風が吹く 山廃純米吟醸生酒 緑ラベル

本日の家飲み 風が吹く 山廃純米吟醸生酒 緑ラベル

20151013101844740.jpg  20151013101904611.jpg

 福島県大沼郡会津美里町のお酒です。
 家飲み外飲み共に何度かあり、ブログでの紹介は2回目ですね。

 個人的には、こちらを含む福島のお酒の最近の躍進ぶりには目覚ましいものがあると感じています。
 直近でも、「平成26酒造年度全国新酒鑑評会金賞受賞蔵数 日本一(三年連続)」、「仙台 日本酒サミット2015トップ3独占(一位は会津中将)」、「IWC2015チャンピオン・サケ輩出(会津ほまれ)」、「SAKE COMPETITION 2015純米大吟醸部門1位輩出(会津中将)」と、受賞実績の枚挙にいとまがありません。
 まだまだ残る風評被害を吹き飛ばす勢いという印象ですね、蔵元さんたちの努力には頭が下がる思いです。

 さて、今回いただくのは、会津産の五百万石を50まで削った山廃純米吟醸生。
 前回いただいた山廃純米生は私には少し辛すぎたので、もう少し華やかな味わいを期待してしまいます。

20151013101917356.jpg

 上立ち香はスッキリ、フレッシュな果実っぽい香りが仄かに。
 含むと、濃厚な甘酸の旨味が程よい軽さで入ってきて、時間差で出てくる苦味に引き締められながら喉奥に流れ込んできます。
 旨味は、いかにもフレッシュな果実といった甘酸味が主役、そして酸味が山廃らしく乳酸を感じさせるもので、さらに心地よい 苦味が加わることで味わいに奥深さが出ていますね。
 後味はその酸と苦味がキッチリ引き取って、スッキリとした印象を残して引き上げます。

 今風の山廃生酒らしい、果実風の甘旨酸味をストレートに感じられる、華やか旨酸酒でした。
 いやあ今回は見事なまでに自分の想定があたりましたね…、満足です。
 福島酒は本当、全体的なレベルがとんでもなく上がっているように感じます。
 風が吹く、今後も追っていこうと思いました。

20151013101930228.jpg

名称:風が吹く 山廃純米吟醸生酒 緑ラベル
精米歩合:50%
酒米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元情報:合資会社白井酒造店
購入価格(税抜):1,450円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年10月26日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

風が吹く 山廃純米生酒

本日の家飲み 風が吹く 山廃純米生酒

fc2_2013-06-19_20-28-27-750.jpg  fc2_2013-06-19_20-29-02-053.jpg

 このブログでも取り上げることの多い、福島のお酒です。
 先日の外飲みで良い印象があったため、今回セレクトしてみました。

 最近結構山廃を飲んでいるのですが、実は昨年はほとんど避けていました。
 というのも、初めて飲んだ山廃(言ってしまうと菊姫の山廃純米)が、あまりに個性的というか、熟成感とナッツ香が強烈すぎてまともに飲み切れず、すっかり苦手意識が刻み込まれてしまっていたのです。
 (火入れだったのがまた苦手な感じだったのかな…、生なら違っていたようにも思えます)
 そんなこともあり、自分の中では山廃らしさ≒熟したナッツ香だったのですが、最近流行りの銘柄の山廃(生)を飲むにつれ、かなり考えが変わってきました。
 今の自分の中では山廃らしさは「乳酸菌由来っぽさを感じるやわらかな酸味」となっています。
 まあ製法の知識からくる思い込みもあるとは思うのですが、実際これが感じられる山廃酒は私の好みに合うことが多いのです。

 前置きが長くなりました、外で飲んだのはうすにごりでしたが、今回は透明です。

 上立ち香は割りとフレッシュな吟醸香。
 含むと、キリッとした印象の旨味が輪郭を整えたまま広がる感じ。
 旨味は甘さ控えめながら、柑橘系の華やかさも感じさせるしっかりしたもの。
 山廃らしいやさしい酸味や少々の辛さもあり、全体のバランスが良い印象です。
 後味は若干の辛さを感じさせ、文句無しのキレ。

 フレッシュさのある芳醇辛口酒という印象です。
 私にはちょっと辛すぎる感もありますが、筋肉質な旨味とこのキレには十分な魅力があります。
 山廃の生酒ということで、旨みや辛さの質が、以前飲んだ山猿にどこか似たところがあるような。
 次は他のスペックも試してみたいと思いました。

 今回燗をつけてみました。
 辛さは相変わらずですが、口当たりはやさしくなる感じです。
 燗との相性は良いようですね、個人的にはぬる燗あたりがオススメ。

 また、開栓後2~3日後の方が、味が丸くなってきて良い感じです。
 ここらへんが外飲みでの好印象に繋がっているのかもしれません。
 こういうお酒は色々と飲みごたえがあって楽しいですね。

fc2_2013-06-19_20-29-34-956.jpg

名称:風が吹く 山廃純米生酒
製法情報:山廃 生酒
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:合資会社白井酒造店(福島県大沼郡会津美里町)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,420円/720ml
お気に入り度:7.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年06月26日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

プチ外飲み雑記

 最近行ったお店の中で諸事情によりネタが少な目のところを、2つまとめてメモ程度に書いておこうと思います。

 1件目は千葉県柏市の「酒味道楽」さん。
 お店オリジナルを含めた、様々あなご料理がうりのお店です。
 我々も天ぷら、箱寿司、しゃぶしゃぶといただいたのですが、どれも美味しかったなあ。
 特に、製法がこのお店オンリーワンの箱寿司が、一緒に行っていた母も絶賛の逸品でした。

 また、日本酒の品揃えもかなりのものでした。
 今回頂いたお酒はこちら。
・一白水星 純米吟醸
・雁木 純米無濾過生原酒 
・醸し人九平治 Rue Gauche
・桜吹雪 特別純米 うすにごり生
・十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰

 会の性格上ガンガン飲むというわけにはいかなかったのですが、どれも旨かったです。
 印象に残ったのは、雁木と十四代の安定感ですね。
 流石に柏だと東京ほどの選択肢がないところですが、こちらは東京の名店に負けないぐらいのハイレベルなお店だったと思います。

fc2_2013-05-13_13-09-08-032.jpg  fc2_2013-05-13_13-09-40-010.jpg
fc2_2013-05-13_13-10-28-409.jpg  fc2_2013-05-13_13-15-36-236.jpg
fc2_2013-05-13_13-16-01-671.jpg

 2件目は、会社の同僚とお邪魔した市ヶ谷の嘉多蔵(かたくら)さん。
 こちらは沖縄料理中心のお店ですね。
 お酒のメインは焼酎と泡盛な感じでしたが、日本酒もなかなかなものでした。

 ただ、ラベル撮影ができなかった…。
 冷蔵庫も拝見できなかったし、日本酒オタクとしてはちょっと悲しいところです。
 うろ覚えでいただいた銘柄を列挙すると、明鏡止水、黒龍、篠峯、麓井、鳳凰美田、風が吹く、喜楽長、出雲富士、墨廼江、獅子の里などなど。
 こちらではレギュラーメニューは伝統の定番どころ(黒龍とか)の火入れを抑えつつ、オススメメニューで割と最近の注目銘柄を用意しているという印象を受けました。
 個人的には、断然おすすめメニューの方が好みなものが多かったですね…。
 
 その中でも、印象に残ったのは「風が吹く」の山廃純米生でした。
 心地よい甘味としっかりとした旨みがありつつ、キレもばっちりな完成度の高い今風の山廃だったと思います。

 
 日本酒にこだわるとついつい飲むところを固定しがちになってしまいますが、やはりちょいちょい新規開拓するのも良いですね。
 いろいろなお店でいろいろな日本酒を飲む…、贅沢な楽しみを身に着けてしまったものです。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 風が吹く

2013年05月24日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |