FC2ブログ

【続報】日本酒「薄青瓶問題」について

 以前に「日本酒「薄青瓶問題」について」という記事で触れた話題について動きがありましたので、再び取り上げたいと思います。
 最初にお断りしますが、私は単なる一消費者(素人)であり、以下の記事も全てその立場・知見から述べたものに過ぎませんので、悪しからずご了承ください。

 今回の動きの発端は、そもそもこの問題の提起者である、GEMbymotoの千葉麻利絵店長のこちらのツイートです。




1.秋田県総合食品研究センターの実験について

 こちらのツイートで触れられている実験は、「秋田県総合食品研究センター」の報告(第18号)ですね。
 2016年の研究レポートなので、実際は薄青瓶問題が話題になる前に発表されていたようですが、なぜかネットではあまり取り上げられていなかったと思います。
 こちらのレポートについて、自分なりに実験の概要を抜粋しますと

 ①遮光した環境において
 ②市販の火入れ済みの純米吟醸酒を
 ③色の違う10種の瓶に詰め
 ④45℃で約50日保存した後
 ⑤官能試験を行った結果
 ⑥水色クリアビンにおいて特異的にオフフレーバーが強く、3回の確認試験でもほぼ同様の結果だった

 という感じかなと思います。
 今回大きいのは公的な研究機関の調査のレポート本文で、⑥という結果が示されているということでしょう。
 一般人がやれる飲み比べではどうしてもクリアが難しい盲検化がなされているであろう状況で、結果が出ているのは大きいと思います。

 また、勘違いされやすい部分として①の部分があります。
 少なくとも「薄青瓶問題」として千葉店長らが取り上げ、この実験でも示されていることについては、「瓶の遮光性」とは全く別の問題なんですよね。
 twitterなどを見ていると、混同されている方を散見します。
 まあ実際市販されているお酒でヒネてるのに当たった時、瓶の成分由来なのか遮光性由来なのかなんてわからないので、普通の感覚からしたら無理からぬところかと思いますが…




 個人的には④もポイントかなあと思います。
 (②にある通り)火入れ酒とはいえ45℃はかなり過酷ですね(レポート内では「熟成加速試験」と言っています)、それで50日は結構長い。
 冷蔵下ではどのくらいの期間で影響が出てくるかはこの実験では「わからない」というのが正確でしょう。
 (逆に生酒ならもっと早く影響が出る可能性もあるかと)
 
 なお、調査ではオフフレーバーの発生要因が瓶の着色に使われている「銅」であると推察されることについても記載があります。
 この点、着色方法によっても違いがあるらしく、青系瓶でも銅が溶出しない場合もあるっぽいとか…(頭がこんがらがってきますねえ)
 とりあえず、同じ色でも例外が存在するであろうということは押さえておくべきかもしれません。

2.本実験結果に関する私見(まとめ)

 基本的に問題提起されている内容というのは以前と変わっていないと思います、繰り返しになりますが今回はそれにある程度裏付けがされたというのが一番重要でしょう。
 少なくとも薄青瓶問題というものが「存在する」ということはほぼ確かと言えるんじゃないでしょうか。
 (厳密にいうと「薄青瓶だけじゃないのでは」とか「問題とまではいえないのでは」という立場はあると思いますが)

 個人的には、買い手側からすると、
 薄青瓶のお酒については、
 ①必ずしも品質が悪いというわけではない(というか店頭にあるのは大部分問題ない)
 ②製造(瓶詰)後時間が経ったものには気を付けた方が無難かも
 ③買った時は保存状態にかかわらず早めに飲んだほうが無難かも
 というぐらいの認識は持っておいた方がいいとは思いますね。
 ただまあハッキリいって「気にしない」というのも、少なくとも自分で怪しいお酒を経験するまでは、全然アリな姿勢だと思います。
 (逆に言うと私は自分で経験しているからこれだけこだわっているわけなのですが)

 しかし、売り手側、提供側については、少なくとも事ここに至っては、「瓶の色が品質に関係するわけない」みたいな姿勢はちょっと無責任なんじゃないかなあとは思います。
 勿論蔵元として「うちのお酒はそう簡単に劣化しない」とか「夏酒は夏に売り切るから問題ない」というのであれば、それはそれで構わないでしょう。
 ただその場合は、前者なら相当期間置いたものを自分で飲んでみるべきだし、後者なら残り物が売られていないかちゃんとチェックすべきかなあと思います。
 酒屋さん、居酒屋さんもそれは同様で、自分で飲んで問題無いと思うならそれでよし、問題ありならしかるべき対処をすべきかと。
 (まあこの辺りは、薄青瓶に限らず品質管理一般に言えることなのですが…)

 最後に、前回も述べた私としての究極のスタンスを述べますと
 「せっかく丹精を込めて醸された日本酒がボトル由来で劣化するのは勿体無さ過ぎる!」
 これに尽きます。
 上では凄く偉そうな書き方になってしまいましたが、やはり提供側の方々には問題を認識していただく必要はあるんじゃないかなあというのが、わがままな一消費者として、私が持っている意見になります。

3.(補足)この問題に関連する酒類総合研究所の公開特許について

 千葉店長はこのようなツイートもしています。




 調べたところツイートに出ている他にもう一つ関連してそうな特許があったので、以下の二つが関連すると言えそうです。
 ・【公開番号】特開2013-233131 「ガラス容器の清酒保存性能評価方法」
 ・【公開番号】特開2013-233132 「ガラス容器の清酒保存性能改善方法」

 これらについては「特許情報プラットフォーム|J-PlatPat」から、公開番号を検索し、「PDF表示」を選ぶことで、詳細な内容を確認できます。
 流石に長くなるので、ここでは抜粋等は行いません、気になる方は是非原文に当たってみてください(個人的にはなかなか興味深い内容でした)。

 また、こちらについては「りょーさけ」さんがこの問題についてまとめられている記事の中に、丁寧な要約と解説がありますので、まずはこちらから読むのもオススメです。
 (ちなみに同記事は私の記事よりこの問題について更に突っ込んだ解説をされてますので、興味があれば是非他の部分もご一読を!)

4.(おまけ)本問題全体についてのさらに突っ込んだ私見

 ここから先は追記部分にダラダラ書いていこうと思います…、まあ興味があれば読んでいただければ。

続きを読む

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 薄青瓶問題

2019年04月17日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:2

日本酒「薄青瓶問題」について

2019/4/17追記
(本記事に関して、新情報が出たので続報記事を書いています。興味があればご覧ください)

 最近日課である酒飲み達のツイートをチェックしていたところ、非常に気になるつぶやきを見つけました。
 超有名店「GEMbymoto」の店長である千葉麻里絵様の、日本酒ボトルに関する次のツイートです。

  




 普通なら「へー気をつけよう」ぐらいで終わるところですが、私には強いインパクトがありました、思い当たる経験があったからです。(この記事は、その経験を伝えることで、この「日本酒薄青瓶問題」を少しでも多くの人に認識してほしいという思いで書いております)
 私はこのブログに大体1,000本ぐらいの家飲み記録を載せていますが、そのうちたった一本だけ「老ね(ひね)」を理由としてお蔵入りにしたお酒があり、それがこの青瓶だったんですよ。
 お酒は「*MUNEMASA 生酒 純米吟醸 夏の生吟 28BY」、2017年7月出荷、9月19日開栓でした。

20171122133112679.jpg20171122133129586.jpg

(↓ここから当時の感想)
上立ち香は…、げ、熟を若干通り越した老ねた感じの香りがそこそこに。
含むと、やはり牛乳感のある生老ね特有の嫌な風味と、甘さが混じり合った感じの何とも残念な感じ。

結構色づいてますし、これは完全に過熟という感じでしょう。
珍しいことに裏ラベル記載に賞味期限が書いているのですが、それは六ヶ月でまだ期間内なんですよね。
この味を蔵元が許容しているのか、保存状態に難があったのかは不明ですが、
(感想ここまで)

 ここまで書いて、「こりゃ記事にするには保存状態が悪すぎるな」と思ってお蔵入りにした次第です。
 なお、こちらは通販で買ったのですが、同梱した他のお酒は全く問題無し。
 さらに、MUNEMASA自体は以前通常の純米吟醸生酒を飲んで好印象でした(これも多分同じ瓶ですが、出荷即購入即開栓)。

 上では牛乳感と書いてますが、より正確には「常温でちょっと置いた牛乳」ってな含み香ですね。
 ど素人の私では官能検査的な判断は全然できないのですが、実際、私が家飲み酒にハッキリ後ろ向きの「老ね」を感じることは年に一度あるかないかぐらいですし、それが薄青瓶だったことはやはり偶然ではないような気がしています。

 なお、これまた老ねを感じた越の王紋もそうだったらより疑いは強まるのですが、こちらはさらに色が薄い水色瓶なのでそこは関係ないのかな…(今思うとこちらは遮光性の問題のような)。

 (ちなみに瓶の見分け方については、千葉店長はこの様なツイートもされていました)

 


 これを見た後、家にあった「つきよしの 純米吟醸生原酒」(3月出荷、6月20日開栓)を飲んでみたのですが、やっぱり老ね感はあったと思います。
 つきよしの自体は外飲みの印象がすこぶる良くて、楽しみにしていたこともあってこれにはがっくりきてしまいました…

20180623194102547.jpg  20180623193913907.jpg

 ちなみに、瓶の成分由来の劣化が言われているのは特定の薄青瓶だけなのですが、そもそも青系の瓶は全体的に紫外線に関する遮光性が低いという問題もあったはずです。(このことは結構知られていると思います)
 こちらは冷暗所に置いたり新聞紙を巻けばある程度対策できますが、やはり知らないと結構危ない気がしますね。

 この問題に関して過去の記事も見直したのですが、自分が夏酒嫌いなこともあってあまり事例が無かったです…(若干怪しいのはありましたが)、まあ個人では結局どこまでいっても感覚の話になってしまいますしね。
 ただ、ツイッター上ではかの新政酒造の佐藤社長や、こだわりの地酒屋の児玉店長も言及しており、自分の経験無しにしても、薄青瓶問題はかなり信憑性が高いものと思っております。
 正直最近は見た目重視で青瓶採用が増えてきている気がするので(あの花ラベルとか…)、早めに業界としてしっかり対策して欲しいと、個人的には強く思いますね。

 最後に補足いたしますが、この記事では個人の体験として具体例を上げていますが、特定の銘柄をディスるつもりは全くございません。
 MUNEMASAもつきよしのも、むしろ推していきたい銘柄ですし…
 私にこの記事を書かせた動機は、「せっかく丹精を込めて醸された日本酒がボトル由来で劣化するのは勿体無さ過ぎる!」という思いですね。
 遮光性も含め保存性に疑問のある薄青瓶が、単に見た目重視で増えていくという事態だけは避けて欲しいというのが、自分の素直な気持ちです…

(P.S)もし思い当たる節がある方がいたら、コメントいただけると嬉しいです。
    事例が集積したほうが説得力があると思うので…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 薄青瓶問題

2018年06月23日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:8

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |