FC2ブログ

西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰

家飲み記録 西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰

20190212105240108.jpg  20190212105249762.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 外飲み経験はありますが家飲みは初めて、高島屋日本酒まつり購入酒の5本目です。

 こちらのお酒との出会いは、先日の甘口日本酒オフ会だったりします
 参加者の持ち込み酒の1本だった秋上がり(上記記事に写真もありますね)が個人的に好みのタイプだったため、脳内の「後で飲みたいリスト」に入れて置いたところ、今回出会えたのでセレクトした次第です。
 銘柄名の由来である店舗所在地の「西之門町」はその名の通り善光寺の西にあるらしいですね、こういうストレートなネーミングは憶えやすくて好きです。

 美山錦の精米歩合60%、生詰(一回火入れ)になります、秋の蔵出しの所謂ひやおろし的なスペックですね。
 生酒もブースに並んでいたのですが、試飲の印象としてこちらの方が良かったのでセレクトしました。
 お値段はちょっとお高い税抜2,000円。

20190212105304987.jpg

 上立ち香はやっぱりちょっとリンゴを彷彿とさせる甘くフルーティーな香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚ながら柔らかい印象の甘酸旨味が自然な口当たりで入ってきて、少々の苦味でしっかりと引き締まりを保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、やはり完熟リンゴ的な甘酸味が主役、かつちょっとインパクトのある苦味や辛さも伴う複雑さがある感じですね、それでいて嫌味や粗さを感じさせないのは見事。
 後味は若干の辛さを舌先にピリっと残して力強くキレます。

 長野酒らしい濃厚なリンゴ的甘旨味に、刺激的な辛さが伴って独特のバランスを保つ、芳醇甘旨辛酒でした。
 うーん、この辛さ(刺激)は面白いなあ、スパイシーとでもいうのでしょうか、でもアル添の辛さとはまた違った雰囲気ながら、キレの良さを演出していると思います。
 長野酒は自分の好みと合っていることもあり結構飲んでいるつもりなのですが、まだまだ素敵な未飲銘柄がありそうですね…
 こういうお酒に出会ったり、「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんで知らないお酒を見たりすると、つくづくそう思います。
 西之門、是非また他のスペックもいただいてみたいと思いました。

■紹介:長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳さんの別スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1071727851.html

20190212105321416.jpg  20190212105313487.jpg

20190212105329548.jpg

名称:西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰
蔵元情報:株式会社よしのや
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.5/9.0(値段を考慮に入れても)

■おまけギャラリー
20190205103351944.jpg  20190205103430072.jpg
 イベント会場では酒米マップや稲穂の実物など、展示物も興味深いものがありました。
 雄町はいつみてもデカイよなあ…、これは栽培難しいわけだ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月24日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |