龍神丸 純米吟醸生原酒 瓶囲い 27BY

本日の家飲み 龍神丸 純米吟醸生原酒 瓶囲い 27BY

20161212093710513.jpg  20161212093721293.jpg

 和歌山県有田郡有田川町のお酒です。
 まとめて買った高垣酒造のお酒の三本目になります。

 この龍神丸純米吟醸については、1年前の26BYのものを既に家飲みしています。
 その時はなかなの好印象だったので、買えるときに買っておくかと思い今回セレクトしました。
 後は、前回紹介した純米と合わせて買って、たまには同銘柄の飲み比べもいいかなという想いもあったりします。
 自分はまだまだ色々な銘柄を飲み散らかしている段階なので、なかなか同銘柄複数スペックの飲み比べ(いわゆる水平飲み)をする機会がないんですよね。

 今回のスペックは、昨年同様山田錦、50%精米、無濾過生原酒。
 前回の純米と比べると、使用米も精米歩合も異なっているので、かなり違った味わいが予想されるところです。

20161212093731562.jpg

 上立ち香はやっぱりコーヒー的ながら、クリーム的な甘さも混じったような香りがそこそこに。
 含むと、やはり完熟した感のあるまろやかな甘旨味がググっと入ってきて、そこにほろ苦さが絡みついて引き締まりつつ染みこんできます。
 味わいは、ちょい苦目のミルクコーヒーを思わせる個性的な旨味が完全に主役を演じる感じですね、今回は若干熟感もあるのでよりほろ苦さの奥深さを感じますね。
 後味は程よい苦味を口中に残しつつも自然にキレます。

 まろやかさとほろ苦さが同居する、非常に個性的かつ複雑な旨味が魅力の、芳醇旨酒でした。
 若干熟成が進んでいる他は、大体昨年に飲んだ時と同様の印象ですね、酒質が安定しているということなので良い傾向だと思います。
 純米と比べると、甘旨味がしっかりしている分、私は断然こちらのほうが好き。
 龍神丸は、今後も機会があればいただいてみたいですね。
 本当は「もやしもん」に登場した大吟醸も飲んでみたいのですが、値段も入手難易度も高いので悩ましいところです。

 ピピッときて、ぬる燗にしてみました、いやあ思った以上に優しい口当たりだ…
 苦味も若干裏方にまわり、非常に良いバランスです、これはぬる燗が個人的にはオススメ。

20161212093743121.jpg

 折角なので2スペック並べた記念写真
20161212101847817.jpg

名称:龍神丸 純米吟醸生原酒 瓶囲い 27BY
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:不明(メモ忘れ)
日本酒度:不明
蔵元情報:高垣酒造株式会社
購入価格(税抜):セット販売/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年01月12日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

龍神丸 純米生原酒 瓶囲い 27BY

本日の家飲み 龍神丸 純米生原酒 瓶囲い 27BY

20161212101451014.jpg  20161212101501067.jpg

 和歌山県有田郡有田川町のお酒です。
 前回に引き続き、高垣酒造のお酒になります。

 「龍神丸」とはなかなかインパクトのあるネーミングだと思いますね、由来は裏ラベルにも記載されている通り、高野山と龍神村を結ぶ「高野龍神スカイライン」道中にある護摩壇山から大空を飛翔する龍にちなんだ、空飛ぶ巨大船として名付けたものだとか。
 ただ、私と同世代ならどうしても「りゅーじんまるーっ!(CV:田中真弓)」の方を想起してしまうことでしょう…
 だからどうしたというわけではないのですが、偶然によるネーミングの一致って結構面白いという一例かと思いました。

 閑話休題、今回いただくのは純米スペックになります、が、純米とはいえ五百万石を60まで削っているので、特別純米とか純米吟醸を名乗っても良いクラスかと思われます。
 27BYで、28年7月出荷、実際に飲んだのは11月なので、熟成期間は1年に満たないくらいでしょう。
 これが長いか短いかは、酒質や保管状況にもよるので、非常に難しいところ。

20161212101509133.jpg

 上立ち香はわりと個性的な、コーヒー感のある熟した香りがそこそこに。
 含むと、シロップ感のある熟した濃い旨味がドロリと入ってきたかと思うと、すぐに熟感のある苦味が激しく纏わりつき、さらに酸味も加わって複雑さを演出しつつ、力強く染みこんできます。
 味わいは、熟した個性的な旨味と強めの苦・酸・渋がおりなす、コーヒーリキュール的な印象の個性的なもの。
 後味は、やはり酸苦で力強くキレます。

 非常に個性的かつ複雑な味わいの、一筋縄ではいかない
 正直、最初の一杯は「こりゃ渋すぎる…(甘味が足りない)」という印象しかなかったのですが、二杯目からはなかなかクセになりそうな個性がありました。
 やっぱりこのお酒についてはもう少し熟成を経た方が良いのかな、ただこのスペックについては「こういうお酒」であるという予感もします、人を選ぶ感じといいますか。
 次は、もう一本の龍神丸をご紹介する予定です。

 ちなみに、温度が上がってくると苦味より酸味が強く出てくる感じがします。
 燗を付けたときの印象も、酸が前に立つ辛口酒という感じでしたね。

20161212101518494.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1320.html

名称:龍神丸 純米生原酒 瓶囲い 27BY
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:不明(メモ忘れ)
日本酒度:不明
蔵元情報:高垣酒造株式会社
購入価格(税抜):セット販売/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 龍神丸 純米

2017年01月10日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

龍神丸 純米吟醸生原酒 26BY

本日の家飲み 龍神丸 純米吟醸生原酒 26BY

20160411090819823.jpg  20160411090837514.jpg

 前回に引き続き和歌山県有田郡有田川町、高垣酒造のお酒です。
 ちなみに龍神丸に関しては、私は以前麹町市場さん(復活をお待ちしています)でいただいたことがあります

 「龍神丸」が農大マンガ「もやしもん」にとりあげられて脚光を浴びたということは何度も書きました(ちなみに登場したスペックは、「大吟醸生原酒」らしいです、さすがのセレクトですね)。
 同作といえば、「実家が酒蔵のゴスロリ女装男(ひどい表現ながら事実)」が語った酒屋論が印象に残っています。
 その内容は乱暴にまとめると「スーパーと同じ大手製ビール等ばかり売っていては価格面や便利さで絶対に勝てない。その酒屋ならではのお酒についてポップや試飲でしっかり情報提供しながら売るべし」といった感じのもの。
 いやあ「激しく同意(死語)」というやつですね、連載当時でこういう意見を載せているのはさすがです。

 が、当時から約10年経った今でも、町の酒屋さんの大部分が、冷蔵庫にビール&ジュースを満載し、日本酒は大手銘柄を常温棚に並べているだけという状況は変わっていないと思います。
 もちろん生酒系特定名称酒が全てではありませんが、そういう選択肢を消費者に提示できない酒屋は、正直なところ私にとっては無価値になってしまいますね。
 単なる一素人の感覚に過ぎませんが、これから普通酒晩酌派の飲み手が引退していく中で、こんな状態ではお先真っ暗だと思うのですが…
 「日本酒ブーム」が定着するかどうかに関しては、蔵元や飲み手以上に、売り手の意識改革が必要なのではないかと、先日地元の酒屋巡りをして感じた次第です。
 
 すみません、完全に話がずれました…、今回いただくのは山田錦を50まで削った純米吟醸生原酒。
 こちらも26BYということで、結構寝かされた後での購入になります。
 裏ラベルでは、弘法大師ゆかりの湧水「空海水」を用いていることも、強くアピールしていますね。

20160411090949401.jpg  20160411090933193.jpg

20160411090857864.jpg

 上立ち香はこれまた熟感をかなり感じるお米っぽい香りがそこそこに。
 含むと、やはり熟成した印象の旨味が固まりで入ってきて、ほどほどの苦味で引き締まりながら、しかし優しさも感じさせるようなバランスで、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、旨味がしっかり乗った印象の複雑なもので、果実のようなバニラのようなシロップのような甘さとほろ苦さが一体となって独特の世界を創り出します。
 後味は苦味が若干表に出つつ、あくまで優しくキレます。

 単純に最近の流行りを追った感じではない、ある種のこだわりと「イズム」を感じる、芳醇旨酒でした。
 一口目より二口目の方が断然旨いような、奥深い面白味がありますね、温度による変化も楽しい印象。
 やっぱり個性のある地酒は飲んでいて楽しいですね、そういう意味でとても「地酒らしい」銘柄だと思います。
 龍神丸は今後も入手機会があれば、是非いただいていきたいです。

 折角なので喜楽里と飲み比べてみましたが、やはり系統は似てますね。
 あえて言うと、喜楽里は酸味が立ってキレを出している感じがあるのに対し、龍神丸はあくまで全体のバランスを繊細に保ったまま、柔らかに引き上げていくのが一番の違いでしょうか。

20160411090915591.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-867.html

名称:龍神丸 純米吟醸生原酒 26BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:高垣酒造株式会社
購入価格(税抜):セット販売/720ml
購入した酒屋さん:みゆきや(和歌山・通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年04月18日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

外飲み雑記in麹町1 「麹町市場」

 先日麹町の創作和食料理中心の居酒屋、「麹町市場」に男友達と二人でお邪魔してきました。
 私は何度かお邪魔しているのですが、今回はタイミングの関係で結構間が空いた後の訪問です。

 このお店は地下にあるのですが、ゆったりと落ち着いた雰囲気で全体的に洒落た感じで飲める所です。
 今回もお通しがジャガイモの冷スープ(ビシソワーズというやつでしょう)と、いきなりお洒落な一品でした。
 また、最初に頼んだマグロのユッケもアボカド付きでセンスが良い感じ。
 もちろん味も美味しかったです。

fc2_2013-07-22_12-03-17-339.jpg  fc2_2013-07-22_12-05-00-284.jpg

 で、肝心の日本酒ですが、これも非常に充実しています。
 メニューにもかなりの数が列挙されているのですが、冷蔵庫にもマニアックなものがちらほらと…。
 今回飲んだ銘柄を列挙すると、
 残草蓬莱、山間、龍神丸、十四代、獺祭、村祐、上喜元、而今、MUNEMASA、竹鶴、九頭龍、飛露喜、田酒、巌、黒龍、でした。

 印象に残ったお酒はまず、龍神丸 純米吟醸生原酒50 21BY。
fc2_2013-07-22_12-13-19-407.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-52-923.jpg
 もやしもんで取り上げられたこともあり、かなり注目を集めていた銘柄ですが未飲でした。
 高垣淳一杜氏が2010年に亡くなられ、もう飲むことはできないのか…と思っていたので驚きの出会いです。
 味わいは流石に熟成感がありましたが、とてもきれいな熟成で、大事に保存されていたんだなあと思わせるものでした。

 次に、MUNEMASA 純米吟醸-15。
fc2_2013-07-22_12-14-41-880.jpg  fc2_2013-07-22_12-15-21-398.jpg
 「酔っても旨い 九州S-1グランプリ 2012」にて、40蔵の中でグランプリを取ったお酒です。
 この大会は一般公募のお客さんがブラインドで評価するというガチバトルらしく、そこでのグランプリは一目おけるのではないかと。
 日本酒度-15の看板に負けない太い甘旨みがありつつ、決してダレず崩れずという今風の旨酒でした。

 次に、飛露喜 純米吟醸 山田穂
fc2_2013-07-22_12-16-19-064.jpg  fc2_2013-07-22_12-16-50-748.jpg
 山田錦の収穫量の関係で今年特別に仕込まれたという一品です。
 話には聞いていたのですがなかなか見ることもなく諦めていたところ、今回冷蔵庫に入っているところが見え、ちょっとお願いしたところ店長決定で出してくれました(すみません…)。
 特別なインパクトは無かったものの、いつもの飛露喜の純米吟醸の延長線上にある、美酒だったと思います。

 極めつけは、ラストに「芳醇系でオススメのやつを持ってきてください」との要望に応えてくれたお酒達です。
fc2_2013-07-22_12-17-49-839.jpg
 ここで田酒の純米大吟醸とは、スゴイの持ってくるなあ…と思ってしまいました。
 しかも山田錦のお父さん「短稈渡船」とお母さん「山田穂」を使ったレアモノです。
 このクラスの田酒は流石に文句なしで美味しいですね、先入観もあるとおもいますが短稈渡船は男酒らしい凛々しい旨味、山田穂はやさしい旨味がしたように思えます(好みは山田穂)。
 
 また、一番左のラベル無しのお酒は普通は出てこない「黒龍 いっちょらい」の生酒とのこと。
 大手蔵のアル添吟醸なわけですが、これがくやしいことにうまかった…。
 比較用に持ってきてくれた普通のいっちょらい(このサービスがまたにくい)と比べて、明らかに芳醇で私好みでした。
 
 他のラベルはこんな感じ。
fc2_2013-07-22_12-05-32-973.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-18-658.jpg

fc2_2013-07-22_12-14-03-729.jpg

fc2_2013-07-22_12-15-49-447.jpg  fc2_2013-07-22_12-18-37-896.jpg

 いつにもまして長い記事になってしまいましたが、それほどに印象に残るお酒が多い一夜でした。
 私は毎晩良いお酒を家でもいただいているので、外飲みではそこに加えて思いがけない美酒との出会いという「サプライズ」が欲しいと思っていますが、今回はそのサプライズに満ちたひとときでした。
 お酒と料理のレベルに比べてお勘定も明らかに控えめで、大満足です。

 …ただ、翌日は珍しく二日酔いでダウンしてしまったのが玉に傷だったりしますが…。
 普通は残らないんだけどなあ、やっぱり最後にアル添飲んじゃったのが原因かしら。
 
 ともあれ、また近いうちにお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年07月23日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |