HARE 特別純米 生酒 28BY

家飲み記録 HARE 特別純米 生酒 28BY

20180220011148691.jpg  20180220011158210.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めていただきます。
 岡山酒の2本目、そして今回の出張等時購入酒特集の12本目、トリのお酒となります。
 (特集の最初のお酒はこちら

 こちらを醸す熊谷酒造は他に「伊七」等の銘柄を有しており、この「HARE」は特別なブランドの様です。
 ブランドの位置付けについてはこちらに詳しく載っていました、どうやら、農家と大学生が協力し、無農薬で栽培した、武部町の雄町を使って醸されたというところがポイントのようです。
 コンセプト的にはとにかく「若者向け」みたいですね、私のような30後半のオッサンが飲んでも良いのでしょうか(笑)

 見た目も今風ですね、500mlで、かつ生酒というあたりは若者向けとして個人的には正しい方向性かと考えます。
 去年の11月出荷なのですが28BYということなので、蔵元熟成を経ているのかな、このあたりの詳細は不明です。(なお、開栓は今年の2月)

20180220011207000.jpg

 上立ち香は落ち着いた酸を感じる、程よく熟した果実系の香りがそこそこに。
 含むと、少々熟しながらも軽い印象の甘酸味がスルスルと入ってきて、最後までその勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、程よい濃度かつ結構硬質な酸が中心にありますね、熟感や甘味はかなり控えめ、それと鼻に抜ける香りにウィスキー的な独特な雰囲気があるような…
 後味は、酸が引き取ってしっかりキレます。

 飲みやすさ、軽さが魅力的で、どこか個性的な香りが特長のお酒でした。
 やっぱり酸がしっかりしているお酒は、生でも一年ぐらいは余裕でダレませんね。
 ただ、魅力的にはそれだけというか…、甘味、旨味にどうも楽しさを感じられませんでした、いわゆる食中酒ですね。
 これが熟成で発酵が進んだ結果なのか、最初からこの味わいだったのかは不明です。
 次は伊七も飲んでみたいと思いました(生酒があれば)。

20180220011216800.jpg

名称:HARE 特別純米 生酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:熊谷酒造株式会社
購入価格(税抜):928円/500ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: HARE 純米吟醸

2018年03月05日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |