綿屋 純米吟醸 蔵の華

本日の家飲み 綿屋 純米吟醸 蔵の華

fc2_2012-12-27_12-43-54-577.jpg


 綿屋は昨年美山錦の純米吟醸の生酒をいただき、その濃厚で個性的な味わいは自分の中で即「お気に入りに追加」してしまうぐらいにストライクゾーンでした。
 最近たまたま池袋東武に行く機会があり、冷蔵庫の中に見つけたのを我慢できず買ってしまいました。
 どうやら新酒はまだ出ていないようなので、23BYです。

 ところで、表記上要冷蔵で生酒の表示が出ていないのでたぶん1回火入れだとは思いますが、そう明記されているわけでもなく、生詰めなのか生貯蔵なのかもよくわかりません。
 個人的に火入れに関する情報は、下手すると使用米以上に大事な情報だと思っているので、蔵元さんには是非とも明記を願いたいところです。
 保存方法にも関わりますしね。

 さて、上立ち香はアルコール混じりの吟醸香。
 含むと、最初はおやっと思うぐらい薄い印象を受けます。
 しばらく含んで舌で転がしていると、徐々にマスカットっぽい個性的な甘旨味と酸が出てきます。
 ただ、その旨みもちょっと細めで物足りない感じ。
 後味のキレはちょっとアルコールが残る感じですがまずまず。
 また、常温ぐらいで飲むと割と味わいは出てきますが、酸味のきつさが増す感があります。

 うーん、火入れのせいなのか、米の特徴なのか、濾過のせいなのか、1年の保存のせいなのかわかりませんが、折角の旨みが奥に引っ込んでしまった印象です。
 まあ実際は、すっきり系でちゃんとした味わいのある食中酒であるともいえますし、決していまいちなお酒ではないと思います。
 ただ、自分には生酒の記憶が鮮烈すぎて今回肩すかしをくらったような感じになってしまいました。
 自分の好みを改めて再認識した一本でした、次は絶対に生をいただこうと思います。

fc2_2012-12-27_12-44-24-441.jpg


名称:綿屋 純米吟醸 蔵の華
製法情報:
精米歩合:50%
酒米:蔵の華
アルコール度:15~16%
酵母:宮城酵母
日本酒度:+2
蔵元情報:金の井酒造株式会社(宮城県栗原市)
製造年月:2012/8(23BY)
購入価格(税込):約1,600円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:7.1/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 綿屋 純米吟醸

2012年12月27日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |