FC2ブログ

W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入

家飲み記録 W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入

20190320145213487.jpg  20190320145222523.jpg

 岐阜県飛騨市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す渡辺酒造の通常銘柄は「蓬莱」…、だと思うのですが、蔵元ホームページの商品紹介を一見すると、若干とっ散らかっていますね。
 正直言ってしまいますと、モンドセレクション金賞を押し出していたり、「あのアニメ映画の聖地巡礼ファン」向けに「聖地の酒」とか言って巫女ラベル出していたり、売らんかなな姿勢が全面に出ている部分にはちょっと鼻白むところもあります。
 が、まあこの状況で生き残らなければならない地酒蔵としては見習うべきところも多いんじゃないでしょうか、逆にこの辺り消極的過ぎる蔵が多い気もします…
 閑話休題、このWシリーズは、そんな蔵が満を持して特約店限定で出してきた、いわばマニアにも向けたブランドですね、個人的には「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんがまとめて取り上げていたのが印象に残っています。

 スペックは赤磐雄町を50%までと純米表記ながら結構削っています、その割にはお安いですね。
 生が無かったのでやむなく火入れをセレクトしました。

20190320145230480.jpg  20190320145238459.jpg

 上立ち香はリンゴヨーグルト的な乳酸混じりの吟醸的香りが気持ち強めに。
 含むと、かなり濃厚な甘旨味が力強く入ってきて、吟醸的苦味と独特のバランスを保ちつつ、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やっぱりリンゴ的な甘旨味を感じるのですが、熟感や渋みと相まってむしろアップルティー的な雰囲気になってますね、さらにアルコール感や苦味もあって、独特な雰囲気を感じさせます。
 後味は、熟感と苦味の余韻を残しつつ、しっかりキレてくれます。

 中心に吟醸酒の王道的なリンゴ感がありながら、纏う熟苦渋で確固たる個性を確立している、芳醇甘旨酒でした。
 うーむ、これは完全に地酒最前線で勝負できるレベルですね…、瓶火入れですし、恐らくしっかりお金を設備投資にも回しているんじゃないかしら。
 火入れでこれなら私としてはやっぱり生も飲んでみたいなあ、できれば来期は抑えたいところ。
 W、渡辺酒造が品質面の実力も十分であることを知らしめてくれた一本でした。

20190320145256214.jpg

名称:W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入
蔵元情報:有限会社渡辺酒造店
購入価格(税抜):1,409円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや銀座(GINZA SIX)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米

2019年03月28日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |