FC2ブログ

国重(くにしげ) 純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒

家飲み記録 国重(くにしげ) 純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒

20190308101226041.jpg  20190308101235435.jpg

 香川県綾歌郡綾川町のお酒です。
 同蔵のお酒は2回目ですね、高松出張時購入酒の4本目。

 通常銘柄の綾菊は、約三年前にやはりワタナベ酒店さんで購入したことが有ります。
 この「国重」は、前杜氏である国重弘明氏の名前を冠した銘柄とのことです、蔵元ホームページの略歴をみると、本当にレジェンドクラスの方みたいですね。
 前にいただいたコメント情報だと、山田錦が圧倒的シェアを占めていた全国新酒鑑評会で、地元産の「オオセト」を使ってガンガン金賞を獲っていたとか…物凄いことかと思います。

 さて、今回はまさにその、契約栽培で品質をしっかり確保したオオセトを使用、精米歩合は50%です。
 買う際にはその辺りの周辺情報を含め、店長さんが非常に丁寧に、そして若干情熱的に語ってくれました。
 まだちょっと若いかもというコメントのありましたので、3ヶ月ほど寝かせて今年3月開栓です。

20190308101243427.jpg  20190308101302041.jpg

 上立ち香は酸とアルコールと甘さのある爽やかな果実香がそこそこに。
 含むと、しっかりと酸の効いた旨味がまとまりよくかつ力強く入ってきて、若干時間差で出てくる苦味をあくまで脇役に感じさせつつ、最後まで引き締まりながらじわじわと染み込んできます。
 味わいは、キツさのない酸が引き締める筋肉質な旨味が主役で、落ち着いたまとまりがありつつ生酒らしいフレッシュ感もあり、飲みごたえがありつつ飲み進めやすい、いい感じのバランスかと…
 後味は、最後まで雑味を感じさせず酸がガッチリ引き上げてくれます。

 甘さ控え目ながら私のような甘口派でも楽しめる、飲み応えのある引き締まり系旨口酒でした。
 いやあいつも言っていますが、私はこういうちゃんと味がありながら酸が働くお酒こそ、現在の万能食中酒だと思うんですよね…、特に肉に合うかと。
 さらに生らしさがしっかりあるのも良いんですよ、古臭くないというか…、ただ、もっと熟成させてみたい感じもあるんですよね~、二夏越えとか、さらに数年氷温熟成とかさせたらとんでもないお酒になるんじゃないかしら。
 国重、綾菊酒造のこだわりと実力をビンビンに感じさせてくれたお酒でした、いつかまたやりたいですね。

20190308101312597.jpg

名称:国重 純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒
蔵元情報:綾菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.4/9.0

 なお、これでH30年度の出張酒紹介はひと段落しました。
 個人的MVPは「鷲の尾」としたいとおもいます、岩手に行く機会があれば是非飲んでみてください!

 20190204123332917.jpg  20190204123253080.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月20日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

綾菊 特別純米 無濾過生原酒 袋しぼり

本日の家飲み 綾菊 特別純米 無濾過生原酒 袋しぼり

20160224161949878.jpg  20160224162028611.jpg

 香川県綾歌郡綾川町のお酒です。
 外飲み、家飲み含め初めていただきます。

 今年度、仙台大阪出張みやげのお酒を既に紹介していますが、今回は高松出張時に購入したお酒です。
 ネットで下調べの上で購入先に選んだのは、高松駅から若干距離のある「ワタナベ酒店」さん、四国の銘柄を中心にしっかりと実力銘柄を取りそろえた、本格的な地酒屋さんですね。
 仕事をしっかり終え、帰りの飛行機の時間が迫る中、高松駅から往復ダッシュで購入した次第です、本当はもっとゆっくり見たかった…

 綾菊酒造は、別銘柄の「国重」を含め、地元密着型のメーカーのようですね、百貨店でも見かけました。
 ただ、今回いただくのは明らかにマニア向けっぽい本格派のスペックです、ラベルに詳細データが載っている上、PBということで販売店がしっかり印字されているところが凄いですね。
 地元産オオセトを6割まで削った無濾過生原酒、しかも袋しぼりです。

20160224162052492.jpg

 上立ち香は濃厚で若干フレッシュ感のある香りがそこそこに。
 含むと、わりと個性的な旨味がグワッと入ってきて、そこに強めの苦味が絡みついて引き締まりつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、少々薬臭さを感じるような苦味とお米の甘味が一体となった個性的なもので、非常に濃厚、そして玄人好みの落ち着きと奥深さがありますね。
 後味は苦味がしっかりと引き取って力強くキレます。

 流行りのフルーティー酒とは一線を画した、歴史の深みを感じるような濃厚苦旨酒でした。
 一口目はキツいかなあと思ったのですが、杯を重ねると結構クセになる感じで、飲み飽きない印象。
 生酒としってもフレッシュ甘旨だけでなく、こういう複雑で落ち着きのあるものもあるのですから、飽きないなあ…
 綾菊、やはり地酒の大手としての貫禄を感じるお酒でした。

 常温近辺の方が自然に飲めますね、これ冷やし過ぎないほうが良い気がします。
 さらに、開栓後二日目の方が初日より断然飲みやすい!これは奥深いお酒ですよ…

20160224162120508.jpg  20160224162142940.jpg

20160224162207820.jpg

名称:綾菊 特別純米 無濾過生原酒 袋しぼり
精米歩合:60%
使用米:オオセト
アルコール度:17.8%
日本酒度:不明
蔵元情報:綾菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松市)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 綾菊 特別純米

2016年03月09日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |