FC2ブログ

kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)

家飲み記録 kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)

20200914163520839.jpg  20200914163531606.jpg

 新潟県中魚沼郡津南町のお酒です、家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」の神奈川建一さんに勧められ、同ブログの感想を参考にした上で購入しました。
 私としては、銘柄自体はは前から気になっていたのですが、近くに売っている店がなかったんですよね。
 今回改めて調べてみると、なんと蔵元ホームページからの通販が「5,000円以上のご注文の場合 全国一律送料無料」とのことだったので、こりゃすげえと直接取り寄せた次第です。
 5,000円なんて醸す森を四合瓶二種類と、ちょっと足せば届いちゃいますからね…、利益的に申し訳ないと思いつつ、ギリギリで発注してしまいました。
 
 お酒の特徴については、蔵元がえらく気合の入った特設ページを作っているので、是非そちらをご覧ください。
 製法的なところは「1段仕込・生原酒・袋搾りにこだわる」という部分に集約されていると思いますね。

20200914163541800.jpg

 上立ち香は甘くフレッシュ、そしてオリ的な濃厚さのあるマスカット的果実香が気持ち強めに。
 含むと、香りの印象通りの非常に濃厚かつフレッシュな甘旨味がトロミとガス感の双方を感じさせつつ入ってきて、オリの苦味を奥の方に少々伴いながら、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、オリの濃度と複雑味、そしてガスの爽やかさを纏ったマスカットジュース的な甘酸味が厳然たる主役、苦味も含めて非常にまとまりが良いですね、低アルも相まってバカスカ飲めます。
 後味は、オリの存在感と苦味をほんのりと残しつつ、割と力強くキレます。

 フレッシュかつ、極めて濃度と存在感の強い甘味の魅力を、日本酒的な複雑さとともにガッツリ楽しませてくれるお酒でした。
 低アルかつ甘味マシマシながら、オリの苦味等がまたいい感じで仕事をしてくれて、個人的には食中酒としても全然イケると思いましたね。
 うーむ、日本酒離れしている気もするのですが、この味わいは日本酒でしか出せないというのも確かなんですよねえ。
 そして、これこそ私の大好きな味わいでした。
 次回はもう一つ別スペックの醸す森をご紹介します。

20200914163600471.jpg  20200914163551719.jpg

名称:kamosu mori (醸す森) 純米吟醸 生酒 (2020年3月製造)
蔵元情報:苗場酒造株式会社
購入価格(税抜):純米大吟醸とセットで3,500円
購入した酒屋さん:蔵元直販(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:取り寄せ品記念写真
20200914161347306.jpg
 いやあこれだけで送料無料ですからねえ、ありがたい限りです。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年09月16日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

furousen(不老泉) 純米吟醸にごり 生原酒

家飲み記録 furousen(不老泉) 純米吟醸にごり 生原酒

20200907101049554.jpg  20200907101102892.jpg

 滋賀県高島市のお酒です、ブログでの登場は5回目。

 知る人ぞ知る実力銘柄の不老泉です、個人的には、前回紹介したような山廃・熟成でガッツリお燗向けのお酒をメインに据えている印象があります。
 が、今回いただくのは見た目からして今風の、新酒速醸活性にごり生酒という、イメージとは真逆のもの。
 むしろ別銘柄の「杣の天狗」を思い出しますね、その辺りに興味を惹かれたのと、自分の好みとしてはそっち系なので今回セレクトしました。
 
 裏ラベルに非常に詳細な記載が有るのは素晴らしいですね、色々と楽しみ方が広がります。
 個人的に特筆すべきは使用酵母「蔵付5号」というところ。
 これが「賀茂鶴発祥の協会5号をルーツとした蔵付酵母」という意味なら激レアだと思います、私も協会5号系のお酒は飲んだこと無いので…

20200907101128942.jpg 20200907101141033.jpg

 上立ち香はオリとガスの雰囲気をまとった柑橘系果実の爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、少々の苦味をまとった奥深い感じの甘旨味がシュワシュワと入ってきて、強いインパクトを与えつつも酸でしっかりと引き締まったまま、力強く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、グレープフルーツ的な苦味と酸味、少々砂糖を加えた感じの甘味、そしてお米由来の旨味をそれぞれ感じさせつつ、それがしっかりと高密度にガッツリ噛み合っている感じで、実に飲みごたえがあります。
 後味は、その存在感を酸とガスが引き取って力強くキレます。

 軽くて薄い系とは一線を画した、極めて飲みごたえがありつつもしっかりスッキリキリリな、本格派スパークリング日本酒でした。
 いやあ、一般的な不老泉のイメージとは若干異なりつつ、そこから逸脱してないって感じです。
 キャッチーな甘味があることが個人的には凄く嬉しいですね~、新酒らしいプラス要素がビンビンにありながら、苦味や重さを感じさせないバランスは見事!
 不老泉の新たな側面を魅せてくれた一本でした、本当に実力派ですねえ。

20200907101153700.jpg

名称:furousen(不老泉) 純米吟醸にごり 生原酒
蔵元情報:上原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,568円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年09月07日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳴海 Virginity(ヴァージニティ) 純米吟醸 白麹

家飲み記録 鳴海 Virginity(ヴァージニティ) 純米吟醸 白麹

20200831161107538.jpg  20200831161117273.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です、ブログでの登場は6回目。
 
 この「鳴海」は2013年に市ヶ谷の「あて」で初めていただいて以来、自分の好みどストライクのお酒として推しておりました。
 が、つい最近ネットで「今期休造予定」という情報が目に入り、「嘘だろ…」と思いつつ酒屋さんに走ったところどうやら本当の事らしく、悲しみに暮れつつ購入したのがこのお酒になります。
 で、「もう飲めないなら、いつ開けるか迷うなあ…」と寝かせていたのですが、土壇場で今期以降も造りを続けられる見通しになったという非常に嬉しい続報が入り、お祝い的に早速開栓した次第です。

 なお、この辺りの経緯については、日本酒情報サイト「SAKE Street」さんの下記記事に詳しいので、是非ご参照ください。
 一度は休造を決意、執念で掴んだ継続の道「生まれ変わるつもりで」 - 千葉・東灘醸造(鳴海)
 経緯をまとめると、前杜氏の退職に伴い休造となる予定だったところ、「地酒屋こだま」の店長さんのツテで、「菊池譲」杜氏が後継として就任し、今期からの造りを担当することになったとのこと。
 いやあダイナミックな展開ですね~、菊池杜氏といえば以前より「昇龍蓬莱」や「水府自慢」等の銘柄で知られていますし、鳴海イズムと相まってどうなっていくのか非常に楽しみです。

 今回いただくのは当然前杜氏によるものになります、白麹を使用しているのが特徴ですね。

 上立ち香はヨーグリーナを思わせる柔らかい酸のあるフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、かなり強めの酸味を伴った、しかし柔らかさも感じるフレッシュな旨味が勢いよく入ってきて、ほんのりと渋味等の複雑さも感じさせつつ、勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいはまさにクエン酸!って感じの爽やかな酸味が厳然たる主役、甘味は控えめで、苦味等の雑味が抑えられた純度の高い感じのものですね、クイクイいける印象。
 後味は、その酸味がガッチリと引き取ってスッキリキレます。

 クエン酸由来の酸味が最初から最後まで主役を演じる、フレッシュスッキリ酢っぱ酒でした。
 個人手にはちょっと甘味が控えめすぎるかなあ、通常の鳴海に比べると酸味が勝ちすぎていて、単独で飲むのは辛いかも。
 ただ、バランスが崩れるまではいかないので、そういう酸味酒が好きな方や、合わせる料理(肉とか揚げ物とか)によってはしっかり楽しめると思います。
 鳴海、新体制のお酒も本当に楽しみですね~

20200831161126219.jpg

名称:鳴海 Virginity(ヴァージニティ) 純米吟醸 白麹
蔵元情報:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鳴海 純米吟醸

2020年09月03日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

白鷺の城 特別純米酒 生酒 「希代」 天秤搾り

家飲み記録 白鷺の城 特別純米酒 生酒 「希代」 天秤搾り

20200824125345647.jpg  20200824125355093.jpg

 兵庫県姫路市のお酒です、家飲み外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す「田中酒造店」さんの別銘柄には「名刀正宗」があります。
 どちらの銘柄についても東京では全く見ないですね~、実は同蔵が新宿伊勢丹に販売に来るという情報を有識者からブログコメントにいただいたので、今回買いに行ってみました(コロナのせいで試飲は無し…)
 伊勢丹ではベテランっぽい女性店員さんが非常にツボを押さえた解説をしてくれて、試飲無しでもバッチリセレクトできましたね、このあたりは流石という印象でした。
 購入動機としては、滅多に買えない銘柄であるということと、日本酒感想日誌さんがかなり激しく推しているということがあります。
 
 今回ご紹介するのは山田錦の精米歩合60%の生酒というスタンダードな特別純米酒。
 特徴的なのは「天秤搾り」という、非常に手間のかかる古来からの搾り方をしているということ。
 個人的には天秤搾りというと不老泉が思い出されますね、今でもやっているのは全国でも数蔵しかないらしいです。

20200824125437929.jpg  20200824125415552.jpg

 上立ち香は、若干木香混じりの落ち着いた感じの香りがそこそこに。
 含むと、変な刺激がしっかり抑えられている、落ち着いた旨味がゆっくりと入ってきて、裏の方にほんのりと辛さや渋味を彷彿とさせつつ、最後までバランスを保ったまま染み込んできます。
 味わいは、インパクトをあえて抑え、かつじっくりと楽しめることに特化したような印象の、純度の高いお米的な旨味をメインに据えたもので、ほんのりとした木香で奥深さもあり、ついつい飲み進めてしまいますね。
 後味は、最後に出てくる渋味と辛さで割と力強くキレます。

 落ち着いたしっかりと存在感のある米由来の旨味を、極めて素直かつ奥深く楽しめる独特なバランス酒でした。
 あまりこういうことを言うのもなんですが、これはまさに日誌係銘柄って感じですね~、個人的には松の司と同じカテゴリに入ってくるお酒かと思いました。
 逆に言うとまるめち銘柄ではないのですが、このバランスやしつこくなさ、奥深さの魅力は誰にでも十分に伝わることでしょう。
 白鷺の城、ただ者ではないということを感じさせてくれる一本でした、次回は同時購入した別商品をご紹介します。

20200824125427564.jpg  20200824125453636.jpg

20200824125502858.jpg

名称:白鷺の城 特別純米酒 生酒 「希代」 天秤搾り
蔵元情報:田中酒造場
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:新宿伊勢丹(イベント)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月30日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

安芸虎 「ねこが好き」 純米吟醸 無濾過生酒 吟の夢

家飲み記録 安芸虎 「ねこが好き」 純米吟醸 無濾過生酒 吟の夢

20200817162134257.jpg  20200817162156537.jpg

 高知県安芸市のお酒です、つい最近も紹介した安芸虎の特別ラベル。

 こちらは、高知県内だけに出荷された亀泉Cel-24うすにごりを、同県香美市の山崎酒店さんから取り寄せる際同梱したものになります。
 なんといっても特徴はこの可愛らしいラベルですね~、いくら虎がネコ科だからといって、ここまで振り切っちゃって良いんでしょうか(笑)
 山崎酒店さんのいわゆるPBのお酒になるわけですが、「土佐猫好党」を名乗った上にロゴまであるなど異様に気合が入っていて、猫愛をビンビンに感じますね。
 うちは嫁が猫好きなので話のタネに使わせてもらいました。

 スペックは高知県産の酒米「吟の夢」を50%まで削った、純土佐酒。
 原酒表記が無くて、アルコール度数16度なので、ちょっと加水してるのかな。

20200817162147612.jpg 20200817162205293.jpg

 上立ち香はちょっとバニラ感のある甘い果実香が控えめに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨味がほんのりとした酸味を伴って自然な口当たりで入ってきて、最後まで雑味を感じさせず見事にバランスを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、柑橘系果実の砂糖漬け的な、甘味マシマシながらも、雑味が皆無な上に酸由来の瑞々しさがあるために、透明感を感じさせる安芸虎らしいまとまりがあるもの。
 後味は、その自然さを感じさせながら、見事なまでにしっかりとキレます。

 見た目のイロモノ感からは想像できないような、正統派甘旨系良バランス酒でした。
 いやあ安芸虎の安定感は素晴らしいなあ…、本当自分の好みにドンピシャで、かつまとまりが良いんですよ。
 特に今回は原酒じゃないからか、よりバランスの良さや透明感を強く感じるように思えました(裏を返すとインパクトは控えめ)。
 安芸虎、やっぱ好きやねんと思わせてくれる一本でした。

20200817162223826.jpg  20200817162214077.jpg

名称:安芸虎 「ねこが好き」 純米吟醸 無濾過生酒 吟の夢
蔵元情報:有限会社有光酒造場
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:山崎酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月27日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三春駒 「SILKY DROP」 おりさげ純米吟醸酒

家飲み記録 三春駒 「SILKY DROP」 おりさげ純米吟醸酒

20200713121012437.jpg  20200713121021552.jpg

 福島県田村郡三春町のお酒です、3種類の三本目ですね。

 SILKY DROPの他の2本は通販で買ったのですが、実はその時この純米吟醸は同梱しませんでした。(初飲み銘柄3本はリスキーだと思いまして…)
 で、その2本のあまりの旨さに純米吟醸を買わなかったことを嘆いていたところ、飲み仲間がわざわざ送ってくれました(他の素敵なお酒と合わせて)。
 いやあ持つべきものは嗜好が似ている日本酒友達ですねえ、あらためて感謝!
 
 裏ラベル上部の記載はやっぱり他の2本と同じ…
 面白いのはアルコール度がそれぞれ、純米:17度、特別純米:16度、純米吟醸:15度になっているところですね。
 蔵元の中では味わいを差別化させているっぽいので、やはりどうにかしてその違いを発信して欲しいなあ。

20200713121030880.jpg

 上立ち香は果実系の甘酸メイン、オリ的なお米の香りサブ、のフレッシュな香りが控えめに。
 含むと、非常に存在感がありつつも、一種の軽さも纏った甘酸旨味が上品な口当たりでスルスルと入ってきて、割その印象のままのバランスで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、実にみずみずしい梨・キウイ的な甘酸味にちょいメロン的な青さ甘さが伴う感じ、ただ苦味が見事に抑えられていて、低めの度数も相まって、いい意味でジュース的にガンガン飲めてしまいますね。
 後味は、やはりあくまで優しい苦味が引き取って、自然に引き上げてくれます。

 オリの濃度による甘酸旨味の存在感を実に勢いよく、自然に楽しませてくれるグビグビ系甘口酒でした。
 いやあ良いですねえ…甘味の存在感は三種の中で一番強いかな、それかむしろ他の味が抑えめなのかも。
 ただ度数が低いからか、どうしてもインパクトが薄れるのが、個人的には物足りない感じもあります、いやあ15度と16度の差って大きいですねえ。
 三春駒は自分の中で今後大注目の銘柄になりました。

20200713121039358.jpg

名称:三春駒 「SILKY DROP」 おりさげ純米吟醸酒
蔵元情報:佐藤酒造株式会社
定価:2,000円(税抜)
お気に入り度:8.6/9.0

■3種類記念写真
20200713121050292.jpg

20200713121100483.jpg

 3種の中では、私は特別純米が一番好きでした、次点は甲乙つけがたいですがコスパの観点から純米かな…
 ただ、これは純然たる好みの問題ですね、どれも非常にハイレベルな上で、若干の個性をつけている印象でした。
 いやあ旨かったなあ…、今年も絶対に買わねば。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月09日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 純米吟醸 おり酒 生

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 おり酒 生

20200716160434181.jpg  20200716160444983.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です、言わずとしれた当ブログ激推し銘柄。

 桃の里は今年も蔵から直送で10本以上買っているのですが、完全に掲載が遅れております…
 今回は、その中でも一番旨かったこのお酒を先行的にご紹介。
 まあ、恐らく超本数限定のおり濃厚生酒なのですが、どうですかこの佇まい!
 白黒コピーに「おり酒」のマジック手書き文字、いやあたまらない手作り感がありますねえ。
 
 裏ラベルもこりゃ純米吟醸のコピーですね、ただ「ぬる燗も推奨」の部分をしっかり手書き修正しているところに真面目さを感じたり。
 お値段は純米吟醸よりお安い1,200円、これは蔵元さんが意図的にサービス価格にしているらしいです、正直安すぎる…
 おり酒を名乗っているだけあって、おりは瓶底に一センチ以上積もっております。

20200716160456233.jpg  20200716160516802.jpg

 上立ち香はあまーい感じの洋梨っぽいフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、おりっぽくて濃厚そのものの甘旨味が若干のトロミを感じさせつつ入ってきて、これまたほどほどに強めの苦渋味と絡み合いながら、最後まで存在感を保ちつつ胃の中に入り込んできます。
 味わいは、印象通り高濃度のオリによって、甘さ、苦さ、渋さがそれぞれマシマシになりつつ、あくまでフレッシュな甘味が主役をはる、濃厚かつ複雑ながらもついついグイグイやってしまう感じがあります。
 後味は、甘さの余韻を残しつつも、酸味がしっかり引き取ってキレます。

 濃厚さ、フレッシュさ、複雑さをガッツリ感じさせつつ、甘さが純然たる主役なのが嬉しい傑作酒でした。
 いやあしゅき…、甘さ一辺倒ではない複雑味やオリ特有の口当たりは、まさに日本酒生酒特有の魅力だと思います。
 この見た目でこの完成度、こういうお酒を知っていることが自分にとってはたまらない喜びなんですよねえ。
 桃の里、やっぱり素晴らしいお酒だと改めて思いました!

20200716160506857.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 おり酒 生
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月02日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

信州亀齢 山恵錦 純米吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 信州亀齢 山恵錦 純米吟醸 無濾過生原酒

20200713123355220.jpg  20200713123404524.jpg

 長野県上田市のお酒です、ブログでの登場は2回目。

 前回の家飲みは約4年前でしたが、その時は非常に好印象でした。
 その後なんとなく間が空いていたのですが、最近twitter上で信州亀齢のファンが非常に増えているように感じており、そろそろ確認せねばと購入しました。
 何だかんだでtwitterの日本酒ファンの感想というのは、集合知と言いますか、かなり宛てになると個人的には感じています。
 もちろん、好みはあるのでその辺りを考慮する必要はありますが、各日本酒ブログと共に、私にとっては貴重な情報源ですね。

 閑話休題、今回いただくのは「山恵錦」という長野県で新しく開発された酒米を使用しているのが特徴です、解説は裏ラベルにありますね。
 精米歩合は55%、アルコール度数は15度と無濾過生原酒の割には低め。
 果たして山恵錦は、美山錦のようなポテンシャルを秘めたお米なのでしょうか、そのようなことも意識しつついただきます。

20200713123414282.jpg  20200713123433850.jpg

 含むと、非常にバランス良くかつしっかりインパクトもある甘酸味が、少々のガス感を伴いつつ力強く入ってきて、苦味をあくまで脇役に感じさせつつ、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり長野らしくリンゴを感じる甘酸味が主役(メロン風味もあるかも)、フレッシュ感は強めながら苦味は相対的に隠れていて、全体として力強くも繊細にバランスを保ち、飲み飽きなさが皆無。
 後味は、苦味の余韻をほんのりと残しつつ、しっかりかつスッキリとキレます。

 芳醇フレッシュフルーティーながらも、非常にバランスが良くてグイグイイケてしまうお酒でした。
 これは信州亀齢にも、山恵錦にも今後強い期待を抱いてしまいますねえ。
 とんがった個性は無いのですが、無濾過生原酒的な魅力をビンビンに感じさせつつ、素晴らしいまとまりなんですよ。
 長野酒らしさと、そこを超越していくような完成度がしっかり両立している感じといいますか…、とにかく私好みで旨い!
 信州亀齢、今後是非とも他のスペックもいただいていこうと思いました。

 ちなみに旨すぎて二日で飲みきってしまったので、変化はわかりま千円。
(↑飲みながら勢いで書いてありました、テンションが上がっていた証拠に残しておきます…)

■紹介:「日本酒とワインブログ。ときどき競馬」さんの同スペックの記事
http://pitarosake.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

20200713123423415.jpg

名称:信州亀齢 山恵錦 純米吟醸 無濾過生原酒
蔵元情報:岡崎酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月20日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

長龍 「四季咲 桃始笑」 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 うすにごり

家飲み記録 長龍 「四季咲 桃始笑」 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 うすにごり

20200504161913842.jpg  20200504161926268.jpg

 奈良県北葛城郡広陵町のお酒です、同蔵のお酒の紹介は3回目。

 長龍はブログ「日本酒のカルテ」管理人のあろすさんが推している銘柄という印象がありますね。
 首都圏では取り扱い店をあまり見かけないのですが、私としては通販で良くお世話になる、奈良の「うのかわ酒店」や「登酒店」で取り扱いがあるので、結構身近な印象があったりします。
 今回いただくのは限定品である「四季咲」シリーズの一つです、他には「竹笋生(ちくじゅんしょう) 」とか「半夏生(はんげしょう)」という製品もあるとか。
 これは、所謂二十四節気をさらに細かく分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」(リンク先はWikipedia)から採っているみたいですね、奈良酒らしい素敵なネーミングかと。

 細かいスペックや味わい、そして商品コンセプトの記載が裏ラベルにあるのは素晴らしい!(写真参照)
 ただ、一升瓶限定というのはいかがなものか…
 私は前から言ってますが、要冷蔵のお酒を一升瓶限定で出すのは、個人に売る気が無いと思われてもしょうがないと思いますね。

20200504161937232.jpg  20200504161948292.jpg

 上立ち香はクリーム感のあるおりっぽい香りが仄かに。
 含むと、しっかり味が乗った印象の甘旨味がトロリと入ってきて、割と華やかな含み香や苦味と一体となりながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、りんご、洋梨、キウイをそれぞれ感じるような濃厚ながらもみずみずしい感じの甘酸旨味が主役、含み香が強いので苦味もそれに伴って強めなのですが、旨味が負けていないのでイヤらしさは抑えられている印象。
 後味は、苦味の余韻を残しつつも、不思議なほど自然に、かつしっかり引き上げてくれます。

 含み香の強さとそれに伴う苦味がありつつ、柔らかくも存在感のある甘味としっかりバランスを取る、万能系甘旨キレ酒でした。
 この濃厚さとトロリ感、そして奥深い甘旨味は非常に良いですね~個性の面でも十分戦えるレベル。
 それでいて後味のキレも素晴らしいレベルだからな~これは良いですよ。
 長龍、他の四季咲シリーズも是非飲みたいと思わせてくれる一本でした。

 ちなみに開栓後四合瓶に移し替えた後も全然バランスは崩れませんでした、そのあたりの強さも素晴らしいですね。
 上の方ではディスりましたが、保管さえできれば、一升瓶買いを強く推奨できるお酒だと思います。

20200504161958275.jpg

名称:長龍 「四季咲 桃始笑」 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 うすにごり
蔵元情報:長龍酒造株式会社
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月14日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ弐 R01BY

家飲み記録 冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ弐 R01BY

20200621134913778.jpg  20200621134926887.jpg

 福島県会津若松市のお酒です、ブログでの登場は4回目。

 冩樂はマニア間ではすっかり有名になった感がありますね。
 私も好きな銘柄ではあるのですが、入手困難とはまではいかないものの、若干売り切れが速くなったこともあって、前回おりがらみを飲んだ2016年から、約4年振りの家飲みとなりました。
 で、久しぶりとなると、ついつい無難なスペックを選んじゃうんですよねえ…、色々面白そうな新商品も出ているというのに。
 まあ、特に冩樂の場合、結構火入れが多くて生が少ない気がするので、どうしても選ぶスペックが偏るという事情もあったりします。

 精米歩合は前から変わらず50%、「弐」というのは第二ロットってことかしら。
 じわじわと値段が上がってきているような気もしますが…、まあこれは仕方ないところでしょう。

20200621134940253.jpg  20200621134951842.jpg

 上立ち香はカルピスソーダ的な甘酸と、セメダインをそれぞれ感じる香りがそこそこに。
 含むと、実に存在感強い甘酸渋旨味が少々のガス感を伴いつつも割となめらかな口当たりで入ってきて、最後まで濃度を保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり福島酒らしい洋梨的な奥深い甘酸渋味が中心、オリ由来で非常に濃度は高いのですが、ガス感も相まってダレやクドさを感じさせないのが流石ですね。
 後味は、渋味の余韻を残しつつ、割と柔らかく自然に引き上げます。

 福島酒らしさとおりがらみらしさをストレートかつバランス良く楽しませてくれる、芳醇フレッシュ旨渋酒でした。
 いやあ素直にレベル高い感じですね、結構賑やかな味わいのように思えるのですが、しっかりまとまっている印象。
 旨味に奥深さがあるのがやっぱり良くて、フレッシュフルーティー酒として「こういうのでいいんだよこういうので」と言いたくなる感じです。
 冩樂、貫禄が出てきたなあと思わせてくれる一本でした。

20200621135019103.jpg  20200621135005870.jpg

名称:冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ弐 R01BY
蔵元情報:宮泉銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,688円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月08日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

亀泉 純米吟醸生原酒 「CEL-24」 うすにごり 01BY

家飲み記録 亀泉 純米吟醸生原酒 「CEL-24」 うすにごり 01BY

20200706093746297.jpg  20200706093757035.jpg

 高知県土佐市のお酒です、ブログでの登場は3回目。

 亀泉の人気商品であるCEL24のうすにごりバージョンです。
 一見単に「うすにごり」と名前に付いただけですが、前回CEL24を飲んだときにちらと書いた通り、このお酒は通常個人向けには出回らず、特定の居酒屋でしか飲めない超限定品だったりします。
 
 が、蔵元さんのツイートで、今季限定で出回るという情報が出たため、それを見て興奮し10分ぐらいでお取り寄せ発注した次第です。


 私としては、約6年前に串駒で飲んで以来家飲みしたい一本だったので、まさに念願かなったという感じですね。

 ちなみにその時、このお酒を個人売りできない理由の一つに「非常に噴き出しやすいから」ということがあると話を聞いた覚えがあります。
 で、折角なので今回開栓動画を撮ってみた様子がこちら。

 いやあ、レマコム出庫直後でこれですよ、噴き出しはしませんでしたが、栓は止めていた部品ごと天井に激突!
 これは危険物ですねえ…、ただ、前似たような状況で手を切ったことがあるので、栓を止める部品がプラスチックなのは非常にありがたかったです。

20200706093809377.jpg  20200706093829379.jpg

 上立ち香はまさに完熟パイン系の甘酸っぱい香りがそこそこに。
 含むと、インパクト抜群ながらも意外と抑えも効いた印象の甘酸味がシュワシュワと入ってきて、オリ由来の苦味を纏っていい感じに輪郭を整えつつ、ゆっくりと口中に広がります。
 味わいは、やはりパイン系のハッキリした甘酸味を中心にしつつ、ガスの刺激やオリの苦味の奥深さが一体化した感じのもので、全体として見事にバランスが取れていて、無限に飲める感じ。
 後味は、酸味と苦味によるものと思うのですが、これがまた不思議なほど自然に引き上げてくれます。

 甘味、酸味、苦味、ガス感、フレッシュ感、そしてオリ由来の米的旨味が繊細かつ力強くハーモニーを奏でる芳醇超絶バランス酒でした。
 いやあ素晴らしい、普通のCEL-24と比べても、酸味が酸っぱいまでいかなくて上品というか、バランス良い気がするんですよねえ…。(何か特別なことやってたり、良いタンクを選んでたり、裏に「別誂」的な秘密がある気がします。)
 それぞれの要素が主張しつつも一種の抑えも効いていて、ほんとマイナス要素が無いです。
 銘酒居酒屋でこのお酒が最初の一杯として出てくる理由が改めてわかりましたね、食前食中としても万能で、他のお酒とも喧嘩しないでしょう。
 正直、このお酒があるときは毎日若干二日酔い気味なぐらいに飲み過ぎてしまいました。

 亀泉、そしてCEL-24に対するイメージを超絶に上げてくれた一本でした。
 蔵元様、今季限定と言わず、なんとか来年も個人向けに出してください…、何卒何卒…

 ちなみにガスが抜けても全然ダレないんですよねえ。
 なんというか、ガスに頼らない甘酸苦のバランスがしっかり有った上でのシュワシュワ感なのでしょう。
 一升瓶、飲み切りに寂寥感を覚える程に、最後まで楽しませていただきました。(二升目購入検討中)

20200706093819015.jpg

■紹介「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
https://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-3490.html

名称:亀泉 純米吟醸生原酒 「CEL-24」 うすにごり 01BY
蔵元情報:亀泉酒造株式会社
購入価格(税抜):3,318円/1,800ml
購入した酒屋さん:山崎酒店(高知)
お気に入り度:8.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月06日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松の司 「楽」 純米吟醸 しぼりたて生 R01BY

家飲み記録 松の司 「楽」 純米吟醸 しぼりたて生 R01BY

20200622091027836.jpg  20200622091039321.jpg

 滋賀県蒲生郡竜王町のお酒です、ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらのお酒は千葉県は船橋市の「相定酒店」さんで購入しました(近くに用事があった)。
 同店の取扱商品がホームページに載っていますが、いやあ錚々たるメンツですね、実力派って感じのところが多い印象(磯自慢があるのが凄いですね)。
 地酒屋さんについては、思いもがけない所にポッと実力店があるのが面白いところだと思います。
 
 今回いただくのは、蔵元ホームページの商品紹介によると「純米吟醸のカジュアルラインとしてお馴染みの“楽”の数量限定生酒」とのこと。
 定番品の生は、前回飲んだ「あらばしり」同様、私が狙うタイプのお酒ですね。
 品種は不明ですが地元竜王町産米使用で、精米歩合は60%。

20200622091054401.jpg  20200622091103423.jpg

 上立ち香は実にフレッシュで、若干甘さで柔らかくなったセメダイン的な香りが控えめに。
 含むと、フレッシュながらも渋味を纏うことで落ち着きも感じさせる、硬質かつ高密度の旨味が割と自然な口当たりで入ってきて、最後までバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、かなり甘さは控えめで、渋味やミネラル感をガッチリ感じさせる旨味が中心なのですが、不思議に柔らかさもあって、グイグイと飲めてしまうのが良いですね。
 後味は、恐らく渋味が引き取る形ながら、恐ろしく自然に、透明感すら感じさせるさばけ方でキレます。

 実に輪郭がカッチリとした旨渋味が特徴的で、飲み飽き無さに特化したような良バランスのお酒でした。
 実際、この後味のさばけ方は凄いですよ、私はそれを重視しないのでアレですが、人によってはハマることでしょう。
 私には若干甘さが物足りないですが、いわゆる後味のキレ、飲み飽きなさを重視する方なら、この松の司は一度は試すべきかと…
 松の司、今後も注目したいと思います。

20200622091112468.jpg

名称:松の司 「楽」 純米吟醸 しぼりたて生 R01BY
蔵元情報:松瀬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:相定酒店(船橋)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月03日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 「FINAL EDITION」

家飲み記録 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 「FINAL EDITION」

20200622091404770.jpg  20200622091414000.jpg

 奈良県御所市のお酒です、当ブログ殿堂入り銘柄。
 前回に引き続いての風の森です、これまた特別な一本なので急いで更新。

 この雄町の精米歩合60%の商品は、私が風の森を飲み始めた当初からある定番品であり、最も好きなスペックでもありました。
 が、「FINAL EDITION」と銘打たれているように、なんと今回分の出荷で終売らしいです…
 裏ラベルにもありますが、そもそも「純米吟醸」自体をラインナップから外すらしいですね、蔵元ホームページの商品紹介を見ると、よりブランドコンセプトをハッキリさせるための整理という意味合いが強そうです。

 しかし、蔵元の想いは重々承知の上で、やっぱり私にとっては痛恨事ですね…、君子豹変して早めに復活させてくれないかなあ。
 もしくは「風の森シリーズの中で最もスウィートな設計」であるこのお酒の、代替的な商品を示して欲しいと切に希望しますね。
 現状甘さの強さだけでいうと「ALPHA TYPE5」とか「鷹長 菩提もと」とかはありますが、方向性が全然違いますしねえ、総合的には愛山純米が近いかしら…

 5月製造、6月開栓でいただいております。

20200622091425481.jpg  20200622091435509.jpg

 上立ち香は、ガス混じりの割と硬質な香りが控えめに。
 含むと、実に濃厚な甘旨味がシュワシュワと入ってきて、一瞬後に出てくる苦味で割としっかり引き締められながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、インパクトの強いクリームソーダ的な甘旨味が厳然たる主役、苦味は結構強めですねえ、ただ「香りより味」なバランスで、全体としては賑やかな味わいをガスがまとめている印象。
 後味は、苦味の余韻を残しつつも、力強くキレ上げます。

 クリームソーダを彷彿とさせる濃厚クリーミーな甘旨味を、ガスと苦味で引き取る力強いバランスのお酒でした。
 いやあやっぱり好きですねえ…、この甘味の個性とインパクトは替えが聞かないと思います…
 一応このお酒はもう一本買ってある上、笊籬採りも一本キープしてあるのですが、勿体無くてなかなか飲めそうにないです。
 風の森雄町純米吟醸、一ファンとしては復活を願い続けたいと思いました。

 ちなみにガスが抜けても苦味が引き続き引き締まり役をこなすので、ダレはしませんでした。
 このあたりはまさに風の森が最も得意とする設計なのでしょう、お見事。

20200622091444334.jpg

名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 「FINAL EDITION」
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年06月29日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

忍者 純米吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 忍者 純米吟醸 無濾過生原酒

20200621135031893.jpg  20200621135045338.jpg

 滋賀県甲賀市のお酒です、家飲みは初めてですね。

 こちらは、銀盤購入と同じ大阪出張時、浅野日本酒店さんで購入したお酒になります。
 大体毎年寄らせてもらってますね、やっぱり試飲させてもらえるのは、未飲銘柄チャレンジの際には非常にありがたいです。
 しかし甲賀市で「忍者」とは直球勝負のネーミングですねえ、海外で人気になりそう(小並感)
 酒造名でググると、更新停止しているっぽい蔵元ホームページと、最近できたらしい忍者専用のオンラインストアが出てきます、このあたり整理したほうが良いんじゃ…
 
 使用米は滋賀県のお酒では良く見る「吟吹雪」、精米歩合60の無濾過生原酒です。
 11月製造、12月開栓。

20200621135059046.jpg  20200621135112280.jpg

 上立ち香はレーズンクリーム的な落ち着いた果実香が控えめに。
 含むと、いかにも生熟といった雰囲気をまとった濃厚な甘旨味が、強めながらも浮いていない渋味と一体となって力強く入ってきて、危うくも崩れないバランスのままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、生熟らしいレーズンやカラメル感に、しっかりとした甘さが伴った旨味が中心、苦味は控えめ、渋味が奥深さと引き締まりを添えています、なんかちょっとウイスキーボンボン的な雰囲気を感じますね。
 後味は、熟感の余韻を残しつつ、渋味が働いて自然に引き上げます。

 生熟的なニュアンスが強くありつつ、それに負けない甘旨味、そして渋味と絡み合い、一種のまとまりを感じさせるお酒でした。
 いやあこのコンディションだと露骨に生熟って感じですね、しかも元々結構フルーツに甘かった雰囲気があるタイプ。
 ハッキリ言って好みは分かれると思います、私は凄く好きですが、モッタリ感を感じる人もいるんじゃないかなあ。
 ただ、製造年月をみると、蔵元的にもこの味でイケると出したのでしょう、私としては英断だと思います。
 忍者、次は是非他のスペックもいただいてみたいですね。

 ちなみに燗をつけると甘味がハッキリと表に出てきて良いですね~
 まさにカラメルって感じながら、素直に飲み進めてしまいます。

20200621135124338.jpg

名称:忍者 純米吟醸 無濾過生原酒
蔵元情報:瀬古酒造株式会社
購入価格(税抜):1,507円/720ml
購入した酒屋さん:浅野日本酒店(大阪)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年06月21日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

銀盤 純米吟醸 しぼりたて生原酒 「すーっ ふわっ」 

家飲み記録 銀盤 純米吟醸 しぼりたて生原酒 「すーっ ふわっ」 

20200518105514253.jpg 20200518105528246.jpg

 富山県黒部市のお酒です、家飲みは初めてですね。
 
 こちらは大阪出張時、阪神百貨店でやっていた試飲販売にて購入しました。
 銀盤は富山酒の中でも知られているブランドなんじゃないでしょうか、個人的には明らかに辛口酒指向のイメージを持っています。
 ただ、やはりこのご時世経営は厳しいようで、Wikipediaによると、2016年に阪神酒販に全株式を譲渡したと思ったら、翌2017年からは盛田株式会社の子会社になっているとか。
 銀盤ぐらいのブランド価値があると、しっかりと買い手が付くということだとは思いますが、完全にM&Aの荒波にもまれている感がありますねえ、地方大手蔵にはよく有りそうなお話だと思いました。

 公式ホームページの商品紹介によると、使用米は「てんたかく」という飯米らしいです。
 原酒ですが、アルコール度数は16度と低めですね。

20200518105540936.jpg

 上立ち香はまさにスッキリフレッシュで、ほんのりと甘さやセメダインのある香りがそこそこに。
 含むと、全面に酸を感じさせる軽い味がスルスルと入ってきて、アルコールの辛さやほんのりとした苦味でさらに引き締まりを増しつつ、そのまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、まさにわかりやすくスッキリ系の酸味主体の旨味が中心、甘味は本当にほんのりある程度で、新酒らしいフレッシュ感や苦味が強く、辛さもあるのでとにかく
 後味はほんのりとした辛さの余韻を残しつつ、ガッツリキレます。

 フレッシュかつキリリ、そしてスルスルという感じの、引き締まり特化の辛口生酒でした。
 すーはともかく甘味が少な過ぎて…、まあどっしり系と比べたらギリギリ旨味はふわっとは感じるかも。
 これこそ銀盤らしさなんでしょうね、新酒生酒ですら完全に食中酒志向と言いますか、わかりやすく辛口。
 銀盤の個性をハッキリと感じた一本でした。

 しかし、最近ご紹介した羅生門、福正宗、国士無双とある意味「キレ重視」という点で共通するものを感じますねえ。
 東京ではともかく、まだまだ日本酒全体としては「辛口信仰」が絶対的な多数派であることを肌で感じたような気がします。
 フレッシュフルーティーなんて、まだまだ少数派ですわ本当に。

20200518105553291.jpg 20200518105705288.jpg

名称:銀盤 純米吟醸 しぼりたて生原酒 「すーっ ふわっ」 
蔵元情報:銀盤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:阪神百貨店(大阪)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 銀盤 純米吟醸

2020年06月18日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

岩の蔵 純米吟醸

家飲み記録 岩の蔵 純米吟醸

20200505191945201.jpg  20200505191955707.jpg

 佐賀県小城市のお酒です、同銘柄の登場は2回目。

 こちらは福岡出張時に住吉酒販(本店)で買ってきました、ここ数年毎年寄ってますねえ。(やはり品揃えが楽しい)
 そしてこの岩の蔵は、前年も買っていたりします、「七田」を出している蔵の別銘柄。
 岩の蔵は、九州酒に強い飲み仲間が強く推しているのですが、どうやら前回買った低アルの「#13」はイマイチらしくない味わいみたいなんですよね。
 今回はいわばそのリベンジとして、スタンダードっぽい純米吟醸をセレクトした次第です。

 裏ラベルにはあまり詳細スペックはないですね、恐らく加水・火入れはしているでしょう。
 味の特徴としては「含み香がたっぷり」で「ジューシー」とのことなので、恐らくそっち系の味わいと想像されます。
 9月製造10月開栓。

20200505192006760.jpg

 上立ち香は落ち着いた印象のリンゴ系果実香がそこそこに。
 含むと、落ち着きながらもかなり濃厚な甘旨味がグググッっと入ってきて、程々の苦味で輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、香り系純米吟醸として典型的な青りんご的甘旨味が厳然たる主役、特に甘味がちょっとトロっとして濃厚なのが良いですね、含み香は華やかで、必然的に苦味も強めながらある程度抑えられてはいます。
 後味は苦味の余韻を口中に残しつつガッツリ引き上げる感じ。

 香り系のド王道を往くような感じながらも、甘味の存在感で力強くバランスを取る、華やか旨味香り酒でした。
 あまりこういう言い方はなんですが、獺祭の濃縮版というか、甘旨味強化版というか、派手さもありつつバランスの取り方が見事な印象。
 ただこうなると、バランスなんてどうでもいいからこの生原酒を飲みたいと思ってしまいますねえ、まあ私の業のようなものですが…
 岩の蔵、七田も含め、また飲みたいと思わせてくれる一本でした。

20200505192020159.jpg

名称:岩の蔵 純米吟醸
蔵元情報:天山酒造合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:住吉酒販(福岡)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年06月08日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

志太泉 純米吟醸 生もと造り ラヂオ正宗 無濾過生原酒

家飲み記録 志太泉 純米吟醸 生もと造り ラヂオ正宗 無濾過生原酒

20200505192913538.jpg  20200505192922241.jpg

 静岡県藤枝市のお酒です、ブログでの登場は以外にもまだ2回目。

 特徴的な名前のお酒ですが、これは裏ラベルにもある通り、志太泉が戦前用いていた「ラジオ正宗」の銘柄名をあえて復刻させて用いているということらしいです。
 他では「スキー正宗」とか「アルプス正宗」とかもありますし、正宗つければ何でもあり的なイメージありますね、むしろその無理やり感が新しい気さえします。
 志太泉は「にゃんかっぷ」 とか「シダシードル」なんて商品も出してますし、その辺り発想の柔軟さとセンスの良さを感じますね。

 裏ラベルの「生もと造りのイメージを変えるモダンな酒質を志向」というのも気になるポイント。
 多分一升瓶しかないと思うのですが、生もとですし、遠州屋酒店さん扱いなんだから「強い」酒質であろうと、信頼の一升瓶買いを敢行しました。 
 4月出荷、10月開栓。

20200505192932934.jpg

 上立ち香は梨っぽい落ち着いた香りが仄かに。
 含むと、まさに旨味たっぷりといった印象で、甘味、酸味、苦味はあくまで裏方、ただしっかり存在はしていて、奥深さを感じさせつつ、じんわりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、何というかアミノ酸そのものといった感じの旨味が中心、そこに程よい熟感とキツくない渋みが複雑さを添えつつ、苦味等を全く感じさせず、極めて強い飲みごたえとダレなさを両立させている感じ。
 後味は、これがまた良くわからないレベルで、全体のバランスで自然に引き上げます。

 かつてないほどの高濃度、高純度の旨味の魅力を、どストレートで楽しませてくれるお酒でした。
 甘いっていうか完全に旨味なんですよね、甘さは、お米をがっちり噛んでようやく出てくる感じのものかと。
 いやあこれだけ濃いと、普通ならダレというかしつこさを感じると思うのですた、それが全く無いのは本当に凄いと思いますね(個人差あるとは思いますが)、苦味も皆無で濃いのにガンガン飲んでしまう…
 ああ、今気づきましたが隠し味的に辛さも有るなあ、やっぱり旨辛酒かも。
 ラジオ正宗、というか志太泉の実力を改めて感じさせてくれる一本でした。

20200505192943130.jpg  20200505192954423.jpg

20200505193004464.jpg

名称:志太泉 純米吟醸 生もと造り ラヂオ正宗 無濾過生原酒
蔵元情報:株式会社志太泉酒造
購入価格(税抜):レシート紛失…/1,800ml
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(鶴見)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年06月02日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

玉櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 完全発酵 30BY

家飲み記録 玉櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 完全発酵 30BY

20200109114714811.jpg  20200109114723986.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です。

 玉櫻といえば、私は「とろとろにごり(の生)」が無茶苦茶好きでして、どうしてもそればっかり買ってしまっていました。
 が、やはりにごりをこんだけ気に入っているんだから、他のお酒も飲んでみるべきだろうと、今回セレクトした次第です。

 裏レベルには非常に詳細なスペックの記載がありますね、個人的にはありがたいところ。
 「完全発酵」と謳っているだけに、日本酒度+13.5と、酵母が糖分を食い尽くしたであろう数値にになっております。
 私はあまり買わないタイプなのですが、まあ山陰の辛口酒には良い印象もあるので、期待していただきます。
 なお、製造年月2019/1で、飲んだのは2019/11なので、少なくとも十ヶ月以上の生熟期間を経た状態でした。

20200109114733597.jpg  20200109114743739.jpg

 上立ち香は全く熟感の無い引き締まった酸の香りが控えめに。
 含むと、やはり酸でガッチリと引き締められた印象の旨味が割と自然な口当たりで入ってきたかと思うと、強めの渋味でさらに口がすぼまる感じを与えつつ、そこそこ勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いかにも山陰酒だなあと言う印象の梨っぽい風味を纏った、キリリ感と飲みごたえをそれぞれ強烈に感じる、なんというか「強さ」をビンビンに感じるもの。
 後味は、酸がしっかり引き取る完璧なキレ。

 生酒らしい風味の中で、旨・酸・渋が力強く主張しあう、実に山陰らしい芳醇辛口酒でした。
 いやあこれは一年冷蔵保存ぐらいじゃ全くへこたれないですね、普通に常温放置すべきだったかも。
 こっち系(酒質が強い辛口生)のお酒としては非常に完成度が高いと思います、そういうのが好きな方々には激オススメ。
 玉櫻の実力を感じた一本でした。

20200109114804191.jpg

名称:玉櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 完全発酵 30BY
蔵元情報:玉櫻酒造有限会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 玉櫻 純米吟醸

2020年05月28日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生(2018年6月製造)

家飲みプチ記録 甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生(2018年6月製造)

20200521154549244.jpg  20200521154559675.jpg

 この甲子アップルは1年ちょっと前に飲んだ時無茶苦茶気に入って、【超】お気に入りかつ2018年「今年の私的ベスト日本酒10選」にも選出したお酒です。
 今回、2年近く生熟期間を経たものが柏の日本屋さんの冷蔵庫にあったので、「これは一発試してみたい!」とセレクトしました。

20200521154608446.jpg

 上立ち香はほんのり熟感を纏った、やはりリンゴ的な果実香がそこそこに。
 含むと、しっかり味が乗りつつも爽やかさが十分に残った甘酸味が柔らかさも感じさせつつ入り込んできて、間差で出てくるほんのりとした苦渋味が複雑さを添えつつ、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいはやっぱりアップルリキュールって感じですね~、完熟感の有る濃厚な甘味を酸がしっかり引き締めるのに加え、飲み飽きない程度の奥深さもあってもうガンガン飲めてしまいます。
 後味は、ほんの少し渋味の余韻を残しつつ酸がスッキリと引き取る形で見事なまでにしっかりキレます。

 まさに完熟リンゴ的な甘酸味を、力強くもさっぱりと楽しませてくれる、グイグイいける生熟酒でした。
 いやあ、しっかり甘い酸味酒として、この甲子アップルはガチでオススメできますね~、イロモノっぽく見えますが、日本酒らしい複雑味や飲み応えがちゃんとある上で個性的なのが素晴らしい。
 今回、生熟もイケることが判明したので、より信頼性が増しましたね、一升瓶買いでも良いかも。
 次は他の甲子正宗のお酒も飲んでみようかなと思わせてくれる一本でした。

20200521154619229.jpg  20200521154632414.jpg

名称:甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生(2018年6月製造)
蔵元情報:株式会社飯沼本家
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月24日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

土佐しらぎく 一年囲い 純米吟醸 吟の夢 生熟 30BY

家飲みプチ記録 土佐しらぎく 一年囲い 純米吟醸 吟の夢 生熟 30BY

20200518101131300.jpg 20200518101149480.jpg

 神楽坂の「ぼっちりや」さんでしか買えない超限定スペックの生熟酒です。 
 一昨年購入して物凄く好みだったのですが、昨年買い逃したので今回はガッツリ入荷チェックして購入しました。

20200518101204191.jpg 20200518101225127.jpg

 上立ち香は落ち着きつつも良い感じのセメダインを纏ってスッキリとした果実香が気持ち強めに。
 含むと、いい感じに味乗りしてきた印象の甘旨味が、しっかり裏方に回った酸味と苦味で、最後まで見事に輪郭を保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、生熟でしか出せない落ち着きと押し出しの強さ、そしてある程度の柔らかさを兼ね備えた甘旨味が中心、苦味酸味は全体に溶け込んでいる感じながらダレをしっかり防いでくれている印象ですね。
 後味は、濃厚さを見事にに引き取って、バッチリキレます。

 熟成香を押さえつつ実に素直に味乗りした、生熟の真骨頂を感じさせてくれる芳醇甘旨酒でした。
 生熟酒なのに杯を重ねる程に良くなってくるんですよ…、脇役に徹した酸苦の仕事なんでしょうが、それのバランス本当に凄い。
 やっぱ旨いわこれは…、ぼっちりやさんで一時期しか買えない、一升瓶限定品ということで入手へのハードルは激高ですが、お店のFBに毎年入荷情報は出ているようなので、興味があったら是非お試しください。
 土佐しらぎく、超実力派銘柄として今後も注目していきたいと思いました。

20200518101245685.jpg

名称:土佐しらぎく 一年囲い 純米吟醸 吟の夢 生熟 30BY
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:ぼっちりや(神楽坂)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月18日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ