黒牛 純米 中取り 無濾過生原酒

本日の家飲み 黒牛 純米 中取り 無濾過生原酒

20170402130326135.jpg  20170402130335217.jpg

 和歌山県海南市のお酒です。
 外飲みでは何回か飲んでおり、当ブログでは2回目の登場になります。

 前回は雄町の純米吟醸をいただいています、銘柄名の由来等も紹介しているので興味があればご参照ください。
 さらに前回は瓶燗火入れだったわけですが、一年中生酒(熟成酒含む)ばっかり飲んでいる急進的生酒派(笑)としては、やはり生酒版も一度は飲みたいと思い、今回セレクトしました。
 2016年春上槽(27BY)で、出荷が同年8月、飲んだのが今年の2月になりますので、生熟酒の範疇に入るでしょうね。
 そのお酒がどのくらいの生熟期間に耐えうるかというのは酒質・状態によって千差万別になるのでなかなか難しいところですが、1年以内ならしっかり保管すればまあほとんどのお酒が大丈夫なんじゃないかなあと思っております。
 
 スペックとしては全量山田錦で、麹・もと米を50まで、掛米を60まで削った無濾過生原酒と結構贅沢なものになっていますが、「純米」表記にとどめているところにこだわりを感じますね。
 お値段も1,400程度とかなり良心的。

20170402130424086.jpg  20170402130350228.jpg

 上立ち香はアルコール混じりのお米っぽい香りが控えめに。
 含むと、落ち着いてかつ高濃度の旨味がググっと入ってきて、程よい酸味とアルコール的辛さでギッチリと輪郭を保ったまま、息が長くじわじわと染み込んできます。
 味わいはまさにコクのあるお米の旨味が中心で、酸辛の強さにより非常に筋肉質ながらも旨味の濃度が高いために飲んでいて非常に満足感がある感じ。
 後味はやはり酸辛が引き取って極めて力強くキレます。

 芳醇辛口を地で行くような、とても良い感じに味が載った、非常に完成度の高い男酒でした。
 私は露骨に甘口派ではありますが、こういうお酒には素直に黙らされてしまいますね。
 ご承知の通り私が「お気に入り」にするお酒は大部分が甘旨系のものなのですが、そんな中たまに入ってくる辛口酒は、基本的に万人にオススメできるハイレベルなものと思っています。
 そしてこの黒牛はまさにそういうレベルのお酒ですね、是非また他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 せっかくなので燗を付けてみると…、これは想像通り、辛さと旨さと甘味もマシマシです。
 上燗ぐらいが良さそうな雰囲気を感じますね、初っ端の口当たりの柔らかさと後半の辛さの落差が楽しいです。

20170402130444879.jpg  20170402130433334.jpg

名称:黒牛 純米 中取り 無濾過生原酒
精米歩合: 麹・もと:50% 掛:60%
使用米:山田錦
アルコール度:18.5%
日本酒度:+4
蔵元情報:株式会社名手酒造店
購入価格(税抜):1,429円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年05月15日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

黒牛 純米吟醸 雄町

本日の家飲み 黒牛 純米吟醸 雄町

20160224161434083.jpg  20160224161502432.jpg 

 和歌山県海南市のお酒です。
 外飲みは確か何度かあったと思います、ただブログでの紹介は初めてですね。

 黒牛は和歌山のお酒のなかでは、かなり有名な銘柄ですね(日本酒物語では和歌山県ランキング1位)。
 銘柄名はちょっと珍しい響きがある気がします、蔵元ホームページには由来の記載が有りますね、万葉集にも詠まれた、黒い牛の形をした岩のある浜辺「黒牛潟」からとっているとのこと。
 今回いただくお酒のラベルにも牛の絵があります、こんな形の岩なのでしょうか。

 さて、スペック的には雄町を50まで磨いた結構贅沢な物で、比較的良心的なお値段。
 「瓶燗急冷」ということを強調しているのですが、火入れ回数は明記してませんね、要冷蔵と書いてないので二回でしょうか。
 個人的経験として、火入れ回数は正直米の品種や歩合に並ぶぐらい(あるいはそれ以上に)味わいに影響する重要な情報だと思うので、ラベルには明記して欲しいと切に思います。(書いてなければ基本二回火入れみたいな現状はわかりにく過ぎて…)

20160224161528466.jpg

 上立ち香は程よく落ち着いてバランスの良い印象の吟醸香がそこそこに。
 含むと、結構熟した印象の旨味が力強くかつ自然に入ってきて、少々のアルコール感と辛さで厳しく締め付けられながら、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、古臭くない程度に伝統的なお米の旨味が、雑味無く高純度に楽しめる印象。
後味は見事な程に自然に、ちょい辛でキレます。

 ザ・日本酒!といった印象の、伝統の味わいを突き詰めたような、まとまりのあるお酒でした。
 飲み飽きない旨味がある感じで、なんというか粗が見当たりません、が、瓶燗とはいえやはり火入れ感はある気がします。
 こういうお酒を飲むと、やはり生を飲んでみたいと私はどうしても思ってしまいますね、ちょっと野暮かもしれませんが…
 というわけで黒牛、次は生を買おうと思った今日この頃でした。

20160224161636937.jpg

名称:黒牛 純米吟醸 雄町
精米歩合:50%
使用米:雄町
アルコール度:16.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社名手酒造店
購入価格(税抜):1,429円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 黒牛 純米吟醸

2016年03月03日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |