FC2ブログ

甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生

家飲み記録 甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生

20181204170401740.jpg  20181204170410688.jpg

 千葉県印旛郡酒々井町のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は2回目ですね。

 こちらを醸す飯沼本家のメイン銘柄は「甲子正宗」、他に以前当ブログでも紹介している「一喜」というブランドを県外で売り出していましたが、立ち上げに深くかかわった杜氏さんの移籍に伴い、そちらは生産終了したようです。
 今回いただくのはその限定品というか変わり種系の商品ですね、77号酵母というリンゴ酸を多く出す酵母を使っているため、それっぽい味わいになるとか。
 実は柏の日本屋さんでがっつり試飲をさせてもらい、極めて好印象だったので購入しました。

 こちらのような日本酒離れした味と思われるお酒の場合、こういう分かりやすい見た目にするというのはユーザーフレンドリーで良いですね。
 ただ酵母以外のスペックについての記載は貧弱、精米歩合55%の生酒です。
 裏ラベルが透明なので、見た目は良いのですが写真写りは厳しい…

20181204170418717.jpg

 上立ち香はむしろ梨っぽい印象の爽やかな酸の香りがそこそこに。
 含むと、しっかりとした甘酸味が割と軽やかな口当たりで入ってきて、最後まで自然さと勢いを保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、確かに言われるとリンゴジュース的な、酸っぱいまで行かない感じの爽やかな甘酸味が主役、嫌な苦味等が皆無で透明感すら感じさせるまとまり・バランスがあります。
 後味は、酸が最後まで自然な感じで引き取って、爽やかに引き上げてくれます。

 コンセプト通りの林檎的甘酸味の魅力を、極めて高次元のバランスで楽しませてくれる、日本酒の新しい可能性をビンビンに感じさせてくれるお酒でした。
 いやこれはまさにいくらでも飲めちゃいますね…、甘酸は確かに魅力的なのですが、本質は雑味の無さにあるような気がします(その意味では花陽浴と似てるかも)
 色物と見せかけて、オーソドックスな部分で極めて完成度が高いお酒だと思います、そういう意味では同じリンゴ酸系でも三芳菊の対極にある印象。
 この甲子林檎は【超】お気に入りに追加ですね、来年も飲みたいなあと思わせてくれる一本でした。

20181204170428321.jpg

紹介①:「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの昨年同スペックの記事
http://www.osakemirai.com/archives/16570963.html

紹介②:「20代から始める日本酒生活」さんの昨年同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

名称:甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社飯沼本家
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月13日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒 29BY

家飲み記録 総乃寒菊(ふさのかんきく) 純米大吟醸 無濾過50 生酒

20181121101225260.jpg  20181121101235970.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲みは2回目ですね。

 総乃寒菊については、IWC2013の千葉トロフィーを受賞したことをきっかけに、2016年に一度家飲みしています。
 その時は正直なところ今風のお酒としてはこなれていない感があり、そこまで印象に残らなかったのですが、最近何となく攻めたネーミング(OCEAN99とか)の商品が出てきたり、東京での取り扱い店が増えてきていたり、気になる変化を感じていました。
 その上、例によって日誌係さんが先に重点チェックしているのを見て、今回購入に踏み切った次第です(いつもお世話になっております)。
 
 店頭には何種類か並んでいたのですが、試飲の上で、スタンダードなネーミングのこちらをセレクト、精米歩合50の純大生です。
 この蔵は九十九里浜の真ん中(の山側)にあるのですが、店長さんいわくその立地ゆえのミネラル感が強く出ているとのこと。
 実は私はどうもミネラル感というのがよくわかっていない気がするので、勉強を兼ねていただきます。

20181121101244062.jpg  20181121101253487.jpg

 上立ち香は濃いリンゴ系の香りに塩っけというか硬質感を足した感じで、そこそこに。
 含むと、存在感のある甘旨味が力強く入ってきて、強めの苦味とやはり独特の、おそらくミネラル感というやつでしっかり引き締まりつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり典型的な吟醸酒的リンゴ系の甘旨味が中心にあって、かつそれらしい苦味もあるのですが、そこにミネラル感が一体になることで、面白い感じのまとまりを見せてくれます。
 後味は、苦味が引き取る形ながらも、割と自然に引き上げますね。

 際立った存在感・個性がありながら、全体としてしっかりまとまりのある、独自路線の高精白吟醸酒でした。
 吟醸酒の甘味を引き締める役は、苦味、酸味、もしくはアルコール感が演じることが多いと思うのですが、このお酒の場合そこにミネラル感が参加しているところが面白い。
 (ミネラル感でググったら、硬質な感じや塩っ気というのがそうっぽいので、今回ある程度わかった気がします。)
 前回飲んだ時とはかなり印象が違いましたね。(お酒の味が変わったのか、私の感じ方が変わったのかは厳密にはわかりませんが…)
蔵元ホームページもいつの間にか洒落た感じになってますし、今後どんどん表舞台に出てくる銘柄かも。
 総乃寒菊、今後要注目銘柄であると思いました。

 なお、開栓直後よりも二日目のほうがよりまとまりが出てきましたね。
 もしかしたらガッツリ生熟成させても良いお酒なのかもしれません。

20181121101313156.jpg  20181121101303495.jpg

名称:総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒 29BY
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社寒菊銘醸
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月07日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」

家飲み記録 梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」

20180704145453115.jpg  20180704151558029.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 「IMADEYA千葉エキナカ店」での購入酒4本目、ラストになります。
 この銘柄は鑑評会金賞受賞リストで結構見ており、いつか飲みたいと思っていたので、今回買えたのは嬉しかったですね。
 正直なところ、「いまでや」さんというとワインを前面に出していたり、最近では「GINZA SIX」に出店していたりという部分が目についていて、個人的には「スカしてるなあ」というイメージ(笑)が今までありました。
 が、実際店頭を覗き、取り扱い銘柄をチェックしてみると、別に流行り系一辺倒でなく新旧の実力派銘柄をしっかりと揃えているのが見て取れます。
 特に地元千葉酒の取り扱いが充実しているのがやっぱり良いですね~、地酒屋として根っこの部分がちゃんとしているという感じ。

 このお酒はそんな地元との繋がりを感じさせる、いまでやオリジナルスペックみたいです。
 使用米は非公開ながら、精米歩合50で税抜1,500円を切るのは素敵ですね。
 アル添有の大吟醸、一回火入れ。

20180704151629555.jpg

 上立ち香は…、うーんメロンクリーム的な結構個性的な香りがそこそこに。
 含むと、程よい濃度の旨味が優しい口当たりでスルスルと入ってきて、ほんのりとした辛さを彷彿とさせて輪郭を保ちつつ、最後までバランス良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、まろやかなかつ落ち着いた印象のメロン的旨味が中心にあるのですが、甘味はほどほど、濃度も中程度ながら酸もあって、凝縮されている感じの飲みごたえもあります。
 後味は、非常に自然な感じで、かつ見事に引き上げます。

 インパクトよりも全体のまとまりが魅力的な、穏やか系高コスパ味吟醸でした。
 何というか、古臭さが無いのに、伝統的日本酒の魅力を感じさせる辛さを感じましたね、アル添由来なのかもしれませんがキツさも抑えられている感じ。
 全体として非常に丁寧に造られているのが伝わってくるんですよね、地方密着型の蔵でもこういう高レベルの造りができるところが多くあるのが、日本酒業界の懐の深いところだと思います。
 梅一輪、次はまた別のスペックも是非いただいてみたいと思いました。

20180704151608350.jpg  20180704151617260.jpg

名称:梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:梅一輪酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:IMADEYA千葉エキナカ店
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけ:今回の購入酒記念写真
20180619102543554.jpg
どれも良かったですね~、今度は銀座店とか通販も利用してみようかな。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 梅一輪 大吟醸

2018年07月24日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

仁勇 純米生 とろり酒

家飲み記録 仁勇 純米生 とろり酒

20180118144236807.jpg  20180118144245403.jpg

 千葉県成田市のお酒です。
 同蔵のお酒のブログでの登場は4回目ですね、にごり酒特集の5本目。

 上で4回目と書きましたが、今まで飲んだのは3回とも別ブランドの「不動」になります、仁勇は地元銘柄になりますが、日本酒勢の中では圧倒的に不動の方が知られているでしょうね。
 今回、甘旨にごり酒をまとめ買いしている最中、「極甘口」を明確に謳うこのお酒が気になり、セレクトした次第です。
 「砂糖が入ってないのにこんなに甘い!」というのが売りっぽいです。
 
 ラベル記載の「もち米四段仕込み」は、ロ万とか勢正宗が採用している製法ですね、基本甘味系のお酒になるはず。
 ググった限りでは、日本酒度は-90になるとか…とんでもない数値ですね、これ以下のお酒で私が知っているのは玉川タイムマシンだけです(こちらは-96になったこともあるらしい)。
 アルコール度数も11度と相当低め。
 見た目ほぼもろみそのままっぽいですが、純米を名乗っているということは一応荒くこしてはいるんでしょうね。
 穴開き栓ということもあり、12月出荷分を1月の早めには開けました。

20180118144254168.jpg  20180118144653939.jpg

 注ぐと、とろりというより、もうドロドロですね(笑)蛇の目の底も一切見えない濃さです。

 上立ち香は甘酒的な甘いお米の香りが仄かに。
 含むと、やはり個性的かつ露骨な感じの甘味がトロリと入ってきて、普通に噛めるぐらいのドロドロ感で、最初から最後までその甘味を中心にしつつ、ゆっくりと胃に入り込んできます。
 味わいは、甘酒的な甘味が厳然たる主役で、乳酸飲料的なニュアンスや少々のアルコール感を纏ってはいますが、基本は甘味一辺倒という印象。
 後味は少々ベタっとした感じがやはり残りますね。

 お米由来の甘味をこれでもかというぐらいに味わえる、甘酒に限りなく近い感じのにごり酒でした。
 う~む、日ごろ事あるごとに「もっと甘味が欲しい!」と騒いでいる私ですが、これは流石に甘過ぎでした…(私が甘酒嫌いなことも影響あり)
 というより、普段私が推している甘口酒が、いかに複雑な味わいであるかを再認識しましたね。
 が、オンリーワンのお酒であることは間違いないでしょう、「我こそは最強の甘党なり」という方には是非試してみて欲しいですね。
 不動は辛口よりのにごりも出しているみたいなので、次はそちらも試してみたいところです。

20180118144702889.jpg

名称:仁勇 純米生 とろり酒
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:11%
日本酒度:-90
蔵元:鍋店株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月10日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

不動 山廃 純米吟醸 吊るし搾り 20BY 「シマヤ限定」

本日の家飲み 不動 山廃純米吟醸 吊るし搾り 20BY 「シマヤ限定」

20170922143849767.jpg  20170922143857937.jpg

 千葉県成田市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目。

 以前千葉市の「シマヤ酒店」さんでまとめ買いしたお酒の最後の一本がこちらになります、熟成系なので急がず飲みたいときに開けた感じですね。
 結果としてBYが2008年、製造年月(瓶詰日)が2015年12月、購入したのが2017年6月、開栓が2017年9月と、なかなか複雑というか面白い経過を辿ることになりました。
 ラベルにはハッキリと「シマヤ限定」の文字がありますね、同店は菊姫のビンテージがとんでもなく充実していますが、不動はその次ぐらいに豊富なラインナップだったかと思います(特に生)。

 スペック的には、何といっても約8年生熟成というところに目が行きますが、使用米が豊錦と珍しいこと、山廃造りの吊るし搾りと非常に手間がかかっていることなども特筆すべきかと。
 そして驚きなのはこれで四合1,500円!こんなん普通にやってたら蔵が潰れるでしょう(笑)、販売店限定品ならではの値付けといえるかと。
 外見的にも只者ではないオーラを纏っています…、恐らく不動明王でしょうね。

20170922143906327.jpg

20170922143923442.jpg  20170922143915154.jpg

 上立ち香はカラメル・チョコ的な熟成香に若干バニラが混ざったような香りが控えめに。
 含むと、極めて濃厚な熟れきった甘旨味がトロリと入ってきて、これまた存在感のある乳酸的な酸味に引き締められながら、最後まで濃度を保ったまま染み入ってきます。
 味わいは、こりゃまさにカラメルって感じの、熟感と甘さマシマシの旨味が主役、しかし熟成香が甘さや酸味と拮抗することでそれ一色にならず、独特な極彩色の味わいの世界を演出してくれます。
 後味は酸味が見事に引き取ってしっかりとキレます。

 熟成酒の魅力をストレートかつ素直に伝えてくれる、妖艶な超濃厚甘旨酸酒でした。
 いやこれは新酒には絶対に出せない味わいですね、そして火入れでも出せないでしょう、まさに長期生熟山廃ならでは。
 私は熟成系には詳しくはないのですが、このレベルの熟成古酒がこのお値段ってとんでもないことなんじゃないかな…
 不動の実力をビンビンに感じさせてくれた一本でした、シマヤさんに行く機会があれば是非一度はお試しください。

 熟成酒ということで燗をつけると…、いやあ意外と辛さマシマシですね。
 ピリピリ感がかなり強くなって、これはこれで面白い!ガンガンイケるようになりました。
 そして温度が下がってくると今度は甘さがしっかり復活、面白すぎますね…本当一本で何度でも楽しめます。

20170922143936003.jpg  20170922143945053.jpg

名称:不動 山廃純米吟醸 吊るし搾り 20BY 「シマヤ限定」
精米歩合:60%
使用米:豊錦
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元:鍋店株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:シマヤ酒店(千葉)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月07日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

東魁盛 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 東魁盛(とうかいさかり) 特別純米 無濾過生原酒

20170926125225002.jpg  20170926125233123.jpg
 
 千葉県富津市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらも初緑同様、「酒のサンワ」さん初訪問時の購入酒です。
 初酒屋で初銘柄という買い方は一見チャレンジング(無謀)のように思えるかもしれませんが、実際のところ、①ちゃんとした地酒屋で、②自分の好みのスペック(私の場合特純or純吟の生)で、③そこそこの値段のものをセレクトすれば、実際はそう外すことはないというのが自分の実感です。
 地酒の場合、実は少し銘柄を知っている人ほど知っている銘柄しか買わないという風になりがちに思えますが、個人的にはちょっと勿体無い気もするんですよね、やぱり知らない銘柄を開けるときのワクワク感は他に代えがたいものがありますし。
 (まあ勿論好みの方向性や、一日に飲める量にも個人差があるので、一概には言えないのですが…)

 閑話休題、実はこの「東魁盛」は私の地元千葉県のお酒ということで、脳内「いつか飲むリスト」には入れていました。
 店内には数スペックありましたが、セオリーにのっとって特純をセレクト。
 五百万石の55磨きですが、自社栽培ってところは結構大事なポイントですね。


 上立ち香はリンゴ・バニラ感のある濃縮されて落ち着いた印象の香りがそこそこに。
 含むと、酸味と甘味と苦味が拮抗するバランスの良い旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後までバランスを保ったままでゆっくりと染み込んできます。
 味わいはリンゴ系の王道を行くような甘酸旨味が主役で、ほんのりと感じる苦味も含め、それぞれの要素がそれぞれ程よく主張する印象の、飲みごたえと飲みやすさを両立させたもの。
 後味は酸と苦味がしっかり引き取ってキレます。

 裏には結構賑やかな味わいの世界を感させつつ、それが煩く無い感の、独特のまとまりがある芳醇甘酸酒でした。
 酸の使い方と苦味の抑え方がちゃんとしてるからこそ、パランスが保てているんだと思います。
 ちなみにこのお酒を買った直後に、かのはせがわ酒店さんのメルマガに新規取り扱い銘柄として載っていました。
 いやあなんとなく勝った気持ちになりましたね(笑)、実際、首都圏の地酒最前線で十分に戦える銘柄かと思います。
 東魁盛、今後の動向に注目していきたいですね。

20170926125249633.jpg  20170926125241265.jpg

名称:東魁盛 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:小泉酒造合資会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒のサンワ(上野)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年10月27日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

五人娘 発芽玄米酒 「むすひ」 

本日の家飲み 五人娘 発芽玄米酒 「むすひ」 

20170402130620605.jpg  20170402130628574.jpg

 千葉県香取郡神崎町(こうざきまち)のお酒です。
 ブログでは同蔵の「醍醐のしずく」を以前紹介しています。


 お酒のうんちくを語る際の数値としては、「精米歩合」が良く出てくるものと思います。
 この精米歩合については、「よりお米を削る」高精白への方向では前から激しく競争が行われており、今年はついに精米歩合1%(つまり99%削ってから醸造)のお酒「光明」を楯野川が出しました
 こちらの方向だと精米歩合0.1%とかでも理論上は可能であり、まさに際限無い争いになってしまうのですが、逆方向の「磨かない」方向だと、理論上精米歩合100%、つまり玄米で醸したお酒が究極系ということになります。
 今回紹介するのはまさにそれですね、寺田本家は結構前から商品化に成功していたと思います。
 
 このお酒については蔵元ホームページにも細かい解説があって面白いです。
 今回のロットのアルコール度数は8.5とかなり低め、分類は清酒でなく「その他醸造酒」になっていますが、原材料名は米・米こうじと所謂純米スペックですね。

20170402130653153.jpg  20170402130703974.jpg

 前回の醍醐のしずく同様、色はえらいことになっています。
 ちなみに、開栓時はあやうく噴き出しそうなほど、がっつり発泡していました。

 上立ち香は…、いやあこれはタクワン的な強烈に酸が主張する香りが気持ち強めに。
 含むと、まさに発酵系の酸をグワーッと感じさせる味がシュワシュワなガスと共に攻め込んできて、最後まで酸を中心に口中に突き刺さってきます。
 味わいは…、やっぱり強烈なタクワン的酸が最初から最後まで主役を演じ、どう考えても日本酒とは思えない漬物的な味がずっと続いていきます。
 後味も酸味と独特の匂いを残しつつ、何とか引き上げていきます。

 知らずに飲んだら「これ悪くなってない?」と思ってしまいそうな、超個性派酢っぱ酢っぱ酒でした。
 ちなみに鼻を摘んで飲むと割りとゴクゴク飲めたりします、本末転倒な感じですが…
 まあこれは健康食品として青汁的な感覚で飲むのが良いでしょう、味については断然醍醐のしずくの方をオススメします。
 実際一緒に飲んだ母君様は半杯でギブでしたし…
 ただ、なんとなくこの強烈な酸味と合う料理はどこかにありそうな気もします、油系かな…
 ともかく、寺田本家の「只者ではない」感を味わえた一本でした、次は「香取」あたりを狙おうと思います。

20170402130645025.jpg  20170402130636672.jpg

名称:五人娘 発芽玄米酒 「むすひ」 
精米歩合:100%
使用米:不明
アルコール度:8.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社寺田本家
購入価格(税抜):1,403円/720ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:評価不能

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 五人娘 むすひ

2017年10月01日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過

本日の家飲み 不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過

20170616141943601.jpg  20170616141956101.jpg

 千葉県成田市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回の「鳴海」に続いて千葉のお酒です、私は千葉県出身なので若干思い入れが強まってしまう感じがありますね。
 そしてこの「不動」は、それに加えてもう一つ自分にとって特別な点があったりします。
 というのは、何を隠そう当ブログで初めて紹介した銘柄なんですよ
 特別な意味があって選んだわけではないのですが、やっぱり自分の記憶には残りますね…
 それにしても、もう遥か昔のような気がします、そして読み返すと何ともそっけないなあ(笑)、何年もやってるとやっぱり全然「スタイル」は変わってきますね。

 閑話休題、こちらはスペック的には「秋田酒こまち」を55%まで磨いた、純米吟醸無濾過生原酒。
 一喜や鳴海も含め、何となく千葉のお酒はあえて秋田県産の酒こまちを使っているところが多い気がしますね、なにか組合とか関係で絡みがあるんでしょうか。
  お値段はけして高くないのですが、手間のかかる「吊るししぼり」を行っているところもポイントかと。

20170616142006535.jpg

 上立ち香はあま~い感じのリンゴ的果実の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつバランスの良い甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、奥の方に柔らかい苦味を感じさせつつ、程よく引き締まりながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの甘いリンゴ的甘旨味が主役で、透明感すら感じさせるバランスの良さが魅力ですね、苦味が嫌らしくないのがポイント。
 後味はそのほんのりとした苦味を残しつつ、しっかりとキレます。

 奇を衒わない、純米吟醸としての魅力を丁寧に、かつ力強く感じさせてくれるお酒でした。
 これは完全にお値段以上の味わいだと思います、蔵の実力を思わせる非常に完成度の高い一本ですね。
 千葉県出身としてもこれは嬉しいですね…、不動への注目度を大きく上げていいきたいと思います。
 というか実は既に不動については既に特別なスペックを購入済みだったりします、開けるのが楽しみですね、まあ紹介するのは随分後になると思いますが…

20170616142032598.jpg  20170616142021992.jpg

名称:不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過
精米歩合:55%
使用米:秋田酒こまち
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:鍋店株式会社
購入価格(税抜):1,333円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年06月30日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

本日の家飲み 鳴海(なるか) 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

 20170616141846959.jpg  20170616141902230.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介はこれで4回目、大体毎年飲んでますね。

 鳴海といえば、個人的にはシュワシュワの「ガス感」が特徴という印象があります。
 最近の日本酒の一つの潮流であり私が好むところの芳醇甘旨路線と、ガス感って非常に相性が良いんですよね。
 私の経験として、そこまでシュワシュワしていなくても、一口飲んでこりゃ旨いと思ったお酒について、飲み始めてからしばらく後でグラスに気泡がついていることに気付くということがしばしばあります。
 甘みを引き締める要素としては「苦味」「酸味」「アルコールの辛さ」など色々ありますが、中でも私には「ガス感」が一番合っているのかもしれません。
 しかも、ガス有り日本酒は他の発泡系酒(チューハイとか)と違い、ガスが弱かったり抜けたりしても、それはそれで違った魅力を持つことが多いのが奥深くて良いですね。

 閑話休題、今回いただくのは山田錦50磨きの直詰め生、以前(26BY)に全く同じスペックを飲んでおります
 鳴海の中でも個人的に良い印象が強かったスペックだったので、今回も期待をこめてセレクトしました。

20170616141912923.jpg  20170616141923095.jpg

 上立ち香は甘めでほんのりセメダイン混じりの果実の香りが控えめに。
 含むと、高濃度の甘旨味が強めのガス感とともにググっと入ってきて、これまた存在感のある苦渋と一体となって、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、完熟リンゴサイダーといった趣の、前回同様、典型的ながらもインパクトがあって好ましい印象のガス甘旨味が主役、ただ今回は若干苦味が表に出てきており、ちょっとキツさも感じます。
 後味はやはりガスが働いてスッキリとキレます。

 芳醇かつシュワシュワの甘旨味を素直に楽しめる、ストレートな今風フレッシュ酒でした。
 基本前回同様の味わいなのですが、今年はどうも苦味に山田の高精白にありがちな嫌らしい印象を受けますね、甘味と拮抗する印象があって個人的には致命的にはならないのですが、苦手な人は厳しいかも。
 これはやはり28BYの米の特性によるところが大きそうです、このお酒に限らず、例年は苦味をあくまで裏方として利用していた銘柄が軒並みバランスを崩している印象がありますね、飼いならしていた苦味に逆襲されているといいますか…
 ともかく、鳴海は来年度以降も試していこうと思います。

 ちなみに、個人的にはガスが落ち着いてきた開栓二日目が一番良く感じました。
 逆に抜けきっちゃった三日目は一番つまらない感じに…、このあたりはちょっと物足りない気もします。

20170616141932835.jpg

名称:鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鳴海 純米吟醸

2017年06月28日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

醍醐のしずく 菩提もと仕込み

本日の家飲み 醍醐のしずく 菩提もと仕込み

20170402130542106.jpg  20170402130550131.jpg

 千葉県香取郡神崎町(こうざきまち)のお酒です。
 ブログでは初登場の銘柄・酒蔵になりますね。
にごり酒特集の8本目。

 こちらを醸す「寺田本家」については、あまりに特徴があり過ぎて書ききれないので、詳しくはググっていただければ…
 無農薬米、無添加、生もと造りと、とにかく「ナチュラル」な酒造りにこだわりがあり、製品は健康食品ショップで取り扱われることもある、異色の蔵元になります(通常銘柄は「香取」)。
 蔵元ホームページは古臭いデザインながらも内容は充実しており更新頻度も良好、Facebookもあるみたいですね、小規模蔵元は是非見習ってほしいレベルかと。(特に取り扱い店情報が詳細に載っているのが素晴らしい!)

 今回いただく「醍醐のしずく」も、「菩提もと」に加え「精米歩合90」と、一般的な日本酒カテゴリのなかではイロモノ的ともいえる代物。
 蔵元の商品紹介を見ると、「日本酒度/-40~-70」「酸度/6~12」 「アミノ酸度/2~6」とか、数値的にもとんでもないことになっているようです(仕込みごとに数値が異なるため、おおまかな範囲を記してあるとのこと)。
 「菩提もと」造りの詳細も同じページに記載が有りますね、自分の中では「鷹長」のイメージが強いです、奈良県以外でやっているところは相当少ないんじゃないでしょうか。
 「にごり酒」というカテゴリに入るのかどうかは微妙ですが、おりが結構あるということと、なによりお酒自体が完全に色づいて不透明になっているため、今回の特集に入れてみました。

 いやあ見た目からして只者ではない感じのオーラが出てますね…(瓶は透明です)
20170402130612583.jpg

 上立ち香は明らかに日本酒のものではない白ワイン的酸の香りがかなり強めに。
 含むと、濃厚かつ超個性的な甘酸味が少々のガスの刺激とかなり強めの粘性を伴ってとろ~りと入ってきて、唾液腺を強く刺激しながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり白ワイン的な酸味を中心にしつつ、お米の甘味や旨味が深みを与え、そしてトロミが独特の口当たりを添えるまさにオンリーワンのもの。
 後味は濃厚な味わいを酸で強引に切り上げるキレかた。

 兎にも角にも個性的な、非常に奥深い味わいのトロトロ芳醇甘酸っぱ酒でした。
 酸っぱさはもとより、個人的には未経験の口当たりに衝撃を受けましたね、にごり酒というより生姜湯とか葛湯とかを思い出すトロミでした。
 正直なところ私は酸っぱい系のお酒は苦手なのですが、口当たりの面白さとアミノ酸的な旨味の濃厚さも主張していて酸一辺倒ではないため、結構楽しく飲めましたね。
 逆に三芳菊、亀泉CEL24,アフスあたりが好きな方は絶対一度は飲んでみるべきかと…(実際妻は美味しく飲んでました)
 寺田本家については、実は「むすひ」も同時に買ったので、いつかご紹介したいと思います。

 さて、いよいよ次回は「にごり酒特集」の最終回、今回のMVP酒をご紹介します。

20170402130558199.jpg

20170402130604889.jpg

名称:醍醐のしずく 菩提もと仕込み
精米歩合:90%
使用米:不明
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社寺田本家
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月13日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

木戸泉 純米にごり 別誂 山田錦 特別純米生原酒

本日の家飲み 木戸泉 純米にごり 別誂 山田錦 特別純米生原酒

20170402154150342.jpg  20170402154202046.jpg

 千葉県いすみ市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも6回目と、かなりの頻度ですね。
 にごり酒特集の7本目。

 今回にごり酒をまとめ飲みして改めて思ったのは、通常のお酒以上に「にごり酒はベストコンディションで飲むのが難しい!」ということです。
 特に穴開き栓ものはやはり変化が激しいので、早飲みが基本になるでしょうね…、そういう意味では今回の繁桝にごり桃の里しろうまは良い勉強のネタになったと思います。
 「ガス感」の変化に関してはさらに繊細な問題になってきますが(ガスが強いのが好きかは好みによる)、基本一度抜けたガスを取り戻すのは難しいため、状況が許す限りにごり酒は密閉栓でだして欲しいと個人的には思います。
 密閉栓と穴開き栓の両方が出荷されるにごり酒に「金鼓 水もと濁酒」がありますが、私が飲んだ限りでは密閉栓の方が断然美味しく、楽しい酒だった記憶もありますしね(まあ4分の1ぐらい吹きこぼれましたが…)。
 
 閑話休題、今回いただくのは木戸泉のにごりということで、当然ながら高温山廃仕込みになります。
 米違いのものもあるようですが、これは山田錦利用バージョン。
 
 見てくださいよこのおりの量を!ちなみにガス感は穴開き栓だからかそこそこレベルで、開栓も余裕でした。
20170402154223047.jpg  20170402154235874.jpg

 濃度はかなり高く、そうとう混ぜたつもりでもおりの塊がダマっぽく残っているように見えました。
 ただ注ぐと、意外にもいい具合の粘度になったかも…、塊が引っかかったりはしなかったです。

 上立ち香は典型的なガスとお米が混じり合ったような香りが仄かに。
 含むと、やはりお米感が強い旨味がトロリと、しかし酸味でかなり強めに引き締められつつ、最初から最後まで存在感を保ちながらグググッと入り込んできます。
 味わいは、やはりにごり系らしくお米っぽいクリーミーな旨味(甘さはそこそこ)があるのですが、そこに木戸泉らしい割りと鋭角な酸が伴って、独特な飲みやすさ(というか次を誘う感)を創り出します。
 後味は酸が引き取り、粉っぽさをあまり感じさせずにしっかりと引き上げます。

 にごり酒のなかでもかなり高めの密度と、しっかりとした旨味を、酸で力強く引き上げる、非常に押しの強いお酒でした。
 個人的にはもうちょっと甘味を求めたいところですが、まあ完全に好みですね、木戸泉は甘味より旨味と酸味が特長だと思うので、ブレなさは素敵だと思います。
 その上でさらにワガママを言ってしまうとこれ密閉栓で出して欲しいなあ…、物理的に無理なのかも知れませんが、やっぱりもうちょいガスが欲しい気がします。
 ただ、個性的な魅力があることは確かですね、単体でも良いですし、肉とか油ものとの相性も良好かと。
 次回はこのお酒に負けず劣らず…、というかそれ以上に個性的な千葉県産にごり酒をご紹介します。

20170402154214101.jpg

名称:木戸泉 純米にごり 別誂 山田錦 特別純米生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木戸泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月11日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

岩の井 山廃純米山田錦 無濾過生原酒

本日の家飲み 岩の井 山廃純米山田錦 無濾過生原酒

20160925214522731.jpg  20160925214533337.jpg

 千葉県夷隅郡御宿町のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 去る2016年9月、「パーカーポイント」の日本酒版が発表されたことは、マニアにはまだ記憶に新しいところかと思います。
 パーカーポイントとは、どうやら偉いソムリエのおじさんが雑誌上でワインに付けている評価点のことみたいですね、いわゆる「権威」の評価ということで、値段にもかなりの影響を与えているとか。
 で、今回いただく岩の井はそのパーカー氏が、「純米大吟醸 山廃」について、800種ぐらいのお酒の中で2番目の評価である95点を付けた銘柄なのです(得点一覧はオフィシャルより「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんのこの記事の方が分かりやすいかと。)
 地元千葉県のお酒ということもあり、前回飲んだ印象も良かったので、今回セレクトしてみました。

 といいつつ、スペックは当然評価されたもの(上位リストは大体4合5千円近辺)よりお安い、山田錦58磨きの無濾過生原酒。
 ラベルデザインは、銘柄名が一見してわからない、私が嫌いなタイプですね。


 注ぐと、まさに黄金色といった感じで、黄色っぽく色づいています。

 上立ち香は酸っぱい系の酸と熟成香が混じりあった感じの香りがそこそこに。
 含むと、かなりの熟成感(紹興酒・カラメル的なアレ)をまとった野太い旨味がドドドと入ってきて、これまた強烈な酸と激しくせめぎ合いながら、最後まで力強く染み入ってきます。
 味わいは、熟しきった果実の旨味という感じで、熟感と酸味に加えて、少々の甘さと辛さが絡みつくことで、複雑な旨味の世界を演出していますね。
 後味は酸辛がしっかり引き取ってバッチリキレます。

 夏出荷の生酒の割には熟感が非常に強い、複雑さのある芳醇旨酸酒酒でした。
 BY書いていないのでわからないのですが、まさか一年熟成じゃないよなあ…、保存状態も気のなるところ。
 単純に私が熟成香が苦手なので、その分厳しいところがありますが、人によってはむしろハマる要素になるのかもしれません。
 岩の井、今後も色々と試して行きたいとおもいました。

 冷酒だと熟成感が表に出てしまいますが、常温だと旨甘味が勝つ感じがします。
 これは本来蔵元として適正温度をアピールすべきお酒のような…、これ初心者が冷酒で飲みきったら二度と岩の井飲む気しない感じになってもおかしくないかと。

 そして燗をつけると…、いやあ甘辛旨が表に出てきました、というか熟成香がどっかに行ってしまった。
 いやこれ絶対飲み方解説必要なお酒ですよ、個人的には温度高めが楽しいので熱燗がオススメ。

20160925214555530.jpg  20160925214543386.jpg

名称:岩の井 山廃純米山田錦 無濾過生原酒
精米歩合:58%
酒米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元:岩瀬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:酒のひぐらし 日暮商店(松戸)
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年11月23日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

木戸泉 特別純米 雄町 無濾過生原酒 「PURE PURPLE」

本日の家飲み 木戸泉 特別純米 雄町 無濾過生原酒 「PURE PURPLE」

20160812140335218.jpg  20160812140344353.jpg

 千葉県いすみ市のお酒です。
 ブログでの紹介は早くも5回目。

 私は千葉県出身ということもあり、木戸泉は強く応援している蔵の一つで、前々からもっと全国区で知られて欲しいと思っておりました。
 そんな中、グランドジャンプで連載中の日本酒マンガ「いっぽん!」に、当ブログでも以前にとりあげた超個性派酒「純米アフス生」が登場したという話を聞きました。
 いやあ流石というべきか目の付け所が素晴らしいですね、いっぽん!は初心者からマニアまで、広くオススメできる日本酒マンガだと思います(私は単行本を買って読んでます)。

 なお、このことは蔵元ホームページでも取り上げてますね
 そこではブログの記事で簡潔にメディアの掲載情報に触れリンクを張り、さらっと購入できる店・呑める店を紹介しています。
 このタイムリーかつ勘所を押さえた情報発信…、素晴らしいの一言です、他蔵も是非参考にして欲しいと思いました。

 今回いただくのは雄町を60まで削って醸したお酒で、当然高温山廃仕込みです。
 裏ラベルには原酒でアルコール度数16度に抑え、食中酒を志向している旨の解説がありますね。


 上立ち香は酸を感じるスッキリとした香りが控えめに。
 含むと、やはりしっかりとした酸味を伴う太い旨味がグググッと入ってきて、その酸味が若干唾液線を刺激しながら最後まで引き締まったままじわじわと染みこんできます。
 味わいは、やはり木戸泉らしい乳酸とアミノ酸が強烈に主張する旨酸味が主役、ただ全体的には酸の引き締まりの印象が強いですね。
 後味は若干酸っぱい感じを残しつつ、きっちりとキレます。

 木戸泉らしいしっかりとした酸で、けして薄くない旨味を洗い流す、飲み飽きない系のお酒でした。
 前回と比べると、少々酸っぱい系の酸が強くスッキリ感をより感じますね、食中酒的な方向性というのに納得感があります。
 個人的にはもっと濃厚な方が好きではありますが、これはこれで魅力的です、好きな人も多いでしょう。
 木戸泉は今後も色々なスペックを試していきたいところです。

 なお、温度が上がったほうが単純に口当たりが柔らかくなって良いですね。
 燗をつけると旨味も濃くなります。

20160812140414716.jpg  20160812140405092.jpg

名称:木戸泉 特別純米 雄町 無濾過生原酒 「PURE PURPLE」
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木戸泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1400円くらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年10月02日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒

本日の家飲み 総乃寒菊(ふさのかんきく)  純米大吟醸 無濾過生酒

20160426092543132.jpg  20160426092600452.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらはIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2013において、純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部で千葉トロフィーを受賞した銘柄です。
 世に日本酒コンペは数ありますが、その中でもIWCは個人的にかなり重要視していますね(早い段階で「鍋島」を選出したことが大きい)。
 2013のトロフィー受賞銘柄についても、定番銘柄以外の「喜多屋」「かたふね」については、既に家飲みし、ブログでも紹介しています。
 この「総乃寒菊」については私が千葉県出身なこともあり、かなり気になっていたのですがなかなか入手句会が無く、今回ようやく柏高島屋で見つけたので、喜んで購入した次第です。

 スペックは50磨きのギリギリ純米大吟醸ですね、使用米は不明。
 ラベルを見る限りでは「無濾過」の「生酒」であることは確かですが、加水の有無はわかりません。

20160426092640129.jpg  20160426092658684.jpg

 含むと、爽やかな印象の吟醸香がほどほどに。
 含むと、いかにも純米大吟醸という雰囲気のキレイな旨味がスッと入ってきて、時間差で出てくる苦味を伴いつつ、華やかに口中に広がります。
 味わいは、やはり高精白らしい繊細で線の細いフルーティーな旨味が主役、透明感もあるのですが、口中で転がしすぎると苦味がちょっとキツくなる感があります。
 後味はその苦味を舌先に少々残しつつ、キレイにキレます。

 純米大吟醸生酒の王道を征く、上品なフレッシュフルーティー酒でした。
 やはり無濾過生酒らしく、フレッシュで濃厚な味わいを素直に味わえるのは素敵ですね。
 が、若干割高なのと、まだ「無濾過生酒として」こなれていない印象が少し気になりました(火入れの方が良さそうな印象というか)。
 総乃寒菊、今後に注目していきたいと思います。

20160426092734998.jpg  20160426092717310.jpg

名称:総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社寒菊銘醸
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:柏高島屋
お気に入り度:8.1(値段も考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年05月30日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

木戸泉 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 別誂

本日の家飲み 木戸泉 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 別誂

20151228130306669.jpg  20151228130322402.jpg

 千葉県いすみ市のお酒です。
 主に家飲みで何度もいただいている、私のお気に入り銘柄の一つ。

 木戸泉は私のギャザリーまとめ記事「「もっと評価されるべき!」強くオススメしたい知られざる日本酒+購入できる酒屋さん紹介」で、取り上げている銘柄の一つです。(この記事はかなり思い入れがある記事なので、是非アクセスをお願いします!)
 自分が「お気に入りに追加」するには、ほぼ「芳醇な旨味がありながらバランスが取れていること」と「確固たる個性があること」の両方を備えていることが条件になっています。
 技術が洗練されてきて流行りの傾向がハッキリしてきた現状、前者の条件を満たす銘柄は多いのですが、後者はやはりそう簡単には出会わない気がします、そして木戸泉はその「確固たる個性」という点で特筆すべき銘柄だと考えます。

 今回いただくのも、その個性を生み出す最大の土壌であろう「高温山廃仕込」によるものです。
 今まで意識しませんでしたが酵母は7号系なんですね、私の好きな銘柄は7号使いが多い気がします(筆頭は風の森)。
 使用米は山田錦、「矢島酒店」さんの別誂(PB)品です。

20151228130341368.jpg

 上立ち香は濃い感じの酸が立つ山廃っぽい香りがそこそこに。
 含むと、やはり野太い旨味の固まりがググッと入ってきて、強めの酸味で輪郭を保ちつつ、じわじわと染みこんできます。
 旨味は、アミノ酸的な直球勝負の、まさに「旨味」としか表現できない味わいが主で、兎に角濃厚かつ引き締まった個性的なもの。
 後味は酸辛で舌に刺激を与えつつ、力強くキレます。

 木戸泉らしさをしっかりと感じさせる、極めて力強い旨酸が楽しめるお酒でした。
 うーむ、やっぱり木戸泉にはハッキリとした「木戸泉味」がありますね、これは一度ハマると抜け出せない魅力があります。
 このお酒は特に、裏ラベルにもあるように、食中酒としても使えるような「酸による力強いキレ」が特長でした。
 木戸泉、今後もお気に入り銘柄としてちょくちょく頂きたいと思います。

 燗を付けると…、いやあ甘味が増してきますね…とても良いです。
 口当たりも優しくなりますし…、これはもっと早く燗付けを始めるべきだったなあ。
 木戸泉の燗、オススメです。

20151228130445103.jpg  20151228130500058.jpg

名称:木戸泉 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 別誂
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木戸泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0(燗上がりも考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年02月06日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

鳴海の風2 特別純米 直詰め生

本日の家飲み 鳴海の風2(なるかのかぜ2) 特別純米 直詰め生

20151110003247600.jpg  20151110003257885.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介はこれで3回目。

 最近私の一押し銘柄の一つに確定した鳴海です。
 今回は「鳴海の風」ということで、夏っぽいラベルデザインですし、裏ラベルにも「太陽の季節にぴったり」という記載もあるので、夏酒のカテゴリの商品と思われます。
 が、謎なのはこれ、10月蔵出しみたいなんですよね、むしろひやおろしの時期という…
 理由は不明ですが「夏酒として造ったけど、寝かせても旨そうだったんで一部寝かせた」みたいな判断だったら面白いかも。

 使用米は五百万石、前回紹介したスペックが山田錦で、前々回が酒こまちだったので、いい感じに米違いの比べ飲みになってますね。
 五百万石で造ると淡麗系になりがちと一般的には言われています、が、而今や寿喜心のように明らかにそのイメージから離れた酒質のものもあり、結構造り手次第で化けるお米と個人的には思っています。
 さて、こちらはいかがでしょうか。

20151110003314111.jpg

 上立ち香りはトロピカルでフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りのフレッシュフルーティー、かつ芳醇な甘旨味が力強く入ってきて、ガスっぽい苦味に締め付けられながら染み込んできます。
 旨味はまさにトロピカルフルーツといった印象の甘味が主役、うーん極めて芳醇でトロミすら感じますね、ただ苦味も結構強めで印象は結構引き締まった感じ。
 後味はガス感と苦味が引き取ってスッキリとキレます。

 高濃度の旨甘味を控えめなガス感が包む、芳醇ながらダレないまとまりのあるお酒でした。
 いやあやっぱり鳴海の直汲みは私の好みド直球ですね…。
 この炭酸と甘味のコラボというのは風の森を想起させますが、やはり味わい自体は完全に別。
 鳴海、今後も密着して追い続けようと思います。

 開栓後は…、二三日は大丈夫でしてが、それ以上は苦味がでますね。
 ちょっと崩れたかな…、こちらは早めに飲み切るのをオススメします。

20151110003324911.jpg

名称:鳴海の風2 特別純米 直詰め生
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年01月23日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

東薫 純米吟醸 中取り無濾過生原酒

本日の家飲み 東薫(とうくん) 純米吟醸 中取り無濾過生原酒

20151030143324000.jpg  20151030143342345.jpg

 千葉県香取市のお酒です。
 家飲み、外飲み含めて初めていただきます。

 私は千葉県出身なので、やはり千葉のお酒には他県より強く注目しています。
 具体的には、新酒鑑評会の結果を見てこの「東薫」や「海舟散人」、IWCの結果をみて「総乃寒菊」の寒菊など、前から目をつけている銘柄は色々とあるのです。
 が、やはりなかなか東京の酒屋でこれらの銘柄は見ないんですよね…、今回ようやくこの東薫に巡り合えました。
 (ちなみに購入店は人形町の「小山酒店」さん

 スペック的には、青森の酒米「華吹雪」を使っているのが珍しい気がします。
 裏ラベルにしっかり情報を載せているのは好印象。
 しかし、個人的には「中取り」という言葉を見ると、飲む前のハードルをどうしても上げてしまいますね…

20151030143402645.jpg

 上立ち香は甘さ混じりのフレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、しっかりとした味わいの甘旨味が、強めの苦味を伴って勢い良く滑り込んできます。
 旨味は典型的な吟醸系生原酒のリンゴっぽい果実の味わい、しかしかなり苦味が強いので、全体的には非常に引き締まった印象。
 後味はその苦味を若干残して引き上げます。

 今風でしっかりとした甘旨味がありながら、全体的な印象は苦味がもっていった感じのお酒でした。
 甘党の私には少々厳しいのですが、このエグさの無い苦味は、好きな人は凄く気にいるでしょうね。
 意外とこのタイプのお酒は珍しいかも…、辛いお酒とはまた違った引き締まりを感じました。
 東薫、今後の動きを注目したいと思います。

20151030143413132.jpg

名称:東薫 純米吟醸 中取り無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:華吹雪
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元情報:東薫酒造株式会社
購入価格(税抜):約1,500円(レシート紛失…)/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 東薫 純米吟醸

2015年11月03日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生

本日の家飲み 鳴海(なるか) 純米吟醸 山田錦 直詰め生

20150705154122592.jpg  20150705154133659.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 私は基本的に家飲みは四合瓶派ですが、外にお酒を持ち込んだりするときは一升瓶を買うときもあります(自分の飲む分が減るので…)。
 そしてそういうときは大体どうしても欲しい限定品か、完全に信頼を寄せている銘柄に限っています。
 鳴海は後者ですね、家飲み回数はまだ多くありませんが、外れが無い…というより全て予想を上回ってくれます。

 今回も実家持ち込み用にセレクトしたお酒です、実家が千葉県なのでよりふさわしいかと。
 スペックは王道の山田錦50磨き、裏ラベルによると中取りでもあるらしいですね。
 ちょっと味わいのポイント解説が書いてあるところが好印象。

20150705155055607.jpg  20150705155116512.jpg

 上立ち香はリンゴっぽくて甘い感じの果実香がそこそこに。
 含むと、なんとも濃厚かつ透明感のある甘旨味がトロリと入ってきて、裏方に徹した苦酸で輪郭を保ちながら染みこんできます。
 旨味は典型的なリンゴっぽい甘旨味が主役なのですが、絶妙なガス感・酸味・苦味と調和して、非常にバランスのよい味わいの世界を創り出します。
 後味はそのガス酸苦が自然に引き取る形でキレます。

 クセのない芳醇な甘旨味をあくまでスッキリと楽しめる、極めて完成度の高いフルーティーフレッシュ生酒でした。
 とろみを感じる芳醇さとガス感のスッキリさが同居している当たり、玄妙とも言えるバランスの取り方だと思いました。
 一本調子ではない素敵な旨味に母君様もご満悦。
 前回の酒こまちの味わいを踏まえ、今回で改めて確信しましたが、鳴海は数ある千葉県銘柄のなかでも頭一つ抜けていると思います、今後要注目でしょう。

20150705155127319.jpg

名称:鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年08月19日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

岩の井 純米吟醸 生

本日の家飲み 岩の井 純米吟醸 生

20150705155236621.jpg  20150705155247106.jpg

 千葉県夷隅郡御宿町のお酒です。
 ブログでの紹介は二回目ですね。

 以前いただいた山廃が、火入れながら非常に自分好みで旨かっため今回も購入してみました。
 ちなみにこちらは千葉県の柏高島屋で購入しました。
 デパートでも、地元県産に力を入れているところにはやっぱり好感が持てますね。

 ラベル記載の情報は少しわかりにくいですが、速醸の無濾過生酒のようです。
 使用米は不明で、歩合は中途半端に見える58%。
 山廃もそうでしたが、なぜこんな数なんだろう…


 上立香は熟成香のような個性的でしっかりとした香りがそこそこに。
 含むと、やはり個性的な旨酸味がぐぐっと入ってきて、唾液線を刺激しながら染みこんできます。
 旨味は山廃としてか思えないような乳酸味が主役で、それを若干の辛さが締め上げる男酒の旨さといった印象。
 後味はその酸辛を若干舌に残しつつ、力強く引き上げます。

 とても速醸とは思えないような、奥行きのある乳酸の味わいがあるお酒でした。
 山廃メインの銘柄(玉川とか菊鷹とか)に関しては、速醸でもなんとなく乳酸味を感じるのは不思議なものです。
 蔵付き酵母の性質だったりするんでしょうか。
 兎も角、岩の井は引き続き追って行こうと思います。

 この味わいなら燗だろうと試してみたところ、なぜか香りが甘酒のようなお米の香りに。
 含むとうーん辛い、辛さと旨味がさらに濃厚になってこれまた面白い味わいとなりました。

20150705155258652.jpg  20150705155314058.jpg

名称:岩の井 純米吟醸 生
精米歩合:58%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:岩瀬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年08月15日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

木戸泉 白玉香 山廃純米無濾過生原酒

本日の家飲み 木戸泉 白玉香(はくぎょくこう) 山廃純米無濾過生原酒

20150302130106404.jpg  20150302130118101.jpg

 千葉県いすみ市のお酒です。
 このブログで取り上げるのは三回目。

 木戸泉は最近個人的にとても注目している銘柄です、ギャザリーでも、もっと評価されるべき銘柄の一つとして紹介させていただきました。
 少し前までは三増酒が幅を利かせ、今ではフルーティーな吟醸酒が好まれるようになってきた地酒業界で、常に「高温山廃造り」による旨味指向を貫くその姿勢、哲学を感じる蔵だと思います。

 今回いただく「白玉香」は山田錦を60まで磨いた、山廃無濾過生原酒です。
 ちなみに購入先の矢島酒店さんは、タツミムックの「新しい日本酒の楽しみ方」でこのお酒をオススメしていました。
 期待を込めていただきます。

20150302130132708.jpg

 上立ち香はちょっとだけ熟した感じの落ち着いた甘酸の香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた印象の濃厚な甘旨味が、不思議なことにピリピリくる辛さと同居しながら入り込んできて、濃度を保ちながら染み入ってきます。
 旨味はやっぱりアミノ酸を感じる野太いもので、山廃(の生)っぽさを感じるとともに、完熟フルーツ的な後を引く飲みやすい甘酸も有り。
 後味はしっかり酸が引き取ってキレます。

 いわゆるフルボディという言葉を想起させる、個性的で太い旨味が特長の甘旨辛酒でした。
 やっぱり木戸泉はオンリーワンの旨味を与えてくれる蔵です。
 千葉県出身として非常に頼もしい!今後も強く応援したいと思いました。

 冷やが旨すぎたので、残り一杯ぐらいを慌てて燗。
 いやあ酸が出ますね、辛さも出てきてクセになりそうな独特な味わい。
 個人的には冷やしたほうがまとまりがあって好きですが、これはこれでGOOD。

20150302130147316.jpg  20150302130203408.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-786.html

名称:木戸泉 白玉香 山廃純米無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:木戸泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,574円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年04月11日 千葉の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ