FC2ブログ

龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵

家飲み記録 龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵

20190212105340686.jpg  20190212105349421.jpg

 兵庫県姫路市のお酒です。
 当ブログでの登場は3回目ですね、高島屋日本酒まつり購入酒の6本目。

 こちらは蔵元ブースでがっつり試飲させていただいた上で購入しました。
 ふらふら歩いてた私に声かけで呼び込んだ上、それぞれ解説しつつ、かの「米のささやき」(たしか生もあったような)を含む高級酒を含んだ5種類ぐらい飲ませてくれたんですよね。
 いやあ、あそこまで気持ち良く試飲させてくれるとやっぱり楽しいですね~
 今回は未飲銘柄中心に買っていたのですが、その御礼と、実際旨かったことがあって今回セレクトしました。(後、いつもファンの方にコメント貰っていて、興味が強まっていたということもあったり…)
 
 スペック的には特A地区山田錦利用、精米歩合65の無濾過生原酒と、かなり豪華なもの。
 お値段1,800円はむしろ良心的でしょうね。
 確か29BYで、一年近く蔵元で氷温熟成されたものだったかと、10月蔵出しで、実は12/31の大晦日にいただきました。

20190212105945945.jpg  20190212110023048.jpg

20190212110013221.jpg

 上立ち香は濃厚かつ落ち着いた印象の完熟果実的な香りがそこそこに。
 含むと、しっかりと味乗りした感じの甘旨味が実に力強く入ってきて、時間差で出てくる強めの苦味でギッチリと引き締められつつ、息が長い感じで染み込んできます。
 味わいは、完熟マスカットを若干煮詰めたような非常に濃厚な甘旨味が中心にありますね、苦味は結構ギリギリと来るのですが浮いた感じではなく、それだけに引き締まりが凄いですね。
 後味はその苦味がガッツリ引き取る形ながら、完璧といえるぐらいに見事にキレてくれます。

 濃厚かつ落ち着いた甘味と、存在感のある苦味が、不思議な感じのバランスでしっかりと一体化する、個性派芳醇キレ良し酒でした。
 いやあ良いですね、こういう生熟も有りなんだなあ…、世界観のあるお酒だという気がします。
 「コクがあるのにキレがある」というフレーズは、ドライ系ビールよりこういう日本酒にこそ合うのではないか、そんなことも飲みながら頭に浮かびました。
 龍力、改めて今後注目度を上げていこうと思います。

 ちなみに今回年始を挟んだので、三分の一ぐらいを一週間近く空けてから飲んだのですが、カケラも劣化してませんでしたね。
 いやあこれは強いお酒ですわ…、本当実力派だと感じました。

■紹介:「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんの同スペック(BY違い)の記事
https://www.sakeblog.info/tatsurikitokubetsujunmaiyamadanishikimurokanamagensyu/

20190212110004149.jpg  20190212105954684.jpg

名称:龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵
蔵元情報:株式会社本田商店
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0(値段を考慮に入れても)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月26日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

龍力 純米吟醸 ドラゴン黒

本日の家飲み 龍力 純米吟醸 ドラゴン黒

20151125181137493.jpg  20151125181148497.jpg

 兵庫県姫路市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 前回は「神力米」使用ということを前面に押し出したラベルでしたが、今回いただくのは、若干コミカルなドラゴンが描かれた「ドラゴン黒」ラベル。
 龍力を始め、「黒龍」「睡龍」「長龍」や「辰泉」、はたまた「龍神丸」や「臥龍梅」などなど、ぱっと思いつくだけでも、「龍」が絡む日本酒銘柄は数多くありますね。
 私は今年の干支「申」ラベルの日本酒まとめや、去年の「羊」ラベルの日本酒まとめを作成していますが、辰年なら数倍の数が出てきそうな気がします。(残念ながら、次は2024年なので結構先ですが…)

 閑話休題、今回いただくお酒は、蔵元の商品紹介ホームページによると、「新たなる米へのチャレンジ」ということで、兵庫県が新開発したお米である「兵庫錦」を使用しているところがポイントのようです。
 ただ、ラベルにそこらへんの記載が全くないのは寂しいですね…、神力ではあれほど気合が入った文章があったというのに。
 精米歩合は60、おそらく加水火入れ有りでしょう。


 上立ち香はほぼ感じず、ほんの少々お米っぽい香り。
 含むと、落ち着いて引き締まった印象の旨味がスルリと入ってきて、酸を伴う辛さでしっかりと輪郭を保ちながら、舌を刺激しつつ徐々に染みこんできます。
 旨味は、落ち着いたお米の旨味という感じの味わいが主役で、兎に角筋肉質で甘さはほぼ皆無、ただ雑味や古臭さも感じない、とても純度の高い旨味ですね。
 後味は酸辛で文句無しにしっかりキレます。

 まさに男酒!という感じのスレンダーな旨味がありつつ、今時のお酒らしいキレイさのあるお酒でした。
 食中酒として非常に優秀な味わいですね、甘口好きな自分でも、このお酒の完成度はビンビンに感じます。
 龍力、今後さらに存在感を増していく銘柄だろうと確信しました。

 開栓後数日たつと、結構旨味が開いてきたような。
 これはそう簡単には劣化しない、外飲みで真価を発揮するお酒かもしれません。
 しかし、燗をつけ忘れたのは痛恨事でした…

20151125181218316.jpg  20151125181159167.jpg

名称:龍力 純米吟醸 ドラゴン黒
精米歩合:60%
使用米:兵庫錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社本田商店
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 龍力 純米吟醸

2016年02月24日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

龍力 特別純米しぼりたて 無濾過生原酒 「神力」

本日の家飲み 龍力(たつりき) 特別純米しぼりたて 無濾過生原酒 「神力」

20150407150029865.jpg  20150407150044738.jpg

 兵庫県姫路市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは初めて。

 ラベルには使用米である「神力(しんりき)」が銘柄名以上に大書されています。
 そして裏には特大サイズでその神力についての紹介と、それに対する蔵元の想いが、発見者である「丸尾重次郎」翁の写真と共に記載されています。(下の写真参照)
 スーパーに置いてあるよう、な銘柄をろくに書かずに「山田錦」とかでかでかと書いてあるお酒を見ると鼻白むものがありますが、このお酒にはそういう薄っぺらい広告表示とは真逆の熱い想いを感じますね。

 スペック的には、その発祥の地「御津町」(姫路市の隣らしい)で生産された神力を、65%まで磨いた無濾過生原酒です。
 龍力というと熟成酒のイメージも強いのですが、今回はしぼりたて。
 
20150407150150853.jpg  20150407150136226.jpg

20150407150204581.jpg

 上立ち香は甘いセメダインといった感じのスッキリした香りが仄かに。
 含むと、濃厚でほどほどにフレッシュさもある甘酸旨味が、強めの苦味に引き締められながらキリリと入り込んできます。
 旨味はまさに無濾過生原酒!といった感じの、芳醇な甘味が主役で青臭さもある、青いメロン的な味わい。
 後味は苦味で力強く引き上げていきます。

 新酒の無濾過生原酒らしい、濃厚で青臭い甘旨味が魅力のお酒でした。
 正直とても好みの味わいではあるのですが、あともう一歩個性や完成度が欲しい気も。
 もしかしたら熟成するとまた違うのかなあ。
 龍力はまた色々なスペックを試してみたいです。

20150407150058351.jpg  20150407150111054.jpg

名称:龍力 特別純米しぼりたて 無濾過生原酒 「神力」
精米歩合:65%
使用米:神力
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社本田商店
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 龍力 特別純米

2015年04月17日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |