月中天 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 別囲い(53/60)

本日の家飲み 月中天(げっちゅうてん) 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 別囲い(53/60)

20160923090402062.jpg  20160923090415645.jpg

 香川県仲多度郡琴平町のお酒です。
 家飲み、外飲み含めて初めていただきます。
 酒逢さんまとめ買い最後の5本目で、一升瓶の購入になります。

 このお酒を醸す蔵元の通常銘柄は「金陵」で、こちらの方が断然有名でしょうね、香川では最大シェアらしく都内百貨店でも見かけた覚えがあります。
 「月中天」は通常流通品とは一線を画した限定品で、蔵元ホームページの商品紹介にもほぼ記載は無しと、まあ地酒大手によくあるパターン。
 月中天という言葉自体は漢語由来の「壺中天」をもじったものだそうですが、意味合いはともかく響きはとても格好良く感じますし、造語なのでSEOの面でもバッチリと、見事なネーミングだと思います。

 今回いただくお酒の最大のポイントは、何といってもシリアルナンバー入りということでしょう。
 全国60本限定で、私が買ったのは53本目らしいです。
 (当然取り扱い店も僅少のはずですが、私は酒逢さんで買った後に伊勢元酒店さんでも見かけて、一人ニヤニヤしてしまいました。世間の狭さというか、同好の仲間意識を感じたというか…)
 スペック的には山田錦!精米歩合45!無濾過生原酒!おりがらみ!別囲い!とこれでもかとマニア心をくすぐるもので、それでいてお値段は一升税抜3,500円を切っているところが素晴らしい。
 ちなみにこのお酒は試飲を進められ、その勢いのまま買ってしまいました、さすが店長さんは客の嗜好を見分ける目がおありで…

20160923090433070.jpg  20160923090442909.jpg

 上立ち香はフレッシュで自然なリンゴ系の香りが気持ち強めに。
 含むと、極めてバランスの良い上品かつ芳醇な旨味がスルっと入ってきて、徐々に出てくるオリの柔らかな苦味で輪郭を整えつつ、じーっくりと染み入ってきます。
 味わいはリンゴジュース的な、味のある純米大吟醸として典型的なものですが、雑味の無さと口当たりの上品さが非常に高レベルで、濃い旨味を素直にスイスイ楽しめます。
 後味は高精白らしく、とても自然に引き上げていきました。

 高精白の魅力をストレートに感じさせつつ、おりが優しくアクセントをつける、お値段以上の美酒でした。
 最初はインパクト不足かとも思ったのですが、飲み進める度に後を引くというか、いくらでも「飲める」という以上に「飲みたくなる」恐ろしいお酒でしたね。
 このお酒は話題性もあるので親戚の集いに持ち込んだのですが、やはり非常に評判は良く、減りが激速でした。
 月中天、ぜひ他のスペックも試していきたいと思います。

20160923090455951.jpg

名称:月中天 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 別囲い(53/60)
精米歩合:45%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:西野金陵株式会社
購入価格(税抜):3,400円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.5/9.0

 最後に記念写真を一枚、どれも良い感じの佇まいですねえ…
20161012134927041.jpg
 酒逢さんには今後もお世話になると思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年10月24日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |