FC2ブログ

醸し人九平次 うすにごり 生

家飲み記録 醸し人九平次 うすにごり 生

20190226001653445.jpg  20190226001702656.jpg

 愛知県名古屋市のお酒です。
 かなり飲んでいる印象ですが、ブログでの登場はなんと二回目、やはり外で飲める銘柄は後回しになりがちですね。
 
 こちらのお酒は、通常品としては長らく生酒を販売していなかった萬乗醸造が、7年振りに復活させた商品らしいです。
  (ちなみに私は以前九平次の生酒自体は飲んだことありました(記事下写真))
 完全予約制という地酒では極めて珍しい販売形態をとったこともあって話題性も抜群、追加受注するぐらいに売れ行きは好調だった様子。
 もちろん「乗るしかない、このビッグウェーブに」と受付開始直後に予約いたしました。

 理由はわかりませんが、精米歩合等の情報は非公開で、特定名称の記載もありません。
 お値段は税抜1,800とそこそこお高め、以前は「件の山田」っていうお値打ちの商品もあったんですけどね…

20190226001711099.jpg

 上立ち香はマスカット(?)的なフレッシュでみずみずしい香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュ感を強く感じる甘酸旨味がほどほどの重さで入ってきて、ほんのりと裏方に苦味を感じさせつつ、最後まで引き締まりを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、少々のガスと強めの酸味の働きでキリリとした印象の旨味が主役、甘味はかなり控えめかつ、濃度としても一歩引いた感じで、食中酒的な雰囲気がありますね。
 後味は、やはりガス・酸・苦味の働きが相まってしっかりキレます。

 生酒らしいフレッシュさはガッツリありつつ、マイナス要素が丁寧に除かれた、ハイレベルのまとまりのあるお酒でした。
 流石の完成度ですが、濃いやつ(無濾過生原酒)ばっかり飲んでいる私からすると、個性・インパクト・コスパの点で物足りないかな…
 狙い通りなんでしょうがちょっと水っぽいというか薄い感じなんですよね、生酒とはいえやはり食中酒志向という雰囲気、やはり白ワイン的な味を指向しているのかしら。
 九平次、やっぱり件の山田復活させてほしいなあ…

20190226001729542.jpg  20190226001719565.jpg

■紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2756.html
 (同記事中の裏ラベルに関するコメントに「辛辣ゥ!」と吹いてしまいました…必見。)

名称:醸し人九平次 うすにごり 生
蔵元情報:株式会社萬乗醸造
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけギャラリー:過去フォルダに残っていた件の山田の生(前列左から4番目)
2012-01.jpg
 実はこの写真、私の一番最初の家飲み日本酒記念写真だったりします(2012年)。
 いやあ我ながら良いセレクトしてますねえ(笑)、ハッキリいって先輩ブログの皆様のおかげなんですよ。
 なんだかんだで日本酒ブログは情報源として極めて有用だと思います、うちに限らず、もっと見られて欲しいなあ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月01日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

醸し人九平次 純米吟醸 件の山田

本日の家飲み 醸し人九平次(かもしびとくへいじ) 純米吟醸 件の山田

fc2_2013-09-19_10-48-01-820.jpg  fc2_2013-09-19_10-48-55-051.jpg

 愛知県の、久野九平冶社長率いる萬乗醸造が醸すお酒です。
 東京で活躍する地酒銘柄の代表格の一つともいえるのではないでしょうか。
 私も外飲み家飲みとわずちょくちょくいただいています。

 オフィシャルホームページによると、「件の山田(くだんのやまだ)」という変わった名前は、「酒米の王、山田錦。 その米で造られた日本酒を、いつでも気軽に楽しんでほしい。」という想いから来ているとのこと。
 この場合「件(くだん)」は「いつものこと。例のもの。」という意味ですね。
 なかなかインパクトのあるネーミングかと思います。
 
 そういう思いもあってか、このお酒は普通の純米吟醸よりちょっとお安め、ただスペック的にはそこまでお得感があるわけではないような…。
 今回いただくのは、生酒の表示がないのでおそらく(一回)火入れだと思います。

fc2_2013-09-19_10-49-23-780.jpg


 上立ち香はちょっと甘い感じの吟醸香が、かなり控えめに。
 含むと、九平次特有のワインっぽい甘酸味が、節度を保って少しずつ広がります。
 甘味はしっかりと存在するのですが、酸味を始め他の味とバランスを保ち、全体的にはとても上品な印象。
 雑味が皆無なところも、その印象を加速付けます。
 後味は酸味が引き取ってスッキリとキレます。

 確かな個性と完成度を併せ持つ、ワイン系の美酒でした。
 他のレギュラー品に比べると、より透明感が高い気がします。
 お値段を含めて考えると、九平次のラインナップの中では一番好きかな。
 件の山田は、これからも見かけたら毎年買ってしまいそうです。

fc2_2013-09-19_10-49-44-629.jpg

名称:醸し人九平次 純米吟醸 件の山田
製法情報:
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社萬乗醸造(愛知県名古屋市)
製造年月:2013/6(24BY)
購入価格(税込):1,572円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年10月01日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |