FC2ブログ

辯天(べんてん) 純米大吟醸 四割八分磨き生原酒 夢錦

家飲み記録 辯天(べんてん) 純米大吟醸 四割八分磨き生原酒 夢錦

20190207163724974.jpg  20190207163733699.jpg

 山形県東置賜郡高畠町(ひがしおきたまぐんたかはたまち)のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 出張酒特集の途中ですが、これからしばらくは趣きをかえて、私が以前高島屋日本橋店の「日本酒まつり」で調達してきたお酒をご紹介していこうと思います。
 これまたなかなか面白い全国のお酒が揃ってましてね…、高島屋、引いては百貨店バイヤーの底力を感じた次第です。
 
 さて、この辯天、私の中ではたまに「辨天娘」(鳥取)と混ざるのですが、全く別の銘柄です。(実は「べん」の字も違うんですよね、これ豆知識)
 こちらは以前かなリ低価格のものをいただいていたので、今回は逆に若干お高めなものを選んでみました(税抜1,800)。
 このイベントはガッチリ試飲できるので、ある程度思いきれるのもありがたいところです。

 スペックは名前の通り兵庫の酒米「夢錦」を48%まで磨いて醸した生原酒。
 夢錦はたまに県外でも使っている所がありますね、酒造適正が優秀なんでしょうか。
 確か29BYで、出荷時既に結構生熟期間を経ていたと思います。

20190207163742025.jpg

 上立ち香はスッキリフレッシュな青りんご的香りが気持ち強めに。
 含むと、吟醸酒らしい苦味を纏った力強い甘旨味が上品な口当たりで入ってきて、その苦味で引き締まりを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの青りんご的甘旨味が主役で、割と苦味もあるのですが旨味と一体な感じかつ、旨味が芯の強い感じなので、バランスはしっかりとれている印象。
 後味は、高精白らしく苦味が引き取りつつ、自然に引き上げてくれます。

 王道を行く味わいの、フレッシュ感と落ち着きをいい感じで兼ね備えた、旨味系純米大吟醸でした。
 苦味自体も典型的なものではあるのですが、含み香が押さえられているため飲み疲れ感も少ないのがグッド。
 後何気に熟成香皆無なのも良いんですよね、もともとの酒質がしっかり系なのか、ダレ感も皆無でした。
 辯天、機会があればまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20190207163750525.jpg

名称:辯天(べんてん) 純米大吟醸 四割八分磨き生原酒 夢錦
蔵元情報:合資会社後藤酒造店
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけギャラリー
20190205103252479.jpg

20190205103311548.jpg

20190205103321823.jpg
 下を写すと顔隠しが面倒で…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月16日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

辯天 純米 中取り生原酒 山田錦

本日の家飲み 辯天(べんてん) 純米 中取り生原酒 山田錦

fc2_2013-09-19_10-45-56-131.jpg  fc2_2013-09-19_10-46-31-571.jpg

 山形県のお酒です。
 私としては家外共に初飲みで、酒屋さんで見つけるまで知らない銘柄でした。

 このお酒の特長はなんといってもそのお値段で、兵庫県産山田錦の60%磨き、それも中取り生原酒で720mlが1,155円!
 もはや意味が分からないレベルですが、まあ山田錦といっても特A地区栽培から等外までいろいろあるので、恐らくそこらへんで採算をとっているのでしょう。

fc2_2013-09-19_10-46-55-770.jpg


 上立ち香は、わかりやすいセメダインがそこそこに。
 含むと、細めの旨味に新酒のような苦味が絡みつき、少しずつ苦味が勝っていきます。
 甘味はわずかですが雑味も少なく、全体的にスッキリした印象が強いですね。
 綺麗な辛口酒といった感じです。
 後味はその辛さを舌に残しつつ、ピリリとキレます。

 お値段以上の味わいの、クセのない辛口酒でした。
 突出する個性はないものの、食事と一緒にじっくり晩酌というのに向いていると思います。
 本当はこのあたりの価格帯のお酒を一升瓶で買って、毎日ちびちび晩酌というのがサスティナブルな飲みスタイルなのかも。
 まあ私の場合、まだまだお金と労力を(許される程度に)かけて旨酒を追い求めていくつもりですが。

 ちなみに常温のほうが、口当たり柔らかで良いかも。
 燗をつけると、意外に辛さが抑えられて悪く無いです。
 さらに、開栓後数日置くと、ちょっとキツさもでますが旨味も濃くなりなかなか。
 自分の好みに合う味わいを見つけるのが楽しいお酒でした。

fc2_2013-09-19_10-47-29-265.jpg

名称:辯天 純米 中取り生原酒 山田錦
製法情報:生原酒 中取り
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社後藤酒造店(山形県東賜置郡)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,155円/720ml
お気に入り度:7.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 辯天 純米

2013年09月29日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |