銀嶺月山 純米生詰 (KURAND)

本日の家飲み 銀嶺月山(ぎんれいがっさん) 純米生詰 (KURAND)

fc2_2013-12-10_18-21-55-025.jpg  fc2_2013-12-10_18-22-23-311.jpg

 山形県は寒河江市のお酒です。
 以前飲んだ出雲月山と名前は似ていますが全く別物ですね、家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 このお酒は新世代日本酒定期購入・頒布会サービス「KURAND(くらんど)」さんから、無料モニターの試供品として送っていただきました。
 こちらは「お酒を銘柄では無く、人から買う」ことを目指して、厳選した四季折々の日本酒を定期的に直接家まで届けるというサービスをされているそうです。
 比較的小規模な蔵のお酒の魅力を積極的に発信するというコンセプトにはとても賛同できるので、モニターのお誘いに応えた次第。
 …もちろん、ただ酒が飲めるというチャンスに食いついたという面もありますが(笑)

fc2_2013-12-10_18-23-33-856.jpg  fc2_2013-12-10_18-24-05-838.jpg

 届いたお酒にはその紹介ペーパーが同梱されています。
 杜氏さんの写真に加え、推奨される飲み方なども記載されており、ある意味この商品のコンセプト的には一番重要なものかも。
 無料モニターにはありませんでしたが、通常だと酒器などもついてくることがあるそうです。
 個人的には、この同梱物にどれだけの付加価値をつけられるかに、このサービスが成功するかどうかがかかっているように思えます。

fc2_2013-12-10_18-24-42-395.jpg  fc2_2013-12-10_18-25-53-606.jpg

 上立ち香は、甘さにちょっとアルコールが混じった感じで、そこそこに。
 含むと、最初は伝統的な米の旨味と少々の辛さを感じますが、少しずつそこに熟した果実の甘さと酸も絡んできて、尻上がりに芳醇な甘旨酸味の世界が広がります。
 旨味は程良い熟成感のある甘味が主役で、それを若干の酸が引き締めている印象。
 後味はその酸とそこそこの辛さによって、自然な感じでキレていきます。

 とても正統派な味わいながら、新しさも感じさせる面白みのあるお酒でした。
 正直、「もらいものなのに口に合わなかったらどう記事にしよう…」と思っていたのですが、これなら安心してオススメできます。
 銀嶺月山、他の機会でも試してみることにします。
 そしてまたKURANDさんのこれからの発展にも期待しようと思います。
 
 ちなみに、このお酒、冷やした状態でスッと飲んでしまえば淡いお酒ですが、舌で転がしたり常温まで待つと、とても芳醇な旨味が開くお酒と感じました。
 個人的には当然その芳醇さの方が好みです、そのペーパーにも「冷やし過ぎないように」という注意もありますし。
 さらに、燗をつけるともっと手っ取り早くその甘旨味を楽しめますね。
 辛さのピリピリ感もかなり増しますが、ぬる燗あたりはかなりオススメ。

fc2_2013-12-10_18-22-59-318.jpg

名称:銀嶺月山 純米生詰 (KURAND)
製法情報:生詰
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:月山酒造株式会社(山形県寒河江市)
製造年月:2013/11(24BY)
購入価格(税込):試供品/720ml
お気に入り度:ただ酒なのでやめておきます

●(参考)日本酒ブログ(由紀の酒)さんのこのお酒の感想ページ

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年12月11日 山形の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |