雪中梅 純米

本日の家飲み 雪中梅 純米

20150112142926887.jpg  20150112142943778.jpg

 新潟県上越市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 越後酒第二弾も「越の三梅」の一つ、雪中梅です。
 このお酒については、越乃寒梅とは違って東京のスーパーでは見かけませんね。
 酒屋さんのサイトなどを見る限り、むしろ昔ながらのやり方で基本地元向けに安定供給していくスタイルのようです。
 (峰乃白梅もそちらのタイプっぽいですね、東京近郊の酒屋で見当たらなかったので、今回調達できませんでした)

 そして雪中梅は昔から「端麗辛口」を志向する銘柄ではないらしく、今回選んだ「純米」も酒屋さん曰く甘口のお酒とのこと。
 あれだけ越後の希少酒と騒がれたのに、自分のスタイルを変えないあたりには確かな矜持を感じます。
 ただ、よくわからないのが値段設定で、なんと特別純米は四合瓶で約3,000円といきなり価格が約2倍に跳ね上がるようです。
 そこからはマニア向けという位置づけなのか、プレミアが付くぐらいなら自分で相応しい値段設定にしたのか…、真相は不明ですが、私のセレクト対象外にはなってしまいます。


 上立ち香は個性的な甘い(?)香りが少々。
 含むと、落ち着いた印象の甘味がとろりと入ってきて、そのまま濃度を保ちつつ若干のアルコール感とともに染みこんできます。
 旨味は、酸味控えめで純度の高い砂糖菓子的な甘味が主役、そこに寄り添うのは…うーん苦味なしで極小の渋味があるかしら。
 後味は、これだけ存在感のあった甘味が嘘のように見事に自然にキレました。

 ふくよかな甘旨味を自然な口当たりで楽しめる、落ち着いた甘旨酒でした。
 なんというか、丁寧に造られたことが伝わってくるようです、粗や尖った部分がなく、でも個性はある感じ。
 この完成度は黒龍を彷彿とさせますね、トレンドを追うのではなく自分達の理想を追いかけている、そういう味わいです。
 雪中梅、できれば普通のお値段で他のスペックもいただいてみたいものです。

名称:雪中梅 純米
精米歩合:63%
酒米:不明
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社丸山酒造場
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 雪中梅 純米

2015年01月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |