鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

家飲み記録 鮎正宗 純米生原酒 仕込27号

20180704124314917.jpg  20180704124324893.jpg

 新潟県妙高市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 ○○正宗とは良く聞きますが、鮎の名を関するというのはなかなか面白いですね。
 蔵元ホームページによると「昭和の初めに当酒蔵に程近く保養地として有名な妙高高原町の赤倉に滞在された京都伏見の若宮博義殿下から、この地で鮎釣りをした際に命名していただきました。」とのこと。
 どうでも良い話ですが、私は鮎が非常に好きで良く塩焼きを酒の肴にしています、ぬめり取って塩振って焼けば良いという手軽さも魅力ですね。
 このお酒も、鮎と一緒に飲むのがベストな楽しみ方なのかも…

 話がずれました、スペック情報は精米歩合65%の生原酒ということ以外は、ホームページの商品紹介にすら載っておらず、あまり書くことがありません…
 この辺りはいかにも昔の銘柄って感じですね、ただ、飲み方や味わいの特徴について、簡潔に記載があるのには好感が持てます。

20180704124340064.jpg

 上立ち香はセメダイン系のスッキリフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、高濃度のちょい青い感じの旨味が塊で入ってきて、そこそこ強めの苦渋と相まって、荒々しさと勢いある感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、皮混じりのメロン的な青く苦く甘い感じの旨味が中心ですね、酸味もちょっとあるかな、全体的としては五味がそれぞれ主張しあってバランスを保つタイプ。
 後味は旨渋を酸苦が引き取る感じで力強くキレます。

 青く荒く力強い旨味がどストレートで攻めてくる、極めて新酒生原酒らしい高濃度フレッシュ酒でした。
 荒いっちゃあ荒いのですが、苦味があまり嫌らしくないのは良いですね。
 ただ、あえて飲み手の側から面倒臭い事を言うと、最近の人気銘柄は生酒にキッチリ焦点を合わせているので、その市場で売りたかったら「新酒は荒いもの」というところでとどまらず、もう一歩洗練された味わいを目指して欲しい気がします。
 鮎正宗、また機会があればいただいてみたいと思います。

20180704124429112.jpg

名称:鮎正宗 純米生原酒 仕込27号
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:17.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:鮎正宗酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鮎正宗 純米

2018年08月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

二代目 二才の醸 とみやま農園 純米吟醸 生原酒

家飲み記録 二代目 二才の醸(にさいのかもし) とみやま農園 純米吟醸 生原酒

20180619102459929.jpg  20180619102509516.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 一見して奇抜な見た目と名前が気を引くお酒ですね。
 元々「二才の醸」というのは銘柄名であると共に、埼玉県の石井酒造が始めた「20代の杜氏が醸す」というコンセプトのプロジェクト名という感じらしいです。
 2016年に石井酒造の杜氏が30代になるのに伴い、「銘柄引継式」を行って、この二代目の宝山酒造に銘柄譲渡を行ったとか…(この辺りの詳細はSAKETIMESに記事がありました)。
 ブランド立ち上げ時には、最近増えてきたクラウドファンディングをいち早く使っていたみたいですし、若さゆえの積極性、機敏さを感じますね。
 
 スペックは新潟産コシヒカリを60%まで磨いた純米吟醸、いわゆる飯米利用系です。
 蔵元の商品紹介を見ると、もう一つ「あべ農園」バージョンがあって、農園違いの飲み比べが推奨だったらしいのですが、私としては初飲み銘柄を一気に2本買う気にはなれませんでした…
 なお、ラベルデザインはなんとグッドデザイン賞を取っているようです、何から何まで斬新というか、思い切った売り方ですね。

20180619102519014.jpg

 上立ち香はバニラ感のあるフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、バランスの良い甘旨酸味が自然な口当たりで入ってきて、ほどほどの渋味の働きで引き締まりを維持しつつ、割りとスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘、酸、旨味がバランス良く混じりあった果実的な感じのもので、少々の渋味が奥深さを添えながらも、あまり荒さを感じさせないまとまりがあります。
 後味は、酸渋が引き取ってしっかりとキレます。

 実に今風な雰囲気の旨味を素直かつ力強く楽しませてくれる、新世代芳醇甘酸酒でした。
 これは最近の日本酒を知らない若者にも、年配の人にも飲んでみて欲しいお酒ですね。
 いやあこれは見た目だけのお酒ではないかと…、前提としてちゃんとした酒質があって、それを広めるためにデザインや企画に凝るというのは素敵なことだと思いますね(パッケージ代が露骨に値段に転嫁されるのは困りますが)。
 二才の醸の三代目以降及び、宝山酒造のお酒について、今後注目したいと思います。

20180619102530205.jpg

名称:二代目 二才の醸 とみやま農園 純米吟醸 生原酒
精米歩合:60%
使用米:コシヒカリ
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:宝山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月30日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

家飲み記録 村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

20180223104504349.jpg  20180223104512038.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの登場は5回目。

 この「黒」については、2年前(27BY)にいただいて、あまりの旨さにマイ殿堂入りさせています
 が、昨年は買い逃してしまいました…、店員さん曰く昔より明らかに売り切れが速かったとのこと。
 うーむ、ブログで紹介したために若干自分の首を締めた気も…、そりゃこの味は知られれば売れますわ。

 スペックは相変わらず非公開ですが、このロットについては「日本酒のカルテ」さんに気になる情報が載っていました。
 そちらによると、今回は28BYのものを10ヶ月程度氷温熟成させてから出荷したものだとか…、凄く重要な情報だと思います。
 なお、12月購入4月開栓。 

20180223104456000.jpg

 上立ち香はうっとりするような甘い個性的な香りがそこそこに。
 含むと、滑らかな口当たりの甘酸味がスルリと入ってきて、最後までその甘味酸味の純度を保ったまま、しかしほんのりと渋味の奥深さを彷彿とさせつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、極めて純度の高い甘味が中心にありつつ、今年は結構酸味も強くて金柑の砂糖漬け的な果実感が出てますね、ただやっぱり雑味の無さは心地良い…、普段飲んでるお酒の一歩先を見せてくれます。
 後味は、濃厚な甘味を酸で引き上げる印象で、自然にキレます。

 非常に純度の高い甘味と酸味が、繊細ながらもダイナミックにバランスを保つ、高次元な芳醇甘酸酒でした。
 う~ん、極めて上品ではあるのですが、今回は和三盆から離れちゃったかな…、個人的には「低酸」が魅力と思っているのでちょっと残念ではあります。
 甘味と酸味でバランスを取るお酒は結構ありますからね…、個人的には「上品さ」には高いお金を出すつもりは無く、高級酒にもあくまで個性を求める性質なので(具体例:風の森TYPE2)、若干肩透かしな感触。
 村祐、来期この「黒」を買うかどうかは、熟考の上で決めようと思います。


 (以下ちょっと愚痴。スルー推奨。)
 う~む、情報非公開を徹底するなら味わいの再現性には気を付けて欲しいと思いますね…、通常の価格帯ならともかく、私としては毎年清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しているわけで。
 そりゃ氷温だろうが熟成させたら良くも悪くも味は変わりますよ、納得ずくで買うならともかく、そんな違いを黙ってるってのはちょっと…
 基本的に村祐の徹底した姿勢は好きではあるのですが、今回はちょっといかがなものかと思った次第です。
 (まあ初めて飲んだ人は普通に美味しいと思うでしょうし、常盤ならそんなことは思わないので、冷静に考えると私が貧乏性なゆえに高級酒に対するハードルが無茶苦茶高いだけなんですけどね…)

紹介:「日本酒のカルテ」さんの同スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/sakechart/archives/murayu-kuro-2018by.html

20180223104519518.jpg  20180223104528488.jpg

名称:村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):4,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0(価格を考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸 生原酒

家飲み記録 越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸 生原酒

20180705174358277.jpg  20180705174557707.jpg

 新潟県小千谷市のお酒です。
 同蔵のブログでの登場は2回目。

 このお酒は、割と最近紹介した「伊乎乃」と同じ蔵の商品でした、実は買ってから気づきました…
 蔵元ホームページを見ると、「雪中貯蔵酒発祥蔵」というところをハッキリとアピールしていますね(トップページにある写真は一見の価値あり)、裏ラベルにも「雪のおくりもの」と題して解説文が載っています。
 0度で100日間生のまま寝かせているとのことなので、結構熟成は進んでいそうに思えますね。
 なお、ホームページには火入れだけで、この生酒の記載はなさそうですね、季節限定品の中でも限定ものという感じでしょうか。
  
 精米歩合は55、使用米は記載なしで不明。
 製造年月は「2017.04」との記載、これは多分瓶詰月で、中身は28BYということだと思うんですが…
 こういう熟成ものだと瓶詰日と蔵出日両方書いてもらわないとわけがわからなくなるんですよね、店頭に並んだ時点で一年前の日付ってどうなのかしら。

20180705174608498.jpg  20180705174616654.jpg

 上立ち香は濃厚かつかなり生熟した感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはりガッツリ生熟感のある濃厚な甘旨味がググっと入ってきて、ほんのりとした苦渋でしっかりと輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、一瞬生ヒネかと身構えるレベルで熟していながら、甘味に苦渋が奥深みを加え、さらに結構強めの辛さが伴うことで、全体としては結構キリリとした印象が残りますね。
 後味はその辛さが引き取って、力強くキレます。

 しっかりと熟しながらも引き締まった甘旨味をガッツリ楽しめる、独特な濃厚甘辛酒でした。
 最初は熟甘の印象を強く感じるのですが、飲み進めるとこのお酒の本質は辛さにあるような気がしてきました。
 雪中貯蔵の効果はともかくとして、生熟酒としては一種セオリー通りな印象ですね、濃い味をダレ感無しでしっかり引き上げます。
 結構色々と積極的な試みをしている印象がある蔵なので、今後も要注目かと思います。

20180705174626835.jpg

名称:越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸 生原酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:高の井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,713円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月14日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

あべ 定番純米吟醸 おりがらみ生酒

家飲み記録 あべ 定番純米吟醸 おりがらみ生酒

20180404121028500.jpg  20180404121038537.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です。
 ブログでの登場は4回目と、出会ってからは毎年飲んでますね。

 「日本酒感想日誌」さんイチオシ銘柄ということで飲み始めたあべですが、実際私としても好きな味わいであることが多く、お気に入り銘柄に入りつつありました。
 ただ、今までの記事では売り方については若干ディスり気味になっていたような気がします、特に前回は四合瓶が少ないことに文句を言った上に、「ラインナップを整理してしっかり定番スペック出せや(要約)」的な事を書いております。
 で、今年出てきたのがこの商品なんですよ、いやあまさかラベルに「定番」と明記してしまうとは、御見それしました。
 まあここ見て決めてるわけじゃないでしょうし、とうに検討していることだったんでしょうね、偉そうに書いてしまったことをここにお詫び申し上げます…

 さて、スペック等については裏ラベルに非常に詳細かつ有用な記載があるので、下の写真を是非ご参照ください。
 あべは一貫して原酒なのにアルコール度が低めなのが凄いですね、普段日本酒飲まない層にも勧めやすいかと。


 上立ち香はグレープフルーツ的なみずみずしい酸の香りが控えめに。
 含むと、やはり酸が中心にあるフレッシュな旨味が勢い良く入ってきて、最後までその酸を中心にしっかりまとまりを保ったまま、ググッと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、フレッシュな酸が中心ながら、苦味は控えめかつおりがらみ的な米の旨味もしっかりあって全体としてはむしろ柔らかく感じる部分もあり、旨味の濃度と引き締まりをこれ以上ないほどのレベルで両立させていますね。
 後味は酸がしっかり引き取ってしっかり、かつ自然にキレます。

 柔らかさとキレを両立させるという高難度の課題を、非常にハイレベルに達成している、オンリーワンなキレ良し酒でした。
 なんというかありそうでない感じですね、伝統的辛口とは違うし、甘酸っぱ系でもないし、淡麗という感じでもない。
 あえていうと宝剣に近いと思いますが、こちらのほうがより酸味寄りですね、より果実的といいますか。
 あべは、個性と完成度を兼ね備えた「本物」銘柄であると確信させてくれた一本でした、今後さらに注目したいと思います。

 なお開栓後も全くダレず、最後までじっくり楽しめることが出来ました。
 う~ん、これは凄いな、このポテンシャルにすぐに気づいた日誌係さんの慧眼には脱帽ですわ…

20180404121047564.jpg

名称:あべ 定番純米吟醸 おりがらみ生酒
精米歩合: 麹50% 掛55%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):1,570円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒

家飲み記録 伊乎乃(いおの) 特別純米 初しぼり中汲み生原酒

20180118145137807.jpg  20180118145146442.jpg

 新潟県小千谷市のお酒です。
 家飲み・外飲み含め初めていただきます。

 初飲みということで銘柄名でググってみたところ、真っ先に「モトックス」という会社のページが出てきました。
 どういうことやねんと、もうちょっと同社について見てみたところ、どうやらワイン中心に酒類の卸・販売をやっている会社みたいですね。
 蔵元と連携してブランディングした銘柄を売り出しているという感じなのでしょうか、商品紹介ページにある「ワインのモトックスならではの日本酒チョイスにご期待ください。」というアピールはなかなか面白いアプローチかも。
 ラベルもいかにも垢抜けてますね、それでいて裏ラベルの情報が充実しているのは好印象。
 ちなみに、同蔵の通常銘柄は「越の初梅」などのようです、こちらはちょっと昭和の匂い。

 スペック的には、魚沼産五百万石の60磨きの生原酒ということで、割と正統派な印象。
 お米の生産者や認証情報に関する記載が特に詳細なのは、やっぱりテロワールを意識しているみたいですね、十年一日のごとく(原料米:国産米)とか舐めた記載(笑)している蔵には見習ってほしいところです。

20180118155941978.jpg  20180118145155041.jpg

 上立ち香は爽やかな酸とセメダインを感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、やはり爽やかな印象の甘酸味が勢い良く入ってきて、最低限の苦味を奥の方に感じさせつつ、最後までバランスを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり柑橘系果実の甘酸味が主役、濃度は程々で、中取りらしい雑味の無さが魅力ですね、これはガンガン行ってしまいます。
 後味は自然な印象のまま、いつの間にか消え去る完璧に近い引き上げ。

 ワイン卸の会社が勧めるお酒として納得感のある、極めて完成度の高い甘酸系爽やか食中酒でした。
 如何せん私の好みは偏っていて、所謂食中酒は基本避けるのですが、それでもこのお酒が良く出来ていることはわかります、コスパも良好。
 むしろ当ブログが推す銘柄を濃すぎだとおもったり、そもそも無濾過生原酒系が重すぎて苦手だったりする方に飲んでみて欲しいお酒かも、そういう意味ではもっと知られてよい銘柄ですね。
 伊乎乃は覚えておくとともに、同蔵の「越の初梅」や、モトックス社のもう一つの日本酒銘柄「庵」もいつか飲んでみたいと思いました。

20180118155953653.jpg

名称:伊乎乃 特別純米 初しぼり中汲み生原酒
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:高の井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/750ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY

家飲み記録 たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY

20180404120903510.jpg  20180404120911971.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの登場は2ケタに及んでいる、まさに定番銘柄の一つですね。

 たかちよについてはタータンチェックラベル等の新製品(限定スペック)がガンガン出てきており、最近はついそちらを優先して購入しがちな状況だったりします。
 が、この「レッド」だけは抑えておきたいという思いが強いんですよね、自分としてはたかちよを「マイ殿堂入り」銘柄に入れる決断の根拠になったスペックですし、個人的にひらがな「たかちよ」未経験者にはまず飲んでみてほしいと思う、もっとも「らしい」スペックだという印象です。
 通常カラーについては各色合わせて「たかちよレンジャー」という愛称がありますが、このレッドはまさにリーダーたる資格を持っていると思いますね。
 
 最近のたかちよは結構しっかりスペック情報の表記があるものが増えている印象がありますが、このレッドは相変わらずほぼ非公開。
 使用米は多分一本〆だと思うのですが…確実なところは不明です、個人的には扁平精米の効果を知りたいという意味で精米歩合表記して欲しいんですけどね…
 無調整(無炭素濾過)の生原酒であることはいつも通り。

20180404120926765.jpg  20180404121018091.jpg

 上立ち香はやはり非常に濃厚かつ甘さを感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、結構バランスの良い印象の甘酸旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした苦味で輪郭を整えつつ、最後まで存在感を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、リンゴというよりはアップルジュース(透明な方)という感じの割りと爽やかな甘酸が主役、苦味はあくまで脇役ながらしっかりとダレを防ぎ、全体の印象は濃厚かつしっかりとバランスが取れている感じ。
 後味は、酸メイン、苦味サブで、バッチリ引き上げますね。

 芳醇甘口酒のど真ん中を往きつつも、バランス系のまとまりも感じさせる、ハイレベルな甘酸フルーツ酒でした。
 うーむ、やっぱりこのレッドは良いですね、看板商品として造り方が確立されているのであろう、安定感があると思います。
 やはりこのレギュラーシリーズあってこその新商品攻勢といえるでしょう、この土台は是非維持していって欲しいところ。
 たかちよ、未経験の方は是非このレッドをお試しください。

 そして、何気に開栓後三日目ぐらいがベストかも…、まとまりと落ち着きが増して、次の杯への誘引力が強まりましたね。
 その時点で飲み干してしまったので以降はわかりませんが、変化の面でも安定感のあるスペックだと思います。

20180404120945106.jpg  20180404120956984.jpg

名称:たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月02日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒

家飲み記録 鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒

20180110013456094.jpg 20180110013504665.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目ですね、にごり酒特集の9本目。

 鶴齢は、外飲みでの印象もいつも安定して良く、個人的には鉄板銘柄の一つだと思っています。
 今回にごり酒をまとめ買いしている最中、持って来いの商品を見かけたので速攻でキープしてしまいました。
 なぜか立派な箱入りですね、雪の結晶が舞う中、鶴が飛ぶというデザインは銘柄名とも相まってなかなか素敵。

 蔵元ホームページには商品紹介がしっかりありますが、使用米はなぜか「酒造好適米」とほぼ意味の無い記載…。
 酒屋さんによっては「越淡麗」と明記しているみたいですが、詳細は謎です、精米歩合は60。
 箱入り密閉栓だったので、まあある程度は持つだろうと見越して、11月購入ながら2月開栓となりました。

20180110013530361.jpg  20180110013540090.jpg

20180110013549474.jpg

 注ぐとがっちりシュワシュワしてますね、密閉栓様様というべきでしょう。

 上立ち香は、ガスを強く感じる、セメダイン系のスッキリとした香りが控えめに。
 含むと、硬度の高い印象のしっかりした旨味が、シュワシュワとした口当たりでググっと入ってきて、少々の苦味も手伝ってギッチリ輪郭を保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、マスカット系の甘酸を感じる力強くかつ引き締まった旨味が主役、ガスも相まって、非常に飲みごたえがありつつ、ガンガンイケてしまう魅力もあります。
 後味は苦酸がしっかり引き取る感じで見事にキレます。

 もともとしっかりした旨味を、バランスを保ったままさらににごりがブーストするような、極めて完成度の高い濃厚にごり酒でした。
 購入した酒屋さんによると、この「にごりざけ」は昨年まで本醸造で出ていて、純米スペックとしては今年初登場だったらしいです。
 それでこれだけの完成度なのですから、蔵元の実力をビンビンに感じますね、コスパも文句無し。
 個人的にも、旨味甘味を重視したこういうにごり酒が増えてくれること自体、嬉しい限りです。
 鶴齢への信頼を一段と増してくれた一本でした。

20180110013513394.jpg  20180110013521887.jpg

名称:鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒
精米歩合:65%
使用米:越淡麗
アルコール度:17%
日本酒度:+1
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月18日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ

家飲み記録 たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ 

20180109130413485.jpg  20180109130422049.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの定番&殿堂入り銘柄ですね。

 たかちよの季節限定品になります、本当に今更の掲載になってしまいましたが、実はちゃんとクリスマスに飲んでいたりします。(タイムラグ三ヶ月…)
 ひらがな「たかちよ」のレギュラーシリーズについては一応全色飲み終わっているのですが、こういう季節限定ものとか「カスタムメイド」とかがちょくちょく出るので、ついつい手を出してしまいますね。
 あまり新シリーズを出しまくるのも落ち着きが無いなあと思うところですが、私としては現状完全にそれを助長する側に回ってしまっているので、何とも複雑な気分…
 
 詳細スペックは例によって非公開ですが、同銘柄の「緑ラベル」と「赤ラベル」をブレンドしたものらしいです。
 ラベルはそれに対応して赤と緑のチェック柄にしているとのこと、いやあ洒落たことしますねえ。
 なお、クリスマス開栓を想定しているからか、500mlボトルになっています、そのせいかお値段はいつもよりちょいお高め。

20180109130431049.jpg

 上立ち香はあま~い感じの果実香に少々お米が混じった感じの香りがそこそこに。
 含むと、トロリとした濃厚な甘旨味が割合自然な口当たりで入ってきて、そこそこの酸と完全に裏に回った苦味で輪郭を保ちつつ、ゆっくりと染み入ってきます。
 味わいは、やはりトロピカルな印象の柑橘系果実の甘旨酸が主役、苦味やキツさはしっかり抑えられていて、最後までその甘旨をストレートに楽しませてくれますね。
 後味は酸と、ほんのりという程度の苦味が引き取って、ちゃんとキレます。

 ブレンドの可能性を感じさせてくれる、たかちよらしさと面白いバランスを両立させた、割りと飲み飽きしない芳醇甘旨酒でした。
 通常の緑と比べるとフレッシュ感がほどほどな感じになっているのがなかなかグッドですね。
 全体的にバランスが良い感じで、実にたかちよらしいトロリとした甘味を素直に楽しめました。
 たかちよ、こういう限定酒なら大歓迎ですね、今後も追っていこうと思います。

20180109130440516.jpg  20180109130449432.jpg

名称:たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ
精米歩合:不明
仕様米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/500ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒

家飲み記録 イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒

20180309110629591.jpg  20180309110640274.jpg

 新潟県魚沼市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 このお酒はまあジャケ買いですね、置いてあったのがうえも商店さんだったので味も間違いはないだろうという判断です。
 実際このラベルは目を引きますよねえ、その時点である意味勝ちでしょう。
 で、購入後にこちらを醸す玉川酒造のホームページを見に行ったのですが、まあブランド乱立のひどいこと(笑)
 一応代表銘柄はラベルにもある「玉風味」なんでしょうか、高度数で有名な「越後さむらい」も同蔵ですし、「越乃玉梅」なんて銘柄もあるとか…

 イットキーは商品紹介では「変わったお酒」カテゴリに入っていました、載っているのは火入れですが、今回いただくのは生版。
 (ちなみに火入れ版の感想は最近「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんが書かれてました、そちらも是非。)
 最後に新聞記事画像が載っていて、それによると「同社の一般的なお酒より甘味も酸味も5倍」とのこと。
 アルコール度数が12度と低いことも併せ、この時点で大体の味わいの方向性は付きますが、できるだけ先入観を排していただきます。

20180309110702507.jpg  20180309110620449.jpg

 上立ち香は…なんだろうねっとりとした果実的な酸の香りが仄かに。
 含むと、甘酸っぱい旨味が軽やかに入ってきて、そこにほんのりとした渋味が奥深さを添えつつ、最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり明らかに日本酒離れした甘酸っぱさが主役なのですが、低アル的な軽さと酸渋のバランスが相まってとにかくスイスイいってしまう印象。
 後味は酸っぱみを口中に仄かに残しつつ、自然に引き上げます。

 「日本酒の新しい世界を開くカギ」というコンセプトに違わない、スルスル甘酢っぱ酒でした。
 といいつつ、最近は結構こういう甘酸っぱ系の日本酒は出てきてますよね(アンプレビュとか)、そしてその中でもこのお酒はレベルが高いように思えます。
 こういう分かりやすい個性のお酒というのは目立つ部分に意識が向きがちですが、実はそれ以外の「全体のバランス」とか「日本酒的奥深さ」とかの部分にこそ、銘柄としての実力が反映される気がしますね。
 同蔵の他のお酒もちょっと気になる今日このごろでした。

20180309110649022.jpg

紹介:「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの類似スペック(火入れ)の記事
http://www.osakemirai.com/archives/22617549.html

名称:イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:12%
日本酒度:不明
蔵元情報:玉川酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月11日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鬼夜叉 遠心分離 純米吟醸

家飲み記録 鬼夜叉 遠心分離 純米吟醸

20171227150646030.jpg  20171227150654543.jpg

 新潟県佐渡市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 北海道出張時の「酒舗七蔵」さんでの購入酒、全3本のうちラスト3本目。

 こちらを醸す北雪酒造は全国規模の佐渡地酒蔵の雄といった印象がありますね、「YK35」なんていういかにもなネーミングのお酒を(意味はwikipedia参照)チタンボトルに入れて20万の値付けをしたりと、売り方もなかなか強かだなあと感じていました。
 そんなわけで何となく自分の購入対象には含めていなかったのですが、かの日本酒まんが「いっぽん!」でこの鬼夜叉が紹介されていたことで興味が出てきて、今回セレクトするに至った次第です。
 最大の特徴はやはり「遠心分離」ということでしょうね、KURANDの記事によると、国内では10社程度が採用しているそうですが、そのための機械は一台二千万円程度するとか…
 規模が大きめの蔵でもこの規模の設備投資は勝負といえるでしょうね、酒質向上のためにそれだけの決断をするというのは素晴らしいことかと思います。

 裏ラベルには関連情報がびっしりと…、流石にここでは書ききれないので、蔵元の商品紹介ページもご参照ください。(買える店一覧があるのも素晴らしい)
 遠心分離は基本的には高級酒に使われるようですが、この鬼夜叉は良心的なお値段なのが有難い限り。

20171227150704160.jpg

 上立ち香は熟成香皆無の、程よく熟したリンゴ系の果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの甘旨味が極めて滑らかな口当たりで入ってきて、ほんのり伴う苦味と、尻上がりに強まる辛さでガッチリと引き締まりつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、最初は吟醸酒らしい甘旨がフワッと広がるのですが、苦辛も存在感があって、割りと落差の激しいタイプのお酒かと…
 後味は、少々の苦味を口中に残しつつ、バッチリキレます。

 しっかりとした旨味がありつつも、雑味の少なさと程よい苦辛で、ガンガンイケてしまう危険なお酒でした。
 一口目はちょっとインパクト不足かもと思ったのですが、飲み進めると「嫌な部分が無い」というところがどんどん染み込んで来て印象がどんどん良くなりますね。
 このお酒に関しては、私のような甘味偏重人間以外の人のほうが正当な評価ができるでしょう、といいつつ私も十分楽しめてはおります、火入れでこれは凄いことかと…
 北雪の実力をひしひしと感じた一本です、また他の限定品も買ってみたいと思いました。

 ちなみに開栓後も全くダレませんね。
 あらゆる意味で完成度の高いお酒として、少なくとも一度買って損はないお酒だと思います。

20171227150713051.jpg

名称:鬼夜叉 遠心分離 純米吟醸
精米歩合: 麹:50% 掛:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社北雪酒造
購入価格(税抜):   円/720ml
購入した酒屋さん:酒舗七蔵(札幌)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月23日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

越後鶴亀 純米吟醸 生原酒

家飲み記録 越後鶴亀 純米吟醸 生原酒 

20171227151004703.jpg  20171227151015873.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めて頂きます、大阪出張時の浅野日本酒店さんでの購入酒3本目。

 実に縁起の良い銘柄名ですね、東京でも百貨店とかでたま~に見かけるような気がします。
 以前より銘柄自体は知りつつもなかなか店頭ではお会いできずにいたのですが、今回思いがけず大阪で出会い、その奇縁を面白く思ってセレクトしました。
 蔵元ホームページは割と洒落た感じですが、商品紹介には実にレトロなラベルのものが並んでおり、限定酒コーナーにも今回いただく生原酒バージョンは載っていないようです。
 まあ中身は完全に都市部向けなんでしょうね、ブランドを分けずに「越後鶴亀」一本で勝負するつもりなのだろうと思います。
 個人的には色々な銘柄を乱立させるよりは分かりやすいし潔くて好印象。

 スペック情報は精米歩合60の生原酒ということ以外はあまり記載がありません、このあたりは改善願いたいかな…
 出荷年月は2017/10と多分28BYで、購入から開栓までもちょっと間が空いてしまったため(今年1月開栓)、実質的には約一年生熟期間を経ているものと思われます。


 上立ち香は、しっかり熟した果実系の香りが仄かに。
 含むと、やはり落ち着いた印象の甘旨味がググっと入ってきて、ほんのりとした渋味で輪郭を保ちつつ、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、かなり濃度が高くかつ複雑な印象の、ガッチリ熟した果実的な、甘酸渋が絡み合った感じの旨味が厳然たる主役を演じますね、時間差はあまりない感じ。
 後味は、若干渋味を口中に残しつつ、濃厚さをちゃんと引き取ってキレます。

 実に良い感じに味乗りしてくれた、しっかりと飲み応えのある芳醇複雑生熟酒でした。
 いやあ生熟の良さがバッチリありますね、ダレさせてしまうと私としては蔵元さんに申し訳ない気分になってしまうので、その意味でもほっとさせてくれる味わいに感じました。
 越後鶴亀、今度は新酒も飲んでみたいなあと思わせてくれた一本でした。

 開栓後は全然ダレず、むしろ口当たりが滑らかになってきましたね。
 何かコーヒー牛乳感も出てきて、凄く面白い変化です。
 これは奥深いなあ…、生熟適正と開栓後の強さはある程度リンクすると思いますが、このお酒は両方ともかなり高レベルかと。

 
 実は浅野日本酒店さんでもう一本、大阪産のにごり酒を買ったのですが、それは今後まとめる予定の「にごり酒特集」に回したいと思います。
 次回は北海道、札幌へ!

20171227151040209.jpg  20171227151026942.jpg

名称:越後鶴亀 純米吟醸 生原酒 
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社越後鶴亀
購入価格(税抜):1,643円/720ml
購入した酒屋さん:浅野日本酒店(大阪市)
お気に入り度:8.4(変化も考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月17日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.3 雄町50 無濾過生原酒 29BY

家飲み記録 加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.3 雄町50 無濾過生原酒 29BY

20180109130654225.jpg  20180109130702991.jpg

 新潟県加茂市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 約一年半前の記事で書いたように、この荷札酒は首都圏の複数の有力酒販店に突如現れたような印象があります。
 加えて、最近出た「dancyu」の日本酒特集号では一番大きい扱いの特集で取り上げられてましたね(表紙でも目立たせる念の入れよう)、業界での注目度は極めて高い銘柄かと思います。
 必然的に外飲みでの出会いも多くなるわけですが、実際初飲みの印象と比べて最近どんどん酒質を上げてきている印象があり、今回その確認の意味も込めてセレクトした次第です。
 
 結構色々なラインナップがあると思うのですが、、今回は自分の好きな「雄町」を使用した純米大吟醸を選んでみました(麹米は山田錦とのことですが)。
 原酒ながらアルコール度数15度と低めなのが特徴ですね。
 同銘柄は他スペックも全体的に度数を抑えている印象があります、おそらく日本酒慣れしていない人たちをターゲットとして見据えている証左なのではないかと…

20180109130712137.jpg

 上立ち香は結構熟れた果実香にバニラが混じった感じの香りが気持ち強めに。
 含むと、程々にフレッシュ感のある濃厚な甘旨味が力強く入ってきて、新酒らしい苦味や酸味で輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、柑橘系果実のフレッシュ甘酸味を主役にしつつバニラ風味を纏った、飲みごたえのある濃厚フレッシュ系の王道を往くもの、ただ生酒的なクセといいますかクドさはちょっとあるかと。
 後味は、苦味を少々口中に残しつつ、しっかりキレます。

 見事なまでに今風のフレッシュフルーティー酒のど真ん中を往く、芳醇甘旨酒でした。
 やっぱりちょっと苦味が嫌らしい感じなのがマイナスではありますね、ただ甘旨味がそれをしっかり覆うぐらいに存在感・魅力があるように思えます。
 うーん、良いと思うなあ…、新進気鋭蔵としての目標が分かりやすく、かつそれにちゃんと近づいている感じと言いますか。
 こう言うお酒を無個性・人まねと腐すことは簡単ですが、実際この系統でこのレベルのお酒を探すのはかなり難しいでしょう。
 (こっち系のお酒を好みとして大量に飲んでいる人間としての感想)
 荷札酒、恐らく今後さらに注目を集めることでしょうね、取りあえず今のうち一度飲んでおいて損はない銘柄だと思いました。

20180109130722539.jpg

名称:加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 ver.3 雄町50 無濾過生原酒 29BY
精米歩合:50%
使用米:麹米:山田錦 掛米:雄町
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:加茂錦酒造株式会社
購入価格(税抜):1,580円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペック(バージョン違い?)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2113.html





拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル

本日の家飲み たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル

20171122133420975.jpg  20171122133429913.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの登場頻度はトップ5には入る、定番&殿堂入り銘柄ですね。
 というわけで…、

 まるめち的秋酒アプローチその③…「自分の信頼する銘柄の秋季限定品を選ぶ」

 てな感じです、これまた当たり前ですね。
 といいつつ自分の場合、好きな銘柄でも「ひやおろし」は合わないことが多いので、それ以外の季節限定ものを選ぶことの方が多いのですが…
 
 今回いただくのは、日本酒界のゆるキャラ「さかずきん」の姿も見える「ハロウィンラベル」、「たかちよ」のひらがな的柔らかさも手伝って、可愛らしい印象のに仕上がっていますね。
 秋酒ではあると思いますが、いつも通りの無調整生原酒ということで、所謂生熟成のお酒と言ってよいでしょう。
 詳細スペックは例によって不明。 

20171122133439661.jpg  20171122133448647.jpg

 上立ち香はやはり濃厚で甘さ混じりの果実香がそこそこに。
 含むと、しっかり味の乗った甘旨味が力強く入ってきて、若干スパイシーな辛さで引き締まりを保ちつつ、最後まで存在感を保って染み込んできます。
 味わいは、割りと落ち着きがありつつ少々フレッシュさも感じるような芳醇な甘酸味が厳然たる主役、裏方には渋辛がいる感じですね、ただ少々薬臭さを感じるのはマイナス。
 後味は酸渋辛が相まって甘味をしっかり引き取る形でキレます。

 秋らしく味乗りした濃厚な甘旨味を、独特のバランスで素直に楽しませてくれる、たかちよらしい秋酒でした。
 この程よい熟感はまさに秋の生熟酒の魅力ですね、ひやおろしみたいに中途半端に熟成香をまとうことが無いのがグッド。
 実はアルファベットラベルタータンチェックラベルと、28BYのたかちよは自分にとってちょっと期待外れな味わいが続いていたので、このお酒に出会えたことはとても嬉しかったです。
 たかちよ、今後も要所要所で買っていきたいと思いました。

20171122133456369.jpg  20171122133506697.jpg

名称:たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル
精米歩合:不明
仕様米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月25日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」

本日の家飲み 緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」

20171002222018828.jpg  20171002222028736.jpg

 新潟県魚沼市のお酒です。
 実は家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 緑川については、少なくとも地元では有名で、全国区でもちらほらと名前を聞くような銘柄という印象が有ります、口コミサイト「日本酒物語」でも新潟県ランキングトップ10に入ってますしね
 が、今回びっくりしたのは、ちょっとググった限りでは、蔵元ホームページが見当たらなかったことです。
 確かに小規模蔵には無いところも多いのですが、この知名度で作らないっていうのは今日日なかなか思い切った選択かと…
 まあ確かに、かの十四代の高木酒造も無いですし、ターゲット層に十分な知名度が既にあるなら、それもアリなのかもしれません。(ただ、ブログ書きとしてはネタに困りますね…)

 さて、今回いただくのは、限定品である雪洞貯蔵酒「緑」の、さらに限定品である生酒バージョンとなっています。
 商品コンセプト自体は裏ラベルにしっかり記載されていますね、ただ使用米等のスペック情報は少な目。


 上立ち香は爽やかな落ち着いた印象の香りがそこそこに。
 含むと、まろやかな印象の旨味が自然な口当たりで入ってきて、ほどほどの甘さを感じさせつつも、優しい酸味でしっかりと輪郭を保ちつつゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、いわゆる熟成香は皆無で、まさに新酒が素直に落ち着いた印象の、若干爽やかさも残った甘酸が主役、そしてマイナスになるような苦味等は皆無で、最初から最後までその味わいを純粋に楽しめます。
 後味は、酸味が引き取る形で力強いキレ。

 まろやかさとキレをしっかり両立させつつ、雑味が全くないいくらでも飲めてしまいそうな完成度の高いお酒でした。
 うーん、これはまさに、「嫌いという人がほとんどいないであろう系」のお酒ですね…。
 とんがった個性を排し、生熟の魅力の優しい部分を磨き上げたような、とても丁寧に設計された印象の味わいです。
 緑川の実力を感じた一本でした、今後も限定品と出会えたら買ってみたいところです。

20171002222036740.jpg

名称:緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:緑川酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 緑川 純米吟醸

2017年12月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

あべ 純米吟醸 生酒 五百万石 新潟G9

本日の家飲み あべ 純米吟醸 生酒 五百万石 新潟G9

20171002222150038.jpg  20171002222159014.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目と、去年から飲みだした割にはなかなかのペース。

 このお酒は前回の「FOMALHAUT」と同時に、吉祥寺の「大阪屋酒店」さんで購入したものです。
 「新潟G9」とは新潟で開発された酵母のことですね、ちなみに同時に「協会9号酵母」を使ったお酒も出荷していたらしく、飲み比べも推奨していたようです。
 が、致命的なのはほとんど一升瓶しか出て無いみたいなんですよこれ、個人的には「新商品を一度に2升買って飲み比べしろとか、どれだけ傲慢なの…」とドン引きしてしまいました。
 前にも書いた気がしますが、新スペックやら飲み比べやらのお酒(特に生酒)を一升瓶メインで出荷するというのは、個人宛てに売る気がないと思われても仕方ないことだと、売り手には自覚して欲しいと強く思います。

 スペック的には五百万石55磨きと、酵母含め純新潟といった感じ。
 裏ラベルにはいつも通り味わいの特徴や、オススメ温度帯及びシーンの記載がありますね、これはとても素晴らしいと思います。
  
20171002222208267.jpg  20171002222228762.jpg

 上立ち香は酸の効いたスッキリとみずみずしい果実の香りがそこそこに。
 含むと、心地よい程度の酸苦を纏った旨味がスルスルと入ってきて、ほんのりとした渋味が味わいに奥行きを与えつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、酸・苦・渋を感じさせる甘さ控えめのものながら、全体の印象としてはしっかり旨味がある、やはりオンリーワンのもので、兎にも角にも「飲み飽きない」という状態を超えた後引きがあります。
 後味は酸メインで引き取ってバッチリキレます。

 個性的なしっかりした旨味と、グイグイいけてしまう飲みやすさを見事に両立した、単体でも十分飲める食中酒といったお酒でした。
 やはりスターシリーズよりも日本酒らしい味わいというか、魅力を感じますね、3本飲んだ中ではこれが一番好きです。
 実を言うとつい初日に3合以上飲んでしまい、そのまま寝落ちという失態を演じてしまいました…、それだけ量を飲んでしまいがちな味わいなのです。
 あべ、とにかくスターシリーズ以外の定番スペックのラインナップ整理をしっかりやって欲しいと思いました。
 (とりあえず「あべ 純米吟醸 生酒 720ml」みたいに普通の感じで出してくれれば良いんですよほんと…)

 温度が上がってくるとブランデー的な奥深さも感じられてさらに個性的に…
 さらに、開栓後一週間位経つと、かなり甘味が出てきました。
 いわゆる甘ダレ状態っぽいのですが、個人的にはこれはアリですね、最後まで楽しませていただきました。

20171002222219239.jpg

名称:あべ 純米吟醸 生酒 五百万石 新潟G9
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

あべ 「FOMALHAUT」 

本日の家飲み あべ 「FOMALHAUT(フォーマルハウト)」 

20171002222124711.jpg  20171002222132732.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 フォーマルハウトはみなみのうお座の一等星の名前ですね、響きが恰好良いからか、ゲームなんかでもたまに使われている印象があります。
 ラベルに明記はないのですが、このお酒は「水の代わりにお酒を使って醸したお酒」、すなわち「貴醸酒」にあたるものだとか。
 少しググったところ、商品名として「貴醸酒」を名乗るには商標の関係で貴醸酒協会に入らなけばならないらしいので、その関係で記載がないのだと思います。(詳細は不明ですが)
 裏ラベル記載の文には「甘味が特徴的」「食後のデザートと共に飲むのも良い」というワードがあり、「貴醸酒」という言葉にこだわらず、あくまで味わいの方面から商品紹介していく姿勢が垣間見えますね。

  「あべ」については前回同じ「スターシリーズ」の「SPICA」をいただいており、連続して特殊スペックになってしまいましたが、現状イマイチ「定番スペック」が見えない銘柄なので、まあやむなしかと…
 なお、アルコール度数15度と、所謂「低アル原酒」にあたるというのも特殊なポイントでしょう。


 上立ち香は酸、バニラ、セメダインをそれぞれ感じる個性的な香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨味が独特の酸味を纏いつつトロリと入ってきて、ほんのりと苦味も奥に感じさせて奥深さも添えつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは…、うーむ濃い甘味が中心に有るのは確かなのですが、オンリーワン過ぎて表現しにくいですね、果実的な甘酸とセメダイン的なケミカルさがせめぎ合う感じとでも言いますか…
 後味は、濃厚さを酸味と、最後まで裏方に徹した苦味が引き取ってしっかりキレます。

 砂糖とも果実とも、フレッシュとも熟しているともはっきりしない、掴みどころのない面白さが有る濃厚甘旨酒でした。
 ハッキリした個性と存在感がありつつ、新製品とは思えないまとまりがあるのは見事。
 ただ、含んだときの鼻に抜ける香りに個人的に苦手な雰囲気がありまして(ちょっとケミカルな感じというか)、自分との相性としてはハマらない感じでもありました。
 実はあべは今回同時にもう一本(しかも一升瓶)買っているので、近いうちにそちらもご紹介したいと思っています。

20171002222141377.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1711.html

名称:あべ FOMALHAUT
精米歩合:不明
使用米:越淡麗21%、五百万石79%
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: あべ

2017年11月08日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

たかちよ 「タータンチェック赤ラベル」 純米 無調整生原酒 雄町

本日の家飲み たかちよ 「タータンチェック赤ラベル」 純米 無調整生原酒 雄町 

20170926124827548.jpg  20170926124836051.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログ殿堂入り銘柄の一つですね。

 ひらがなラベルとしては、初めて雄町を使用した限定品のお酒となります、ラベルのタータンチェックが印象的ですね。
 (ちなみに、おりがらみの「タータンチェック青ラベル」も同時発売だったようです)
 最近私の家飲みセレクトでは、「ブラック Custom Made」「SEVEN」「Takachiyo AIYAMA」と新発売スペックが続いています。
 が、こういう風に新発売に飛びつきまくるっていうのは本当はあまりよろしくない気がしているんですよね…、実際蔵元の経験がない状態のスペックなら出来はバラつくのが当然ですし。
 そういうお酒が売れてしまうのも実は良くないような気もするのですが、ああそこはマニアのサガ、好奇心には勝てないんですよね…

 というわけで、今回のスペックは雄町の70磨きの無濾過生原酒、珍しく特定名称と精米歩合の記載が有りますね。
 扁平精米であることは変わらないようです、むしろこのくらいの低精白の方が、扁平精米の真価が発揮されそうな気もします。

20170926124844119.jpg  20170926124924691.jpg

 上立ち香はちょっと熟しすぎて異臭になりつつある感じのトロピカルフルーツ香が気持ち強めに。
 含むと、インパクトの有る濃厚な甘酸旨味がグワッと入ってきて、一瞬後に出てくるアルコールの刺激やほんのりとした苦味で複雑な印象を与えつつ、最後まで濃度を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、やはりパイナップル的な華やかな甘酸味が主役なのですが、苦辛が、うーんなんとなく「スパイシー」という言葉が浮かぶ刺激を纏って面白い感覚。
 後味はそのピリピリな感覚が引き取ってキレます。

 濃度・粘度の高い甘酸味とピリピリした苦辛がせめぎ合う、個性派芳醇甘口酒でした。
 うーむ、面白いお酒ではありますが、私がたかちよに求めているものからはズレるかな…、ちょっと刺激が浮いていてせっかくの甘味をほっこりと楽しめない感じなんですよね。
 そもそもその甘味もちょっと力不足のような…、ただ、単純にもう少し「こなれれば」良い感じになりそうな片鱗も感じました。
 来年以降の、一本〆以外の「たかちよ」ブランドに期待していきたいと思います。

 開栓二日目はあまり印象は変わらなかったのですが、少量残した三日目は若干のピリピリを残しつつ割りと素直に飲めました。
 意外と飲み頃はもう少し先だったのかもしれません。

20170926124852997.jpg  20170926124915081.jpg

名称:たかちよ 「タータンチェック赤ラベル」 純米 無調整生原酒 雄町
精米歩合:70%
仕様米:雄町
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: たかちよ 純米

2017年10月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

本日の家飲み 村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

20170922144030887.jpg  20170922144047252.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目になります。

 なぜか村祐は常盤ラベルばっかり飲んでますね(4回中3回)ただ実は、一回目は通常品二回目は生熟品、そして今回は亀口取りと微妙に違っていたりします。
 この辺り実にマニアックな違いなんですよね…、村祐は基本スペック非公開を徹底していつつも、この辺りの情報はチラチラ出してくるのがニクいと思います。
 ちなみに亀口取りは村祐の限定品として結構有名かと…私も前から目を付けておりました、ググると「無加圧」ってところがポイントみたいですね。

 スペックは相変わらずの非公開、確か亀口取りは一升瓶限定なので、腹をくくって購入。
 5月出荷の7月開栓なので、ちょっと間が開いてしまいましたね。

20170922144110618.jpg  20170922144119306.jpg

 上立ち香は蜜たっぷりの青リンゴといった趣の、甘酸を感じる果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑な印象の甘旨味が、しかしなめらかな口当たりでトロリと入ってきて、最後までその存在感を保ちつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、和三盆というにはちょっと濃い感じの砂糖系の甘味に、割りと色々な方向の味が絡みついた感じの、完熟果実の砂糖漬けと言った趣の甘旨味が最初から最後まで主役を演じます。
 後味は、ほんのりと苦渋を舌先に残しつつも、濃厚さをきちんと引き取って自然に引き上げていきます。
 
 心地よく、若干複雑さもある甘旨味を、じっくりじんわりと楽しめる、確固たるスタンスを感じるお酒でした。
 28BYが故か気持ちいつもより苦渋が強かった気も…、ただこれはあくまでも常盤ラベル同士を比べての話。
 基本的には、やはり安定して甘旨い、甘口派鉄板商品といえるでしょう。
 村祐は引き続き追っていこうと思いました。

 開栓から時間が経ってくると、更に複雑味が増してきますね。
 レーズン様の渋味を纏った感じも出てきますが、これはこれで楽しい感じ。
 この甘さの割には崩れないお酒だと思いました。

20170922144138454.jpg  20170922144129420.jpg

名称:村裕 常盤ラベル 亀口取り 28BY
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):3,300円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年09月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

謙信 純米吟醸 愛山 生酒

本日の家飲み 謙信 純米吟醸 愛山 生酒

20170703135638384.jpg 20170703135648043.jpg

 新潟県糸魚川市のお酒です。
 当ブログでの登場は3回目。

 いまだ巷では淡麗辛口のイメージが強いと思われる新潟酒ですが、個人的には芳醇系銘柄の宝庫である印象が強かったりします、この謙信もそうですし、たかちよ、村裕、山間なんかは露骨に濃厚ですしね。
 ところでこの「お酒の味と地域性」というのは結構古くて新しいテーマだと個人的には思っています。
 杜氏集団の傾向などの歴史的背景、地元名産品などの食生活に関する事情、お米や水などの原材料の傾向等々、実に色々な要素が絡み合っている、論文の1本や2本余裕で書けそうな奥深さがあるんじゃないかと。
 ただ、昔に比べると、少なくとも全国区で売られるような地酒については、前述の新潟酒に象徴されるように、地域性はかなり薄くなっている印象がありますね。
 結局のところ大事なのはあくまで「銘柄」であって、地域性については、「新潟のお酒だから淡麗辛口に違いない!」といった固定的先入観に囚われるのではなく、「お、なんか変わった味だと思ったら奈良酒じゃないの」みたいに楽しむ要素として、付き合っていくのが良いんじゃないかなあと個人的には思います。

 閑話休題、今回いただくのは高級米愛山を55%まで削った純米吟醸生。
 お値段も若干いつもより高めですが、このスペックならむしろ割安でしょう。


 上立ち香は濃い目の甘さと酸を感じるフレッシュなベリー系の香りが気持ち強めに。
 含むと、香りの印象以上の超濃厚フレッシュな甘旨味がグワッと入ってきて、これまた強めの酸と個性的な渋味?が深みを与えつつ、最後まで存在感を保って染み込んできます。
 味わいは、極めて濃厚かつ奥深さのある甘酸旨味が厳然たる主役を演じる感じですね、味わいたっぷりではありますが、個々の要素が並列するというより絡み合って一体化している印象。
 後味はほんのりと渋味を残しつつ、酸でしっかりとキレます。

 フレッシュジューシーかつ、愛山らしい個性と、何より魅力的な濃度のある力強い芳醇フレッシュ酒でした。
 いやあやっぱり謙信は私の好みどストライクですね、愛山もしっかり使いこなしている印象。
 ちなみに私は自分の好み(芳醇甘旨)がわりとハッキリわかっているため同様のお酒を大量に飲んでおり、それだけにその中でも一歩抜き出していると思ったお酒については自信を持ってオススメできると自負しております。
 謙信はまさにそういう銘柄の一つですね、今後もちょくちょく家飲みしたいと思います。

20170703135659583.jpg

名称:謙信 純米吟醸 愛山 生酒
精米歩合:55%
使用米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:池田屋酒造株式会社
購入価格(税抜):1,759円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(奈良・通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月06日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ