぱり甘旨の心地よさは魅力的で、方向性がわかりやすいので、そっち系が好きなら十分楽しめると思います。
 次回は本命、レッドをご紹介する予定。

20191223101048720.jpg  20191223101039098.jpg

名称:たかちよ 「ブラック」 純米大吟醸 厳選中取り 無調整生原酒 01BY
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰

家飲み記録 吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰

20191014144414156.jpg  20191014144424442.jpg

 新潟県長岡市のお酒です。
 実は外飲みも家飲み経験もあまりない銘柄。

 以前の記事で書いた通り、吉乃川は、酔鯨、浦霞と共に、私の記念すべき初家飲み銘柄だったりします。
 その時の感触や知名度から「自分が敢えて飲む銘柄ではないかな…」と距離を置いていたのですが、今回は日本屋の店長さんが激推ししていたので、試飲の上で購入しました。
 2019年5月に登場した新商品らしいのですが、割と詳細な商品紹介ページがあるのは流石大手って感じ。
 自社で農業法人を設立して、地元で山田錦を栽培しているとのことでした、お米の確保手段としては最も確実な方法ですね。

 精米歩合は60%、生詰(一回火入れ)です。
 (生酒派の)私としては珍しいセレクトですが、これまた試飲しているので安心して購入。

20191014144448175.jpg  20191014144437266.jpg

 上立ち香はセメダイン混じりで、キウイを思い出す爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、程よく落ち着きながも若干青さも残したようなあまうまみが実に上品な口当たりで入ってきて、柔らかい酸と渋味で輪郭を整えつつ、やんわりと染み入って来ます。
 味わいは、うーんあえていうとレーズン的な落ち着いた甘渋味を感じますね、ただ濃度・インパクトは中庸って感じで、満足感と飲み秋なさをしっかり両立させている印象。
 後味は、渋味の余韻を残しつつ、酸も若干働いて、自然かつしっかり引き上げてくれます。

 芳醇と淡麗、熟成とフレッシュ、モダンと伝統、いろいろな要素の中で中庸に徹することで、一種のオンリーワンさを得たようなお酒でした。
 う~ん、流石にハイレベルですね…、生酒狂いである私のストライクゾーン真ん中ではないはずですが、実力を思い知らされるって感じ。
 なんとなく乳酸的なニュアンスもあるかなあ、個人的にはやさしい甘味に焦点があたりますが、人によってはキレの良い辛口酒と感じることでしょう。
 吉乃川、またこういう限定品を出していって欲しいですね。

20191014144458240.jpg

20191014144508487.jpg  20191014144518835.jpg

名称:吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰
蔵元情報:吉乃川株式会社
購入価格(税抜):1,593円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月22日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松乃井 吟醸 なま

家飲み記録 松乃井 吟醸 なま

20191014132133518.jpg  20191014132205149.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回前々回に続いての紹介です、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

 こちらのお酒については、遠州屋酒店の店長さんが、「宴会に必ず持っていくお酒」として紹介していました。

 
 一人の酒飲みとして、そういう自分の中での勝負酒というか、他の人に是非飲ませたいお酒が有るっていうのは素晴らしいと思いますね。
 私の場合は花陽浴・風の森・桃の里のどれかかなあと思うのですが、割と保存に気を使う銘柄なのが中々難しいんですよねえ…

 閑話休題、スペックについては…、あまり記載有りませんね、アル添有りの生。
 ただ、精米歩合50%で大吟醸を名乗っていないのは一つのポイントでしょう、軽々しく大吟醸を名乗らないスタンスって感じですね。
 青瓶ですが、口付近を見る限り、薄青瓶問題とは関係ない瓶ですね。

20191014132250554.jpg  20191014132219252.jpg

 上立ち香は程よく熟した感じの果実的香りが仄かに。
 含むと、やはり落ち着いた、存在感の濃い旨味が、アルコールの辛さもあって極めて高密度に凝縮された感じで、ジワジワキリリと染み込んできます。
 味わいは、うーん実にまとまりのある玄人好みの印象の落ち着いた旨渋味が中心にありますね、アルコールの辛さはかなり強いのですがバランスを崩すこと無く、全体として自然にどんどん飲めてしまいます。
 後味は、辛さがバッチリと、しかしなぜかキツさが抑えられつつ、素晴らしくキレます。

 伝統を感じるような落ち着いた旨味と、アルコール由来の辛さをガッツリ感じさせつつ、古臭さを感じさせない良バランス旨辛酒でした。
 これまたアル添否定派に飲んでみて欲しいですね、アル添を感じさせないのではなく、その良さ・意義をストレートに感じさせてくれるお酒だと思います。
 甘さが少ないのは個人的には寂しいですが、そういう系でないので納得感はあります。
 ただ、今の私なら楽しめますが、正直やっぱこの刺激は嫌いな人もいるでしょうね…、まあ慣れと好みでしょう。
 このあたり、個人的には飲めた方が選択肢は広がるとは思いますが、無理に飲むことはないだろうというスタンスです。
 松乃井は、色々と日本酒のイメージを広げさせてくれました。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/03/221900

20191014132229661.jpg  20191014132240400.jpg

名称:松乃井 吟醸 なま
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造)

家飲み記録 松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造

20191014132415133.jpg  20191014132425924.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回に引き続いての購入ですね、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

松乃井というと、個人的には日本酒ブログ「きたろーの酒ノート」さんのイチオシ酒という印象を前から強く持っています。
 なので、飲む機会を伺っていた銘柄ではあったんですよね、ただ、近所に特約店がなかったり、出会っても一升瓶だったりで中々…
なお、当ブログでは以前「凌駕」という同蔵別ブランドを頂いたことがあるのですが、有識者によるとやっぱり味わいが違うとのこと。
 そんなこんなで、今回まとめて色々いただけたのは非常に良い経験になりました。

 こちらのお酒についてスペック等の情報について、詳細はきたろーさんの記事を是非ご覧ください。
 ここまで情熱を持ってしっかり書かれたら、さらにこちらで書くことは無いです(笑)
 本醸造酒のイメージとかけ離れた、洒落たラベルの500ml薄青瓶という見た目も特徴的ですね。

20191014132440067.jpg

 上立ち香はなんとなく米クリームといった趣の若干くぐもった落ち着いた香りがそこそこに。
 含むと、極めて力強い旨味が、やはりアルコール的刺激の引き締まりを伴いつつ、最後までしっかりと存在感を保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、見事なまでに味乗りした印象の旨味が厳然たる主役、心地よい系の苦味もあって、砂糖入りオレンジを皮ごと煮詰めたような雰囲気かしら、そしてピリピリ感がいい感じで熟のダレを防いでくれます。
 後味は、濃厚な味わいをアルコールの辛さで引き取る、アル添の良さを押し付ける感じのキレ。

 一種重いぐらいの熟した旨味を、アルコールの辛さが見事に引き取る、本醸造らしくもその上を行く感じのお酒でした。
 いやあコンセプト通りのお酒って印象ですね、純米派にも是非飲んでもらいたいような完成度かと。
 ただ、良い悪いは別にして、やっぱり他の茶瓶のお酒と熟感の方向性に違いはあるような…(少しくぐもっていると言いますか)、このお酒の場合は味わいが負けていないのであまり気にならないのですが。
 松乃井、次はまた別スペックを紹介いたします。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペックの記事(BY違い)
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/28/223841

20191014132450466.jpg

名称:松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月02日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松の井 吟醸 火入れ

家飲み記録 松乃井 吟醸 (2017年10月製造)

20191014132301898.jpg  20191014132331480.jpg

新潟県十日町市のお酒です。
同蔵のお酒は家飲み経験有りですが同銘柄は初めて、こちらも遠州屋酒店さんで買えるお酒です。

遠州屋酒店さんの素敵なところその③として、「製造年月が古い掘り出し物のお酒がある」ということがあると思います。
一般的な食料品の感覚では、古いものは悪いものというふうに考えがちだと思いますが、日本酒に関しては、場合によってはワイン的な感覚で、熟成によってより旨くなるということがザラにあるわけです。
ただ、蔵元での管理された熟成と違い、例えばスーパーでの売れ残り酒なんかはだと、管理状態が悪い・または酒質が熟成に向かない等の理由で、単に「老ね」て嫌な匂いが出てくることも多いんですよね。
しかし、遠州屋酒店さんでの取り扱い銘柄は基本的に酒質が「強い」熟成に向くお酒が多いので、割と安心して買えるというのは非常に大きいと思います。

今回いただくのは約1年半前に製造されたものですね、使用米は山田錦の50%精米、アルコール添加有になってます。
火入れということもあり、熟成的にはまだまだ序の口といったところでしょうか。

20191014132341781.jpg  20191014132352379.jpg

上立ち香は実に落ち着いた、果実っぽくも甘さが抑えられた香りが控えめに。
含むと、やはり落ち着いた印象の存在感のある旨味が実に自然な口当たりで入ってきて、火入れ的な含み香を伴いつつも、最後までまとまりを保ったまま染み込んできます。
味わいは、実に柔らかい砂糖菓子のような甘味を纏った、しかしお米を感じる旨味が中心、苦渋もしっかり存在するのですが不思議な程に裏方に徹している印象、アルコール的辛さも浮かずに一体となっている感じですね。
後味は、アルコール的辛さが受け持ちつつも、実に自然な感じで引き上げます。

落ち着いた柔らかい完熟系の旨味を、辛さが最小限の役割を果たして引き上げる、アル添の良さを感じられるお酒でした。
飲み始めに火入れっぽい香りが伴うのが私には若干マイナスではあります、ただそれ以外の部分は素晴らしいバランス。
実際飲みごたえがあるのにどんどん飲めるんですよ、これはやっぱりアル添の利点が最大限に発揮されているように思えますね。
実は松乃井は3スペックほどまとめて入手したので続けてご紹介します。

20191014132403173.jpg

紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/11/02/214941

名称:松乃井 吟醸 (2017年10月製造)
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 松乃井 吟醸

2019年10月30日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ