FC2ブログ

廣島屋 儀八 純米雄町生酒

家飲み記録 廣島屋 儀八 純米雄町生酒

20180810171817199.jpg  20180810171831912.jpg

 広島県竹原市のお酒です。
 銘柄的には初飲みですが、同蔵のお酒はそこそこ飲んでいます。

 こちらのお酒は、裏ラベルに記載がある通り「誠鏡・まぼろしの醸造元」である中尾醸造が醸す限定品になります(多分PB)、銘柄名は、創業者の名前および屋号から来ているみたいですね。
 今回は、聞きなれない銘柄名に惹かれたこと、以前いただいた誠鏡の雄町が好印象だったことからセレクトしました。
 蔵元ホームページを覗いてみると、会社概要のところに種類別の製造割合や、販売先の地域別割合が載っているのが目を引きました、非常に珍しいことだと思います。
 製造では吟醸・純米が8割を占め、販売先は地元消費が5割、海外販売も7%あるという状況を見るに、地元を重視しながらも、品質勝負で多様な販路を確保しているであろうことが想像できます。

 スペック的には雄町利用の精米歩合65%、裏ラベルにはしっかり諸々の情報の記載がありますね、3月出荷を5月開栓。
 前飲んだ誠鏡も雄町の生なんですが、精米歩合が55だったので、若干違った味わいが予想されますね。

20180810171849151.jpg

 上立ち香は濃厚で甘くフレッシュな感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、割りと複雑な印象を受ける旨味が力強く入ってきて、濃厚ながらも最後までしっかりとバランスを保ち、若干のアルコールのピリピリ感も纏いつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、洋梨を煮詰めたような甘旨味が芯に有りつつ、苦・酸・渋もそれぞれ感じる奥深いもので、非常に飲みごたえがあるのですが、キツさが無くてついつい飲み進めてしまう感じも有りますね。
 後味は、渋味が引き取る感じなのですが、驚くほど自然に引き上げてくれます。

 高密度かつ奥深さのある旨味が非常に魅力的な、独特のまとまりを感じる芳醇旨味酒でした。
 前回より米を削っていない分なのか、多分敏感な人だと雑味と思うかもしれない苦渋もあるんですが、旨味がしっかりある上全体のバランスが良いので、個人的にはマイナスに感じませんでした。
 日本酒しか飲まない私が言うのも何ですが、イメージ的にブランデー的な奥深さがあったように思えます。
 儀八も良いお酒でした、次は未飲の「幻」もやりたいところです。

20180810171906349.jpg  20180810171857932.jpg

名称:廣島屋 儀八 純米雄町生酒
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:+4
蔵元情報:中尾醸造株式会社
購入価格(税抜):1,471円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年08月23日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

誠鏡 純米吟醸雄町 無濾過生酒

本日の家飲み 誠鏡 純米吟醸雄町 無濾過生酒

20170830104229929.jpg  20170830104241048.jpg

 広島県竹原市のお酒です。
 外飲みは確かあったと思いますが、家飲み・ブログでの登場は初めてですね。

 シマヤ酒店さん購入酒が続きます、この誠鏡も私にとっては、「割と見かけるけどいざ家飲みしようとすると中々売っている店に出会わない」銘柄でした。
 特に私の場合「基本生酒」というスタンスなので、余計出会いにくいんですよね…、そんな中シマヤさんの広大な冷蔵スペースの圧倒的品揃えは非常に心強かったです。
 ちなみに、同蔵は「幻(まぼろし)」という銘柄も醸しているようです、蔵元ホームページはあるもの、情報が少なく(特約店リストも無し)、「制作中」で止まっているところが多いのがちょっと残念。
 
 今回いただくのは雄町の55%磨きの生酒、アルコール度数は16なので恐らく加水ありかな。
 裏ラベルによると、「米こうじ造り」に特に時間と手間をかけているとのこと。
 この辺り、どの工程を重視している(とアピールしている)かについては、それぞれの蔵の個性が出ていると思うので、そこに着目してみるのも面白いかもしれません。

20170830104249825.jpg

 上立ち香はほんのりセメダインかつ、グレープフルーツを思わせる酸の効いたフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、バランスが良く透明感もある印象の旨味がスルスルと入ってきて、奥からじわじわと出て来る辛さとともに旨味もその存在感を増しつつ、最後までバランスを崩さずに染み入ってきます。
 味わいは、甘味はあくまで控えめで酸を感じる柑橘系果実の旨味が主役、濃度は程々ながらとにかく芯がしっかりしている印象で、飲みごたえがありつつスイスイイケてしまいます。
 後味は割りと水のようにスッキリと自然に引き上げていきます。

 昨今流行りの濃厚一辺倒なお酒と一線を画した印象の、一歩引いたところで存在感を確保しつつ、しっかりバランスを取っているお酒でした。
 加水を感じさせつつも物足りなさが皆無なところが見事ですね、嫌な苦味等マイナス要素も皆無。
 濃厚派の私でも、ここまで完成度が高いと魅了されてしまいますね…、個人的には同じ広島の西條鶴を思いだしました。
 誠鏡、是非他のスペック(幻含む)もいただいてみたいと思いました。

20170830104309277.jpg  20170830104258796.jpg

名称:誠鏡 純米吟醸雄町 無濾過生酒
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:+3
蔵元情報:中尾醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:シマヤ酒店(千葉)
お気に入り度:8.5/9.0

■予告も兼ねたシマヤ酒店さん購入酒記念写真。感想はボチボチと上げていきます。
20170830103700565.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年09月12日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |